久保明

日本の俳優

久保 明(くぼ あきら[1][2]1936年昭和11年〉12月1日[1][3][2] - )は、日本俳優。本名、山内 康儀(やまうち やすよし)[2]東京都[1][2]江東区出身。立教大学文学部卒業。俳優・歌手山内賢は実弟[4]

くぼ あきら
久保 明
久保 明
潮騒』(1954年)
本名 山内 康儀(やまうち やすよし)
生年月日 (1936-12-01) 1936年12月1日(86歳)
出生地 日本の旗 日本 東京市江東区北砂町(現在の東京都同区北砂
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1952年 -
著名な家族 山内賢(実弟)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

通っていた小学校で演劇が盛んだったことから、教師の勧めで舞台のオーディションを受けて合格。ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の舞台版に子役として出演[5](劇団には江原達怡石井伊吉らがいた[5])。その後、同作品の映画版にも出演している[5]。中学時代も映画撮影所が近所に多かったことから、教育映画などにも出演[5]

1952年、『思春期』でスクリーンデビュー[1][2]。本名での出演だったが、その後は同作品で演じた役名にちなんで「久保明」と改名[4][2]

1954年、『潮騒』で共演した青山京子とのコンビで青春映画に連続出演。『大学シリーズ』や『蜘蛛巣城』、『椿三十郎』などに出演[5]。また、ゴジラシリーズホラー映画マタンゴ』などの特撮映画にも出演[3][2]

ウルトラマン』のハヤタ隊員役の候補にも挙がっていた[3][5]。ブームになってからはやっておけばよかったという想いも抱いたが、当時は怪獣もの専門として扱われることを嫌っていたという[5]

1970年代からは舞台とテレビに活動の場を移す。テレビドラマ時代劇アクションドラマなどでは、悪役を演じた。

日本映画俳優協会理事。

主な出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

DVDコメンタリー編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 東宝特撮映画全史 1983, p. 529, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e f g ゴジラとともに 2016, p. 103, 「久保明」
  3. ^ a b c 超常識 2016, p. 120, 「Column ゴジラ映画 俳優FILE」
  4. ^ a b DVD『マタンゴ』オーディオコメンタリー
  5. ^ a b c d e f g ゴジラとともに 2016, pp. 104–111, 構成・文 浦山珠夫「久保明」(『映画秘宝』2010年5月号掲載)
  6. ^ ゴジラとともに 2016, pp. 112–116, 「久保明ギャラリー」
  7. ^ a b c d e f g h i j k 東宝特撮映画全史 1983, pp. 536–538, 「主要特撮作品配役リスト」
  8. ^ 日本海大海戦”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年3月6日閲覧。

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 中村深海『永遠の東宝映画俳優』久保明インタビュー くまがい書房、2014年
  • 『ゴジラの超常識』[協力] 東宝、双葉社、2016年7月24日 (原著2014年7月6日)。ISBN 978-4-575-31156-3 
  • 別冊映画秘宝編集部 編 『ゴジラとともに 東宝特撮VIPインタビュー集』洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年9月21日。ISBN 978-4-8003-1050-7 

外部リンク編集