メインメニューを開く

金印株式会社(きんじるし)はワサビ商品を製造する企業。

金印株式会社
KINJIRUSHI Co.,Ltd.
Nadya park loft nagoya.JPG
本社が入居するナディアパークビジネスセンタービル(2010年5月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
454-8526
愛知県名古屋市中区栄3丁目18番1号
ナディアパークビジネスセンタービル23階
北緯35度9分55.5秒
東経136度54分20.8秒
座標: 北緯35度9分55.5秒 東経136度54分20.8秒
設立 1952年
業種 食料品
法人番号 3180001019267
事業内容 わさびなど香辛食品の製造販売
代表者 小林桂子(代表取締役社長)
資本金 1億8,000万円
従業員数 250名
決算期 3月
主要子会社 金印物産、金印わさび、金印アグリ、KWI
関係する人物 小林元次(創業者)
外部リンク www.kinjirushi.co.jp
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1929年昭和4年) - 小林元次により、名古屋の柳橋中央市場に青果商小林商店創業[1]
  • 1930年(昭和5年) - 生わさびの卸売に転業[1]
  • 1933年(昭和8年) - 粉わさびの研究に着手[1]
  • 1937年(昭和12年) - 粉わさび商品名を「金印わさび」「銀印わさび」と命名[1]
  • 1939年(昭和14年) - わさび切断機を発明。
  • 1940年(昭和15年) - 名古屋市中川区八幡本通に本社、本社工場(旧本社工場)を開設。
  • 1944年(昭和19年) - 小林元次の召集により、粉わさびの生産を中止。
  • 1948年(昭和23年) - 粉わさびの生産を再開。小林商店大阪出張所を開設。
  • 1949年(昭和24年) - 東京出張所を開設。
  • 1952年(昭和27年) - 法人化、金印わさび株式会社を設立する。社長は小林元次。[1](2003年に金印株式会社に社名変更)
  • 1953年(昭和28年) - 東京営業所を設立。
  • 1954年(昭和29年) - 大阪営業所を設立。
  • 1955年(昭和30年) - 京都金印促成会(後援会)を結成。
  • 1957年(昭和32年) - 柳島工場を開設。
  • 1960年(昭和35年) - 福岡営業所を開設。本社新社屋、本社工場を建設。
  • 1961年(昭和36年) - 柳島工場を近代化。
  • 1962年(昭和37年) - 札幌営業所、東京支店を設立。
  • 1967年(昭和42年) - 大阪、札幌営業所を支店に昇格する。
  • 1969年(昭和44年) - 広島出張所を開設。
  • 1971年(昭和46年) - 『金印ねりわさび小袋』発売開始(業界初)[1]
  • 1972年(昭和47年) - 仙台出張所、東京本部を設立。
  • 1973年(昭和48年) - 本社裏側に厚生会館を建設。女子寮、社員食堂を竣工。
  • 1975年(昭和50年) - 初代社長小林元次が死去。二代目社長に長男の小林一光が就任。
  • 2004年平成16年) - 愛知県により、『愛知ブランド企業』認定[2]
  • 2005年(平成17年) - ブランド名をワナーから金印に変更、ワナー物産を金印物産に社名変更[2]
  • 2014年(平成26年)5月12日 - 本社を中川区から中区ナディアパークに移転[3]

製品編集

香辛料・調味料編集

調理道具編集

  • 鮫皮おろし

サプリメント編集

化粧品編集

用語編集

ワサビスルフィニル (wasabi sulfinyl)[4]
  • 国産の本わさびから抽出した成分6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)を指す[4]。加工わさび製造企業である金印が、わさび特有の辛みを除いた独自の抽出製法を確立し、2004年に命名、商標を取得[4]。2007年には特許を取得をしている[4]
  • 解毒作用、抗酸化作用、血流改善作用、がん細胞転移抑制作用、糖尿病合併症予防作用、花粉症軽減効果、炎症抑制作用、膝関節痛抑制作用、美肌効果など、数多くの機能性が期待されており、研究が進められている[5]
ワサビチオヘキシル (wasabi thiohexyl)[6]
  • 本わさび特有の香り成分6-メチルチオヘキシルイソチオシアネート(6-MTITC)を指す。金印が、わさびの香り成分の解明を行うなかで新たな機能性を発見し、2006年に命名、商標を取得している。
  • 花粉症軽減作用、ヒスタミン放出抑制作用など機能性が期待されており、研究が進められている。
ワサビフラボン (wasabi flavone)[7]
  • 本わさびの葉から抽出した美容成分を指す。金印が、利用価値のなかった本わさびの葉から新たな機能性を発見し、2006年に命名。
  • 肌細胞のコラーゲン産生促進作用など機能性が期待されており、研究が進められている。

CM出演者編集

現在編集

過去編集

スポンサー番組編集

参考文献編集

  • わさびの花〜金印わさび50年史〜 金印わさび株式会社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 沿革 昭和4年~昭和49年” (日本語). 金印グループ. 2015年2月9日閲覧。
  2. ^ a b 沿革 平成元年~現在” (日本語). 金印グループ. 2015年2月9日閲覧。
  3. ^ “金印、本社を移転” (日本語). 日本食糧新聞. (2014年5月7日). p. 2. http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/20140507/TAKAGIY20140430103114748/1 2015年2月9日閲覧。 
  4. ^ a b c d 「わさびスルフィニル®」物語” (日本語). 金印わさび機能性研究所. 2015年2月9日閲覧。
  5. ^ 「わさびスルフィニル®」の機能性” (日本語). 金印わさび機能性研究所. 2015年2月9日閲覧。
  6. ^ 「わさびチオヘキシル®」の機能性” (日本語). 金印わさび機能性研究所. 2015年2月9日閲覧。
  7. ^ 「わさびフラボン™」の機能性” (日本語). 金印わさび機能性研究所. 2015年2月9日閲覧。

外部リンク編集