メインメニューを開く

1966年イギリスグランプリ

1966年イギリスグランプリ (1966 British Grand Prix) は、1966年のF1世界選手権第4戦として、1966年7月16日ブランズ・ハッチで開催された。

イギリス 1966年イギリスグランプリ
レース詳細
1966年F1世界選手権全9戦の第4戦
ブランズ・ハッチ (1960-1975)
ブランズ・ハッチ (1960-1975)
日程 1966年7月16日
正式名称 XIX RAC British Grand Prix
開催地 ブランズ・ハッチ
イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド) ケント州
コース 恒久的レース施設
コース長 4.26 km (2.65 mi)
レース距離 80周 341.18 km (212.00 mi)
決勝日天候 曇 (ウエット→ドライ)
ポールポジション
ドライバー ブラバム-レプコ
タイム 1:34.5
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ
タイム 1:37.0 (60周目)
決勝順位
優勝 ブラバム-レプコ
2位 ブラバム-レプコ
3位 BRM

レースは全長4.26 km (2.65 mi)のコースを80周する341 km (212 mi)の距離で行われた。

20台が出走した新しい3リッター時代の最初のイギリスグランプリは、ブラバム・BT19英語版を駆るジャック・ブラバムが2週間前の前戦フランスグランプリに続いて優勝し、チームメイトのデニス・ハルムブラバム・BT20英語版で2位となり、ブラバムは初の1-2フィニッシュを達成した。ブラバム勢は3位のBRM・P261英語版を駆るグラハム・ヒルに1周の差を付けた。

ブラバムはジム・クラークのイギリスグランプリでの連勝を4でストップした。

ドライバーズランキングは、ブラバムが2位のヨッヘン・リントクーパー)に10点差を付けて首位をキープし、ハルムとロレンツォ・バンディーニフェラーリ)が3位に続く。

レース概要編集

フェラーリは、イタリア国内でのストライキの影響で本レースを欠場した[1]ベルギーGPのアクシデントによる負傷が癒えたジャッキー・スチュワートが復帰した[2]

前戦フランスGPはラッキーな勝利を得たブラバムレプコであったが、フェラーリが不在となったことで優位性は明らかなものとなり、ジャック・ブラバムポールポジションデニス・ハルムが2番グリッドを得た。イーグルダン・ガーニーが3番手でフロントローを獲得した[注 1]。以下、グラハム・ヒルジム・クラークが2列目、ジョン・サーティースヨッヘン・リント、スチュワートが3列目を占める[2][3]

レース前に雨が降ったが、路面が乾きだしてきたのでほとんどのドライバーがノーマルタイヤを使う中、リントとサーティースのクーパー勢はレインタイヤを使って、首位のブラバムに続く2-3位に浮上する。しかし、路面が乾いていくにつれて彼らはヒルとクラークの攻撃を受けて後退していく。ガーニーはエンジントラブルでリタイアした。ハルムはヒルとクラークに迫り、40周目に2位を取り戻した。クラークはブレーキが効かなくなりピットへ戻るが、コースへ復帰すると再びサーティースとリントを抜いて4位となった[2]

