メインメニューを開く

阿久津川 高一郎(あくつがわ こういちろう、1897年9月13日 - 1972年10月10日)は、1920年代の大相撲力士である。本名は永井 高一郎(ながい こういちろう)(一時磯野姓を名乗る)。栃木県宇都宮市出身、高砂部屋所属(一時期は錣山部屋所属)。最高位は西前頭筆頭(1923年1月場所)。現役時代の体格は身長170cm、体重98kg。得意手は突き、押し。現役引退後は年寄として後進の指導につくした[1]

来歴編集

1914年5月場所に初土俵。小柄ではあったが腕力が強く、「三角突っ張り」と呼ばれた独特の突き押しを武器にしており、速い相撲で鳴らした [2]1920年1月場所に新入幕を果たすまですべて勝ち越すという順調な昇進で、なおかつ十両では新十両から2場所連続優勝をはたした[1]。入門してしばらくしてから9代錣山(元幕下二段目・小金山)の婿養子になって錣山部屋に移籍しており、入幕も錣山部屋力士として経験している[3]

幕内では中堅力士として活躍し、1922年5月場所では横綱栃木山から金星を奪い、さらに大関常ノ花も破る殊勲をあげた。その後、1927年10月場所では9勝2敗で優勝旗手にもなった。しかし、その後は徐々に衰え、1929年1月場所限りで引退[1][3]

現役時代から、内弟子のようにして育てていた男女ノ川が、彼が現役のうちに入幕を果たし、師弟ともども幕内力士として土俵にあがることができたことが、引退を早めた一因だったといわれている。二人が並んだ写真が残っているが、阿久津川は男女ノ川の肩までしかない。引退後は年寄佐渡ヶ嶽として、独立して男女ノ川を横綱まで昇進させた[3]。また、一般への相撲の普及にも心をくだき、相撲体操を考案した。後年この相撲体操は健康増進方法として注目を浴び、これにより日本相撲協会は2014年12月18日にタニタから「タニタ健康大賞」を贈呈された。[4]太平洋戦争中は長野県の戸隠山に研修会道場を疎開先として創立しており、青天の場合は野外の土俵で相撲の稽古を指導し、雨天の場合は土俵の作り方や相撲史、技の解説など講義を行った[5]協会理事も務め、1954年1月限りで廃業した。

その後1957年4月、大相撲の体質が国会で問題になったときに、参考人として天竜三郎武蔵川(元出羽ノ花)らとともに国会に出席したこともあった。

1960年藍綬褒章1971年に勲五等旭日章を受章。

主な成績編集

  • 通算成績:142勝128敗3預35休 勝率.526
  • 幕内成績:100勝119敗2預35休 勝率.457
  • 現役在位:35場所
  • 幕内在位:24場所
  • 優勝旗手:1回
  • 金星:1個(栃木山1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:2回(1919年1月場所、同年5月場所)

場所別成績編集

阿久津川 高一郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1914年
(大正3年)
x x (前相撲) x
1915年
(大正4年)
新序
3–0 
x 西序ノ口筆頭
3–2 
x
1916年
(大正5年)
西序二段73枚目
3–1
1預
 
x 東序二段30枚目
4–1 
x
1917年
(大正6年)
東三段目59枚目
4–1 
x 西三段目27枚目
4–1 
x
1918年
(大正7年)
東幕下50枚目
5–0 
x 西幕下9枚目
4–1 
x
1919年
(大正8年)
西十両9枚目
優勝
5–0
x 東十両筆頭
優勝
7–2
x
1920年
(大正9年)
西前頭13枚目
3–1–6 
x 東前頭8枚目
3–7 
x
1921年
(大正10年)
東前頭17枚目
6–3
1預
 
x 西前頭10枚目
5–5 
x
1922年
(大正11年)
西前頭9枚目
6–3
1預
 
x 東前頭6枚目
7–3
x
1923年
(大正12年)
西前頭筆頭
1–6–3 
x 東前頭7枚目
6–4–1 
x
1924年
(大正13年)
東前頭3枚目
5–5 
x 西前頭4枚目
2–6–3 
x
1925年
(大正14年)
西前頭8枚目
2–9 
x 東前頭13枚目
2–2–7 
x
1926年
(大正15年)
東前頭16枚目
8–3 
x 西前頭7枚目
5–6 
x
1927年
(昭和2年)
東前頭12枚目
5–6 
東前頭12枚目
3–7–1 
東前頭11枚目
6–5 
西前頭14枚目
9–2
旗手
 
1928年
(昭和3年)
西前頭7枚目
6–5 
東前頭3枚目
4–7 
東前頭8枚目
2–9 
東前頭8枚目
3–8 
1929年
(昭和4年)
西前頭12枚目
1–7–3 
西前頭12枚目
引退
0–0–11
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1923年5月、1927年3月の1休は相手力士の休場によるもの

改名歴編集

  • 阿久津川 高一郎(あくつがわ こういちろう)1914年5月場所 - 1929年3月場所

脚注編集

  1. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p20
  2. ^ 相撲人名鑑(阿久津川 高一郎)
  3. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p38
  4. ^ 相撲協会に「タニタ健康大賞」 nikkansports.com 2014年12月19日8時58分 紙面から
  5. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p52

関連項目編集

外部リンク編集