メインメニューを開く

越後製菓株式会社(えちごせいか、英称:ECHIGO SEIKA,Co.,Ltd)は新潟県長岡市に本社を置くを原料とした食品製造会社である。

越後製菓株式会社
ECHIGO SEIKA,Co.,Ltd
本社の建物外観
本社の建物外観
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
940-8622
新潟県長岡市呉服町1丁目4番地5
設立 1957年3月20日(創業は1947年)
業種 製造業
法人番号 4110001022185
事業内容 餅類・米菓・麺類・惣菜類の製造・販売
代表者 代表取締役社長 星野一郎
資本金 2億3400万円(2012年度)
売上高 170億4000万円(2012年度
従業員数 750人
主要子会社 越後食品株式会社
外部リンク https://www.echigoseika.co.jp/ 越後製菓株式会社
テンプレートを表示

会社概要編集

  • 本社:新潟県長岡市呉服町1丁目4番地5
  • 資本金:234,000,000円
  • 創業:1947年
  • 設立:1957年3月28日
  • 代表取締役社長:星野一郎

主な製品編集

高圧を利用した製品作りにも取り組んでいる。また、自主廃業した岐阜県揖斐郡池田町に本社を置いていた海外進出に積極的であった日東あられ新社や、新潟県上越市に本社を置き、2016年8月に事業を停止したみながわ製菓から事業譲受した商品もある。

エースコックカップ麺「力うどん」と「もちもちラーメン」(両製品とも北陸地区限定)に入っている切り餅は発売当初、越後製菓の製造だった。現在はパックに製造者名の記述が無いため引き続き製造を行なっているかは不明。また、大黒食品工業が唯一全国発売しているカップ麺「大黒 杵もちラーメン」と「大黒 力(ちから)うどん」に入っている切り餅も越後製菓の製造である(両製品のカップのふたに越後製菓の社章が記されている)。

広報活動編集

  • テレビCMに俳優の高橋英樹を起用。高橋が自ら主演の時代劇桃太郎侍』をモチーフにした「越後侍」に扮し、クイズ番組風に早押しボタンを押し、「正解は、越後製菓!」と発する内容のもので、毎年10月から年末まで放映されている。サウンドロゴは「あ、越後製菓。」と女性の声で告げている。レトルトパックのごはんのコマーシャルでは女中に扮した高橋真麻と一緒に親子共演している。
  • プロバスケットボールBリーグ・新潟アルビレックスBBの背中スポンサーでもある。
  • 長岡まつり大花火大会では毎年、ベスビアス大スターマイン『稲穂の夢』へのスポンサーとなっている。

主要事業所編集

  • 本社・本社工場 - 新潟県長岡市呉服町1丁目4番地5
  • 高梨工場 - 新潟県小千谷市高梨町1003-1
  • 川口工場 - 新潟県長岡市川口中山301-1
  • 宮内工場 - 新潟県長岡市下条町684-3
  • 片貝工場 - 新潟県小千谷市片貝町1980-1
  • 片貝西工場 - 新潟県小千谷市片貝町5085
  • 元中子工場 - 新潟県小千谷市大字ひ生丙347-1
  • 十日町工場 - 新潟県十日町市 大字四日町1586-2
  • 沼田工場 - 新潟県小千谷市片貝町字沼田2630-1
  • 小千谷工場 - 新潟県小千谷市鴻巣町字比良1260
  • 札幌工場 - 北海道札幌市東区東苗穂3条3丁目2-74
  • 太宰府工場 - 福岡県大野城市御笠川6丁目7-10

餅の切り込みをめぐる特許侵害訴訟編集

越後製菓は切り餅の側面に切り込みを入れ、焼くときれいに膨らむという技術で特許(特許第4111382号)を取得している。しかしその後、競合企業である佐藤食品工業(サトウ食品)[1]が側面に加え上下面に十字の切り込みを入れた切り餅を発売。これに怒った越後製菓は2011年、サトウ食品が特許を侵害しているとして、同社に対し製造の差し止めと59億4000万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。2012年(平成24年)3月22日知的財産高等裁判所で開かれた控訴審判決において、越後製菓の請求を棄却した東京地方裁判所の一審判決を取り消し、サトウ食品に対し製造の差し止めと約8億円の損害賠償などを命じ、越後製菓が勝訴した[2]。サトウ食品側は上告していたが同年9月19日最高裁がそれを棄却する決定を下し、知財高裁判決が確定した[3]

番組スポンサー編集

系列会社編集

脚注編集

[ヘルプ]

東洋経済オンライン サトウvs越後、切り餅訴訟が“飛び火”業界3位、きむら食品も巻き込まれる 伊藤 歩 :金融ジャーナリスト 2013年07月22日 http://toyokeizai.net/articles/-/15872?page=6

関連項目編集

外部リンク編集