本来の表記は「髙橋信二」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

髙橋 信二(たかはし しんじ、1978年8月7日 - )は、岡山県津山市出身の元プロ野球選手捕手内野手、右投右打)、コーチ。現在は北海道日本ハムファイターズの一軍捕手コーチ兼打撃コーチ補佐を務めている。

髙橋 信二
北海道日本ハムファイターズ コーチ #78
OB-Shinji-Takahashi20120714.jpg
オリックス時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県津山市
生年月日 (1978-08-07) 1978年8月7日(39歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 1996年 ドラフト7位
初出場 NPB / 2000年10月8日
最終出場 NPB / 2014年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

経歴編集

プロ入り前編集

岡山県立津山工業高校からドラフト7位で日本ハムファイターズに捕手として入団。

日本ハム時代編集

4年目の2000年に最終戦でプロ初出場、初打席で初安打二塁打)と初打点を記録。

2003年、正捕手候補だった實松一成山田勝彦がキャンプ開始直後に故障したため開幕戦で正捕手として先発出場に抜擢される。そのまま正捕手に定着。規定打席には到達しなかったが、パシフィック・リーグ捕手としてはリーグ2位の12本塁打を記録。

2004年、初の規定打席到達。日本ハムの捕手として歴代最多の26本塁打、84打点を記録。オールスターゲームにも選出された。得点圏打率はリーグ3位(満塁ではリーグ1位)。アテネオリンピック小笠原道大の不在時は3番フェルナンド・セギノール、4番高橋のクリーンナップを組んだこともあった。

2005年、4月試合中に一塁へスライディングした際に左膝の靭帯を断裂。復帰後、8月21日のオリックス・バファローズ戦に捕手として出場中、クリフ・ブランボーのタックルを受けて再度戦線を離脱し、54試合の出場に留まった。

2006年、開幕戦で先発マスクを被るも打撃が不振で、この年台頭した鶴岡慎也との併用が多くなった。

2007年、「レギュラー奪還・リード向上・本塁打20本以上」を目標として掲げ、前半戦で打率3割を残し監督推薦で2度目のオールスターゲーム出場。シーズンでは自身2番目の出場試合数を記録し、本塁打も3年振りに2ケタを記録した。しかし、捕手として力が鶴岡の方が勝り始めた事、長打力も考慮され捕手以外に指名打者として出場することもあった。

2008年4月1日の試合で数年前から二軍で実戦経験を積んでいた一塁手で先発出場してからは、この年のチームの右の強打者不足もあって、捕手・指名打者以外に一塁手としての出場も増え、武田勝藤井秀悟ライアン・グリンが先発投手を務めた試合で捕手を務めた。藤川球児から死球を受け離脱した影響もあり、規定打席には到達しなかったが、前年よりも打率がアップした。

 
日本ハム時代

2009年はWBC選考メンバーに入るも、日本代表のメンバー入りはできなかった。シーズンは新人の大野奨太が加わったことや、右膝を痛めたこともあって、捕手としてではなく一塁手としての出場がほとんどとなる。オールスターでは捕手として選出されたが、捕手ではなく一塁手として出場。セ・パ交流戦首位打者(期間中の打率.412)を獲得し、2004年以来の規定打席にも到達してキャリア初の打率3割を達成。状況によっては送りバントを行ったり、本塁打狙いではなく、安打や四球で次の打者に繋ぐことも心がける四番打者として定着した。クライマックスシリーズ第2ステージでも、第2戦で岩隈久志から決勝の2点適時打を放つなどで活躍し、敢闘賞を受賞。ゴールデングラブ賞ベストナイン一塁手部門で初受賞したが捕手へのこだわりは捨てておらず、「来年以降も捕手登録のままで」と宣言した。オフの契約更改で年俸が1億2000万円となった。

2010年は打撃不振に陥り、打順も下がった。さらに7月1日埼玉西武ライオンズ戦で藤田太陽の投球を頭部に受けて入院[1][2]。同27日に一度は復帰するが、死球による内耳震盪の悪影響が長引き、8月2日に再度出場選手登録を抹消された[3]。以後、閉幕まで一軍に復帰できなかった。なお、藤田は後日、本人のもとにも出向き死球を謝罪した[4][5]。オフにはFA権を取得したが行使せず、野球協約が定める40%の減額制限を超える大幅ダウンとなる年俸7000万円で契約を更新。

2011年は一塁手にマイカ・ホフパワー稲葉篤紀が起用されたため、日本ハムでは一軍出場がなかった。5月9日金銭トレード読売ジャイアンツへ移籍[6][7]

巨人時代編集

巨人では右の代打や一塁の守備固めとして期待されたが、同じくロッテから移籍してきた大村三郎らの存在もあり、27試合の出場で打率は1割台で結果を出すことはできなかった。また、移籍後は内野手登録となったが、9月3日には2009年8月25日以来2年ぶりとなる捕手での出場を果たした。オフには出場機会を求め、球団に自由契約での退団を申し入れ、11月21日に自由契約となり、12月15日にオリックス・バファローズが獲得を発表。

