鮭の乱

2021年の台湾の出来事
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 鮭の乱
  • サケの乱
  • サーモンの乱
  • 鮭魚の乱

鮭の乱(さけのらん、繁体字中国語: 鮭魚之亂[注 2][7]、またはサケの乱[8]サーモンの乱[9]2021年3月に日本回転寿司チェーン「スシロー」が台湾で行った割引キャンペーンの対象となることを目的として、戸籍上の本名を改名する人物が同時多発的に続出した騒動。

鮭の乱
壽司郎, 迴轉壽司, スシロー, 台北, 台灣, Taipei, Taiwan (46542341474).jpg
スシローのサーモン(台北市の店舗)
日付2021年3月15 - 19日[3]
場所 中華民国台湾
テーマ
原因プロモーション、バンドワゴン効果
最初の
通報者
卡提諾狂新聞中国語版[4]
主催者台灣壽司郎(日本の旗 スシロー現地法人)
結果数百人の改名[5]
鮭魚の乱
(鮭の乱、サケの乱、サーモンの乱)
2018-10-13 Taiwan Sushiro MiNe-M5 101-6016UG.jpg
台北市の店舗(西門町
各種表記
繁体字 鮭魚之亂
簡体字 鲑鱼之乱
拼音 Guī yú zhī luàn
通用拼音 Guei yú jhih luàn
注音符号 ㄍㄨㄟ ㄩˊ ㄓ ㄌㄨㄢˋ
発音: グゥィユィチールワン
広東語発音:
  • Gwai1 jyu4-2 ji1 lyun6(鮭魚之亂)
  • Saam1 man4 jyu4 ji1 lyun6(三文魚之亂[注 1]
台湾語白話字
  • âng-liân-hî chi loān(紅鰱魚之亂)
  • sam-bûn-hî/sam-bûn-hû chi loān(三文魚之亂)
  • 日本語漢音読み けいぎょしらん
    日本語慣用読み けいぎょのらん
    さけのらん
    サーモンのらん
    英文 Salmon chaos
    テンプレートを表示

    発端編集

    2021年3月15日、台湾で20店舗(2021年3月時点[10])を運営する日本の回転寿司チェーン店スシローの現地法人[注 3]は翌16日から21日の6日間にプロモーション活動として「愛の迴鮭祭(原文ママ[11])」を告知した[3]。騒動はこの活動の一環として17-18日の2日間限定で行われた割引キャンペーンに端を発する[11]

    このキャンペーンは「鮭魚」(鮭の中国語表記)の同音(鮭(注音: ㄍㄨㄟ)は「圭、規、瑰、帰」など、魚(注音: ㄩˊ)は「瑜、妤、於、于、盂、楡、兪、渝」など)あるいは同字が姓名に含まれている顧客が有効な身分証を提示することで、

    • 2文字が同音同字であれば無料
    • 2文字が同音であれば半額
    • 1文字が同音であれば1割引

    となるものだった。対象となるのはイートインのみで、割引が適用される顧客1人につき同伴者5人まで(最大で1テーブル6人)が認められる。姓名の同音判定は中国語表記に限られ、日本語で鮭と同音の「酒」や英語訳で同義となる「サーモン」などの外国語は対象外[12]

    拡散編集

    このキャンペーンが拡散されると、ネット上では本名を「鮭魚」に改名した自分の身分証中国語版をアップロードする者が出現し、同時に3人が「鮭魚」へ改名したケースまで報道されると[13]バンドワゴン効果もあってそれに続く者が相次いだ[14]。台湾メディアはこうしたキャンペーン目当てでの改名行為を「鮭魚之乱」と称した[15]。(中国時報[16]聯合報[17]中華電視公司(CTS)[18]、ETToday東森新聞雲[19]、TVBS[20]、民視(FTV)[21]蘋果日報[22])。キャンペーンが終了すると改名した人の多くは元の名前に戻す手続きを済ませたが[23][24]、これは即ちスシローの無料特典を受けるためだけに生涯で3度行使できる台湾の改名制度を2度も利用したことになる。本名を元に戻すことについても、産まれた川に遡上する鮭になぞらえて「鮭魚洄流」(サーモン・ランの意)と報じられている[25]

    背景編集

    法的根拠編集

    中華民国(台湾)の姓名条例の条文および司法院大法官中国語版の解釈では特殊要因による改名は3度まで保障されているため、1度改名した場合でも元に戻すことができる[26]。なお未成年時の場合は、本人ではなく親権者のみ改名手続が可能。2015年までは2度が上限だったが、不便を訴える市民の声を反映して、2015年5月5日に上限を3度に引き上げる姓名条例改正案が立法院の三読を通過し[27][28]、同月20日付で施行された[29]

    潜在需要編集

    出生時点で両親は風水や占いに基づいて最適な名字を命名することが多く[30]、その後も金運や健康上の理由といった手軽な動機で改名する実態があった[28][29]。一家全員が改名するケースもある[30]。上限改正の潜在的需要は高く、改正前の1年間(2014年2月 - 2015年3月)で2回目の改名を行使していた市民は全国で17,527人とされ[28]、新北市では改正案施行直後の1ヶ月で133人が改名手続を行った[29]

    効率的な行政サービス編集

    第6世代となるIC身分証は2005年末から既に導入されていた[31][32]

    改正手続きに要する費用は1回で80ニュー台湾ドル(以下NT$。日本円でも約300円弱)と割安で[8]、行政側は引き留めるのための声掛けはするものの、最終的には本人の意思が尊重されるため、理由を根掘り葉掘り訊ねられたり拒否されるケースは少ない[8]。また1回の手続で戸政事務所はIC身分証の再発行や戸籍名簿の修正のほかに、約20ヶ所の各行政機関への改名通知を行うが、平時では当日中に1人30分程度で完了する[33]。また、申請先は必ずしも本人の出生地や居住地とは限らず、越境しての手続も可能。割引キャンペーン前夜の3月16日、夜間業務がない台北市在住の青年3名が、夜間でも申請可能な近隣の新北市三重区にある窓口まで出向き、全員が「鮭魚」入りの名前に変更していった[注 4]

    以上のことから、日本と比べた場合は比較的低コストかつ短時間での改名が可能となっているため、今回の場合は本名を元に戻すつもりであっても、2回分の手続費用160NT$を負担するだけで数千NT$相当の寿司が無料で享受できることになる。

    ただし、地方政府として戸籍情報を管轄する各県市の戸政事務所中国語版は「元の名前に戻したとしても戸籍上では一生その改名履歴は残される」と注意喚起をしたほか[35]、改名した者が実際に交通事故を起こしたことで、「事故処理は改名時の本名でなされるため、事故現場だけではなく、医療機関での治療や保険の処理段階にも影響する」と交通部公路総局も安易な改名行為に警鐘を鳴らした[36]

    反響編集

    映像外部リンク
    立法院での質疑応答(国民党李徳維、内政部政務次長陳宗彦)
      民眾為吃免費壽司瘋改名 陳宗彥籲尊重行政資源【最新快訊】 - YouTube TTV 台視 (2021年3月18日)
    映像外部リンク
    立法院での質疑応答(国民党李徳維、行政院長蘇貞昌、内政部長徐国勇中国語版
      國民黨 李德維 質詢 蘇貞昌 徐國勇 #核四 #改名 #鮭魚 #囤房稅 行政院長施政報告 20210319 院會 立法院演哪齣政部長 徐國勇 - YouTube 立法院演哪齣? Political Saga (2021年3月19日)

    2021年3月19日、立法委員(日本の国会議員に相当)の李徳維中国語版中国国民党)は、安易な改名に対する冷却期間が必要として、短期間での再改名を禁ずる法改正をすべきとの意見を表明した。これに対し中央政府で戸籍情報を管轄する担当省庁(内政部戸政司中国語版)を傘下とする中華民国内政部の政務次長(副大臣に相当)の陳宗彦は、実際にスシローのキャンペーンが理由で改名したのは少数であり、現時点では法改正は検討していないとしつつも、市民に対して安易な改名には慎重であるべきとの答弁を行った[37]。その後実際に法改正の議論が開始された。(後段の#法改正審議節を参照)

    このキャンペーンに乗じて珍名での改名手続が相次いだが、中には別人にもかかわらず既存の著名人と同姓同名+鮭魚に変えた者もいた(元中華民国総統陳水扁など[38])。

    各地の戸政事務所では対応に追われたものの、台北市では説得に応じ数名が改名を断念した[39]

    国立故宮博物院はこの騒動に悪乗りし、公式Facebookで乾隆帝を「愛新覚羅弘暦鮭魚」と紹介した[40]

    YouTuber兼格闘家兼実業家の「館長」こと陳之漢も配信中にコラージュした身分証を提示し「陳鮭頭[注 5]」を名乗った[41]

    ある大学生は改名で節約できた飲食費を慈善団体に寄付している[42]

    また、この騒動をきっかけに「天下帰心[注 6]→天下鮭心」、「無家可帰(ホームレス、帰るべき家がない)→無家可鮭(戻るべき本名がなくなった鮭)」、「実至名帰[注 7]→実至名鮭(名実ともに鮭)」など既存の成語を改変するインターネット・ミームが相次いで生まれた(帰と鮭は同音)[43][44][45]

    医療業界にも騒動に悪乗りする風潮が広がり、ある性病科医は同時期に「本名に『陰』と『茎』が含まれるかそれらの諧音となる患者は治療費無料」を謳うも期間内にその本名で来院した客はいなかった[46]。また、台北のある心臓内科医も単なる言葉遊びと前置きしつつ、「本名が『支架(ステント)』の患者には治療時の機材費用を5年間無料にするし、『葉(Yè)』『克膜(kè mó)』が本名の患者には先着100名限定でECMO(体外式膜型人工肺)治療を生涯無料とする」とFacebookに投稿した[46]

    一連の騒動を受け、各種のLINEスタンプもリリースされた[47]

    南部美食戦争編集

    台南市長黄偉哲は「地元では改名せずとも世界一のサバヒーが食べられるのに、スシローに釣られて改名する者は台南人ではない。」と名産品をアピール[48]。これに対抗した高雄市長陳其邁も、地元漁港の名産ハタ(中国語表記は石班魚)をアピールしてFacebook上で「陳石班」を自称し[49]、台南市長にも虱目魚(サバヒーの現地表記)への改名を勧めた[50]屏東県長潘孟安も「当地では改名せずとも旨い沙西米(刺身の音訳表記)が食べられる」と参戦した[51]。(この3県市長はいずれも民主進歩党所属で、過去にも肉燥飯(バーソープン。滷肉飯の南部式表記)のアピールを巡って争っている[52]。)

    台湾国外編集

    映像外部リンク
    香港ドラマでの「鮭の乱」パロディ
      愛.回家之開心速遞 | 第1259集精華 | 為咗唔使錢 可以去到幾盡 - YouTube TVB USA Official(2021年6月5日)
    映像外部リンク
    ドイツのクイズ番組での出題と回答者の反応
      Wer weiß denn sowas? Torsten Sträter und Dieter Nuhr — Die Sendung vom 9. Juni 2021(27m28s〜) - YouTube NooobTv(2021年6月9日)

