メインメニューを開く

1966年ベルギーグランプリ

1966年ベルギーグランプリ (1966 Belgian Grand Prix) は、1966年のF1世界選手権第2戦として、1966年6月12日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギー 1966年ベルギーグランプリ
レース詳細
1966年F1世界選手権全9戦の第2戦
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
日程 1966年6月12日
正式名称 XII Grote Prijs van Belgie
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー スパ
コース 恒久的レース施設
コース長 14.120 km (8.770 mi)
レース距離 28周 395.36 km (245.56 mi)
決勝日天候 雨 (ウエット)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 3:38:0
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジョン・サーティース フェラーリ
タイム 4:18:7 (18周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 クーパー-マセラティ
3位 フェラーリ

ベルギーグランプリの開催は26回目で、1周14.1kmのコースを28周する395kmのレースで行われた。

本レースはフェラーリ・312をドライブしたジョン・サーティースが優勝した。サーティースは1964年イタリアグランプリ以来4回目の優勝であった。42秒差でクーパー・T81英語版をドライブしたヨッヘン・リントが2位となり、クーパーは3リッターのマセラティV12エンジンとのコンビネーションで初の表彰台を獲得した。サーティースのチームメイトのロレンツォ・バンディーニ246-66英語版で3位となり、開幕戦モナコグランプリに続き表彰台を獲得し、ドライバーズポイントで開幕2戦の勝者ジャッキー・スチュワートとサーティースを上回り、トップに立った。

レース概要編集

レースは前年の32周から28周に短縮された。激しい暴風雨のため、1周目で半分以上のドライバーがアクシデントによってリタイアし、2周目に入った時には7台しか残っていなかった。4人のドライバーが滝のような雨が降るビュルナンヴィルコーナーでクラッシュした。ヨアキム・ボニエクーパー・T81英語版はバランスを崩してクラッシュし、車の前半分が空中に舞った。ジャッキー・スチュワートBRM・P261英語版はマスタキンクの電柱に激突してクラッシュ、マシンは大破して裏返しとなり、農舎の地階に逆さまに突っ込み、しばらくマシンに閉じこめられた[1]。さらにマシンからガソリンが漏れ始めたが幸い火災は発生せず、スチュワートの近くでマシンを止めた後続のグラハム・ヒルボブ・ボンドゥラント英語版が自らのレースを捨てて救出にあたり、スチュワートは骨折程度で助かった[2]ジャック・ブラバムブラバム・BT19英語版は135 mph (217 km/h)でマスタキンクを過ぎていったが、コントロールを取り戻してレースに復帰した。コース上はあまりにも多くの水があり、1周目にジム・クラークがドライブするロータス・33英語版クライマックスエンジンが浸水するほどであった。なお、1周目はグリーンフラッグで走っている。

本レースは映画「グラン・プリのために撮影された。この映画の8分間で、ライブ映像とモックアップされたレースシーンの組み合わせが使われた。ライブ映像には、ジョン・サーティース、ボニエ、ロレンツォ・バンディーニギ・リジェ、クラーク、ダン・ガーニー(自身が立ち上げたイーグルでのF1初出走)が実際に登場する。サーティースはジャン=ピエール・サルティの役名で、バンディーニもニーノ・バルリーニの役名でそれぞれ出演している。映画上のベルギーGPの時点で重傷を負っているスコット・ストッダード役のジャッキー・スチュワートを出演させないように配慮した[注 1]。なお先述の通り、スチュワートは1周目のクラッシュで早々と姿を消している。架空の日本チーム「ヤムラ」のモデルとなった白いマクラーレンは予選でのマシントラブルのため、決勝に出走しなかった。なお、マクラーレンはインディ500用のフォードV8エンジンを改良するため、暫定的にセレニッシマ英語版のV8エンジンを使用した[3]。ピート・アロン役の俳優ジェームズ・ガーナーがヤムラに乗るシーンを撮影するため、ボンドゥラントのマシンが白く塗られることになった。フィル・ヒルはノーズにカメラが搭載された撮影用マシンでコースを1周した。彼は1周目のアクシデントから逃れて、その場面の映像を撮影することができた[4]