ブラバムが連勝し、ハルムが2位でブラバム・レプコが1-2フィニッシュを決め、3位のヒル以下を周回遅れにして他を圧倒するという展開であった[2]。クラークは4位に終わり、イギリスGPでの連勝は4でストップした。ブルース・マクラーレンが6位に入賞し、自身のチーム・マクラーレンは初のポイントを獲得した。本レースのみの参加となったシャノン英語版は、1954年にF1用として開発されていたがお蔵入りとなっていたクライマックスFPEエンジン(3.0L V8)を使用し、元ロータストレバー・テイラー英語版がドライブしたが、レース序盤でリタイアした[4]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  チーム・ロータス 1   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 2.0L V8 F
2   ピーター・アランデル BRM P56 2.0L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 3   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 2.0L V8 D
4   ジャッキー・スチュワート
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 5   ジャック・ブラバム ブラバム BT19 レプコ 620 3.0L V8 G
6   デニス・ハルム BT20
7   クリス・アーウィン BT22 クライマックス FPF 2.8L L4
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 8   ロレンツォ・バンディーニ 1 フェラーリ 312/66 フェラーリ 218 3.0L V12 F
9   マイク・パークス 1
  クーパー・カー・カンパニー 11   ヨッヘン・リント クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
12   ジョン・サーティース
  クリス・エイモン 2
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 14   ブルース・マクラーレン マクラーレン M2B セレニッシマ 3.0L V8 F
15   クリス・エイモン 3 フォード 406 3.0L V8
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 16   ダン・ガーニー イーグル T1F クライマックス FPF 2.8L L4 G
  レグ・パーネル・レーシング 17   マイク・スペンス ロータス 25 BRM P56 2.0L V8 F
26   ポール・ホーキンス 3 BRM P261 BRM P60 2.0L V8 G
  アングロ・スイス・レーシングチーム 18   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 2.0L V8 F
  ギ・リジェ 19   ギ・リジェ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 20   ジョー・シフェール クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  DWレーシング・エンタープライゼス 21   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  デヴィッド・ブリッジス 22   ジョン・テイラー ブラバム BT11 BRM P60 2.0L V8 G
  シャノン・レーシングカーズ 23   トレバー・テイラー シャノン SH1 クライマックス FPE 3.0L V8 D
  J.A.ピアース・エンジニアリング・リミテッド 24   クリス・ローレンス クーパー T73 フェラーリ 168/62 3.0L V12 D
  チーム・シャマコ・コレクト 25   ボブ・ボンドゥラント BRM P261 BRM P60 2.0L V8 G
ソース:[5]
追記
  • ^1 - フェラーリはイタリア国内でのストライキの影響で欠場[1]
  • ^2 - クーパーはリントとサーティースの2台のみを走らせることにしたため、エイモンが外された[6]
  • ^3 - マシンが準備できず[7]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 5   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:34.5 - 1
2 6   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 1:34.8 +0.3 2
3 16   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 1:35.8 +1.3 3
4 3   グラハム・ヒル BRM 1:36.0 +1.5 4
5 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:36.1 +1.6 5
6 12   ジョン・サーティース クーパー-マセラティ 1:36.4 +1.9 6
7 11   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 1:36.6 +2.1 7
8 4   ジャッキー・スチュワート BRM 1:36.9 +2.4 8
9 17   マイク・スペンス ロータス-BRM 1:37.3 +2.8 9
10 21   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 1:37.5 +3.0 10
11 20   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 1:38.0 +3.5 11
12 7   クリス・アーウィン ブラバム-クライマックス 1:38.1 +3.6 12
13 14   ブルース・マクラーレン マクラーレン-セレニッシマ 1:38.5 +4.0 13
14 25   ボブ・ボンドゥラント BRM 1:38.9 +4.4 14
15 18   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:39.3 +4.8 15
16 22   ジョン・テイラー ブラバム-BRM 1:40.0 +5.5 16
17 19   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 1:41.4 +6.9 17
18 23   トレバー・テイラー シャノン-クライマックス 1:41.6 +7.1 18
19 24   クリス・ローレンス クーパー-フェラーリ 1:43.8 +9.3 19
20 2   ピーター・アランデル ロータス-BRM 1:54.3 +19.8 20
ソース:[8]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 5   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 80 2:13:13.4 1 9
2 6   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 80 +9.6 2 6
3 3   グラハム・ヒル BRM 79 +1 Lap 4 4
4 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 79 +1 Lap 5 3
5 11   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 79 +1 Lap 7 2
6 14   ブルース・マクラーレン マクラーレン-セレニッシマ 78 +2 Laps 13 1
7 7   クリス・アーウィン ブラバム-クライマックス 78 +2 Laps 12
8 22   ジョン・テイラー ブラバム-BRM 76 +4 Laps 16
9 25   ボブ・ボンドゥラント BRM 76 +4 Laps 14
10 19   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 75 +5 Laps 17
11 24   クリス・ローレンス クーパー-フェラーリ 73 +7 Laps 19
NC 21   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 70 規定周回数不足 10
NC 20   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 70 規定周回数不足 11
Ret 12   ジョン・サーティース クーパー-マセラティ 67 トランスミッション 6
Ret 18   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 42 クラッチ 15
Ret 2   ピーター・アランデル ロータス-BRM 32 ギアボックス 20
Ret 4   ジャッキー・スチュワート BRM 17 エンジン 8
Ret 17   マイク・スペンス ロータス-BRM 15 オイル漏れ 9
Ret 16   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 9 エンジン 3
Ret 23   トレバー・テイラー シャノン-クライマックス 0 エンジン 18
ソース:[9]
ラップリーダー[10]

第4戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

注釈編集

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b (林信次 1995, p. 19)
  2. ^ a b c d British GP, 1966”. grandprix.com. 2019年4月23日閲覧。
  3. ^ Britain 1966 - Starting grid”. STATS F1. 2019年4月25日閲覧。
  4. ^ (林信次 1995, p. 29)
  5. ^ Britain 1966 - Race entrants”. STATS F1. 2019年4月25日閲覧。
  6. ^ The 19th British Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2019年4月25日閲覧。
  7. ^ Britain 1966 - Result”. STATS F1. 2019年4月25日閲覧。
  8. ^ Britain 1966 - Qualifications”. STATS F1. 2019年4月25日閲覧。
  9. ^ 1966 British Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  10. ^ Britain 1966 - Laps led”. STATS F1. 2019年4月24日閲覧。
  11. ^ a b Britain 1966 - Championship”. STATS F1. 2019年3月13日閲覧。

参照文献編集

  • en:1966 British Grand Prix(2019年3月13日 22:40:44(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6

外部リンク編集