風ぐるま (千代田区)

地域福祉交通「風ぐるま」用車両
風ぐるま(旧・乗合便)用車両
風ぐるま停留所一例

風ぐるま(かざぐるま)は、東京都千代田区日立自動車交通に業務委託している地域福祉交通である。

概要編集

千代田区が、高齢者や身体障害者、子育て世代者に向けた移動手段として運行している。4つのルートを循環する、高齢者や障害者でなくても誰でも利用できる「地域福祉交通『風ぐるま』」(旧称:「乗合便」)と、車椅子利用者など、一般の交通機関を利用するのが困難な人が、予約をして利用できる「貸切便」がある。

沿革編集

  • 1993年(平成5年)5月18日リフト付き福祉タクシー(現:貸切便)運行開始。使用車両は「トヨタ・ハイエース」である。
  • 1997年(平成9年)4月1日: 地域福祉乗合タクシー「風ぐるま」運行開始。「神田・麹町便」の1ルートのみで、乗合タクシーとして運行。運賃は100円で、福祉会館・高齢者センター利用者には無料乗車証を発行。こちらも使用車両は「トヨタ・ハイエース」である。
  • 1998年(平成10年)4月1日:リフト付き福祉タクシーに愛称「風ぐるま(貸切便)」を設定。乗合タクシーには「乗合便」の名称がつけられる。
  • 2002年(平成14年)6月1日: 乗合便に「内神田・富士見便」「駿河台・四谷便」の2ルートを増設。従来の「神田・麹町便」を「秋葉原・麹町便」に改称。
  • 2005年(平成17年)8月24日: 秋葉原駅前再開発に伴い、乗合便のルート・時刻を改正。「駿河台・四谷便」を「御茶ノ水・四谷便」に改称。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月19日: 乗合便の運行ルートを改正。「御茶ノ水・四谷便」を「四谷・御茶ノ水便」とする。無料乗車証の発行対象者を、60歳以上の者、障害のある者、妊産婦・未就学児連れの者、ちよだボランティアセンター登録者とする。
    • 5月7日千代田区役所本庁舎移転に伴い、停留所を移設。
  • 2010年
    • 1月4日: 障害者福祉センター「えみふる」開設に伴い、乗合便の運行ルートを改正。従来の「秋葉原・麹町便」は「和泉・麹町便」に、「四谷・御茶ノ水便」は「四谷・あきば便」に名称が変更された[1]
    • 2月: 「駿河台下」停留所を、「和泉・麹町便」と「内神田・富士見便」に新設。
    • 9月21日: 千代田保健所の移転、飯田橋保育園の富士見こども園への統合に伴い、乗合便の運行ルートと一部の停留所名称を変更。
  • 2011年1月23日秋葉原における歩行者天国が再開される。歩行者天国実施日に、「四谷・あきば便」は迂回運行を行うこととする。
  • 2015年
    • 12月21日: 普通定期券および「風ぐるま区民パスポート」の販売開始。使用開始は2016年1月4日からとする。
    • 12月28日: 無料乗車証の発行・再発行を終了。有効期限が残っているものは、期限まで使用可能とする。
    • 12月30日: 乗合便の運行を終了。
  • 2016年
    • 1月4日: 地域福祉交通「風ぐるま」運行開始。専用塗装の日野・ポンチョを導入。
    • 11月28日: 利用者から寄せられた意見・要望により、地域福祉交通「風ぐるま」の運行ルートを改正し、停留所を増設。
  • 2017年
    • 6月5日:障害者福祉センター「えみふる」の施設内に設置されていた車両回転盤が交換され、再度停留所を設置。施設前の道路上に設置されていた停留所は「神田駿河台二丁目」に名称を変更。

地域福祉交通「風ぐるま」(旧:乗合便)編集

概要編集

千代田区内の福祉施設を中心に、区内を循環するバスで、ピンク色を基調とした専用塗装の日野・ポンチョを使用している。車両点検時等は日立自動車交通の一般塗装の車両で代走される。他地域で運行されるコミュニティバスに近い方法の運行であり、日立自動車交通では「地域福祉バス」もしくは「コミュニティバス」として紹介されているが、千代田区では「地域福祉交通」という名称を使用している。