    日本のほか、デイリー・テレグラフは「サーモン・カオス(Salmon chaos)」と題した記事を配信し[53]ガーディアン[54]、、BBC[55](いずれもイギリス)、米国のNBCニュース[56]、ドイツのデア・シュピーゲル[57]、フランスのBFM TV[58]、スペインのエル・コンフィデンシアル英語版[59]、イタリアのラ・レプッブリカなど[60]、欧米各国のメディアもこの騒動を報道した。記事をシェアしたガーディアンのFacebookでは「ガーディアンによる今年最高のニュース」「アレックス・サモンド(Alex Salmond、元スコットランド首相)も鮭だ」などのコメントが寄せられた[61]。香港紙頭條日報は「一般的に改名は戸籍、銀行、税務、福祉、医療など多岐の分野に及ぶため手続は煩わしいものだが、台湾では行政サービスの効率性の高さ故にこのようなことも可能となっている。」と指摘した[62]

    3月末、日本のDMM.comは自社で運営するオンライン英会話事業での教材としてこの騒動を取りあげた[63]

    2021年6月、香港の民放局無綫電視(TVB)が放送中の連続ドラマシリーズ「愛.回家之開心速遞中国語版」第1259話では日本料理店「八千公(ハチ公の香港における表記)」が店名と同名の客に対し1年間無料という特典を謳う本件のパロディがテーマとなり[64]、予告編も「八千公之乱」と題された[65][66]

    同月、ドイツでもカイ・プラウメドイツ語版英語版が司会を務めるDas Ersteのクイズ番組「Wer weiß denn sowas?」がこの騒動を題材として出題し[67][68]、正解できなかった出演者は答えを知って大笑いした[69][70]

    2021年十大ニュース編集

    国内

    ネット上の話題をビッグデータに基づいて分析調査し、ランキングを行うサイト『DailyView 網路温度計』では2021年にネットユーザーが最も追従した話題の3位にランクインした。

    2021十大流行[71]
    順位 項目
    1 ワン・リーホンのスキャンダル
    2 2020年東京オリンピック
    3 スシロー「鮭魚之亂
    4 Clubhouseブーム
    5 シナモンロールブーム
    6 西門町にオープンしたDon Don Donkiでの行列
    7 イカゲームおよびその遊戯ブーム
    8 Facebookのメタバースへの改名、仮想空間
    9 仮想通貨ブーム
    10 鬼滅の刃ブーム
    海外

    フランス通信社(AFP通信)は、この騒動を「2021年世界10大珍ニュース」の1つに選出した[72][73]

    トラブル編集

    3月17日、改名後にスシローではなく同業他社の「くら寿司[注 8]」で飲食し、精算時に全額支払う羽目になった者がいたことが報道された[75]

    改名回数上限編集

    3月17日、自身の名を「星光流連撃鮭魚(スターバースト・ストリーム・サーモン)[注 9]」へ改名しようとした男性は、母親から幼少時に既に2度改名していることを知らされ、改名を断念した[76]

    3月18日、台中市の男子大学生は「鮭魚之夢」(サーモン・ドリーム[77][78])へと改名後に、幼少時に両親がすでに2度改名していたため生涯この名前を名乗らなければならないことを知り、実子が誕生したら特例を利用して改名するつもりだと表明した[79]。しかしある弁護士の見解によれば、台湾の姓名条例第9条には3度の上限に対して6項目の例外規定があり[8]、このうち第1項第2款規定により直系三親等以内で同名が確認された場合は改名できるが、可能なのは子側の改名であるため、今回の独身男性のケースでは改名者の両親および祖父母のいずれかを一旦改名し、特例を行使すれば可能である。また、同一県市において第三者と同姓同名であっても例外規定となる同第9条第1項第3款により、この男性が知人に一旦改名を依頼し、実現すれば同じく特例により元に戻せるが、最低6ヶ月の同一県市の戸籍であることが必要なことから、県市を跨がっていた場合は更に改名のための期間が長期化することになる[80]。その後、台中市政府民生局が「この男性の実際の改名記録は今回が2度目であり、元の本名に戻すことはまだ可能」と発表したため、上限による障害は解消した[81]。21日後の4月6日、この大学生は出身地の基隆市で元に戻す手続を済ませている[82]

    背景として、満14歳以上の国民は中華民国身分証が発行されるが、裏を返せば本人の意思によらず14歳になるまでに親権者によってなされた改名履歴を知るためには、親権者の告知以外では戸政事務所で戸籍情報を照会して初めて知ることができる[83]。過去に両親が自分の名前を「胡蘿蔔(ニンジン)」から変更していたことを戸籍修正時に初めて知った女性の投稿も話題となった[84]

    最長人名記録更新編集

    台湾では従来「黄宏成台湾阿成世界偉人財神総統中国語版[85]」(嘉義市長や立法委員選挙の候補者。15文字)やYouTuberの「晋瑋臺灣台東之子大麻煩要投油土伯歐薩斯[86][87]」(19文字)、「黄**是喜神財神衰神福徳正神所有神祝福的宝貝小心肝[88][89]」(25文字)などがスシローのプロモーション以前から漢字での最長記録とされていた。

    3月18日、各県市の戸政事務所中国語版による統計では、2日日の18日17時時点で331人が「鮭魚」の2文字を含む改名手続を行っており[5]、初日に36文字となる「陳愛台灣國慶鮑鮪鮭魚松葉蟹海膽干貝龍蝦和牛肉美福華君品晶華希爾頓凱薩老爺」へ改名した男性が現れた[90]。翌18日には40文字となる「李圭歸瑰規硅閨邽龜鮭魚於瑜餘娛虞盂妤漁愚愉于余蝓腴予輿渝嵎榆算了我想得好累隨便啦[注 10][91]」(台南市)、「○○德國語文系雅馬哈發動機壓車磨膝鮭魚大元帥謝謝●●●讓我改名字林家大戶發大財[注 11][92]」(彰化県)への改名事例のほか、新北市ではシステム上限となる50文字の「陳××有震天龍砲變身○○○○○於二零二一三月十四日與△△穩定交往中愛妳愛一生一世此生想帶妳一起吃鮭魚[注 12]」への改名事例が発生し、新記録となった[94]

    戸政事務所の端末では入力上限は15文字のため、16文字以上は手書きとなる[95]

    客引き行為編集

    3月17日、台中市では、改名した大学生が7割引を謳ってスシロー店舗前で有料の同伴者を募集していた[96]

    同業他社編集

    店舗数が国内最多で台湾資本の回転寿司チェーン「争鮮中国語版(Sushi Express)」に勤める高雄市の男性もこれに便乗して「鮭魚爭鮮巨蛋店服務員1號XX」と改名し、スシローで3回にわたり延べ17人の同伴者とともに12,000NT$相当分を飲食した。男性の実父は激怒し、「4月1日までに元に戻さない場合は勘当も辞さない」と親子関係解消にまで言及したため、慌てた男性はキャンペーン終了直後の3月19日に本名を元に戻す手続を済ませた[97]

    犯罪編集

    被害者

    4月、台湾国内でのビットコインに関わる詐欺事件で鮭魚に改名した者が被害者となったため、捜査当局はこの男性に本名で被害通知を発送した[98]

    また、上記の最長50文字に改名した男性は、2020年4月に新北市板橋区で泥酔した男性に刃物で脅迫され、犯人は(在宅のまま)送検されていたが、公判中に開催されたスシローのキャンペーンを機に被害者側が改名し、その後も元に戻さないまま判決を迎えたため判決文にも改名した50文字の本名が記載されてしまった[99]

    加害者

    スシローに便乗したYoutuberが所属するグループ名と同字に改名した者に対して1万NT$の賞金を授与すると発表したが、2020年末から21年1月にかけて2件の窃盗を重ねていた新北市の中年女性も参加し賞金を獲得していった。住所不定で通知の発送後も応答がなく警察の捜査は難航したが、7月に逮捕され[100]、起訴後の9月にも改名前の2月に起こしていた窃盗の余罪で再逮捕された[101]

    振興五倍券編集

    中央政府はコロナ禍での景気対策として2020年の振興三倍券に続く振興五倍券中国語版の給付を決定したが、その後は各自治体で在住市民向けに独自で金額を追加する競争状態となっていた。2021年8月24日、嘉義市では市長の黄敏恵が市民限定で1人当たり2,000NT$を追加給付する「7倍券」を宣布したところ、戸政事務所には給付金目当てとみられる市外からの戸籍転入者が来訪し、前月比倍増の30人以上となった[102]。その後も転入者が相次ぎ8月30日時点で369人に達したため、市政府は翌日に宣布日である24日当日の転入者32人のみを対象とすることを発表した[103]

    2021年9月、雲林県麦寮郷でも1人当たり3,000NT$を住民に追加給付する「8倍券」予算案が可決されたが、嘉義市が転入期間を限定していたことや、戸政事務所窓口で「鮭魚之乱」状態が再現されることを懸念して、8月31日時点での郷内戸籍保持者のみを対象とした[104]

    結果編集

    県市別改名者数
    県市 人数 店舗
    331 20
    基隆市 3 なし
    台北市 51
    新北市 100
    桃園市 21 なし
    新竹市 7
    新竹県 3 なし
    台中市 46
    彰化県 5 なし
    雲林県 4 なし
    嘉義県 2 なし
    嘉義市 1 なし
    台南市 30
    高雄市 56
    屏東県 2 なし

    スシローによると、2日間のキャンペーンの利用者は約1,000人に達した[10]。これにより500万NT$相当の料金が無償または割引になったとされている[105]

    初日だけで割引対象になるために改名した人物は135人に達した[106]。地域別では初日は高雄市が最多だったが[106]、最終的には人口に比例して新北市が最多の100人となった。(表内の人数は蘋果日報[5]、店舗有無は公式サイトおよび聯合報[10]を元にしている)

    世代別では『9年級[注 13]』前後の「民国87-92年生」(1998年 - 2003年生まれ)に属する若年層が目立っており、この年齢層を指して「鮭魚世代」という呼称も生まれた[108]彰化市の戸政事務所は、若年層が多いことについて「妻子のいない独身男性は、その影響が家族に及びにくく改名手続の煩わしさが軽減されるからではないか」とコメントしている[109]

    台湾ではこのキャンペーンは費用対効果に優れるプロモーションの成功事例とみられており[110]、スシロー社内では、サーモンに続いて鮪や鰻による同様の展開を企画中との報道がされている[111][112]

    なお、2021年4月1日付であきんどスシローを運営するスシローグローバルホールディングスもFOOD & LIFE COMPANIESに改名した[113]

    スシローの見解編集

    同社は『改名されることを意図したものではなかった[114]。』と表明。

    便乗編集

    同時期にスシロー以外でも自社の業種にちなんだ漢字で期間限定のプロモーションが相次いだ。

    雲林県のある養殖業者はこれに便乗し、『鮭魚』を本名に含む顧客を対象に生鮭丸ごと1匹(5kgで市場価格は約3,000NT$相当)を無料とするプロモーションを発表すると2日間で18人の該当者が来店した[115]

    また、国内通信事業者亜太電信中国語版は新北市にある店舗で『亜』と『太』の同音あるいは同字を本名に含む顧客を対象に携帯電話端末の無料化や月額料金割引を謳い、国内アダルトサイト運営業者のSWAG中国語版も『鮑魚(アワビ)』の字を本名に含む顧客を対象にした料金割引のプロモーションを行ったが、台南市のある男性はスシローを含めてこれら3社すべてに該当するよう改名していた[116]

    屏東県東港鎮の土産品販売店では地場の名産品「鮪魚(マグロ)」の字による同様の特典を謳った[117]

    ドイツで飲食店を運営する在住台湾人は、本名に英語のサーモン、ドイツ語のラックス(lachs)を含む顧客を対象にサーモン料理が無料となるキャンペーンを打ち出した[118]

