メインメニューを開く

高橋 栄一郎(たかはし えいいちろう、1936年6月4日 - 2007年8月9日)は、日本プロ野球選手政治家。元山形県新庄市長(5期)。山形県出身。

高橋 栄一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県
生年月日 1936年6月4日
没年月日 (2007-08-09) 2007年8月9日(71歳没)
身長
体重
176 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

球歴編集

新庄北高では、エースとして1954年春季東北大会に出場。決勝に進出するが青森一高に敗退。夏は県予選で敗れ甲子園には出場できなかった。慶應義塾大学へ進学。東京六大学野球リーグでは1956年秋季リーグで優勝を経験するが、自身の活躍の場はなかった。リーグ通算32試合登板、6勝2敗。大学同期に巽一赤木健一がいる。

ニッポンビールに進み都市対抗野球大会に2年連続出場。1960年同大会では、同僚の城之内邦雄らとともにチームの準々決勝進出に貢献するが、松下電器松浦三千男(鐘化カネカロンから補強)に抑えられ惜敗[1]

1961年読売ジャイアンツに入団、1年目から一軍で中継ぎとして起用される。10月11日には中日を相手に初先発。柿本実と投げ合い4回を1失点に抑える。10月18日の最終戦で2度目の先発。広島を相手に3回1失点を記録するが、同年は勝敗ともにつかなかった。南海との日本シリーズでは2試合に登板、3回を無失点に抑える。1962年も7試合に登板するが白星には縁がなかった。

1963年南海ホークスへ移籍。開幕第3戦から先発陣の一角として活躍、4月21日には大毎から初完投勝利を飾る。同年は森中千香良ジョー・スタンカに次ぐ27試合に先発。11勝を挙げオールスターにも出場している。1964年は先発で結果を残せず、その後は主に中継ぎとして起用される。1967年限りでプロ野球を引退。

政治歴編集

1989年父・高橋喜一郎の引退を受け、山形県新庄市市長選挙に出馬し初当選。

以後、5期18年間もの長期に亘り、市政運営に当たってきた。

市長在任中には、プロ野球選手時代の新庄剛志を新庄市を挙げて応援したことで知られた。[注 1]

市長在任中の2007年8月9日午前1時35分、膵腫瘍のため山形市内の病院で死去。71歳没。

葬儀は、新庄市と最上広域市町村圏事務組合の合同葬で営まれた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1961 巨人 10 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 106 25.0 16 0 18 0 0 16 2 0 9 7 2.52 1.36
1962 7 3 0 0 0 0 0 -- -- ---- 50 9.0 14 3 8 0 1 8 0 0 8 8 8.00 2.44
1963 南海 43 27 5 0 0 11 6 -- -- .647 663 161.2 143 11 47 1 5 84 2 0 65 57 3.17 1.18
1964 28 6 0 0 0 2 4 -- -- .333 243 56.2 54 4 20 0 0 16 0 0 36 23 3.63 1.31
1965 33 10 0 0 0 1 3 -- -- .250 352 85.2 75 13 25 1 0 39 2 0 45 39 4.08 1.17
1966 14 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 144 33.1 32 4 17 0 0 9 0 0 20 17 4.64 1.47
1967 8 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 65 11.1 27 3 9 0 0 6 0 0 19 19 15.55 3.18
通算:7年 143 55 5 0 0 14 17 -- -- .452 1623 382.2 361 38 144 2 6 178 6 0 202 170 3.99 1.32

記録編集

背番号編集

  • 22 (1961年 - 1962年)
  • 13 (1963年、1966年 - 1967年)
  • 11 (1964年 - 1965年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 阪神タイガース所属時の新庄剛志の人気にあやかり村おこしの一環として、1990年代前半に自身が主導して国内の「新庄」と名のつく市町村(新庄市、奈良県北葛城郡新庄町(当時)、岡山県真庭郡新庄村)で友好自治体共同事業協議会「新庄会」が創設され、新庄剛志を1993年11月より2006年の現役引退まで公式に応援した[2][3]。同会は創設を記念する阪神の公式戦「新庄ナイター」を阪神甲子園球場にて開催して(新庄剛志#阪神時代・1994年の項を参照)入場者への物産品の配布なども行うなど、球場での応援活動も行った[4]

出典編集

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 新庄剛志選手の黄金バット山形県新庄市 新庄話題鍋)、2016年4月22日閲覧。
  3. ^ 「新庄剛志PART2(ベースボールアルバムNO.116)」ベースボール・マガジン社 1993年8月
  4. ^ 夫人同伴で入団した銀行員 ― 猛虎人国記スポニチ Sponichi Annex 野球 猛虎人国記、2016年4月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
高橋喜一郎
  山形県新庄市長
1989年 - 2007年
次代:
山尾順紀