郡司 浩平(ぐんじ こうへい、1990年9月4日 - )は、神奈川県横浜市出身[1]競輪選手日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第99期生。日本競輪選手会神奈川支部所属。師匠は元競輪選手で父親の郡司盛夫(50期。 現在は川崎競輪場開催指導員[2][3])。

郡司 浩平
Kōhei Gunji
個人情報
本名 郡司 浩平
ぐんじ こうへい
生年月日 (1990-09-04) 1990年9月4日(33歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 167.0cm
体重 80.0kg
チーム情報
所属 日本競輪学校(当時)
期別 99期
分野 競輪
役割 選手
特徴 先行
プロ所属チーム
2011 -
日本競輪選手会神奈川支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
GI 競輪祭 2020
GI 全日本選抜 20212024
最終更新日
2024年2月13日

来歴 編集

3人兄妹の次男で年子の兄と妹がいる。小学生の時に全日本リトルリーグ野球選手権大会で優勝を経験。横浜市立横浜商業高等学校時代は野球部に所属し、3年時には外野手のレギュラーを獲得した[4]。しかし、甲子園大会には出場することができず、ベスト8に終わった3年夏の神奈川県大会終了直後には将来の目標を見失っていた。しばらくして、父親の盛夫が競輪選手であることから、それに倣いたいと盛夫に伝えたところ、普段は温厚な性格の盛夫が態度を一変し、誓約書を書かされて漸く師弟関係となった。

競輪学校における在校競走成績は第10位(20勝)。

2011年1月15日、ホームバンクの川崎競輪場でデビューし2着。初勝利は同年1月16日の同場。

2016年第67回高松宮記念杯競輪名古屋競輪場)の決勝に進出し2着。

2017年、第1回ウィナーズカップ高松競輪場)においてG2初優勝[1]

2019年、第35回共同通信社杯競輪松阪競輪場)において2度目のG2優勝[5]第61回朝日新聞社杯競輪祭では落車により途中棄権したものの、獲得賞金額で初めてKEIRINグランプリ出場権を獲得(郡司は最終枠で8位)[6]、年末のKEIRINグランプリ2019に出場(結果5着)、そして2020年は初のS班を確定させた。

2020年第62回朝日新聞社杯競輪祭決勝戦で番手捲りを決め、悲願のGIレース初優勝を果たした[7]。また同時に地元開催となるKEIRINグランプリ2020出場権獲得(結果9着)と2021年もS班を確定させた。

2021年、序盤は好調を維持し、当年のGI初戦である第36回全日本選抜競輪でも番手捲りを決めてGIを連覇、2つ目のタイトルを獲得[3]。5月の第75回日本選手権競輪でも決勝戦にコマを進めたがゴール前微差で敗れ2着。6月の第72回高松宮記念杯競輪では車体故障の不運もあり二次予選で敗退し、8月の第64回オールスター競輪は病気欠場した。

2022年、第38回共同通信社杯競輪名古屋競輪場)を制し、G3も3勝(うち川崎記念では1着同着)し、獲得賞金額(6位→4位)で4年連続となるKEIRINグランプリ出場を決めた。

2023年は思うような成績を上げられず、4年間守り続けたS級S班からの陥落が確定した[8]が、翌2024年は同年最初のGIである第39回読売新聞社杯全日本選抜競輪岐阜競輪場)で北井佑季マークからゴール前抜け出し同大会3年ぶり優勝、GIタイトルとしても3年ぶり3つ目の獲得となった[9]


主な獲得タイトルと記録 編集

脚注 編集

  1. ^ a b “【ウィナーズC】郡司ビッグ初制覇!南関ムードに乗って初代王者”. スポニチアネックス. (2017年3月21日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/21/kiji/20170320s00052000477000c.html 2017年9月11日閲覧。 
  2. ^ “選手、関係者が抗原検査を行い、全員が陰性/川崎”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年1月31日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202101310000311.html 2021年1月31日閲覧。 
  3. ^ a b 【川崎競輪・GI全日本選抜】父・盛夫さんも涙 地元・郡司浩平が番手まくりでGI2勝目! - 東スポWeb、2021年2月23日
  4. ^ Y校野球部出身 郡司選手 競輪日本一へ 30日、最高峰レースに挑む” (2019年12月19日). 2022年7月25日閲覧。
  5. ^ “郡司浩平2度目G2制覇!病床の先輩に朗報/松阪”. 日刊スポーツ. (2019年9月16日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/matsusaka/2019/news/201909160000496.html 2019年11月19日閲覧。 
  6. ^ KEIRINグランプリは2017年にも出場のチャンスがあったが、この時は次点(補欠)となり出場を逃した。
  7. ^ “郡司浩平 初タイトル手に地元GPへ進撃/小倉G1”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年11月24日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202011240000070.html 2020年11月25日閲覧。 
  8. ^ “【競輪】郡司浩平は準決敗退でS級S班から陥落決定 新田祐大と守沢太志もS班守れず/小倉G1”. 日刊スポーツ. (2023年11月25日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202311250001991.html 2023年11月26日閲覧。 
  9. ^ “【競輪】郡司浩平が21年川崎全日本選抜以来3度目のG1制覇/岐阜G1”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2024年2月12日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202402120000925.html 2024年2月13日閲覧。 

外部リンク 編集