運賃は小学生以上1回につき100円で、交通系ICカードも使用できる。乗車時から90分以内に他のルートに乗り継ぐ場合、交通系ICカード利用時に限り1回のみ無料で乗り継ぎできる。また、普通定期券のほか、「風ぐるま区民パスポート」と呼ばれる区民向け割引制度による定期券がある。なお、2015年12月28日までは、区内在住の障害者、高齢者、妊産婦、未就学児の保護者、ちよだボランティアセンターの登録者に「無料乗車証」を発行していたため、期限が残っているものについては使用可能である。

2015年12月30日まではトヨタ・ハイエースを使用した「乗合タクシー」で、各運行ルート上に設置された停留所から乗車し、ルート上であれば危険な場所でない限りどこでも降車することが可能であった。

2016年1月4日、小型バスの採用に伴い一部の停留所が新設・移設され、停留所以外での降車はできなくなった。

運行編集

  • 各便とも年末年始は運休する[2]
  • 運行ルートは以下のとおりで、数字の順に通過する。

麹町ルート編集

番号 停留所名称 接続鉄道路線 備考
1 千代田区役所
2 かがやきプラザ(九段坂病院)
3 九段上  都営バス 九段上停留所と共用
4 九段さくら館
5 五味坂交番
6 一番町交差点
7 ジロール麹町入口(半蔵門駅  東京メトロ  半蔵門線
8 麹町出張所
9 平河天満宮前
10 麹町二丁目  都営バス 麹町二丁目停留所と共用
11 麹町四丁目  東京メトロ:  有楽町線  都営バス 麹町四丁目停留所と共用
12 麹町五丁目  都営バス 麹町五丁目停留所と共用
13 四谷駅  東京メトロ:  丸ノ内線  南北線
 JR東日本  中央本線  中央・総武緩行線
始発・終着停留所
 都営バス 四谷駅前停留所と共用
14 麹町五丁目  都営バス 麹町五丁目停留所と共用
15 麹町四丁目  東京メトロ:  有楽町線  都営バス 麹町四丁目停留所と共用
16 いきいきプラザ一番町
17 五味坂
18 東京家政学院
19 都営四番町アパート
20 市ヶ谷駅  東京メトロ:  有楽町線・  南北線
 都営地下鉄  新宿線
 JR東日本:  中央・総武緩行線
 都営バス 市ヶ谷駅前停留所と共用
21 一口坂  都営バス 一口坂停留所と共用
22 東京逓信病院
23 地下鉄飯田橋駅東口  東京メトロ:  東西線  有楽町線・  南北線
 都営地下鉄:  大江戸線
 JR東日本:  中央・総武緩行線
24 飯田橋清掃車庫
25 東京しごとセンター
26 九段北一丁目
1 千代田区役所 平日・土曜日は秋葉原ルートに継続運行


秋葉原ルート編集

番号 停留所名称 接続鉄道路線 備考
1 千代田区役所
2 かがやきプラザ(九段坂病院)
3 千代田保健所(九段下駅  東京メトロ:  東西線・  半蔵門線
 都営地下鉄:  新宿線
4 西神田三丁目
5 専修大学法科大学院前
6 専大前交差点
7 神田錦町三丁目  都営バス 神田錦町停留所と共用
8 神田美土代町
9 神田公園出張所
10 東日本銀行神田支店  東京メトロ:  銀座線
 JR東日本:  山手線  京浜東北線  中央線
 都営バス 神田富山町停留所と共用
11 岩本町ほほえみプラザ 始発停留所
12 美倉橋南
13 和泉公園入口前
14 和泉橋出張所
15 秋葉原駅中央口  東京メトロ:  日比谷線
首都圏新都市鉄道  つくばエクスプレス線
 JR東日本:  山手線・  京浜東北線・  総武線
終着停留所
16 神田練塀町
17 アーツ千代田3331  東京メトロ:  銀座線 日の丸自動車興業 スカイホップバス 秋葉原(末広町)停留所と共用
18 外神田六丁目
19 昌平童夢館入口
20 外神田二丁目  都営バス 外神田二丁目停留所と共用
21 御茶ノ水駅  東京メトロ:  丸ノ内線・  千代田線
 JR東日本:  中央線・  中央・総武緩行線
 都営バス 御茶ノ水駅前停留所と共用
22 神田駿河台二丁目
22-1 障害者福祉センター「えみふる」 日曜日・祝日は通過
23 日大病院
24 九段下  東京メトロ:  東西線・  半蔵門線
 都営地下鉄:  新宿線
 都営バス 九段下停留所と共用
1 千代田区役所 平日・土曜日は麹町ルートに継続運行