    4月、国内外でタピオカティーのチェーンを展開している翰林茶館中国語版は、3日間限定で本名が店名と同音同字かつ同順序の「翰林」であれば1杯10NT$、1文字同音であれば「買一送一(一つ買うともう一つ無料)」のプロモーションを打ち出したが、台湾では林姓は一般的であることから大きな混乱もなく終了した[119]

    香港でも銅鑼湾に店舗を有する日本料理店「日本野」が2021年4月の1ヶ月限定で、有効な身分証を呈示したうえで顧客の本名が鮭の現地表記「三文魚」と全て同音であれば1品無料、2文字が同音で半額、1文字が同音であれば2割引のプロモーションを行った[120]

    ステーキ・チェーン「王品牛排」を展開する王品集団中国語版は、4月20日から5月末まで本名に「雅、婷、怡、君」を含む顧客を対象に2文字が同字の場合はイセエビ1匹丸ごとを、1文字が同字の場合はその半分を提供することを発表した[121]

    中華職棒大聯盟(台湾プロ野球)の中信兄弟は4月18日にプレ開業する南港区のオフィシャルストアで25日までの1週間限定として、中国語でチャンピオンを意味する「冠軍」の2文字が本名に含まれる顧客を対象にオフィシャルグッズを無料で進呈し、2文字が同音であれば商品を24%割引くことを発表した[121]

    国内でマディソンホテル(慕軒飯店)を運営する国泰商旅中国語版は、4月1日から同月末まで、4月生まれかつ「慕」あるいは「軒」と1文字が同音であれば、ホテル内に併設されたレストラン、バーでの飲食費を23%割引くことを発表した[121]

    高雄市政府観光局は4月28日、本名に「高」と「雄」の同音同字を含む人物100名を対象に市内ホテルが1泊無料となるプロモーションを打ち出したが、告知日以後の改名者は対象外となった[122]

    2021年9月、旅行業者のKKdayトラベルバブルの一環で、新婚カップルを限定として、国交があり感染が拡大していないパラオへの無料旅行に招待すると発表した。対象は2020年1月以降に婚姻が成立し、パスポートに記載された氏名の英文表記が「帛琉水母(拼音: Bó, liú, shuǐ, mǔ、パラオのクラゲの意)」の4文字中2文字以上が同音であること[123][注 14]

    批判編集

    こうしたキャンペーンを展開したスシロー側に「実際にはほぼ人名としてありえない鮭魚という氏名を話題づくりや宣伝行為として使うのはいかがなものか」という批判が起きた[124]。タレントの呉宗憲も、「あまりにも馬鹿げている(太無聊了)」と批判した[125]。ただしこのキャンペーンとは関係なく「鮭魚」を実名とする人物が少なくとも10名は存在していたことも判明しているほか[126][127]、2018年6月末時点の統計では、姓が「魚」の人物は37人実在している[128]:289

    また、このキャンペーンで恩恵を受けられた者が結果的に漢人に偏っており、当て字が多い台湾原住民を尊重していないとの批判もあった[129][注 15]

    食品ロス編集

    この割引キャンペーンの結果、ネタだけを食べてシャリを残す者が相次いだことから台湾の告発サイト「爆廃公社」では苦言を呈する店員が現れた[130][131]。タレントの李宓中国語版は、改名後にスシローでの自撮りをSNSにアップロードしていたが、その画像でシャリを残していたことを指摘されると批判に晒され、中国語版ウィキペディアでは李宓のプロフィール欄が「鮭魚破壊者」と改竄された[132]

    次回のキャンペーンに期待する声もあったが、食べ物を無駄にしているという批判も寄せられた[133][134]

    行政リソースの浪費編集

    短期間に改名手続が相次いだことから、前出の内政部次長陳宗彦は、窓口の混雑や不要不急の行政処理の増加などについて遺憾の意を表明した[133][135]

    2010-2017改名処理件数統計(内政部戸政司)
    2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
    姓氏変更件数[注 16] 19,408 18,384 16,742 15,980 16,676 16,370 15,374 15,382
    1日あたり処理件数 53 50 46 44 46 45 42 42
    名変更件数[注 17] 114,202 109,753 109,352 111,109 99,738 97,603 91,822 87,055
    1日あたり処理件数 313 301 299 304 273 267 251 239

    内政部による統計(右表)では、姓(姓氏)あるいはフルネームの変更や、個人によるファーストネーム(名)変更件数は2010年以降の8年間で以下のようになっている。平均値は単に1年間の日数で割った参考値で、戸政事務所の実際の休業日を除して換算した場合はより多くなる。また、統計値は今回の騒動とは無関係だった離島部や東部各県も含めた件数となっているため、人口が多い西岸部のみで算出した平均値もより高くなる。日常的な業務としては、家族構成の変化(結婚、離婚、再婚、出生届、養子縁組、死別など)に伴う改名(姓を父方←→母方など)および改名なしの戸籍情報の変更だけではなく、原住民の漢名から氏族伝統名への変更が含まれ[128]:17、鮭魚への改名(本名を元に戻す手続を含めると延べ600回あまり)が数日間に集中した今回の騒動は、政府が声明の発表を迫られたほど実際に行政機関のリソースが圧迫されたものといえる[注 18]

    法改正審議編集

    騒動直後には、行政院国家発展委員会の請願サイト「join.gov.tw」にて、こうした改名の濫用を防止すべく改名後5年間は再度の改名を不可とする改正提議が行われたものの[136]、提議8日目の3月25日時点でも必要人数5,000に対して36人の参加にとどまり、熱しやすく冷めやすい気質を表す結果となった[137]

    また、5月に立法院で中国国民党の温玉霞中国語版が議員立法で提出した姓名条例修正法案は以下の案となる[138]

    • 改名後の新しい本名は申請7日後に発効
    • 1年以内の再改名を禁止

    一方で与党民進党の羅致政中国語版再改名までの期間を3年とすることを提案している[139]

    約1,400人が回答したYahoo奇摩中国語版(台湾Yahoo)のオンライン調査ではこれらの改正案に対し77%が賛成、23%が反対(現状維持)だった[140]

    その他の論評編集

    地方政界編集

    市民の改名者数が全国最多だった新北市長侯友宜は呆れ顔で「何も言えない!(無言啦!)」とだけ吐き捨てた[141]台北市長柯文哲は「社会の奇跡」と評した[142]桃園市長鄭文燦は「(動機は)理解できないが、市民の改名権については尊重する。」とコメントした[143]

    前出の台南市長黄偉哲は取材陣に対し「鮭去来兮」と5世紀中国の詩人陶淵明の韻文になぞらえつつも、改名行為については困惑気味に「台湾は自由の国であり、その意思を尊重するのみだ。」ともコメントしている[144]

    中央政界編集

    基隆市警察局中国語版所属の男性巡査が非番期間中にこのキャンペーンのために「宜蘭之子超粗大深海鮭魚王」へと改名し、復職前に元の本名に戻していたが[145]、警察機構と戸籍制度の両方を管轄する内政部は、部長(閣僚)の除国勇中国語版が「警察の業務と警察官の名前は無関係」としつつも、「(改名したまま勤務となると)警察の公文書作成などで自ら面倒を背負いこむことになるだろうが、それはその巡査個人の問題であり、改名も個人の自由だ。」と表明している[146]

    エンジニア出身の閣僚で改名経験もある唐鳳[注 19](オードリー・タン、行政院デジタル担当政務委員)は、「現象自体はおもしろいものだった。」としつつも、「漁業の持続可能性や社会の公平性について企業側の再検証が必要。」と述べた[148]

    行政院長(首相に相当)の蘇貞昌も、3月26日の立法院の質疑で「教育の失敗ではないのか?」と質問した孔文吉中国語版(中国国民党)に対し、「そうは思わない。」とし、「価値観の違いではなく、時代の違いとともに本名の使い方が異なるだけであり、現代の若者はネット上で(ハンドルネームなどの)別名を使うし、古い時代の人も字(あざな)を持っていた。」と問題視しない姿勢を答弁で示した[149]

    中央流行疫情指揮中心で指揮官として新型コロナ対策に奔走している衛生福利部部長の陳時中は淡々とした口調で「社会にはいつも一時的かつ(群衆が一斉に)押し寄せるようなことが起きうる。事が終わってしまえばそれでいい。」と意に介さないコメントを残した[150]

    中華民国労働部(労働省に相当)は、改名した者を解雇したいと表明していた企業経営者の声に対し、「『鮭魚への改名』を解雇事由とすることは悪意ある解雇であり不当」との見解を表明したほか[151]、採用時に使用者側が戸籍謄本を開示させることもプライバシーの侵害にあたるため、被雇用者が拒否可能としている[152]

    教育界編集

    改名者が多かった若年層全体をネガティブに捉える意見が相次ぐ中で、国立台湾大学教授の葉丙成中国語版は「『教育改革が間違っていた』という意見には賛同できない。20-30歳の人口は約150万人たが、この騒動で改名したのはその0.02%にすぎない。犯罪統計では2005年から2017年にかけて暴力犯罪は約10分の1に、窃盗罪は約6分の1に激減しているのに教育改革が失敗だと誰が言えるのか」と反論、安易な世代論で若年層を括ることに警鐘を鳴らしている[153]

    2021年12月、国立台湾芸術教育館中国語版が主催する全国学生美術コンクール(全國學生美術比賽)のうち、基隆市の予選で市内の高校生が制作したこの騒動の風刺画が最優秀賞に相当する特優奨を獲得し、翌年の全国巡回展で展示されることになった[154]

    文化人編集

    司会者、作家の苦苓中国語版は「ちょっとした欲を貪ることが問題だというなら、(我々が日常的に享受している)百貨店の定期的なバーゲンセールや、スターバックスの『買一送一[注 20]』、コンビニの『第二件六折[注 21]』、共同購入などと何が違うのか?利益を得ることは節約することであり、節約することは蓄財することだ。」と低所得な若年層の行動を擁護した[155]

    在台日本人社会編集

    台湾で活動している日本人女優大久保麻理子は、「日本だと家庭裁判所の許可が必要なのに、これだけ長く台湾に住んでて文化の違いに驚いた。」とFacebookに中国語で投稿した[156]

    日本台湾交流協会(実質的な駐台大使館)はFacebookで「日本語では『鮭』は天然魚、『サーモン』は食用の養殖魚」という説明を投稿した[157]

    同業他社編集

    3月26日に三立新聞網の単独取材を受けた「くら寿司」台湾法人(亞洲藏壽司股份有限公司)の日本人董事長は、「日本では改名手続に少なくとも1週間はかかるだろうし、日本人も特典のために改名しようとは思わないだろう。」と述べたほか、「結果はとても注目すべきものであり、今回のプロモーションで行政機関の負担なども含めて、様々な議論や大きな反響があったことも承知しており、自社の将来的なプロモーションに活かしたい」と語った[158]

