メインメニューを開く

金沢明子

民謡歌手

金沢 明子(かなざわ あきこ、1954年10月25日 - )は日本民謡歌手千葉県市川市出身。豊南高等学校女子部卒業[1]

金沢明子
生誕 (1954-10-25) 1954年10月25日(63歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県市川市
ジャンル 民謡
演歌
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1975年 -
事務所 カナザワオフィス
公式サイト カナザワオフィス

目次

概要編集

津軽民謡を得意とするアマチュアの民謡歌手であった父の影響で子供の頃から民謡を始める。

1970年に16歳で日本民謡協会主催の第19回全国大会個人優勝杯戦優勝。

1975年にアルバム「若い民謡」(ビクターエンタテインメント)でデビュー。デビュー当時のキャッチフレーズは「民謡界の百恵ちゃん」であった。1979年ゴールデン・アロー賞新人賞芸能部門受賞、芸術祭優秀賞受賞。

原田直之と共にNHKの番組『民謡をあなたに』の司会を務める。出演時にはジーパン姿で民謡を歌うという当時としては異例でもあったが、逆にそれが新鮮に映り彼女の人気と知名度の向上に繋がった。しかし当初はジーパン姿での出演には苦情の方も多くあったという。津軽民謡を得意としたが三味線奏者の本條秀太郎に師事したことによりレパートリーを広げ、民謡のレパートリーは300曲とも言われ、その場でリクエストに答えて即座に歌うコーナーもこなしていた。結果、1979年から2年連続『NHK紅白歌合戦』に出場。1日に3時間しか睡眠時間が取れなかった事もあった程の売れっ子歌手となり民放でも大活躍したが、フジテレビの社員と結婚後、人気が急落してしまった。この社員とは後に離婚し、歯科医師と2度目の再婚をする。

1982年大瀧詠一プロデュースの「イエロー・サブマリン音頭」がヒットした。この曲はビートルズ結成20周年記念として企画された。現在でも自身の代表的な持ち歌となっている。

1991年6月21日に発売された、民謡をハウスミュージック風にアレンジしたアルバム『金沢明子HOUSE MIX(I・II)』がヒット。発売元のビクター発表で発売から約2か月で約5万5000枚(2作計)を売り上げた[2]

寺田創一によるomodakaにボーカルとして参加している。

清酒大関のCMのほか、ロウソクの炎を揺らさずに歌う日東あられ(現在は越後製菓などに譲渡)のCMでも当時話題になったが、その後充電期間を置きながらも地道に歌手活動を続ける。現在は民謡よりも演歌を主体にしており、ラジオパーソナリティーとしても活躍している。

他の活動では1984年に自身初のヌード写真集を発売している。

インターネットのヘビーユーザーでもあり、公式サイトのBBSの返答は本人自ら書き込みを行なっている。

楽曲編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1979年(昭和54年)/第30回 津軽じょんがら節 08/23 さだまさし
1980年(昭和55年)/第31回 2 津軽あいや節 16/23 菅原洋一

※その他、1978年第29回原田直之と共にゲスト出演し、秋田音頭で応援合戦を行った。

出演歴編集

テレビ番組編集

ほか多数

テレビドラマ編集

ラジオ編集

CM編集

  • 日東あられ(1980年)
  • 日本酒造組合中央会(1981年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.504
  2. ^ 「ワタシにも歌えちゃう ニュー民謡 ニュー演歌」「日経流通新聞」1991年8月29日付、28頁。

関連項目編集

外部リンク編集