雫井脩介

日本の小説家・推理作家

(しずくい しゅうすけ、1968年11月14日 -)は、日本小説家推理作家愛知県生まれ。専修大学文学部卒業。

雫井 脩介
(しずくい しゅうすけ)
誕生 (1968-11-14) 1968年11月14日(54歳)
日本の旗 日本愛知県
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 専修大学文学部卒業
活動期間 1999年 -
ジャンル ミステリ恋愛小説、家族小説
代表作 『犯人に告ぐ』
主な受賞歴 新潮ミステリー倶楽部賞(1999年)
大藪春彦賞(2005年)
デビュー作 『栄光一途』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

大学卒業後、出版社で編集者となり、また社会保険労務士事務所などでの勤務する。

1999年内流 悠人(ないる ゆうと)名義で応募した『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2000年、同作でデビュー。その後推理小説を中心に発表し、2004年に刊行した『犯人に告ぐ』は、2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位に選ばれ、第26回吉川英治文学新人賞の候補となった。2005年、同作で第7回大藪春彦賞を受賞。2006年に刊行した『クローズド・ノート』以降は、恋愛小説や家族小説など作風を広げている。2016年、『望み』で第7回山田風太郎賞候補。2022年、『クロコダイル・ティアーズ』で第168回直木三十五賞候補[1]

日本推理作家協会会員。

ミステリ・ランキング編集

週刊文春ミステリーベスト10編集

このミステリーがすごい!編集

作品リスト編集

犯人に告ぐシリーズ編集

  • 犯人に告ぐ(2004年7月 双葉社 / 2007年9月 双葉文庫【上・下】)
  • 犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼(2015年9月 双葉社 / 2018年5月 双葉文庫【上・下】)
  • 犯人に告ぐ3 紅の影(2019年8月23日 双葉社 / 2022年9月 双葉文庫【上・下】)

引き抜き屋シリーズ編集

  • 引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険(2018年3月 PHP研究所 / 2019年11月 PHP文芸文庫
  • 引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還(2018年3月 PHP研究所 / 2019年11月 PHP文芸文庫)

その他の小説編集

映像化作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ 公益財団法人日本文学振興会” (日本語). 日本文学振興会. 2022年12月17日閲覧。
  2. ^ 佐藤健、渡部篤郎と凸凹親子刑事!初挑戦の警官「踊る」見て憧れに SANSPO.COM 2014年1月30日閲覧。
  3. ^ “『昼ドラ』51年半の歴史に幕 4月から『土ドラ』へ”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2065616/full/ 2016年1月20日閲覧。 
  4. ^ “堤真一が「望み」撮影前の食事会回想、岡田健史は「親父とおふくろを見ている気持ち」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月9日). https://natalie.mu/eiga/news/399927 2020年11月2日閲覧。