    類似事案編集

    •   凱蒂貓之亂/Kitty之亂/無嘴貓之亂(通称「キティの乱」)
      1999年にマクドナルド台湾法人が商品の食玩としてハローキティグッズを販売したが、50万セットが4時間で完売した[159]。各店舗は大混雑に陥り[160]、同社は謝罪に追い込まれた[161]。当時単体で69NT$だったマクドナルドの当該商品は、8組16体のフルセットが20年後も2万NT$(単体1,250NT$)で取引されるものがあるなど、プレミア化した[162][163]
    •   標津サーモン科学館「鮭の日キャンペーン」
      北海道標津町にある同科学館では2017年から11月11日の「鮭の日[注 22]」前後数日間に、サケ科の生物や料理に因む本名の顧客を対象に入館料を無料とするイベントを開催している[165]。漢字で同字であることに限らず、増田(マス)や浅倉・朝倉(サクラマス)、伊東・伊藤(イトウ)、鳥羽(鮭とば)などその対象は本件よりも幅広いものとなっている[166]
    •   zh:499吃到飽之亂(通称「499の乱」)
      2018年、従来は公務員や軍人に限られていた月額499NT$の4Gデータ定額プランについて、業界最大手中華電信が期間限定で一般顧客にも適用することを発表すると、追随した他社を含めた大手3事業者間での値引き合戦の過激化により店頭が大混雑し、各社の株価も大暴落した[167]。翌年、中華電信はこの騒動が原因で国家通訊伝播委員会により罰金を科されることとなった[168]
    •   2018年ドミノ・ピザタトゥー無料騒動
      2018年夏にドミノ・ピザがロシアで同社のロゴのタトゥーを入れた350人の顧客を対象に年間100枚のピザが100年間無料となるキャンペーンを2ヵ月展開する予定が、応募殺到の為わずか4日で終了した[169]
    •   500元之亂(500元の乱)
      2021年1月、損保大手台湾産物保険中国語版が新型コロナの感染者や接触者と認定され検査・隔離・入院を余儀なくされた場合に掛金200あるいは500NT$で5万あるいは10万NT$までの補償が受け取れる保険商品を販売したところ、店頭の外側で大行列となり却って「密」状態を引き起こした[170]
    •   麥當勞BTS之亂/BTS之亂/BTS紙袋之亂(マクドナルドBTSの乱)
      2021年6月、全世界でマクドナルドと韓国の男性グループBTS(防弾少年団)のコラボレーションで「BTSミール英語版」が展開されたが、台湾では新型コロナ流行拡大中で人流抑制の風潮が高まっていたにもかかわらず、このプロモーションの影響で店頭では客の行列や自家用車の渋滞、フードデリバリー業者の混雑が生じた[171]。また、未加工あるいはアクセサリーに加工されたセットメニューの包装紙やカップがオークションサイトに出品され一部では10万NT$台の高額となり[172]、Youtuberの阿滴中国語版などが苦言を呈した[173]

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    註釈編集

    1. ^ 香港ではサーモンの音訳に近い『三文魚(粤:サンマンユー)』となり、中国大陸でもこの表記(サンウェンユィ)が使われることがある[6]
    2. ^ #拡散および#呼称の節を参照
    3. ^ 台湾では「壽司郎」の名で店舗展開している。ただし、店内で使われる皿などには、トップ画像のように日本語カタカナの「スシロー」表記も見られる。
    4. ^ それぞれ「謝渦鳴人鮭魚(うずまきナルト鮭魚。うずまきナルトの現地表記は『漩渦鳴人』だが漩(Xuán)と謝(Xiè)で韻を踏んでいる。)」「我是健康鮭魚(私は健康な鮭)」「貓咪愛吃鮭魚(ネコは鮭が好物)」[34]
    5. ^ 中国語では鮭頭と亀頭は同音
    6. ^ 曹操の短歌行
    7. ^ 儒林外史由来の成語で、『名実伴う』を意味する
    8. ^ くら寿司は台湾では2021年3月時点でスシローより多い34店舗を出店している[74]
    9. ^ 星光流連撃はソードアート・オンラインの主人公キリトの必殺技の現地表記
    10. ^ 圭歸瑰規硅閨邽龜は鮭と同音、於瑜餘娛虞盂妤漁愚愉于余蝓腴予輿渝嵎榆算は魚と同音。
    11. ^ 雅馬哈はこの男性が所有するヤマハ発動機製の愛車(本来の現地表記は『山葉』)。●●●は母親の名。發大財は商売繁盛を意味する中国語
    12. ^ 2021年3月14日(2021314、拼音: èr líng èr yī sān yī sì、アーリンアーイーサンイースー)は中国語の語呂合わせで「愛你愛一生一世、拼音: ài nǐ ài yī shēng yī shì、アイニーアイイーシェンイースー」となるため、単にホワイトデーというだけではなくカップルにとって縁起の良い日[93]。○○○○○は自身のFacebookアカウント名。△△は交際相手の名前。
    13. ^ 9年級生中国語版は元々中学三年生を指すが、中国大陸における90後と同様の用法で、台湾での民国90年代(2001-2010年)生の世代を意味することもある[107]
    14. ^ 帛と博(Bo)、琉と劉(Liu)、母と姆・牡(Mu)など
    15. ^ 原住民の漢字表記の例:共にアミ族の政治家コラス・ヨタカ中国語版(Kolas Yotaka→谷辣斯·尤達卡)やカウロ・イユン・パチダル(Kawlo Iyun Pacidal→高潞·以用·巴魕剌
    16. ^ 表三十五 各縣市歷年姓、名及姓名變更人數按性別分[128]:225
    17. ^ 表三十五 各縣市歷年姓、名及姓名變更人數按性別分(續四)[128]:228
    18. ^ 戸政事務所は各市区、郷鎮単位で全国に数百ヶ所あるため1ヶ所あたりの増加件数が少なかったとしても、不要不急の改名手続増加は1件あたり最低30分の事務処理時間増加を意味する。
    19. ^ 「彼女」自身もトランスジェンダーであることをカミングアウト後に、出生時の本名から男女両用の名に改名(唐宗漢から唐鳳)している[147]
    20. ^ 1つ買うともう1つ無料。即ち実質半額
    21. ^ 2つ目が4割引
    22. ^ 部首の圭を「十一十一」に見立てている[164]

    呼称編集

    元々中国語では「社会の混沌・混乱」を意味する『乱象』(wikt:en:亂象)という用語があり、香港・澳門を含む中国本土でも広く使われている。香港で発生した中国人による粉ミルク買占め騒動は「奶粉亂象(zh:香港奶粉水貨客)」[174][175][176]、澳門のタクシー騒動は「的士亂象(zh:澳門的士亂象)」[177][178]

    台湾で起きた混乱もトイレットペーパーをめぐる「衛生紙乱象」[179]、マスクをめぐる「口罩乱象」[180]、通信プランをめぐる「499乱象」の用例がある[181]。今回の改名騒動も一部で「鮭魚乱象」と報じられていた[182]

    「●●之乱」は中国語圏でも一般的に歴史上の戦乱や権力抗争を指すが、台湾では2018年の衛生紙・通信プランの混乱を回顧する報道で、過去の類似例も含めてこうした突発的・衝動的な消費者行動によって引き起こされる混乱は政府機関を含めて「衛生紙之亂[183]zh:2018年台灣衛生紙搶購現象、トイレットペーパーの乱[184])」「499之亂[185](499の乱[186])」と称されるようになった[187]。(#類似事案の節も参照)。

    そして2020年初頭、新型コロナの流行による一時的なマスク不足も「口罩之亂[188](マスクの乱[189])」と呼ばれるようになり、今回の騒動に至っている。

    消費者行動ではないが他の用例として、2021年2月末に中国政府の植物検疫が原因で日本にも波及した中台パイナップル戦争は「鳳梨之亂(パイナップルの乱)」とも報じられている[190][191][192][193]

    2021年5月、新型コロナの国内感染が急拡大し、それまでは感染者数が抑えられていたため接種の進行が遅れていた一般市民向けワクチン調達がクローズアップされるようになった。台北市の診療所が医療従事者向けに先行供給されていたワクチンをその時点では資格のない芸能人や一般労働者に接種していたことが問題になった。また、野党国民党を中心にビオンテック製を含む中国からの輸入や地方政府独自調達を声高に叫んでいた[194]。アストラゼネカ製ワクチンについても国民党は死亡例が相次いでいたことを以って安全性に疑問を投げかけるキャンペーンを展開し、日本政府からの寄贈に感謝の意を示していた与党を「ワクチン乞食」とまで批判していたが[195]、のちに複数の国民党大物政治家が特権で先行接種していたことが明らかになったため逆に批判を浴びる結果となった[196]。これらの騒動を総称して「疫苗之亂(ワクチンの乱)」と報道されるようになった。