富士見・神保町ルート編集

番号 停留所名称 接続鉄道路線 備考
1 千代田区役所
2 かがやきプラザ(九段坂病院)
3 富士見出張所
4 飯田橋駅前  東京メトロ:  東西線・  有楽町線・  南北線
 都営地下鉄:  大江戸線
 JR東日本:  中央・総武緩行線
 都営バス 飯田橋駅前停留所と共用
5 東京逓信病院
6 一口坂手前
7 都営四番町アパート
8 番町  東京メトロ:  有楽町線  都営バス 番町停留所と共用
9 いきいきプラザ一番町 始発・終着停留所
10 五味坂
11 富士見あんず館
12 千代田保健所(九段下駅)  東京メトロ:  東西線・  半蔵門線
 都営地下鉄:  新宿線
13 西神田三丁目
14 西神田コスモス館
15 神保町交差点北  東京メトロ:  半蔵門線
 都営地下鉄:  三田線  新宿線
 都営バス 神保町二丁目停留所と共用
16 駿河台下  都営バス 駿河台下停留所と共用
17 神田駿河台二丁目
17-1 障害者福祉センター「えみふる」 日曜日・祝日は通過
18 御茶ノ水駅前  東京メトロ:  丸ノ内線・  千代田線
 JR東日本:  中央線・  中央・総武緩行線
 都営バス 御茶ノ水駅前停留所と共用
19 水道橋駅  都営地下鉄:  三田線
 JR東日本:  中央・総武緩行線
 都営バス 水道橋駅前停留所と共用
20 西神田一丁目  都営バス 西神田一丁目停留所と共用
21 専修大学法科大学院前
1 千代田区役所 平日・土曜日は内神田ルートに継続運行


内神田ルート編集

番号 停留所名称 接続鉄道路線 備考
1 千代田区役所
2 かがやきプラザ(九段坂病院
3 千代田保健所(九段下駅)  東京メトロ:  東西線・  半蔵門線
 都営地下鉄:  新宿線
4 西神田三丁目
5 西神田コスモス館
6 神保町交差点北  東京メトロ:  半蔵門線
 都営地下鉄:  三田線・  新宿線
 都営バス 神保町二丁目停留所と共用
7 駿河台下  都営バス 駿河台下停留所と共用
8 神田駿河台二丁目
8-1 障害者福祉センター「えみふる」 日曜日・祝日は通過
9 日大病院
10 小川町交差点  都営地下鉄:  新宿線
 東京メトロ:  丸ノ内線・  千代田線
11 かんだ連雀 始発・終着停留所
12 万世橋出張所  都営バス 万世橋停留所と共用
13 ワテラス
14 神田公園出張所
15 東日本銀行神田支店  東京メトロ:  銀座線
 JR東日本:  山手線・  京浜東北線・  中央線
 都営バス 神田富山町停留所と共用
16 岩本町ほほえみプラザ
17 岩本町一丁目
18 鍛冶町一丁目
19 スポーツセンター
20 区営内神田住宅
21 ちよだプラットフォームスクウェア入口
22 神田錦町  都営バス 神田錦町停留所と共用
23 神保町交番前  東京メトロ:  半蔵門線
 都営地下鉄:  三田線・  新宿線
 都営バス 神保町停留所と共用
24 九段下  東京メトロ:  東西線・  半蔵門線
 都営地下鉄:  新宿線
 都営バス 九段下停留所と共用
1 千代田区役所 平日・土曜日は富士見・神保町ルートに継続運行

貸切便編集

車椅子利用者などの一般交通機関の利用が困難な人のために、区民に限り事前予約で利用できるサービス。 日立自動車交通の一般塗装のトヨタ・ハイエースを使用し、乗降場所または乗車場所か降車場所のどちらか一方が千代田区内であれば、どこへでも行ける。 利用日の1ヶ月前から前日までに予約が必要で、運賃は中型タクシーのメーター料金に準ずる。

脚注編集

  1. ^ 運行改正の主な内容
  2. ^ 2010年1月4日の運行改正前は、「秋葉原・麹町便」・「内神田・富士見便」は、第二・第四日曜、祝日、年末年始に運休し、「四谷・御茶ノ水便」は、日曜、祝日、年末年始に運休していた。

関連項目編集

外部リンク編集