メインメニューを開く

所在地編集

テレビ・FMラジオ放送編集

AMラジオ放送編集

中継局概要編集

デジタルテレビ放送編集

(中京広域圏:岐阜県愛知県三重県の3県を合わせた区域。名古屋に本局がある)

リモコン
キーID
放送局 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
1 THK
東海テレビ放送
15 20W 100W 中京広域圏 約28,800世帯 水平偏波
2 NHK名古屋
教育
31 105W 全国
3 NHK岐阜
総合
29 岐阜県
4 CTV
中京テレビ放送
17 100W 中京広域圏
5 CBCテレビ 16
6 NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
14
8 GBS岐阜放送
愛称「ぎふチャン」
30 105W 岐阜県

FMラジオ放送編集

放送局名 中継局名 コールサイン 周波数
MHz
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
飛騨高山テレ・エフエム
愛称「Hits FM」[2]
親局[3] JOZZ6AE-FM 76.5 20W 50W 高山市 27,099世帯 水平偏波
清見IC[4] なし 5W 2.5W -
清見龍ヶ峰[5] 5W 12.6W
荘川ダナ[6] 1W 1.25W
高根子の原[7] 10W 12.6W
上宝在家山[8] 2W 3.6W
奥飛騨温泉郷
平湯[9]
1W 300mW
FM GIFU
エフエム岐阜
高山 80.0 20W 20W 岐阜県 約-世帯 水平偏波
NHK岐阜
FM
86.1 10W 24W

AMラジオ放送編集

放送局名 コールサイン 周波数
kHz
空中線
電力
放送対象地域 放送区域
内世帯数
GBS岐阜放送ラジオ
愛称「ぎふチャン」
なし[10][11] 720 100W 岐阜県 38,881世帯
NHK名古屋
第1
なし[12][13] 792 1kW 中京広域圏 約35,000世帯
NHK第2 なし[14][15] 1125 全国
SF
東海ラジオ放送
なし[16][17] 1485 100W 中京広域圏 38,881世帯
CBCラジオ なし[18][19] 1557

廃止された局の概要編集

アナログテレビ放送編集

放送局名 チャンネル 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 放送終了日
NHK名古屋
教育
2 映像30W/
音声7.5W
映像84W/
音声21W
全国 27,544世帯 水平偏波 2011年7月24日
NHK岐阜
総合
4 映像80W/
音声20W
岐阜県
CBC
中部日本放送
6 映像81W/
音声20W
中京広域圏
THK
東海テレビ放送
8
NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
12 映像80W/
音声20W
CTV
中京テレビ放送
26 映像100W/
音声25W
映像360W/
音声89W
GBS岐阜放送
愛称「ぎふチャン」
38 映像350W/
音声88W
岐阜県

放送エリア編集

デジタルテレビ放送編集

  • 高山市の一部、約28,800世帯[20]

アナログテレビ、FM・AMラジオ放送編集

  • Hits FM:高山市及び飛騨市の一部。
  • 上記以外:高山市の旧:高山市域中心部。

歴史編集

下記に記載していない局については、開局時期は不明。

デジタルテレビ放送編集

アナログテレビ編集

  • 1961年9月10日 - NHK高山テレビジョン中継放送所(名古屋総合・教育)ならびにCBC中部日本放送・高山テレビ放送所、THK東海テレビ放送・高山放送所が開局。
  • 1964年10月1日 - NBN名古屋テレビ放送・高山中継局が開局。
  • 1970年7月6日 - GBS岐阜放送・高山テレビジョン放送局が開局。
  • 1971年12月12日 - CTV中京テレビ放送・高山放送所が開局。
  • 1973年2月17日 - NHK岐阜放送局の開局に伴い、総合テレビの放送内容が、名古屋局から岐阜局に移行。
  • 2011年7月24日 - 正午をもって放送終了し、デジタルテレビ放送に完全移行した。