    出典編集

    1. ^ 透明人間:鮭魚之亂”. Hami Video. 中華電信. 2021年11月15日閲覧。
    2. ^ 透明人間:鮭魚之亂 - Google Play
    3. ^ a b Vivian (2021年3月18日). “鮭魚之亂燒不停!全民瘋改名吃免費壽司 GG事件頻傳:同鮭魚盡” (中国語). 懶人包. https://www.ttshow.tw/article/78270 
    4. ^ (無題)”. 卡提諾狂新聞. Facebook (2021年3月17日). 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月20日閲覧。
    5. ^ a b c “【鮭魚之亂】超狂!今又增194總計331人改名 一圖看懂全台「改名鮭」分布” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210318195433/https://tw.appledaily.com/life/20210318/2Y6GR7WHXJEQ3CK2U7F2V3YYSM/ 2021年3月20日閲覧。 
    6. ^ “三文魚と四喜飯”. 人民中国. (2020年5月25日). オリジナルの2021年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210308092336/http://www.peoplechina.com.cn/zlk/whqt/202005/t20200525_800207204.html 2021年3月25日閲覧。 
    7. ^ 曾輿婷/王淑卿 (2021年3月24日). “台湾ミニ百科(2021-03-24)無料寿司のために改名?台湾の改名ルールについて”. RTI 台湾国際放送. オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115618/https://jp.rti.org.tw/radio/programMessageView/programId/370/id/61465 2021年6月26日閲覧。 
    8. ^ a b c d 王淑卿 (2021年3月22日). “台湾「サケの乱」、2日間約1000人が回転寿司をただ食い”. RTI 台湾国際放送. オリジナルの2021年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210324063824/https://jp.rti.org.tw/news/view/id/93443 2021年3月24日閲覧。 
    9. ^ 沢井メグ (2021年3月18日). “寿司が食べたくて…台湾で名前を「鮭魚(サーモン)」へ改名する人が続出! その背景が意外すぎた”. まいどなニュース(神戸新聞社). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115536/https://maidonanews.jp/article/14280199 2021年3月20日閲覧。 
    10. ^ a b c 嚴雅芳 (2021年3月19日). “壽司郎:兩天吸引近千人次吃免費餐 內部會評估檢討” (中国語). 聯合報. オリジナルの2021年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210403203522/https://udn.com/news/story/122043/5329273 2021年3月20日閲覧。 
    11. ^ a b 張芳瑜 (2021年3月16日). “壽司郎「愛の迴鮭祭」3/21 前限期登場!3/17、3/18 姓名有「鮭、魚」最高可享壽司免費吃” (中国語). 上報 Upmedia. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月17日閲覧。
    12. ^ 黃士原 (2021年3月17日). “歡迎鮭魚先生、小姐!為了免費吃衝戶政改名 壽司郎總經理回應了” (中国語). ETtoday. オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115620/https://travel.ettoday.net/article/1939934.htm 2021年3月17日閲覧。 
    13. ^ 壽司郎慘了!3男組團改名「魚」吃大餐 網笑:走上不鮭路了” (中国語). 聯合報 (2021年3月16日). 2021年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月17日閲覧。
    14. ^ 鄭維真 (2021年3月17日). “鮭魚之亂?學者:民眾貪便宜改名去「修理」不誠懇店家” (中国語). 聯合報. 2021年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月17日閲覧。
    15. ^ 郭美瑜 (2021年3月17日). “【鮭魚之亂】20天龍人一夜改名!3大學生揪團改還加歐伊係 戶所曝後果「跟你一輩子」” (中国語). 蘋果日報. 2021年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月17日閲覧。
    16. ^ 搜尋結果以下是含有鮭魚之亂”. 中国時報. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    17. ^ 搜尋 鮭魚之亂 的結果”. 聯合報. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    18. ^ 搜尋結果以下是含有鮭魚之亂”. 華視. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    19. ^ 搜尋結果:符合關鍵字「鮭魚之亂」”. ETToday. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    20. ^ 搜尋結果以下是含有鮭魚之亂”. TVBS. 2021年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    21. ^ 搜尋結果以下是含有鮭魚之亂”. 民視. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    22. ^ 搜尋結果 搜尋字串:鮭魚之亂”. 台灣蘋果日報. 2021年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
    23. ^ “南市30「鮭魚」已12人改回原名 他揪團賺4千再享免費早午餐” (中国語). 自由時報. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320075114/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3473377 2021年3月20日閲覧。 
    24. ^ “快新聞/鮭魚之亂落幕! 台北市 28人「回鮭」改回原名” (中国語). 民視. (2021年3月19日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115553/https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2021319W0146 2021年3月20日閲覧。 
    25. ^ “逾半「鮭魚洄流」 159人已改回原名” (中国語). 自由時報. (2021年3月20日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115543/https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/1438103 2021年3月25日閲覧。 
    26. ^ 謝莉慧 (2021年3月17日). “一個人改名只限「三次」 內政部籲不要因此踏上「不鮭路」” (中国語). 新頭殼. 2021年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月17日閲覧。
    27. ^ “台湾、改名の回数制限を3回に拡大へ 出家・還俗による申請も可能に”. 中央社 フォーカス台湾. (2015年5月5日). オリジナルの2015年7月26日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150726085146/http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201505050008.aspx 
    28. ^ a b c 林佩怡 (2015年5月6日). “一輩子 可以改名3次了” (中国語). 中国時報. https://www.chinatimes.com/newspapers/20150506000406-260114?chdtv 
    29. ^ a b c 郭顏慧 (2015年7月8日). “一生可改名3次 新制上路133人急申請” (中国語). 自由時報. https://news.ltn.com.tw/news/local/paper/896122 
    30. ^ a b 高莉安 (2014年9月30日). “第39回 名前を変えたよ〜”. ワイズニュース. https://www.ys-consulting.com.tw/column/52961.html 
    31. ^ “換新身分證 舊證截角收回” (中国語). 自由時報. (2005年12月27日). https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/50186 
    32. ^ “身分證相片遭退件 內政部放寬標準 彈性認定” (中国語). 大紀元. (2006年1月6日). http://www.epochtimes.com.tw/6/1/6/19078.htm 
    33. ^ “「鮭魚們」來回改名字 戶政人員嘆:改一次要花半小時作業” (中国語). 聯合報. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321025732/https://udn.com/news/story/122043/5329151 2021年3月24日閲覧。 
    34. ^ “吃免錢瘋改名 3位8年級生昨晚奔赴三重戶政改名「貓咪愛吃鮭魚」「我是健康鮭魚」” (中国語). 中国時報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319141937/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210317004246-260405?chdtv 2021年3月27日閲覧。 
    35. ^ “鮭魚之亂後急改回舊名 注意! 「鮭魚」永留戶籍資料” (中国語). 東森電視 (Youtube). (2021年3月19日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115707/https://www.youtube.com/watch?v=HJQqJ9Uztuw 2021年3月20日閲覧。 
    36. ^ “民眾遭追撞對方竟是「鮭魚」 公路警局籲謹慎改名:若發生事故恐影響後續處理” (中国語). 新頭殼. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321085236/https://newtalk.tw/news/view/2021-03-19/551573 2021年3月21日閲覧。 
    37. ^ “內政部:因促銷活動改名者占少數 暫不修姓名條例” (中国語). 中央通訊社 (聯合報). (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321074844/https://udn.com/news/story/122043/5330090 2021年3月20日閲覧。 
    38. ^ “和同學打賭 屏東縣1人改名「陳水扁鮭魚」” (中国語). 自由時報. (3021年3月17日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319172249/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3470205 2021年3月24日閲覧。 
    39. ^ “【獨家/鮭魚之亂】台北萬華戶所這招有效! 3人打消改名念頭” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210318194250/https://tw.appledaily.com/life/20210318/FPMTTX4N2BHKHMU2A63Y7O2PFY/ 2021年3月24日閲覧。 
    40. ^ “乾隆也瘋改名 故宮小編搭時事「出巡順便吃鮭魚」” (中国語). 中国時報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319144813/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210317006337-260405?chdtv 2021年3月20日閲覧。 
    41. ^ “可以免費吃了!館長Kuso身分證 改名「陳鮭頭」被讚爆” (中国語). 自由時報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319174728/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3470450 2021年3月20日閲覧。 
    42. ^ “【鮭魚改名潮】「取之於鮭魚,用之於社會」 男大生改名吃完壽司捐血加碼捐萬元” (中国語). 鏡週刊. (2021年3月21日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320122408/https://www.mirrormedia.mg/story/20210320edi004/ 2021年3月25日閲覧。 
    43. ^ “「天下鮭心」瘋吃免錢壽司 台灣迷因梗圖連發:叫我鮭納王” (中国語). 聯合新聞網. オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320020606/https://udn.com/news/story/122043/5325997 2021年3月20日閲覧。 
    44. ^ “「鮭魚之亂梗圖大爆發」!網笑翻:大哥你到底哪來的啦” (中国語). 中天新聞. (2021年3月17日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115537/https://gotv.ctitv.com.tw/2021/03/1736696.htm 2021年3月20日閲覧。 
    45. ^ “賭賺千元鮭魚變永久外號 沈鮭魚急改回原名:我真蠢!” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319070306/https://tw.appledaily.com/life/20210319/PK77YXHJM5ALPB4FLX4EFNU7N4/ 2021年3月20日閲覧。 
    46. ^ a b 李佳蓉 (2021年3月19日). “跟風鮭魚之亂!叫「陰莖、支架」能免費治療 網笑:別小看台灣人” (中国語). ETToday 新聞雲. https://health.ettoday.net/news/1941749 
    47. ^ “【貼圖推薦】 那些鮭魚相關 ....的...貼圖” (中国語). PopDaily. (2021年4月2日). オリジナルの2021年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210424034337/https://www.popdaily.com.tw/forum/life/947011 2021年6月26日閲覧。 
    48. ^ “談鮭魚改名之亂 黃偉哲:台南虱目魚才是世界上最好吃的!” (中国語). 民視. (2021年3月17日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115604/https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2021317W0096 2021年3月24日閲覧。 
    49. ^ “台湾スシロー「サーモンさん無料」に改名者続々 南部の首長が海鮮自慢展開”. 中央社 フォーカス台湾. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210322093834/https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202103170009.aspx 2021年3月20日閲覧。 
    50. ^ “快新聞/搭「鮭魚之亂」改名潮 陳其邁改「陳石斑」力推高雄漁產” (中国語). 民視 (Youtube). (2021年3月18日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115646/https://www.youtube.com/watch?v=kDBABAxPq7w 2021年3月20日閲覧。 
    51. ^ “小孩子才做選擇!潘孟安搭「鮭魚之亂」 推銷屏東霸氣生魚片” (中国語). 民視. (2021年3月18日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115547/https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2021318U01M1 2021年3月24日閲覧。 
    52. ^ “肉燥飯大戰 陳其邁再叫陣 黃偉哲、潘孟安現身” (中国語). 自由時報. (2020年10月19日). オリジナルの2020年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201124005714/https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/1406924 2021年3月24日閲覧。 
    53. ^ “Salmon Chaos: Taiwan asks people to stop changing their name to get free sushi” (英語). telegraph.co.uk. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320150057/https://www.telegraph.co.uk/news/2021/03/18/salmon-chaos-taiwan-government-steps-hundreds-people-change/ 2021年3月20日閲覧。 
    54. ^ “Taiwan official urges people to stop changing their name to 'salmon'” (英語). the Guardian. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320141007/https://www.theguardian.com/world/2021/mar/18/taiwan-official-urges-people-to-stop-changing-their-name-to-salmon 2021年3月20日閲覧。 
    55. ^ “Taiwan: Dozens change name to 'salmon' to get sushi deal” (英語). BBC. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210330130931/https://www.bbc.com/news/world-asia-56442439 2021年3月20日閲覧。 
    56. ^ “'Salmon chaos' in Taiwan as people change their names to get free sushi” (英語). NBC news. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320132324/https://www.nbcnews.com/news/world/salmon-chaos-taiwan-people-change-their-names-get-free-sushi-n1261506 2021年3月20日閲覧。 
