メインメニューを開く

長島・大野・常松法律事務所(ながしま・おおの・つねまつほうりつじむしょ、Nagashima Ohno & Tsunematsu、NO&T)は、日本の法律事務所。いわゆる日本の「四大法律事務所」の一つ。

長島・大野・常松法律事務所
Nagashima Ohno & Tsunematsu
企業形態 任意組合日本法)とLLPNY州法)とLLP(シンガポール法)の協力関係(推定)
法人番号 1010005024538
業種 サービス業
前身 長島・大野法律事務所 (常松簗瀬関根法律事務所を統合)
設立 1961年
創業者 所沢道夫、長島安治大野義夫、福井富男
本社

紀尾井町3番12号 紀尾井町ビル

日本国東京都千代田区
拠点数 3
主要人物 原壽(アジア総代表)
藤縄憲一(事務所代表)
サービス 法律事務
従業員数 弁護士341名、外国法事務弁護士6名(2010年1月7日)
その他の外国弁護士5名
その他のスタッフ約360名
ウェブサイト noandt.com
テンプレートを表示

目次

概要編集

2010年4月現在、弁護士の数においては日本で2番目の規模を有する。

2000年1月1日に、長島・大野法律事務所が、常松簗瀬関根法律事務所と統合して設立された。いずれも沿革的には渉外事務所として知られる。

長島・大野法律事務所は、1960年代半ばから渉外法務に携わるようになり、以後、渉外事務所として発展し、国内企業法務の需要拡大とともに大規模化して大手渉外事務所の1つとして知られるようになった。

一方、常松関根簗瀬法律事務所は、設立当時から渉外事務所であったブレークモア法律事務所から独立して設立されたものであり、渉外金融法務において高名な金融ブティックであった。

現在の所在地である紀尾井町ビルは、かつては司法研修所があり、さらには戦前には行政裁判所があった場所である。2010年9月には、米国ニューヨークのMasuda Internationalを引き継いでニューヨーク事務所(Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP)を開設し、さらに10月からは、従前より協力関係にあったアレンズ・アーサー・ロビンソン法律事務所(en:Allens Arthur Robinson)(本部:シドニー)と、オーストラリア及び東南アジアシンガポールマレーシアを除く。)における法律業務について提携を開始し、同年12月にはやはり従前から協力関係にあった中倫律師事務所(本部:北京)と、中国および日本における法律業務について提携を開始した。

企業法務、金融法務、倒産争訟独占禁止法などを扱う。

沿革編集

  • 1955年1月 所沢道夫法律事務所が(前月に閉鎖した日本橋蛎殻町から)日本橋室町3丁目の加嶋高館ビルに移転。
  • 1960年8月 所沢道夫法律事務所が(前月に閉鎖した日本橋室町3丁目から)銀座の東京中小企業会館に移転。
  • 1961年1月1日 所沢道夫法律事務所が、ボス弁であった所沢道夫とイソ弁であった長島安治大野義夫及び福井富男の計4名からなる所沢・長島法律事務所に改組。
  • 1965年頃 虎屋ビルに移転。
  • 1968年 所沢・長島法律事務所が、長島・大野法律事務所(Nagashima & Ohno)に改称。
  • 1989年 虎屋ビルからJCII一番町ビルに移転。
  • 1993年 紀尾井町ビルに移転。
  • 1996年7月 シンガポール事務所を開設。
  • 1999年3月 シンガポール事務所を閉鎖。
  • 2000年1月1日 常松関根簗瀬法律事務所を統合して、長島・大野・常松法律事務所に改称。
  • 2007年5月1日 あさひ法律事務所国際部門(現西村あさひ法律事務所)から独立した桝田淳二らによる桝田国際法律事務所(Masuda International)と提携開始。
  • 2010年9月1日 Masuda Internationalを統合してニューヨーク事務所(Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP)に改組。
  • 2010年10月1日 アレンズ・アーサー・ロビンソン法律事務所(Allens Arthur Robinson)との提携開始。
  • 2010年12月 中倫律師事務所(中伦律师事务所)との提携開始。
  • 2013年1月 シンガポール事務所(Nagashima Ohno & Tsunematsu Singapore LLP)を開設。
常松簗瀬関根法律事務所
  • 1950年8月1日 トーマス・L・ブレークモア(Thomas Lester Blakemore)、第1種外国弁護士資格者として、中央区京橋にブレークモア法律事務所(Blakemore & Mitsuki)を設立。後に、千代田区内幸町の旧富国生命ビルに移転。
  • 1960年 千代田区内幸町の飯野ビルに移転。
  • 1963年? パートナーシップ体制に改組。
  • 1987年1月1日 ブレークモア法律事務所から常松健簗瀬捨治及び関根攻らが独立して、千代田区内幸町の日比谷国際ビルに、ブレークモア法律事務所日比谷分室(Blakemore and Mitsuki Hibiya Annex)を設立。
  • 1988年 ブレークモア法律事務所日比谷分室が常松簗瀬関根法律事務所(Tsunematsu Yanase & Sekine)に改称。

主要案件編集

書籍編集

  • 長島・大野・常松法律事務所(編)『アドバンス 新会社法』(第2版、商事法務、2006年)
  • 西村ときわ法律事務所(編)、長島・大野・常松法律事務所(編)、白石忠志『独占禁止法の争訟実務―違反被疑事件への対応』(商事法務、2006)
  • 長島・大野・常松法律事務所(編)『M&Aを成功に導く法務デューデリジェンスの実務』(第2版、中央経済社、2009年)
  • 長島・大野・常松法律事務所(編)『アドバンス 金融商品取引法』(商事法務、2009年)

所属弁護士等編集

アジア総代表
パートナー
オフカウンセル
顧問
シニアカウンセル
過去

脚注編集