スチュワートはレース後、レースの安全性の啓蒙活動を進めるようになり、それは7年後の1973年にF1ドライバーから引退した後も続いた。

フェラーリ・312を駆るサーティースが1周目の多重事故を回避して首位に立ち、暫定マシンの246-66英語版を駆るチームメイトのバンディーニも一時トップに躍り出る[5]ヨッヘン・リントは360度スピンを成功させつつ、サーティースを抜いてしばしトップを走行するが[2]、サーティースはレース終盤になってから猛然と追い上げ、首位の座を取り戻して優勝した[5]。しかし、サーティースは翌週に行われるル・マン24時間レースでペアを組むドライバーの起用を巡ってエウジェニオ・ドラゴーニ監督と衝突し、フェラーリを去ることになる[5][6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 3   ジャック・ブラバム ブラバム BT19 レプコ 620 3.0L V8 G
4   デニス・ハルム BT22 クライマックス FPF 2.8L L4
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 6   ジョン・サーティース フェラーリ 312/66 フェラーリ 218 3.0L V12 F

D 1

7   ロレンツォ・バンディーニ 246-66 フェラーリ 228 2.4L V6
  チーム・シャマコ・コレクト 8   ボブ・ボンドゥラント 2
  ビック・ウィルソン 3
BRM P261 BRM P60 2.0L V8 G
  チーム・ロータス 10   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 2.0L V8 F
11   ピーター・アランデル 4 43 BRM P75 3.0L H16
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 14   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 2.0L V8 D
15   ジャッキー・スチュワート
  レグ・パーネル・レーシング 16   マイク・スペンス ロータス 25 BRM P56 2.0L V8 F
17   ポール・ホーキンス 5 クライマックス FPF 2.8L L4
  クーパー・カー・カンパニー 18   リッチー・ギンサー クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
19   ヨッヘン・リント
  アングロ・スイス・レーシングチーム 20   ヨアキム・ボニエ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 21   ジョー・シフェール クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  ギ・リジェ 22   ギ・リジェ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 24   ブルース・マクラーレン マクラーレン M2B セレニッシマ 3.0L V8 F
25   クリス・エイモン 6 フォード 406 3.0L V8
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 27   ダン・ガーニー イーグル T1F クライマックス FPF 2.8L L4 G
ソース:[7]
追記
  • ^1 - フェラーリ勢はファイアストンタイヤを使用していたが、雨となった決勝のみダンロップのレインタイヤを使用した[5]
  • ^2 - 映画「グラン・プリ」の撮影にあたり、マクラーレンがマシントラブルにより決勝出走を見合わせたため、決勝はマクラーレンのカーナンバー24を使用し、マシンは白く塗り直された
  • ^3 - 予選のみ、ボンドゥラントとともに走行
  • ^4 - エンジンが準備できず[8]
  • ^5 - エントリーしたが出場せず[8]
  • ^6 - マシンが準備できず[8]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 6   ジョン・サーティース フェラーリ 3:38.0 - 1
2 19   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 3:41.2 +3.2 2
3 15   ジャッキー・スチュワート BRM 3:41.5 +3.5 3
4 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 3:41.8 +3.8 4
5 7   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 3:43.8 +5.8 5
6 20   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 3:44.3 +6.3 6
7 16   マイク・スペンス ロータス-BRM 3:45.2 +7.2 7
8 18   リッチー・ギンサー クーパー-マセラティ 3:45.4 +7.4 8
9 14   グラハム・ヒル BRM 3:45.6 +7.6 9
10 10   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 3:45.8 +7.8 10
11 8   ボブ・ボンドゥラント BRM 3:50.5 +12.5 11 1
12 22   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 3:51.1 +13.1 12
13 4   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 3:51.4 +13.4 13
14 21   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 3:53.8 +15.8 14
15 27   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 3:57.6 +19.6 15
16 24   ブルース・マクラーレン マクラーレン-セレニッシマ 3:57.6 +19.6 DNS 2
- 28   フィル・ヒル マクラーレン-フォード 4:01.7 +23.7 16 3
17 8   ビック・ウィルソン BRM 4:26.0 +48.0 DNS 1
18 11   ピーター・アランデル ロータス-BRM 5:01.2 +1:23.2 DNS 2
ソース:[9][10]
追記
  • ^1 - ボンドゥラントとウィルソンは、ともにNo.8のBRMをドライブした
  • ^2 - マクラーレンとアランデルはマシントラブルのため、決勝出走を見合わせた[11]
  • ^3 - 映画撮影用カメラカー[12]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 6   ジョン・サーティース フェラーリ 28 2:09:11.3 1 9
2 19   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 28 +42.1 2 6
3 7   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 27 +1 Lap 5 4
4 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 26 +2 Laps 4 3
5 18   リッチー・ギンサー クーパー-マセラティ 25 +3 Laps 8 2
NC 22   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 24 規定周回数不足 12
NC 27   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 23 規定周回数不足 15
Ret 15   ジャッキー・スチュワート BRM 0 アクシデント 3
Ret 20   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 0 アクシデント 6
Ret 16   マイク・スペンス ロータス-BRM 0 アクシデント 7
Ret 14   グラハム・ヒル BRM 0 アクシデント 9
Ret 10   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 0 エンジン 10
Ret 24 1   ボブ・ボンドゥラント BRM 0 アクシデント 11
Ret 4   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 0 アクシデント 13
Ret 21   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 0 アクシデント 14
Ret 28   フィル・ヒル マクラーレン-フォード 1 2 映画撮影用カメラカー 16
DNS 24   ブルース・マクラーレン マクラーレン-セレニッシマ ホイールベアリング
DNS 11   ピーター・アランデル ロータス-BRM エンジン
DNS 8   ビック・ウィルソン BRM ボンデュラントに交代
ソース:[13]
ラップリーダー[14]
追記
  • ^1 - ボンデュラントのカーナンバーは本来8だが、映画「グラン・プリ」撮影のため決勝のみ24を使用した[12]
  • ^2 - カメラカーをドライブするP.ヒルも同時にスタートし、1周のみ走行した[12]