    57. ^ “Behördenärger wegen Sushi Liebe Taiwaner, bitte ändert euren Namen nicht in »Lachs«” (ドイツ語). Der Spiegel. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210325015229/https://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/taiwan-buerger-aendern-namen-in-lachs-fuer-gratis-sushi-a-e1ba3a4b-a1b3-4f7a-80e5-084f182beccb 2021年3月25日閲覧。 
    58. ^ “A TAÏWAN, PLUSIEURS DIZAINES DE PERSONNES CHANGENT LEUR PRÉNOM EN "SAUMON" CONTRE DES SUSHIS GRATUITS” (フランス語). BFM TV. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210322163803/https://www.bfmtv.com/international/a-taiwan-plusieurs-dizaines-de-personnes-changent-leur-prenom-en-saumon-contre-des-sushis-gratuits_AN-202103190183.html 2021年3月25日閲覧。 
    59. ^ “Decenas de personas en Taiwan cambian su nombre por Salmón para comer gratis en un local” (スペイン語). El confidencial. (2021年3月23日). オリジナルの2021年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210324144446/https://www.elconfidencial.com/mundo/2021-03-23/taiwan-pide-ciudadanos-no-cambiar-nombre-salmon_3003175/ 2021年3月25日閲覧。 
    60. ^ “Taiwan, cambiano nome in "Salmone" per avere sushi gratis” (イタリア語). La Repubblica. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210322045731/https://www.repubblica.it/esteri/2021/03/20/news/taiwan_salmone-293107121/ 2021年6月26日閲覧。 
    61. ^ “英媒報導鮭魚之亂 網友:今年最棒新聞” (中国語). 中央通訊社. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320140207/https://www.cna.com.tw/news/firstnews/202103190022.aspx 2021年3月20日閲覧。 
    62. ^ “油尖多士——「鮭魚之亂」” (中国語). 頭條日報. (2021年3月24日). オリジナルの2021年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210409050752/https://hd.stheadline.com/news/columns/207/20210324/918353/%E5%B0%88%E6%AC%84-%E6%B2%B9%E5%B0%96%E5%A4%9A%E5%A3%AB-%E9%AE%AD%E9%AD%9A%E4%B9%8B%E4%BA%82 2021年3月25日閲覧。 
    63. ^ People in Taiwan Change Names to 'Salmon' for Free Sushi” (英語). DMM.com. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月28日閲覧。
    64. ^ “鮭魚之亂再現? 《愛回家》被網民話抄壽司郎”. Fanpiece. (2021年6月5日). https://ent.fanpiece.com/smalleyesentertainment/%E9%AE%AD%E9%AD%9A%E4%B9%8B%E4%BA%82%E5%86%8D%E7%8F%BE-%E6%84%9B%E5%9B%9E%E5%AE%B6-%E8%A2%AB%E7%B6%B2%E6%B0%91%E8%A9%B1%E6%8A%84%E5%A3%BD%E5%8F%B8%E9%83%8E-c1402475.html 
    65. ^ 第1259集 - 八千公之亂” (中国語). TVB (2021年6月5日). 2021年9月20日閲覧。
    66. ^ 愛.回家之開心速遞| 第1259集預告| 八千公之亂|劉丹|任食” (中国語). TVB (official). Youtube (2021年6月5日). 2021年9月20日閲覧。
    67. ^ Video: Torsten Sträter und Dieter Nuhr — Die Sendung vom 9. Juni 2021” (ドイツ語). DasErste.de (2021年6月9日). 2021年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月14日閲覧。
    68. ^ “German TV show contestants puzzled at Taiwan’s ‘salmon chaos’” (英語). ザ・チャイナ・ポスト英語版. (2021年6月15日). オリジナルの2021年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210624195915/https://chinapost.nownews.com/20210615-2589299 2021年6月26日閲覧。 
    69. ^ “台灣「鮭魚之亂」登德國益智節目考題 正確答案讓眾人笑翻” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年6月14日). オリジナルの2021年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210622002310/https://tw.appledaily.com/international/20210614/ERJYULVM7VBO5IKIGF4YIWGWKQ/ 2021年6月26日閲覧。 
    70. ^ “台灣「鮭魚之亂」登德國益智節目 來賓聽正解傻眼大笑” (中国語). TVBS. (2021年6月14日). オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210616042946/https://news.tvbs.com.tw/world/1527681 2021年6月26日閲覧。 
    71. ^ “盤點2021十大流行! 「這事」打敗奧運得第一” (中国語). TVBS. (2021年12月27日). https://news.tvbs.com.tw/life/1670407 
    72. ^ “另類台灣之光!法新社精選「全球10大趣聞」 「鮭魚之亂」上榜” (中国語). 民視. (2021年12月28日). https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2021C28W0288 
    73. ^ “From talking ducks to scary croissants: 2021's weirdest news” (英語). AFP (Yahoo news). (2021年12月27日). https://news.yahoo.com/talking-ducks-scary-croissants-2021s-030926794.html?fr=sycsrp_catchall 
    74. ^ “亞洲藏壽司2月營收2.795億元、年增68.18%,創單月新高” (中国語). 中国時報. (2021年3月10日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115608/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210310004167-260410?chdtv 2021年3月27日閲覧。 
    75. ^ “改名「劉鮭魚」爽吃壽司 店員結帳緩吐7字 他嚇:出事了” (中国語). 中国時報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319143354/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210317005455-260405 2021年3月20日閲覧。 
    76. ^ “兒為免費壽司改名「鮭魚」母無奈吐玄機 網神回:根本鮭魚之亂” (中国語). 聯合報. オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319233638/https://udn.com/news/story/122043/5324409 2021年3月20日閲覧。 
    77. ^ “Taiwanês muda de nome por desconto em sushi e agora se chama Salmon Dream” (ポルトガル語). NSC Comunicação. (2021年3月30日). https://www.nsctotal.com.br/noticias/taiwanes-muda-de-nome-por-desconto-em-sushi-e-agora-se-chama-salmon-dream 
    78. ^ “Taiwanese man horrified to learn new name 'Salmon Dream' is permanent” (英語). 台灣英文新聞 Taiwan News. (2021年3月19日). https://www.taiwannews.com.tw/en/news/4154988 
    79. ^ 頭條日報. “【不鮭路】男大生改名「鮭魚之夢」食壽司 方知用盡改名名額” (中国語). 頭條日報 Headline Daily. オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320220806/https://hd.stheadline.com/news/realtime/chi/2025951/%E5%8D%B3%E6%99%82-%E4%B8%AD%E5%9C%8B-%E4%B8%8D%E9%AE%AD%E8%B7%AF-%E7%94%B7%E5%A4%A7%E7%94%9F%E6%94%B9%E5%90%8D-%E5%BC%B5%E9%AE%AD%E9%AD%9A%E4%B9%8B%E5%A4%A2-%E9%A3%9F%E5%A3%BD%E5%8F%B8-%E6%96%B9%E7%9F%A5%E7%94%A8%E7%9B%A1%E6%94%B9%E5%90%8D%E5%90%8D%E9%A1%8D 2021年3月19日閲覧。 
    80. ^ “【鮭魚之亂】爸媽不在也有解!律師出手教2招 最後一句是重點” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月19日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115610/https://tw.appledaily.com/life/20210319/7MIYZMO62BGBPABQXG6CVJ7IHY/ 2021年3月21日閲覧。 
    81. ^ 周怡霏. “「*鮭魚之夢」有救了 民政局長:還有1次機會” (中国語). 東森新聞. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
    82. ^ “「*鮭魚之夢」撐21天 悄奔基隆改回原名” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年4月15日). オリジナルの2021年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210419030202/https://tw.appledaily.com/headline/20210415/QZ6OAMJUEZAIHPTSEQJDDRTVBU/ 2021年6月26日閲覧。 
    83. ^ “Keyword.23 身分証 vs 身分證”. ワイズニュース. (2008年1月23日). オリジナルの2021年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210225020833/https://www.ys-consulting.com.tw/column/5170.html 2021年3月24日閲覧。 
    84. ^ “鮭魚之亂番外篇!她補辦身分證 意外發現爸爸的秘密” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月22日). オリジナルの2021年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210323021340/https://tw.appledaily.com/life/20210322/AOOPROZM5JHJDGW5SF34HWLD64/ 2021年3月24日閲覧。 
    85. ^ “狂!全名共有15個字名字成台灣最長” (中国語). 台視 (Youtube). (2018年12月10日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115652/https://www.youtube.com/watch?v=cdV22hxj8g4 2021年3月20日閲覧。 
    86. ^ 大麻煩 - YouTubeチャンネル
    87. ^ “"全台名字最長"的人! "晉瑋臺灣台東之子大麻煩要投油土伯歐薩斯"掀熱議 網驚:原來沒限字數” (中国語). 三立新聞網 (Youtube). (2020年6月19日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115814/https://www.youtube.com/watch?v=c3SV_HmhAj8 2021年3月20日閲覧。 
    88. ^ “台湾一長い名前 台南のタクシー運転手の男性、25文字の氏名に改名”. 中央社 フォーカス台湾. (2021年3月4日). オリジナルの2021年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210306230649/https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202103040001.aspx 2021年3月20日閲覧。 
    89. ^ 如月隼人 (2021年3月14日). “台湾人で最も長いお名前は「黄**是喜神財神衰神福徳正神所有神祝福的宝貝小心肝」さんで画数231”. レコードチャイナ. オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115605/https://www.recordchina.co.jp/b873423-s25-c30-d0198.html 2021年3月20日閲覧。 
    90. ^ “【鮭魚之亂】破紀錄!新北男改名36字 鮪鮭魚、龍蝦和牛、知名飯店全入列” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210317081941/https://tw.appledaily.com/life/20210317/7RKWRQVH3FCT5ILLRMW5F6AZJQ/ 2021年3月20日閲覧。 
    91. ^ “最長名字曝光!台南男已改一次名 為吃鮭魚再改名40字” (中国語). 聯合報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210325072654/https://udn.com/news/story/122043/5326525 2021年3月20日閲覧。 
    92. ^ “鮭魚之亂!大學生改名40字 最愛的重機也入列” (中国語). 自由時報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320102147/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3471561 2021年3月22日閲覧。 
    93. ^ “ホワイトデーに100組以上が婚姻届=語呂合わせで「一生愛す」/台湾・新北”. 中央社 フォーカス台湾. (2021年3月15日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315130051/https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202103150002.aspx 2021年3月20日閲覧。 
    94. ^ “鮭魚之亂改名達系統極限! 他改名長50字保留本名+紀念愛情” (中国語). 自由時報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320065522/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3471085 2021年3月20日閲覧。 
    95. ^ “全台最長姓名再換人 「25字」身分證只能手寫!” (中国語). 華視. (2021年3月4日). オリジナルの2021年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210303100840/https://news.cts.com.tw/cts/life/202103/202103032033222.html 2021年3月20日閲覧。 
    96. ^ “3/18帶陌生人吃「收3成」就好 「陳鮭魚」:我是認真的” (中国語). 自由時報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319172355/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3470294 2021年3月20日閲覧。 
    97. ^ “兒改「爭鮮鮭魚」打廣告 父氣炸:不改回來愚人節登報見” (中国語). 三立新聞網. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320045257/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=913311 2021年6月26日閲覧。 
    98. ^ “跟「鮭魚之亂」潮改名 「劉口水鮭魚王」尷尬收遭詐通知書” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年5月5日). オリジナルの2021年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210622212353/https://tw.appledaily.com/local/20210505/X5OGWF4NRJDJHO24QMDPE4D2MI/ 2021年6月26日閲覧。 
    99. ^ “新北男遭恐嚇上法院 50字鮭魚名太特殊成焦點” (中国語). 自由時報. (2021年9月8日). https://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/3664950 
    100. ^ “鮭魚之亂續集!女通緝犯為1萬元獎金改名「亮搞玩」 下場出爐” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年7月6日). https://tw.appledaily.com/local/20210706/3OZVUGERDBAQNCJ22LZRY3MRKY/ 
