メインメニューを開く

1967年南アフリカグランプリ (1967 South African Grand Prix、正式名称: 1st AA Grand Prix of South Africa(アフリカーンス語: Eerste AA Suid-Afrikaanse Grand Prix[2])) は、1967年のF1世界選手権の開幕戦として、1967年1月2日キャラミで開催された。

南アフリカ共和国 1967年南アフリカグランプリ
レース詳細
1967年F1世界選手権全11戦の第1戦
キャラミ (1967-1985)
キャラミ (1967-1985)
日程 1967年1月2日
正式名称 1st AA Grand Prix of South Africa
開催地 キャラミ
南アフリカの旗 南アフリカ共和国 トランスヴァール州英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.094 km (2.543 mi)
レース距離 80周 327.52 km (203.44 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ブラバム-レプコ
タイム 1:28.3
ファステストラップ
ドライバー ニュージーランドの旗 デニス・ハルム ブラバム-レプコ
タイム 1:29.9 (3[1]周目)
決勝順位
優勝 クーパー-マセラティ
2位 クーパー-クライマックス
3位 ホンダ

レースは80周で行われ、クーパーペドロ・ロドリゲスが予選4番手から優勝、プライベーターのジョン・ラブがクーパーで2位、ホンダジョン・サーティースが3位となった。

目次

レース概要編集

3リッター規定2年目の開幕戦として、ヨハネスブルグ郊外のキャラミで初めてF1世界選手権が開催された。

ドライバーラインナップにいくつかの変更があった。ホンダは活動拠点をイギリスに移してチーム体制を一新。中村良夫監督の下、ジョン・サーティースを迎えて1台体制とした[3]クーパーヨッヘン・リントがエースに昇格し、ペドロ・ロドリゲスがスポット起用された[4]ロータスは長年ライバルとしてチャンピオンを争ったジム・クラークグラハム・ヒルのジョイントナンバー1体制を敷いた[3]BRMジャッキー・スチュワートがエースに昇格し、マイク・スペンス英語版が新たなチームメイトとなった[4]。なお、フェラーリは本レースを欠場した[5]

