メインメニューを開く

道央圏連絡道路

地域高規格道路・バイパス道路

道央圏連絡道路(どうおうけんれんらくどうろ)は、北海道千歳市平和から小樽市銭函を結ぶ、地域高規格道路である。国道337号バイパス道路として整備が進められている。また、通過市町村や道によって道央新道(どうおうしんどう)として都市計画道路に定められている。

一般国道 地域高規格道路
国道337号標識
道央圏連絡道路
国道337号
路線延長 80 km(未確定)
起点 北海道千歳市平和
終点 北海道小樽市銭函
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

  • 指定区間:全線
  • 幅員:21.0 m
  • 規格:3種1級
  • 設計速度:80 km/h
  • 車線:3.5 m × 4車線

インターチェンジ編集

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離(km)
車線数 備考 所在地
新千歳空港ランプ 国道36号 0.0 4 新千歳空港関連 千歳市平和
日の出ランプ 北海道道1149号南千歳停車場線 1.6 千歳市柏台
寿ランプ 千歳市市道(祝梅大通) 2.7 千歳市柏台
祝梅ランプ 6.5 2 千歳市祝梅
中央ランプ E38 道東自動車道千歳東IC 9.2 4 千歳市中央
泉郷ランプ[1] 泉郷道路 千歳市泉郷
南長沼ランプ[1][2] 国道274号 夕張郡長沼町東10線
長沼ランプ[2] 北海道道45号恵庭栗山線 長沼南幌道路 夕張郡長沼町
南幌ランプ[2][3] 空知郡南幌町南15線西
E5 道央自動車道江別東IC 22.2 2 中樹林道路 江別市江別太
江別ランプ 国道12号 23.5 2 美原バイパス 江別市江別太
豊栄ランプ 4 江別市美原
美原ランプ 北海道道139号江別奈井江線 28.6 4 美原道路 江別市美原
篠津運河ランプ 2 石狩郡当別町蕨岱
蕨岱ランプ 国道275号 36.6 4 石狩郡当別町蕨岱

構成道路編集

新千歳空港関連編集

千歳市平和の新千歳空港ランプから、千歳市中央の中央ランプ(道東自動車道千歳東ICに接続)に至る、延長9.2 kmの区間。1999年3月から順次部分供用し、2010年12月18日に全線供用開始された[4]

全区間が立体交差、2 - 4車線で供用されている。日の出ランプまでが先行開通していたため、日の出バイパスと呼ばれる事がある。[要出典]

沿革編集

  • 1989年:事業化
  • 1999年3月:新千歳空港ランプ - 日の出ランプ間 (1.6 km) 供用。
  • 2003年3月:日の出ランプ - 寿ランプ間 (0.9 km) 供用。
  • 2010年12月18日 : 寿ランプ - 中央ランプ間 (6.7 km) 供用開始。

泉郷道路編集

中央ランプから、夕張郡長沼町幌内東の国道274号との交点に建設する南長沼ランプ[1]に至る、延長8.2 kmの区間である。2015年現在、工事を行っている段階であり、開通している区間はない。平成31年度供用開始予定。[5]

長沼南幌道路編集

国道274号交点から、空知郡南幌町南15線に至る、延長14.6 kmの区間である[2]。2015年現在、測量設計等を行っている段階であり、開通している区間はない[5]

中樹林道路編集

南幌町南15線の南幌ランプから、江別市江別太の道央自動車道江別東ICに至る、延長7.3 kmの区間である[3]。2015年現在、工事を行っている段階であり、開通している区間はない[5]

美原バイパス編集

江別東ICから、斜張橋美原大橋石狩川を渡り、江別市中心部の対岸の同市美原(豊栄ランプ)に至る、延長3.9 kmの区間。2005年3月26日に開通した。美原大橋上は4車線、それ以外の区間は暫定2車線。一部連続立体交差となっている。

沿革編集

  • 1989年:事業化
  • 2005年3月26日:開通

美原道路編集

江別市美原の豊栄ランプから石狩郡当別町蕨岱の国道275号交点の蕨岱ランプに至る、延長8.0 kmの区間である。2009年3月18日に江別市美原地内が開通[6]。2011年3月5日に全線開通した[7]

沿革編集

  • 2000年 : 事業化
  • 2009年3月18日 : 江別市美原 (2.3 km、豊栄ランプ - 美原ランプ)間開通
  • 2011年3月5日 : 江別市美原 - 石狩郡当別町蕨岱(5.7 km、美原ランプ - 蕨岱ランプ)間開通により全線開通

当別バイパス編集

当別町蕨岱の国道275号交点から、札幌大橋で石狩川を渡り、札幌市を北側に迂回して、石狩市生振に至る、延長15.4 kmの区間。かつては国道275号交点から札幌大橋までが暫定2車線、そこから生振までは4車線となっていた。暫定2車線区間を4車線化する改良工事が行われていたが、2016年1月に全線4車線で開通した。札幌大橋以西の区間は生振バイパスと呼ばれる事がある[8]

かつて国道337号の当別町から石狩市へは北海道道81号岩見沢石狩線と同経路が指定されており、両路線の重複区間となっていたが、当別バイパス全通に伴い重用は解除された。

沿革編集

  • 1977年:都市計画決定
  • 1980年:事業化
  • 1981年:用地補償着手
  • 1988年8月10日:札幌大橋 (1.8 km) 暫定供用
  • 1996年12月1日:札幌大橋 - 石狩市生振間供用
  • 1999年:当別町当別太 - 札幌大橋間暫定供用
  • 2003年3月31日:当別町蕨岱 - 当別町当別太間 (5.1 km) 暫定供用
  • 2016年1月15日:全線4車線供用

石狩市生振 - 小樽市銭函編集

この区間は地域高規格道路指定以前から「石狩湾新港関連」「山口拡幅」等の名称で整備が進められていた区間であり[8]、一部を除き平面交差で整備されている。花畔大橋(ばんなぐろおおはし)で茨戸川を渡り、石狩市の中心部を北側に迂回して、石狩湾新港地区の工業団地との間を通り、札幌市手稲区北部を抜け国道5号に至る、延長約17 kmの区間。石狩市生振から花畔までの区間は国道231号との重複区間であり6車線、他の区間は4車線となっている。1988年に石狩市花畔の一部区間が開通し、その後順次新ルートの供用及び既存区間の拡幅等による整備が進められ、1996年に終点部の銭函高架橋が完成し全通している。かつての国道337号は現在のルートより海側の銭函運河に沿った道路が指定され、北海道道225号小樽石狩線との重複区間となっていたが、これらの整備により、ルートが切り替えられ、重複も一部解除された。(なお、道道小樽石狩線も、当路線の海側に並行し石狩湾新港地区内を縦貫する新ルートが整備され切り替えられている。)

沿革編集

  • 1988年12月20日:花畔局改 石狩市花畔(国道231号交点 - 旧道交点 2.2 km)供用
  • 1989年11月1日:石狩湾新港関連 石狩湾新港地区内供用
  • 1990年11月5日:花畔大橋供用
  • 1994年:石狩湾新港関連 完成
  • 1996年11月12日:銭函高架橋供用

通過市町村編集

主な接続道路編集

関連項目編集

注釈編集

外部リンク・参考文献編集