智恵子抄』(ちえこしょう)は、詩人の高村光太郎が1941年に龍星閣から出版した詩集である。

目次

作品概要編集

1914年に処女詩集『道程』が出版されて以降、『現代日本詩集』(改造社、1929年)などの詩華集に未刊詩が多数収録されることはあったものの、高村単独による詩集の計画は長らく実現しなかった。1940年に出版された改訂版『道程』を除くと、『智恵子抄』は2冊目の詩集にあたる。

智恵子とは妻の高村智恵子のことであり、彼女と結婚する以前(1911年)から彼女の死後(1941年)の30年間にわたって書かれた、彼女に関する29篇、短歌6首、3篇の散文が収録されている。戦後、さまざまな出版社から同名の詩集が出ており、それらには最初の版の刊行後に書かれた作品や、その版に未収録のものも収められている。

以下の2冊は、光太郎が直接関わったものである。

  • 『智恵子抄』(白玉書房、1947年) - 龍星閣が休業していたため、版元を替えて出版。戦後に書かれた「松庵寺」「報告」の2篇を追加。
  • 『智恵子抄その後』(龍星閣、1950年) - 出版業を再開した龍星閣代表は、白玉書房版『智恵子抄』出版後に書かれた「智恵子抄その後」という6篇の詩群に注目し、これを軸に出版を決意する。智恵子に関わりの薄い文章も含めて、1冊の詩文集を構成した。出版に乗り気でなかった詩人も、本書籍のあとがきによれば、版元の「熱意に動かされ」るかたちで認めることにしたという。

裁判編集

光太郎の没後の1965年、龍星閣の代表がこの詩集を編集著作したと主張したことを受け、その翌年、光太郎の相続人が出版社とその代表を相手取り、編集著作権は詩人の側にあるものとして、東京地方裁判所に提訴した。長期裁判となったが、最終的には1993年の最高裁判決[1]により、原告が勝訴した。

関連作品編集

この詩集は、さまざまな者によって創作の素材となり、映画化された他に、テレビドラマ、ラジオドラマ、小説、戯曲、能、オペラ、歌謡などが生まれた。後述の映画、ドラマを除く各分野の作品を紹介する(歌については外部リンク先も参照)。

映画「智恵子抄」(1957年版)編集

智恵子抄
監督 熊谷久虎
脚本 八住利雄
製作 田中友幸
出演者 山村聡
原節子
音楽 團伊玖磨
撮影 小原譲治
配給 東宝
公開 1957年6月29日
上映時間 97分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示
キャスト
スタッフ

映画「智恵子抄」(1967年版)編集

智恵子抄
監督 中村登
脚本 広瀬襄
中村登
製作 白井昌夫
出演者 丹波哲郎
岩下志麻
音楽 佐藤勝
撮影 竹村博
配給 松竹
公開 1967年6月5日
上映時間 125分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

原作として高村光太郎の他に佐藤春夫の『小説智恵子抄』も使用されており、第40回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされている。

キャスト
スタッフ

テレビドラマ「智恵子抄」(1956年版)編集

KRテレビ(現TBS)にて1956年11月11日に放送。

キャスト
スタッフ

テレビドラマ「智恵子抄」(1970年版)編集

TBS系列の花王愛の劇場で、1970年11月2日 - 12月31日に放送。

キャスト
スタッフ

テレビドラマ「智恵子抄」(1994年版)編集

テレビ東京系列で、1994年2月14日に放送。

キャスト
スタッフ

ラジオドラマ「智恵子抄」編集

文化放送で、1962年に放送。

声の出演

脚注編集

  1. ^ 全文 (PDF)”. 最高裁判所. 2015年2月17日閲覧。

外部リンク編集