オリックス時代編集

オリックス入団後の2012年1月25日に、ミンチェと共に入団会見を行った。開幕戦は5番・指名打者で迎え、開幕4戦目の古巣・日本ハム戦では3安打猛打賞を放つも、やがて調子を落とし、疲労性の腰痛のため4月27日に登録抹消。その後5月22日に登録されるも、5試合で8打数無安打に終わり再度二軍降格。8月14日に再度昇格すると、同日の対西武戦でスタメン出場、2回裏の第1打席で岸孝之から移籍後第1号となる逆転2ランを放った。8月22日の対日本ハム戦では、2ランを含む4安打5打点の活躍を見せたが、8月26日に3度目の登録抹消となり、そのままシーズンを終えた。28試合の出場で打率.202、2本塁打12打点に終わった。一方で得点圏打率は.320を記録している。

2013年は開幕を二軍で迎えた。5月3日に一軍登録されるとその日のゲームに代打で出場しシーズン初安打、その後一時は打率1割台にまで下がるが5月23日の対中日戦にスタメン出場し本塁打を放つと徐々に調子を上げていき一軍に定着、6月23日の対楽天戦では9回裏に代打で出場すると則本昂大から右越サヨナラ適時二塁打を記録した。前年を上回る51試合に出場し、打率は2割台前半だった。

2014年は出場機会が減少し10試合の出場に留まった。10月25日に球団から戦力外通告を受けた[8][9]。12月2日、自由契約公示された[10]

独立リーグ・信濃時代編集

オリックス退団後は12球団合同トライアウトに参加したが、獲得に乗り出す球団はいなかった。12月5日にはBCリーグ信濃グランセローズに打撃コーチ兼任選手として入団する見込みだと報道され[11]12月15日に球団から総合コーチ兼任選手として入団することが正式に発表された[12]

2015年8月18日、監督の岡本克道が辞任したため、監督代行に就任した[13]。この年は選手としては3試合の出場で10打数無安打に終わった。

日本ハムコーチ時代編集

2015年10月23日、古巣・日本ハムの捕手コーチ兼打撃コーチ補佐への就任が発表された[14]

プレースタイル編集

日本ハム時代は低めの打球をスタンドに運ぶ技術を備えたチーム屈指の長打力を誇り[15][16]、本塁打を狙う大振りのスイングで打球にバックスピンをかけて長打を狙う打撃を持ち味としていたが[17]、徐々に広角に打球を放つミート中心の打撃となった[18]。2008年から2010年にかけての通算得点圏打率.310と勝負強さも兼ね備え、得点圏時には長打よりもミートを意識した打撃に切り替える状況に応じた打撃もできる[19]。犠打もそつなくこなす[20]

50メートル走6.2秒、一塁到達4.2秒台前半と捕手としては俊足を誇り[21]、高校時代には3年時に48試合で22盗塁を記録したこともある[22]。捕手としては地肩は強いものの送球の安定感に欠け[23]、リード面でも内角を攻められず外角中心になる点を課題としており[24][25]、2008年からは一塁手としての出場が主になった[17][20]

人物編集

夫人は元読売ジャイアンツマスコットガール(チームジャビッツ21)のメンバーであり、2002年度のヴェルディガールズでもある岩田梨恵。

趣味ミュージカル鑑賞。

日本ハム時代はFA権を獲得したが、「極力このチームにいたいと思う」と言っていた[26]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2000 日本ハム 1 1 1 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 2.000 3.000
2001 16 23 22 2 6 0 0 0 6 3 1 0 0 0 1 0 0 6 2 .273 .304 .273 .577
2002 8 12 12 0 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .250 .250 .333 .583
2003 105 336 309 34 81 16 1 12 135 49 3 0 5 2 15 0 5 73 4 .262 .305 .437 .742
2004 115 452 404 66 115 19 2 26 216 84 2 1 3 5 34 2 6 93 7 .285 .345 .535 .880
2005 54 174 164 12 37 8 0 5 60 27 1 0 1 2 3 1 4 33 1 .226 .254 .366 .620
2006 78 242 223 26 56 3 2 6 81 19 2 2 3 3 10 0 3 42 3 .251 .289 .363 .652
2007 112 422 385 38 98 23 0 10 151 43 2 0 4 3 26 0 4 64 9 .255 .306 .392 .698
2008 108 394 357 33 102 19 0 9 148 58 3 2 7 3 24 2 3 74 13 .286 .333 .415 .748
2009 134 558 508 66 157 22 1 8 205 75 7 2 7 3 35 1 5 78 16 .309 .358 .404 .761
2010 70 272 244 21 59 6 0 3 74 31 0 0 0 0 23 1 5 34 4 .242 .320 .303 .623
2011 巨人 27 49 44 1 8 2 0 0 10 3 0 1 1 0 4 0 0 8 0 .182 .250 .227 .477
2012 オリックス 28 93 89 4 18 3 0 2 27 12 0 0 0 0 4 1 0 15 3 .202 .237 .303 .540
2013 51 99 96 4 21 6 0 1 30 9 1 0 0 0 2 0 1 18 2 .219 .242 .313 .555
2014 10 32 30 3 6 2 0 0 8 0 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .200 .250 .267 .517
通算:15年 917 3159 2888 310 768 131 6 82 1157 416 22 8 31 21 183 8 36 545 64 .266 .316 .401 .718