デニス・ハルムはスタートでジャック・ブラバムからリードを奪う。ブラバムはすぐにスピンしてサーティースに2位を明け渡すも、21周目に2位へ返り咲いた。サーティースはレース中盤に入ると燃料温度が上昇して加速が鈍りだし[6]ローデシアのプライベーターのジョン・ラブが古いクライマックス直列4気筒エンジンを搭載したクーパーで3位に順位を上げた。41周目にブラバムは上位争いから脱落し、続いて44周目にはダン・ガーニーがリタイアした。レースも終盤に入るとオーバーヒートで脱落するマシンが増え[6]、ハルムは59周目にブレーキフルードの補充のためにラブへ首位の座を明け渡し、燃料補給を行うためピットインしなければならなかった。残り7周でクーパーのロドリゲスがラブから首位の座を奪い、F1初勝利を挙げた。クーパーにとってはこれがF1最後の勝利となった。サーティースは右リアタイヤから空気漏れが始まり、ステアリングと格闘しながらタイヤを労って走り抜き、ホンダの新体制初戦で3位表彰台を獲得した。ピットに戻ったサーティースはオイルタンクからの熱で左足が火傷のように腫れ上がり、右リアタイヤはパンク寸前であるだけでなく、トレッドラバーが剥離を起こしてペシャンコの状態になっていた[6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 1   ジャック・ブラバム ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 G
2   デニス・ハルム
  クーパー・カー・カンパニー 3   ヨッヘン・リント クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
4   ペドロ・ロドリゲス
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 5   ジャッキー・スチュワート BRM P83 BRM P75 3.0L H16 G
6   マイク・スペンス
  チーム・ロータス 7   ジム・クラーク ロータス 43 BRM P75 3.0L H16 F
8   グラハム・ヒル
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 9   ダン・ガーニー イーグル T1F クライマックス FPF 2.8L L4 G
10   リッチー・ギンサー 1 T1G ウェスレイク 58 3.0L V12
  ホンダ・レーシング 11   ジョン・サーティース ホンダ RA273 ホンダ RA273E 3.0L V12 F
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 12   ジョー・シフェール クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
  DWレーシング・エンタープライゼス 14   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 15   ヨアキム・ボニエ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
  レグ・パーネル・レーシング 16   ピアス・カレッジ ロータス 25 BRM P56 2.0L V8 F
  ジョン・ラブ 17   ジョン・ラブ クーパー T79 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  サム・ティングル 18   サム・ティングル LDS Mk3 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  スクーデリア・スクリバンテ 19   デイヴ・チャールトン ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 ?
  ルーキ・ボータ 20   ルーキ・ボータ ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 ?
ソース:[7]
追記
  • ^1 - マシンが準備できず[8]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:28.3 - 1
2 2   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 1:28.9 +0.6 2
3 7   ジム・クラーク ロータス-BRM 1:29.0 +0.7 3
4 4   ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 1:29.1 +0.8 4
5 17   ジョン・ラブ クーパー-クライマックス 1:29.5 +1.2 5
6 11   ジョン・サーティース ホンダ 1:29.6 +1.3 6
7 3   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 1:30.2 +1.9 7
8 19   デイヴ・チャールトン ブラバム-クライマックス 1:30.2 +1.9 8
9 5   ジャッキー・スチュワート BRM 1:30.3 +2.0 9
10 14   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 1:30.6 +2.3 10
11 9   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 1:30.7 +2.4 11
12 15   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 1:31.8 +3.5 12
13 6   マイク・スペンス BRM 1:32.1 +3.8 13
14 18   サム・ティングル LDS-クライマックス 1:32.4 +4.1 14
15 8   グラハム・ヒル ロータス-BRM 1:32.6 +4.3 15
16 12   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 1:32.8 +4.5 16
17 20   ルーキ・ボータ ブラバム-クライマックス 1:33.1 +4.8 17
18 16   ピアス・カレッジ ロータス-BRM 1:33.8 +5.5 18
ソース:[9]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4   ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 80 2:05:45.9 4 9
2 17   ジョン・ラブ クーパー-クライマックス 80 +26.4 5 6
3 11   ジョン・サーティース ホンダ 79 +1 Lap 6 4
4 2   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 78 +2 Laps 2 3
5 14   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 78 +2 Laps 10 2
6 1   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 76 +4 Laps 1 1
NC 19   デイヴ・チャールトン ブラバム-クライマックス 63 +17 Laps 8
NC 20   ルーキ・ボータ ブラバム-クライマックス 60 +20 Laps 17
Ret 18   サム・ティングル LDS-クライマックス 56 アクシデント 14
Ret 16   ピアス・カレッジ ロータス-BRM 51 燃料システム 18
Ret 9   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 44 サスペンション 11
Ret 12   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 41 エンジン 16
Ret 3   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 38 エンジン 7
Ret 6   マイク・スペンス BRM 31 オイル漏れ 13
Ret 15   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 30 エンジン 12
Ret 7   ジム・クラーク ロータス-BRM 22 エンジン 3
Ret 8   グラハム・ヒル ロータス-BRM 6 アクシデント 15
Ret 5   ジャッキー・スチュワート BRM 2 エンジン 9
ソース:[10]
ファステストラップ[1]
ラップリーダー[11]

第1戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b South Africa 1967 - Best laps”. STATS F1. 2019年5月29日閲覧。
  2. ^ Motor Racing Programme Covers: 1967”. The Programme Covers Project. 2017年7月6日閲覧。
  3. ^ a b (林信次 1995, p. 50)
  4. ^ a b (林信次 1995, p. 49)
  5. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 222)
  6. ^ a b c (中村良夫 1998, p. 207)
  7. ^ South Africa 1967 - Race entrants”. STATS F1. 2019年6月1日閲覧。
  8. ^ South Africa 1967 - Result”. STATS F1. 2019年6月1日閲覧。
  9. ^ South Africa 1967 - Qualifications”. STATS F1. 2019年5月31日閲覧。
  10. ^ 1967 South African Grand Prix”. Formula One. 2014年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  11. ^ South Africa 1967 - Laps led”. STATS F1. 2019年5月31日閲覧。
  12. ^ a b South Africa 1967 - Championship”. STATS F1. 2019年3月20日閲覧。

参照文献編集

  • en:1967 South African Grand Prix(2019年3月20日 16:47:05(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0

外部リンク編集