FMラジオ放送編集

  • 1967年6月24日 - NHK高山FM中継放送所が開局。
  • 1997年7月19日 - 飛騨高山テレ・エフエム(親局)が開局。
  • 2001年4月1日 - Radio 80 岐阜エフエム放送(現・エフエム岐阜)・高山中継局が開局(岐阜親局開局と同時)。
  • 2008年12月25日 - 飛騨高山テレ・エフエム・高山市内6中継局に予備免許交付[21]
  • 2009年4月1日 - 飛騨高山テレ・エフエム・高山市内6中継局が開局。

AMラジオ編集

  • 1942年10月2日 - 社団法人日本放送協会・名古屋中央放送局(現・日本放送協会名古屋放送局)第1(コールサイン:JOCK3・出力:50W)が開局。
  • 1948年7月1日 - 高山臨時放送所が正式な放送所に昇格し、ラジオ第1のコールサインが「JOCQ」に変更。
  • 1952年5月1日 - NHK高山放送局(現・NHK高山支局)第2(コールサイン:JOCZ・出力:100W)が開局。
  • 1954年8月15日 - CBC中部日本放送(現・CBCラジオ)・高山ラジオ放送所(コールサイン:JOAO・出力:100W)が開局、高山地域番組の放送開始。
  • 1964年12月23日 - ラジオ岐阜(現・GBS岐阜放送ラジオ)高山ラジオ放送局(コールサイン:JOZL・周波数:720kc(kHzと同義)・出力:100W)が開局。
  • 1965年10月23日 - SF東海ラジオ放送・高山放送局(コールサイン:JOXE・周波数:1500kc・出力:100W)が開局、高山地域番組の放送開始。
  • 1973年11月1日 - NHK高山ラジオ第1・第2のコールサインを廃止。
  • 1978年11月23日 - AMラジオ放送の周波数が、10kHz間隔から9kHz間隔に変更された。当中継局の各放送局の周波数も、現在の周波数に変更された(GBS岐阜放送は変更なし)。
  • 2000年頃 - SF東海ラジオ放送・高山放送局の高山地域番組終了。
  • 2002年4月1日 - GBS岐阜放送・高山ラジオ放送局が神岡中継局と精密同一周波数・完全同期放送を開始。

その他編集

  • 判明している正式な中継局名は、以下の通り。
    • NHK-TV:高山テレビジョン中継放送所
    • CBC-TV:高山テレビ放送所
    • THK・CTV:高山放送局
    • NBN:高山テレビ放送局
    • GBS-TV:高山テレビジョン放送局
    • NHK・FM:高山FM中継放送所
    • NHK第1・第2:高山ラジオ中継放送所
  • GBS岐阜放送・高山ラジオ放送局は、飛騨神岡中継局と精密同一周波数・完全同期放送を行っている。
  • 総務省発表の報道発表資料では、飛騨高山テレ・エフエム・高根子の原中継局の空中線電力が「1W」となっているが、正しくは「10W」である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岐阜県の開局状況 総務省 東海総合通信局
  2. ^ 会社概要 株式会社飛騨高山テレ・エフエム
  3. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  4. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  5. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  6. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  7. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  8. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  9. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  10. ^ JOZLが付与されていたが、廃止。
  11. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  12. ^ JOCQが付与されていたが、廃止。JOCQはその後NHK豊橋・第1に再付与されたのち廃止。
  13. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  14. ^ JOCZが付与されていたが、廃止。JOCZはその後NHK豊橋・第2に再付与されたのち廃止。
  15. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  16. ^ JOSNが付与されていたが、廃止。JOSN付与以前はJOXEが付与されていた。
  17. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  18. ^ JOAOが付与されていたが、廃止。
  19. ^ 無線局免許状情報 総務省 電波利用ホームページ
  20. ^ 東海地区の開局情報(岐阜県)/【表5】高山中継局(高山市:下切・中切町) 総務省 東海総合通信局
  21. ^ コミュニティ放送局(清見IC中継局他)の予備免許 総務省 総務省東海総合通信局、2008年12月25日