年度別守備成績編集


捕手 一塁


































2001 7 0 0 0 1.000 0 0 0 - -
2002 6 0 0 0 1.000 3 3 0 .000 -
2003 105 5 8 6 .990 84 63 21 .250 -
2004 111 689 47 7 9 2 .991 88 66 22 .250 -
2005 49 244 18 0 4 1 1.000 31 23 8 .258 -
2006 76 351 37 5 5 3 .987 54 37 17 .315 -
2007 104 557 44 4 8 3 .995 58 41 17 .293 -
2008 59 269 14 1 0 1 .996 31 25 6 .194 53 334 14 2 22 .994
2009 12 36 2 0 0 0 1.000 3 2 1 .333 110 949 33 1 70 .999
2010 - 62 556 20 5 54 .991
2011 1 3 1 0 0 0 1.000 0 0 0 - 15 91 5 2 8 .980
2012 - 1 8 0 0 1 1.000
2013 - 7 36 0 0 0 1.000
2014 - 10 64 2 2 4 .971
通算 530 22 34 16 .992 352 260 92 .261 258 2038 74 12 159 .994

[27]

表彰編集

NPB

記録編集

NPB初記録
NPBその他の記録

独立リーグでの打撃成績編集











































O
P
S
2015 信濃 3 10 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 3 10 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号編集

  • 62 (1997年 - 2002年)
  • 30 (2003年 - 2007年)
  • 2 (2008年 - 2011年途中)
  • 31 (2011年途中 - 同年終了)
  • 6 (2012年 - 2015年)
  • 78 (2016年 - )

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 捕手としての初先発出場は2002年10月5日、対大阪近鉄バファローズ28回戦(東京ドーム)、8番・捕手で先発出場

出典編集

  1. ^ YouTube パ・リーグチャンネル 高橋負傷! 西武・藤田、危険球で退場 7月1日 西武-日本ハム
  2. ^ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト ニュース 高橋信二選手の検査結果
  3. ^ Yahoo!スポーツ-野球-ニュース スポーツナビ 巨人・藤井、日ハム・高橋が登録抹消=2日のプロ野球公示[リンク切れ]
  4. ^ 埼玉西武ライオンズ #45 藤田 太陽 謝罪
  5. ^ 埼玉西武ライオンズ #45 藤田 太陽 強力打線ですねm(_ _)m
  6. ^ ニュース | 北海道日本ハムファイターズ トレード成立のお知らせ
  7. ^ Yomiuri Giants Offician Web Site 日本ハム・高橋選手を獲得
  8. ^ オリックスも2度目 高橋ら4人に戦力外通告スポーツニッポン2014年10月25日配信
  9. ^ 戦力外通告のお知らせ ORIX BUFFALOES OFFICIAL WEB SITE 2014年10月26日配信
  10. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月4日閲覧。
  11. ^ オリ退団高橋信二、BC信濃入団nikkansports.com2014年12月6日配信
  12. ^ 岡本監督辞任のお知らせ 信濃グランセローズオフィシャルサイト 2015年8月18日閲覧。
  13. ^ 監督、コーチ就任のお知らせ 信濃グランセローズオフィシャルサイト 2014年12月15日閲覧。
  14. ^ 高橋信二新コーチ就任のお知らせ 北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイト 2015年10月23日閲覧。
  15. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2007』 アスペクトムック、2007年、41頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  16. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2007』 白夜書房、2007年、21頁。ISBN 978-4-86191-246-7
  17. ^ a b 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクト、2008年、268頁。ISBN 978-4-7572-1439-2
  18. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、154頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  19. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、87頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  20. ^ a b 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクト、2010年、269頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  21. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクト、2009年、116頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  22. ^ 二宮清純 『プロ野球スカウティングレポート'97』 ザ・マサダ、1997年、230頁。ISBN 4-915977-39-0
  23. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2008』 白夜書房、2008年、84頁。ISBN 978-4-86191-374-7
  24. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2005』 白夜書房、2005年、37頁。ISBN 4-86191-015-3
  25. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2006』 白夜書房、2006年、57頁。ISBN 4-86191-134-6
  26. ^ 北海道新聞 高橋信二が残留希望 FA行使に否定的
  27. ^ ベースボール・レコード・ブック2005』ベースボール・マガジン社、2004年12月、125頁・128頁。

関連項目編集

外部リンク編集