    101. ^ “女賊「亮搞玩」又來了 這回她上摩斯漢堡偷這東西” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年9月2日). https://tw.appledaily.com/local/20210902/LFNWRMKY6VHF7IRCQ66K4PUXQY/ 
    102. ^ “嘉市普發2千現金掀戶籍遷移潮 較7月增一倍!黃敏惠回應了” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年8月28日). https://tw.appledaily.com/life/20210828/54EE4IIGQ5HR3KBJ4NJIT5CTAA/ 
    103. ^ “嘉市普發2000遷籍潮 32人搶到最後門票” (中国語). 中国時報. (2021年9月1日). https://www.chinatimes.com/newspapers/20210901000449-260107?chdtv 
    104. ^ “設籍麥寮好康多多! 不止5倍券 麥寮鄉民每人普發3千元現金” (中国語). 民視. (2021年9月7日). https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2021906C11M1 
    105. ^ “「壽司」 之亂下檔!兩天上千人 鮭魚群吃掉約500萬” (中国語). 聯合報. (2021年3月19日). オリジナルの2021年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210403173607/https://udn.com/news/story/122043/5328989 2021年3月20日閲覧。 
    106. ^ a b “【鮭魚之亂】免費吃壽司拚了!全台135人改名 最瘋狂是高雄” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月17日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320132425/https://tw.appledaily.com/life/20210317/VISWZBSIO5B55FNXH7QXK42SPM/ 2021年3月17日閲覧。 
    107. ^ “八年級生=厭世、負能量?七年級嘆:明明就比我們強啊!” (中国語). 聯合報. (2018年1月4日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115528/https://udn.com/news/story/120911/2909862 2021年3月25日閲覧。 
    108. ^ “不是巧合!他觀察「改名的都是87到92年生」 網封:鮭魚世代” (中国語). 聯合報. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321020234/https://udn.com/news/story/120912/5328820 2021年3月20日閲覧。 
    109. ^ “搶搭熱潮 彰縣21歲男改名鮭魚” (中国語). 自由時報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320063412/https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/1437714 2021年3月20日閲覧。 
    110. ^ “改名很潮vs改名很蠢⋯壽司郎「鮭魚之亂」成功原因,跟網友論戰有關?” (中国語). 商周. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210322185131/https://www.businessweekly.com.tw/focus/blog/3005876 2021年3月20日閲覧。 
    111. ^ “割引目当てに改名か 台湾進出のスシローに客が殺到”. 朝日新聞. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210318130744/https://www.asahi.com/articles/ASP3L6J16P3LUHBI013.html 2021年3月20日閲覧。 
    112. ^ “鮭魚之亂有續集?日媒:業者下次擬推這2種魚” (中国語). 中国時報. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320155012/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210320000984-260405?chdtv 2021年3月20日閲覧。 
    113. ^ “スシローGHD/グローバル展開加速で社名変更「FOOD&LIFE COMPANIES」に”. 流通ニュース. (2020年11月6日). オリジナルの2021年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210620170913/https://www.ryutsuu.biz/strategy/m110649.html 2021年6月26日閲覧。 
    114. ^ “改名してまで食べたい…「スシロー」に客殺到 台湾”. 日テレニュース24 (Youtube). (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210325032755/https://www.youtube.com/watch?v=M1gGLzdBykg 2021年3月29日閲覧。 
    115. ^ “獨/衝雲林拿1大尾免費鮭魚!「18位鮭魚」簽收名單曝光” (中国語). 三立新聞網. (2021年3月21日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115529/https://www.setn.com/news.aspx?newsid=913821 2021年3月23日閲覧。 
    116. ^ “【鮭魚之亂】1次滿足3個願望!台灣狂男改名「楊亞太愛吃鮭魚鮑魚」 爽吃還拿Nokia手機” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115616/https://tw.appledaily.com/life/20210318/TK3MJPNSGFDXZFUMX6Z62SGHOQ/ 2021年3月23日閲覧。 
    117. ^ “鮭魚之亂帶動姓名行銷風 東港伴手禮店推鮪魚同音優惠” (中国語). 聯合報. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321063459/https://udn.com/news/story/7206/5331050 2021年3月23日閲覧。 
    118. ^ “德國餐廳跟上鮭魚之亂!網催「張鮭魚之夢」:快去朝聖” (中国語). 民視. (2021年3月19日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115556/https://www.ftvnews.com.tw/news/detail/2021319W0053 2021年3月29日閲覧。 
    119. ^ “林先生、林小姐優惠來了! 叫「翰林」珍奶一杯10元!” (中国語). TVBS. (2021年4月10日). https://news.tvbs.com.tw/life/1491240 
    120. ^ “Living Plaza柴灣店買5送1 日本餐廳搞「三文魚」之亂送主菜活動” (中国語). 香港経済日報. (2021年4月1日). オリジナルの2021年8月12日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20210812020651/https://wealth.hket.com/article/2921638/ 
    121. ^ a b c 葉韋辰 (2021年4月15日). “雅婷、怡君召集令!王品牛排同名1字送半隻龍蝦 2字送1隻” (中国語). TVBS. オリジナルの2021年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210427121306/https://news.tvbs.com.tw/life/1493657 2021年6月26日閲覧。 
    122. ^ “不怕掀亂象! 市府推名字有"高雄"免費住宿” (中国語). TTV 台視 (Youtube). (2021年4月28日). オリジナルの2021年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210508202446/https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=3i-xzDv1JXw&feature=youtu.be 2021年6月26日閲覧。 
    123. ^ “到帛琉打嬌生送旅遊金 業者推新人名字有「帛琉水母」免費玩” (中国語). 自由時報. (2021年9月2日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3658441 
    124. ^ 綜合報導 (2021年3月16日). “名字叫「鮭魚」免費吃!壽司郎挨轟沒誠意 他秀身分證網驚:吃到吐” (中国語). 聯合報. オリジナルの2021年3月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210324125949/https://udn.com/news/story/122043/5320863 2021年3月19日閲覧。 
    125. ^ “免費壽司引爆「鮭魚之亂」 吳宗憲批「神經病」:改過名公司概不錄用” (中国語). 鏡週刊. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321092925/https://www.storm.mg/article/3550027 2021年3月25日閲覧。 
    126. ^ “台湾の「サーモンさん」、騒動前から10人存在=内政部”. 中央社 フォーカス台湾. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319112107/https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202103190009.aspx 2021年3月20日閲覧。 
    127. ^ “壽司免費活動前 全台10人名字叫鮭魚” (中国語). 中央通訊社. (2021年3月19日). オリジナルの2021年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210430075436/https://www.cna.com.tw/news/ahel/202103190109.aspx 2021年3月20日閲覧。 
    128. ^ a b c d e 内政部戸政司 (2018-10) (中国語). 全國姓名統計分析. 内政部. ISBN 978-986-05-7074-8. オリジナルの2021年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210311062717/https://www.ris.gov.tw/documents/data/5/2/107namestat.pdf 2021年6月26日閲覧。 
    129. ^ “鮭魚之亂!撒丰安嘆:漢人為吃免費壽司可改名 原住民卻不能用族語?” (中国語). 新頭殼. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320071936/https://newtalk.tw/news/view/2021-03-18/551001 2021年3月21日閲覧。 
    130. ^ 朱利安 (2021年3月19日). “鮭魚之亂|台灣「鮭魚」群搶食魚生遺白飯山 台網民:臉都丟光了” (中国語). 香港01. オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115618/https://www.hk01.com/%E7%86%B1%E7%88%86%E8%A9%B1%E9%A1%8C/601293/%E9%AE%AD%E9%AD%9A%E4%B9%8B%E4%BA%82-%E5%8F%B0%E7%81%A3-%E9%AE%AD%E9%AD%9A-%E7%BE%A4%E6%90%B6%E9%A3%9F%E9%AD%9A%E7%94%9F%E9%81%BA%E7%99%BD%E9%A3%AF%E5%B1%B1-%E5%8F%B0%E7%B6%B2%E6%B0%91-%E8%87%89%E9%83%BD%E4%B8%9F%E5%85%89%E4%BA%86 2021年3月20日閲覧。 
    131. ^ “鮭魚爽吃壽司!貼空盤照炫耀剩「醋飯山」全場氣炸:丟臉” (中国語). 華視. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320144325/https://news.cts.com.tw/cts/life/202103/202103182035205.html 2021年3月20日閲覧。 
    132. ^ “李宓成「鮭魚破壞者」 維基百科被竄改:出道地點壽司郎” (中国語). TVBS. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321161711/https://news.tvbs.com.tw/entertainment/1480093 2021年3月27日閲覧。 
    133. ^ a b 劉學聖 (2021年3月19日). “6鮭魚男狂點餐卻「只吃一口」 店員怒:貪小便宜的嘴臉很醜陋” (中国語). 聯合報. オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321020158/https://udn.com/news/story/120912/5328965 2021年3月20日閲覧。 
    134. ^ ETtoday (2021年3月19日). “鮭魚之亂|2天活動近千人免費吃了137萬元 有導演改名後不會改回” (中国語). 香港01. オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115551/https://www.hk01.com/%E5%8F%B0%E7%81%A3%E6%96%B0%E8%81%9E/601404/%E9%AE%AD%E9%AD%9A%E4%B9%8B%E4%BA%82-2%E5%A4%A9%E6%B4%BB%E5%8B%95%E8%BF%91%E5%8D%83%E4%BA%BA%E5%85%8D%E8%B2%BB%E5%90%83%E4%BA%86137%E8%90%AC%E5%85%83-%E6%9C%89%E5%B0%8E%E6%BC%94%E6%94%B9%E5%90%8D%E5%BE%8C%E4%B8%8D%E6%9C%83%E6%94%B9%E5%9B%9E 2021年3月20日閲覧。 
    135. ^ “名前を「鮭魚」に改名する人が台湾で続出、原因はスシローの無料キャンペーン”. GIGAZINE. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320222857/https://gigazine.net/news/20210319-taiwanese-change-name-salmon/ 2021年3月20日閲覧。 
    136. ^ “改名只能3次!「鮭魚」提議:5年改1次取代次數 網戰翻” (中国語). 三立新聞網. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319045131/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=912847 2021年3月20日閲覧。 
    137. ^ “「鮭魚」提議5年改名1次取代次數!掛8天僅36人附議” (中国語). 三立新聞網. (2021年3月25日). オリジナルの2021年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210325042052/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=915654 2021年3月26日閲覧。 
    138. ^ “張鮭魚條款完成一讀 立委提修法改名一年才能再改” (中国語). 中国時報. (2021年5月7日). オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210616043408/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210507002883-260407?chdtv 2021年6月26日閲覧。 
    139. ^ “杜絕「鮭魚之亂」!朝野立委修法 最嚴版本改名3年後才可改回” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年5月3日). オリジナルの2021年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210622212355/https://tw.appledaily.com/politics/20210503/HII7NLO7FFG23O7K24BJTNTTZ4/ 2021年6月26日閲覧。 
    140. ^ 鮭魚之亂後,立委提案修法「一段時間內限制再改名」,你贊成或反對?” (中国語). Yahoo奇摩 (2021年3月16日). 2021年9月20日閲覧。
    141. ^ “同鮭魚盡/新北市74人改「鮭」名 侯友宜:唉,無言啦!” (中国語). 三立新聞網. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320063446/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=913360 2021年3月20日閲覧。 
    142. ^ “為吃免費壽司200多人改名 柯文哲:社會奇蹟” (中国語). 自由時報. (2021年3月20日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320072044/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3473365 2021年3月20日閲覧。 
    143. ^ “為了鮭魚改名 鄭文燦:無法理解但尊重” (中国語). 聯合報. (2021年3月25日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115618/https://udn.com/news/story/7324/5343227 2021年3月25日閲覧。 
    144. ^ “上百人瘋改名「鮭魚」!黃偉哲4字評論:鮭去來兮” (中国語). 聯合報 (Youtube). (2021年3月18日). https://www.youtube.com/watch?v=-o_ztChisnQ 
    145. ^ “警改名「超粗大深海鮭魚王」爽吃壽司 釣出宜蘭市長關切” (中国語). TVBS. (2021年3月18日). オリジナルの2021年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210501152549/https://news.tvbs.com.tw/life/1479304 2021年6月26日閲覧。 
    146. ^ “【鮭魚之亂】警察改名「深海鮭魚王」 徐國勇:自找麻煩!” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210501045330/https://tw.appledaily.com/life/20210318/OXQHHL3P5RDGLOW7PNVZ3NZDRA/ 2021年6月26日閲覧。 
    147. ^ “オードリー・タン「台湾がアジアで初めて同性婚を認めた国となった理由」”. プレジデント社. (2020年12月1日). オリジナルの2021年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210420174533/https://president.jp/articles/-/40845?page=2 2021年6月26日閲覧。 