第2戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

注釈編集

  1. ^ 映画「グラン・プリ」は実際の俳優(ジャン=ピエール・サルティ:イヴ・モンタン、ニーノ・バルリーニ:アントニオ・サバト英語版、スコット・ストッダード:ブライアン・ベッドフォード英語版)とは別に、その役のモデルとなった実際のドライバーも出演している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ トップ10:ウエットレース”. ESPN F1 (2010年12月8日). 2019年4月16日閲覧。
  2. ^ a b (林信次 1995, p. 20)
  3. ^ (林信次 1995, p. 29)
  4. ^ Grand Prix The Movie: A Complete History”. blu-ray.com (2011年5月31日). 2016年10月19日閲覧。
  5. ^ a b c d (アラン・ヘンリー 1989, p. 217)
  6. ^ ジョン・サーティース:ふたつの世界王者”. The Official Ferrari Magazine(日本語版) (2017年3月13日). 2019年4月20日閲覧。
  7. ^ Monaco 1966 - Race entrants”. STATS F1. 2019年4月10日閲覧。
  8. ^ a b c Belgium 1966 - Result”. STATS F1. 2019年4月19日閲覧。
  9. ^ Belgium 1966 - Qualifications”. STATS F1. 2019年4月17日閲覧。
  10. ^ Belgium 1966 - Starting grid”. STATS F1. 2019年4月17日閲覧。
  11. ^ Belgium 1966 - Result”. STATS F1. 2019年4月17日閲覧。
  12. ^ a b c (林信次 1995, p. 118)
  13. ^ 1966 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  14. ^ Belgium 1966 - Laps led”. STATS F1. 2019年4月17日閲覧。
  15. ^ a b Belgium 1966 - Championship”. STATS F1. 2019年3月12日閲覧。

参照文献編集

  • en:1966 Belgian Grand Prix(2019年3月12日 14:21:19(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク編集