メインメニューを開く

株式会社青柳総本家(あおやぎそうほんけ)は、愛知県名古屋市守山区瀬古一丁目に本社を置く製菓業者。ういろうなどの菓子類を、製造・販売している。

株式会社青柳総本家
Aoyagiuirou Co.,Ltd.
Aoyagi Headquarter 20140907.JPG
青柳総本家本社(2014年9月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
463-8548
愛知県名古屋市守山区瀬古一丁目919
北緯35度12分37.8秒
東経136度56分9.6秒
座標: 北緯35度12分37.8秒 東経136度56分9.6秒
設立 1879年(創業)1950年(法人設立)
業種 食料品
法人番号 7180001000041
資本金 1億円
外部リンク www.aoyagiuirou.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

  • 130年以上の歴史を持つ名古屋のういろうの老舗で、生産量・販売数は日本一。
  • トレードマークはに飛びつくカエルをデザインしたもので、小野道風の故事(目標に向かって何度でも努力を繰り返す)から来ている。杉本健吉画伯によりデザインされた。
  • 主力製品のういろうと、英語で柳を意味するwillowの発音が似通っているのは偶然の語呂合わせである。
  • 1970年代から80年代にかけては「フルール」のブランド名で洋菓子の製造・販売も行なっていた。
  • 2018年9月、ららぽーと名古屋みなとの蔦屋書店内に喫茶Willowsを開業した。

沿革編集

  • 1879年明治12年):後藤利兵衛が尾張徳川家17代徳川慶勝から「青柳」の家号を受けて、青柳総本家を創立[1]
  • 1931年昭和6年):国鉄名古屋駅構内で青柳ういろうの販売開始。
  • 1950年(昭和25年):法人化。
  • 1964年(昭和39年):東海道新幹線での車内販売開始。
  • 1969年(昭和44年):テレビCM開始。

事業所編集

 
青柳総本家守山直営店(2014年9月)
本社・工場
愛知県名古屋市守山区瀬古一丁目919
守山直営店
愛知県名古屋市守山区瀬古一丁目628-1
大須本店
愛知県名古屋市中区大須二丁目18番50号

※このほか、名古屋三越(栄・星ヶ丘)、松坂屋名古屋店、名鉄百貨店(名駅)、ジェイアール名古屋タカシマヤKITTE名古屋などに専門の売場を設置している。

主力商品編集

ういろう編集

青柳ういろう」は登録商標である。東海道新幹線が開通した際に、名古屋名物として青柳のういろうだけ車内販売を許可されたことにより、ういろうは「名古屋名物」として有名になった[2]

1969年から流されているういろうCMの歌詞(くやしかったら言ってみな。白・黒・抹茶・あずき・コーヒー・ゆず・桜)が「上がり」なのか「あずき」なのかが話題になることがある。1969年当時上がり、1971年頃 - 1977年があずきである。1977年にCMが一時中止になっているが2002年に復活し、その後2007年10月をもって再び放送が中止された。復活した時の歌詞は上がりであった。上がりとは、こしあんの事である。

ゆず珈琲は販売を停止している。

  • 青柳ういろう(しろ、抹茶、さくら、上がり、黒、栗、小豆、マンゴー(夏季限定)、おいも(秋季限定)
  • 一口ういろう(しろ、抹茶、さくら、上がり、くろの詰合)…5個入、10個入、15個入、20個入、30個入
  • 一口ういろう(しろ、抹茶、さくらの詰合)…9個入
  • 一口ういろう(和三盆・濃茶の詰合、和三盆・桜葉の詰合の2種類)…8個入、16個入
  • 四季づくし(しろ、抹茶、さくら、上がりの詰合)…5個入、8個入、12個入、20個入
  • 名古屋かるた(こしあん、栗、緑茶の詰合)…6個入、12個入、18個入
  • 季節の味くらべ (春:桜&若桃、夏:黒糖&和三盆、秋:栗&さつま芋、冬:お汁粉&焼き芋の詰合)…4個入、8個入、16個入
  • 生ういろう(通年販売:宇治時雨、こしあん、和三盆、かすみ(三越限定)、黒糖(名鉄限定)、塩(JR高島屋限定)、上がり餡(松坂屋限定) 季節限定:黒豆、節分、チョコレイト、うめ、あっぷるシナモン、さくら、草餅、柏、濃茶、若桃、水無月、青梅、緑茶、おはぎ、栗、かぼちゃ、さつま芋、ゆず、迎春、老松など
  • 一口生ういろう(通年販売:黒糖、和三盆、こしあん、さくら、宇治しぐれ、おいも 季節限定:黒豆、梅、若桃、桜杏仁、桜餅、草餅、濃茶、水無月、青梅、緑茶、おはぎ、栗、ゆず、黒ゴマ黒きなこ、チョコレイト、花見、みたらし、ダージリン、マンゴー、塩とまと、ピスタチオ、カフェオレ、ほうじ茶など。守山直営店・KITTE名古屋店・Willows限定販売)

その他編集

  • カエル饅頭 …3個入、6個入(トレードマークにちなんだ製品。こしあんの他には、桜餡(春季限定)、抹茶餡(夏季限定)、芋餡(秋季限定)、チョコ餡(冬季限定)がある)
  • きしめんパイ …10本入、20本入。なお発売開始時には「フルール」ブランドで登場していた。
  • 小倉サンド(5枚入・名古屋名物の小倉トーストにちなんだ製品)
  • 名古屋生サブレ(カフェオレ風味・8枚入)
  • 栗むし羊羹

CM編集

東海地方では「白、黒、抹茶、上がり、コーヒー、ゆず、さくら」という歌詞のCMソングでも有名。CMは前述の東海道新幹線開業直後に関東関西の放送局や他地区でも放送されていた時期があったが、現在は中京エリアのみの放送に留まっている。また、フルールのCMも有名だった。

声の出演

青柳ういろう:松島みのり

フルール:???(白石冬美?)

スポンサー番組編集

一社提供

汚染米事件編集

米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)の事故米不正転売事件において、2007年12月~2008年6月の製品に加工販売した事を明らかにした[3][4]が、工業用の農薬汚染米だと気がつかずに仕入れたと説明をし、後藤敬社長謝罪をしている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概要”. 青柳総本家. 2017年3月22日閲覧。
  2. ^ 2009年5月17日放送『がっちりマンデー!!』(TBSテレビご当地お菓子第2弾!!2017年3月20日閲覧
  3. ^ “名古屋のういろう老舗店にも汚染米混入”. 日刊スポーツ. (2008年9月) 
  4. ^ “ういろう老舗も汚染米混入/ようかんなど5商品”. 四国新聞. (2008年9月). http://news.shikoku-np.co.jp/national/social/200809/20080917000486.htm 

外部リンク編集