メインメニューを開く

1965年イギリスグランプリ (1965 British Grand Prix) は、1965年のF1世界選手権第5戦として、1965年7月10日シルバーストン・サーキットで開催された。

イギリス 1965年イギリスグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第5戦
シルバーストン・サーキット (1952-1974)
シルバーストン・サーキット (1952-1974)
日程 1965年7月10日
正式名称 XVIII RAC British Grand Prix
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド) ノーサンプトンシャー州 シルバーストン
コース 恒久的レース施設
コース長 4.711 km (2.927 mi)
レース距離 80周 376.880 km (234.160 mi)
決勝日天候 曇 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:30.8
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM
タイム 1:32.2 (80周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 BRM
3位 フェラーリ

レースは80周で行われ、ロータスジム・クラークポール・トゥ・ウィンで優勝、BRMグラハム・ヒルが2位、フェラーリジョン・サーティースが3位となった。

レース概要編集

レースは劇的な展開となった。ポールポジションを獲得したジム・クラークグラハム・ヒルを引き離す。ヒルのBRMがブレーキに問題を抱えだしたため、クラークはヒルに35秒の差を付けた。しかし、クラークのロータスは油圧を失い始め、周を追うごとに悪化していった[1]。クラークはペースダウンを余儀なくされ[2]、1周につき2秒以上ヒルとの差が縮まっていく[1]。クラークは2位のヒルに3秒差まで迫られたが[1]、巧みな逃げ切りに成功して連勝を4[注 1]に伸ばし、地元イギリスGP4連覇を成し遂げた[2]ホンダリッチー・ギンサーは予選3位でチーム初のフロントローを奪ったが[注 2][3]、リタイアに終わった[4]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1   ジョン・サーティース フェラーリ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12 D
2   ロレンツォ・バンディーニ 158 フェラーリ 205B 1.5L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 3   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
4   ジャッキー・スチュワート
  チーム・ロータス 5   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
6   マイク・スペンス
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 7   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
8   ダン・ガーニー
14   デニス・ハルム BT7
  クーパー・カー・カンパニー 9   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
10   ヨッヘン・リント
  ホンダ・レーシング 11   リッチー・ギンサー ホンダ RA272 ホンダ RA272E 1.5L V12 G
  スクーデリア・セントロ・スッド 12   マステン・グレゴリー BRM P57 BRM P56 1.5L V8 D
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 15   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
16   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ 17   フランク・ガードナー ブラバム BT11 BRM P56 1.5L V8 D
  DWレーシング・エンタープライゼス 18   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
19   ポール・ホーキンス 1 ロータス 33
  ボブ・ジェラード・レーシング 20   ジョン・ローズ クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
25   アラン・ロリンソン T73 フォード 109E 1.5L L4
  レグ・パーネル・レーシング 21   マイク・ヘイルウッド 1 ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
22   リチャード・アトウッド
23   イネス・アイルランド
  イアン・ラビー・レーシング 24   イアン・ラビー
  クリス・エイモン 2
ブラバム BT3 BRM P56 1.5L V8 D
  ブライアン・ガビー 36   ブライアン・ガビー ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
ソース:[5]
追記
  • ^1 - マシンが準備できず[6]
  • ^2 - 予選までラビーと交代で走行[4]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:30.8 - 1
2 3   グラハム・ヒル BRM 1:31.0 +0.2 2
3 11   リッチー・ギンサー ホンダ 1:31.3 +0.5 3
4 4   ジャッキー・スチュワート BRM 1:31.3 +0.5 4
5 1   ジョン・サーティース フェラーリ 1:31.3 +0.5 5
6 6   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 1:31.7 +0.9 6
7 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 1:31.9 +1.1 7
8 7   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 1:32.5 +1.7 8
9 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:32.7 +1.9 9
10 14   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 1:32.7 +1.9 10
11 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:32.8 +2.0 11
12 10   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 1:32.9 +2.1 12
13 17   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 1:33.4 +2.6 13
14 15   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:33.5 +2.7 14
15 23   イネス・アイルランド ロータス-BRM 1:33.6 +2.8 15
16 22   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 1:33.8 +3.0 16
17 18   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 1:34.1 +3.3 17
18 16   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 1:34.2 +3.4 18
19 24   クリス・エイモン ブラバム-BRM 1:35.3 +4.5 DNS 1
20 12   マステン・グレゴリー BRM 1:35.9 +5.1 19
21 24   イアン・ラビー ブラバム-BRM 1:36.0 +5.2 20 1
22 25   アラン・ロリンソン クーパー-フォード 1:39.0 +8.2 DNS 2
23 20   ジョン・ローズ クーパー-クライマックス 1:39.4 +8.6 21 2
24 26   ブライアン・ガビー ロータス-クライマックス 1:45.1 +14.3 DNQ
ソース:[7][8]
追記
  • 決勝進出ライン:3位(ギンサー)のタイムから5秒以内(1:36.3)[9]
  • ^1 - エイモンとラビーが交代で走行し、ラビーが決勝に出場した[4]
  • ^2 - ロリンソンはローズに決勝出場権を譲って撤退

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 80 2:05:25.4 1 9
2 3   グラハム・ヒル BRM 80 +3.2 2 6
3 1   ジョン・サーティース フェラーリ 80 +27.6 5 4
4 6   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 80 +39.6 6 3
5 4   ジャッキー・スチュワート BRM 80 +1:14.6 4 2
6 7   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 79 +1 Lap 7 1
7 15   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 79 +1 Lap 14
8 17   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 78 +2 Laps 13
9 16   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 78 +2 Laps 18
10 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 77 +3 Laps 11
11 24   イアン・ラビー ブラバム-BRM 73 +7 Laps 20
12 12   マステン・グレゴリー BRM 70 +10 Laps 19
13 22   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 63 +17 Laps 16
14 10   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 62 エンジン 12
Ret 23   イネス・アイルランド ロータス-BRM 41 エンジン 15
Ret 20   ジョン・ローズ クーパー-クライマックス 38 イグニッション 21
Ret 18   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 33 ギアボックス 17
Ret 14   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 29 オルタネーター 10
Ret 11   リッチー・ギンサー ホンダ 26 インジェクション 3
Ret 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 2 エンジン 9
DNS 7   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス ガーニーにマシンを譲る 8
DNS 24   クリス・エイモン ブラバム-BRM ラビーにマシンを譲る
DNS 25   アラン・ロリンソン クーパー-フォード 予選で撤退
DNQ 26   ブライアン・ガビー ロータス-クライマックス 予選不通過
ソース:[10]
ラップリーダー[11]

第5戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

注釈編集

  1. ^ インディ500に出場したため欠場したモナコGPを除く
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは4-3-4。 Britain 1965 - Starting grid”. statsf1.com. 2019年3月8日閲覧。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Jim Clark’s 1965 season”. peterwindsor.com. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ a b (林信次 1997, p. 97)
  3. ^ (林信次 1997, p. 105)
  4. ^ a b c (林信次 1997, p. 126)
  5. ^ Britain 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年3月8日閲覧。
  6. ^ Britain 1965 - Result”. statsf1.com. 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ Britain 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年3月3日閲覧。
  8. ^ Britain 1965 - Starting grid”. statsf1.com. 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ 18th R.A.C. British Grand Prix”. Motor Sport Magazine Database. 2019年3月3日閲覧。
  10. ^ 1965 British Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  11. ^ Britain 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年3月8日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 British Grand Prix(2018年12月3日 23:06:25(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0

外部リンク編集