    148. ^ “「鮭魚之亂」跟風神速 唐鳳︰應檢視是否永續公平” (中国語). 自由時報. (2021年3月23日). オリジナルの2021年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210323075405/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3476202 2021年3月23日閲覧。 
    149. ^ “「鮭魚之亂」代表教育失敗? 蘇揆:沒有價值對錯” (中国語). 自由時報. (2021年3月26日). オリジナルの2021年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210326053616/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3479791 2021年3月26日閲覧。 
    150. ^ “陳時中談鮭魚之亂 「一窩蜂行為,瘋狂過了就好」” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月20日). https://tw.appledaily.com/life/20210320/HI22TCIILJDEDIYR7ZWF7BXAYQ/ 
    151. ^ “老闆為改名「鮭魚」開除員工 勞動部:屬惡意解雇” (中国語). ETToday. (2021年3月21日). オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321124526/https://finance.ettoday.net/news/1943196 2021年3月24日閲覧。 
    152. ^ “鮭魚之亂番外篇》求職雇主有權要求提供戶籍謄本?勞動部:可拒絕” (中国語). 自由時報. (2021年3月22日). オリジナルの2021年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210323161347/https://ec.ltn.com.tw/article/breakingnews/3475039 2021年3月24日閲覧。 
    153. ^ “鮭魚之亂「都是教改的錯」?!台大教授葉丙成:哈囉?” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月23日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115529/https://tw.appledaily.com/life/20210323/CJYGMZ57VJAVFKNIN76WGF4EZU/ 2021年3月23日閲覧。 
    154. ^ “全國學生美術賽 基市大贏家” (中国語). 中華日報 (Yahoo奇摩). (2021年12月6日). https://tw.news.yahoo.com/%E5%85%A8%E5%9C%8B%E5%AD%B8%E7%94%9F%E7%BE%8E%E8%A1%93%E8%B3%BD-%E5%9F%BA%E5%B8%82%E5%A4%A7%E8%B4%8F%E5%AE%B6-131316196.html 
    155. ^ “300人改名鮭魚被罵爆!苦苓:貪小便宜有啥不對?”. 自由時報. (2021年3月21日). オリジナルの2021年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210421145832/https://ent.ltn.com.tw/news/breakingnews/3473825 2021年6月26日閲覧。 
    156. ^ “台灣人瘋改名掀鮭魚之亂 日女星:驚訝的台日文化差異” (中国語). 中国時報. (2021年3月18日). オリジナルの2021年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210319234742/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210318001120-260404?chdtv 2021年3月27日閲覧。 
    157. ^ “鮭魚之亂延燒 日台交流協會點出「鮭」字秘密” (中国語). 新頭殼 newtalk. (2021年3月18日). https://newtalk.tw/news/view/2021-03-18/551105 
    158. ^ “獨/鮭魚輸了?藏壽司董事長:「這盤」才厲害 日本吃不到” (中国語). 三立新聞網. (2021年3月26日). オリジナルの2021年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210326101848/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=916420 2021年3月26日閲覧。 
    159. ^ “成功締造全球億萬商機” (中国語). 數位時代 Business Next. (2004年8月1日). オリジナルの2020年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200921120917/https://www.bnext.com.tw/article/5261/BN-ARTICLE-5261 2021年3月29日閲覧。 
    160. ^ “16年前「無嘴貓之亂」!台灣人超愛排隊搶Kitty?” (中国語). 聯合報. (2015年8月20日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115600/https://udn.com/news/story/120911/1133377 2021年3月29日閲覧。 
    161. ^ “趴趴熊怎麼躺著賺錢﹖” (中国語). 遠見雑誌. (2003年10月1日). オリジナルの2020年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201025141328/https://www.gvm.com.tw/article/8859 2021年3月29日閲覧。 
    162. ^ “麥當勞「kitty之亂」秒速轉20年 網鼻酸:都是青春 二手狂價曝光...快回家找”. ETToday 東森新聞. (2019年9月7日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115535/https://www.ettoday.net/news/20190907/1530490.htm 2021年3月29日閲覧。 
    163. ^ “20年前kitty之亂二手網拍價上千驚人” (中国語). TTV 台視 (Youtube). (2019年9月7日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115720/https://www.youtube.com/watch?v=iI6xczntxEQ 2021年3月29日閲覧。 
    164. ^ 11/9~11は「鮭の日」キャンペーン!!”. 公式ブログ. 標津サーモン科学館 (2019年11月5日). 2021年11月15日閲覧。
    165. ^ “鮭ネームさん いらっしゃ~い 標津サーモン科学館 11~14日入館無料キャンペーン”. 北海道新聞. (2021年11月10日). オリジナルの2021年11月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20211109232217/https://www.hokkaido-np.co.jp/article/609715 
    166. ^ こんなにいる! 『サケネーム』さん♪”. 公式ブログ. 標津サーモン科学館 (2017年11月11日). 2021年11月15日閲覧。
    167. ^ “4G使い放題500元以下に、大手3社で長蛇の列”. ワイズニュース. (2018年5月10日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115638/https://www.ys-consulting.com.tw/news/76935.html 2021年3月20日閲覧。 
    168. ^ “中華電信499之亂 NCC改罰120萬” (中国語). CTS 華視. (2019年7月19日). https://news.cts.com.tw/cts/society/201907/201907101967103.html 
    169. ^ “タトゥー入れたらピザ100年無料! ドミノ・ピザがロシアで仰天企画”. ジェイ・キャスト. (2018年9月13日). オリジナルの2021年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210121123447/https://www.j-cast.com/trend/2018/09/13338547.html 2021年3月20日閲覧。 
    170. ^ “防疫保單「500元之亂」 民眾學到分散風險或只是以小博大?” (中国語). 台湾国際放送. (2021年1月25日). https://www.rti.org.tw/news/view/id/2090032 
    171. ^ “防疫破口!麥當勞BTS套餐大排長龍 連紙袋都能上網賣”. 台灣蘋果日報. (2021年6月12日). https://tw.appledaily.com/supplement/20210612/SQ2FVU6XA5D4LBRQTL7WNHAI7Y/ 
    172. ^ “BTS之亂!粉絲自製「爆裂款紙袋」狂周邊登熱搜 二手價竟高達7萬台幣”. 女聲 Her Voice. (2021年6月17日). https://www.hvzine.com/article/97565 
    173. ^ “麥當勞「BTS紙袋」之亂!二手價飆50萬 阿滴痛批:智商受侮辱”. CTWANT (中国時報). (2021年6月13日). https://www.ctwant.com/article/123188 
    174. ^ “以假亂真害人不淺 “特醫奶粉之亂”如何靶向治理?” (中国語). 中國江蘇網 (法製日報). (2020年6月8日). https://www.rztiandirun.com/scroll/guonei/202006/t20200608_2567739.shtml 
    175. ^ “令人擔心的新冠狀病毒” (中国語). 香港蘋果日報. (2013年2月25日). オリジナルの2021年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210621170503/https://hk.appledaily.com/local/20130225/OHYJDT7RQ2LSDLXYW6D6LOEFEI/ 2021年3月27日閲覧。 
    176. ^ “揭秘海淘奶粉亂象:價格低的不正常” (中国語). 中國經營網 (香港商報). (2015年8月5日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115640/https://hkcd.com/content/2015-08/05/content_949360.html 2021年3月27日閲覧。 
    177. ^ “澳門的士亂象不止 市民怨言不斷” (中国語). 澳亞衛視 (Youtube). (2019年5月8日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115703/https://www.youtube.com/watch?v=JJsMfLRJRAo 2021年3月27日閲覧。 
    178. ^ “19年5月のマカオの悪質タクシー違反検挙数493件…ぼったくりと乗車拒否が9割超占める=まもなく改正法施行で駆逐に期待”. マカオ新聞 (大航海時代新聞出版社). (2019年6月2日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115621/https://www.macaushimbun.com/news?id=27897 2021年3月27日閲覧。 
    179. ^ “衛生紙亂象 公平會:絕對可能已經觸法” (中国語). 中国時報. (2018年2月27日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115603/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20180227001788-260405?chdtv 2021年3月27日閲覧。 
    180. ^ “武漢肺炎》看口罩亂象 全民都要戴? 抗SARS專家這樣說.....” (中国語). 新頭殼. (2020年2月3日). オリジナルの2020年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200204150204/https://newtalk.tw/news/view/2020-02-03/361301 2021年3月27日閲覧。 
    181. ^ “499亂象 NCC要三大電信提檢討報告” (中国語). PTS 公視 (Youtube). (2018年5月16日). オリジナルの2018年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180623003304/https://www.youtube.com/watch?v=iIjYHTHmfXg 2021年3月27日閲覧。 
    182. ^ “鮭魚亂象浪費食物 壽司店員工怒罵台灣人「醜陋嘴臉」” (中国語). 自由時報. (2021年3月19日). オリジナルの2021年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210320224022/https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3471881 2021年3月27日閲覧。 
    183. ^ “「衛生紙之亂」有前傳?網瘋傳宣導短片 教你秒懂ATM詐騙” (中国語) (プレスリリース), 臺北市政府警察局文山第二分局, (2018年4月11日), オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210626115613/https://w2.police.gov.taipei/News_Content.aspx?n=866A3E4547F655B7&s=79496EC30FADBBE4 2021年3月27日閲覧。 
    184. ^ “台湾ミニ百科(2020-03-06)台湾、デマによる被害が世界一”. RTI 台湾国際放送. (2020年3月6日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115605/https://jp.rti.org.tw/radio/programMessageView/id/59332 2021年3月24日閲覧。 
    185. ^ “質疑中華電信499之亂! 鄭寶清:為什麼遠傳、台灣之星就沒問題?” (中国語). 立法院. (2018年5月14日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115601/https://www.ly.gov.tw/Pages/Detail.aspx?nodeid=5251&pid=170473 2021年3月27日閲覧。 
    186. ^ “通信各社の「499の乱」、終焉へ”. Taiwan Today (Facebbook). (2018年5月16日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115553/https://m.facebook.com/login.php?next=https%3A%2F%2Fm.facebook.com%2FTaiwanTodayJP%2Fposts%2F1628969913883947&refsrc=https%3A%2F%2Fm.facebook.com%2FTaiwanTodayJP%2Fposts%2F1628969913883947&_rdr 2021年3月24日閲覧。 
    187. ^ “厚奶茶、衛生紙到499之亂 回顧10大「喪屍潮」事件” (中国語). 中国時報. (2018年5月13日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115642/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20180513001058-260405?chdtv 2021年3月27日閲覧。 
    188. ^ “看「口罩之亂」,是什麼原因讓人類忘了「分享」的天性?” (中国語). 天下雑誌. (2020年2月24日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115538/https://www.cw.com.tw/article/5099133 2021年3月24日閲覧. "口罩之亂(マスクの乱)" 
    189. ^ “台湾、パニック鎮めた「すごい」マスク購入システム 実名&アプリ連動で転売封じる”. ジェイ・キャスト. (2020年3月3日). オリジナルの2021年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210116092133/https://www.j-cast.com/2020/03/03381182.html?p=all 2021年3月24日閲覧. "マスクの乱" 
    190. ^ “經濟日報社論/「鳳梨之亂」背後的深意” (中国語). 聯合報. (2021年3月4日). オリジナルの2021年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210310040521/https://udn.com/news/story/7338/5292849 2021年3月24日閲覧。 
    191. ^ “鳳梨之亂 兩岸的危機或轉機?” (中国語). 新頭殻. (2021年2月27日). オリジナルの2021年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210302053819/https://newtalk.tw/citizen/view/56836 2021年3月24日閲覧。 
    192. ^ “【鳳梨之亂】中國一紙公文就讓全國恐慌 農民餵雞湯:台灣沒這麼弱” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年3月3日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115554/https://tw.appledaily.com/life/20210303/MAPXJVQOMFGYJPLHXQWGWBCC2I/ 2021年3月24日閲覧。 
    193. ^ “【整點精華】20210304 鳳梨之亂陷恐慌 農民籲農糧署:台灣沒那麼弱” (中国語). 中天電視 (Youtube). (2021年3月4日). オリジナルの2021年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210626115706/https://www.youtube.com/watch?v=oTIvC7Isv-k 2021年3月24日閲覧。 
    194. ^ “台灣疫情:從「乏人問津」到「稀缺搶手」的「疫苗之亂」” (中国語). BBC. (2021年6月17日). https://www.bbc.com/zhongwen/trad/57499969 
    195. ^ 高橋正成 (2021年7月6日). “台湾・国民党がワクチン接種で「特権意識」丸出し 海外製を批判しながら国民より早い接種が発覚”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/-/438823 
    196. ^ “疫情大爆發前怕打AZ疫苗會血栓 還原國民黨立委5月前這樣說” (中国語). 台灣蘋果日報. (2021年6月11日). https://tw.appledaily.com/politics/20210611/56XWTHJROJHUBJ6RTCYEUHHK3A/ 

    関連項目編集

    外部リンク編集

    スシロー台湾法人
    政府機関
    LINE STORE