メインメニューを開く

座標: 北緯43度44分4.74秒 東経7度25分16.8秒 / 北緯43.7346500度 東経7.421333度 / 43.7346500; 7.421333

モナコ 1967年モナコグランプリ
レース詳細
1967年F1世界選手権全11戦の第2戦
モンテカルロ市街地コース(1929-1972)
モンテカルロ市街地コース(1929-1972)
日程 1967年5月7日
正式名称 XXV Grand Prix Automobile de Monaco
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコの旗 モナコ モンテカルロ
コース 市街地コース
コース長 3.145 km (1.954 mi)
レース距離 100周 314.500 km (195.400 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ブラバム-レプコ
タイム 1:27.6
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 1:29.5 (38[1]周目)
決勝順位
優勝 ブラバム-レプコ
2位 ロータス-BRM
3位 フェラーリ

1967年モナコグランプリ (1967 Monaco Grand Prix) は、1967年のF1世界選手権第2戦として、1967年5月7日モンテカルロ市街地コースで開催された。

ペドロ・ロドリゲスキャラミで予期せぬ勝利を挙げてから4ヶ月後、100周で行われた本レースはブラバムデニス・ハルムが4番手から優勝した。ロータスグラハム・ヒルが2位、フェラーリクリス・エイモンが3位となった。

フェラーリのロレンツォ・バンディーニが海岸沿いのシケインでクラッシュしてマシンが炎上、3日後に死亡する悲惨な事故が発生した[2]

レース概要編集

レース前編集

前戦南アフリカGPから4ヶ月のインターバル期間に非選手権レースが行われ、レース・オブ・チャンピオンズ英語版ブランズ・ハッチ)はダン・ガーニーが自身のイーグル-ウェスレイク英語版で、BRDCインターナショナル・トロフィー英語版シルバーストン)はフェラーリマイク・パークス英語版が勝利を挙げた。

エントリー編集

本レースには17台のF1マシンがエントリーされ、台数不足を補う目的でF2マトラの参加が許可された[3]。タイトなレイアウトのモナコでは、3リッター車の利点はなく、多くのトップチームが2-2.8リッター車でエントリーした。F2のマトラは1.6リッターのフォード・コスワース・FVAエンジンを搭載した[3]ホンダはインターバル期間に重量過多だったRA273を40kg軽量化させ[4]ジョン・サーティースを擁して2年ぶりにモナコGPに参加した。イーグルウェスレイク英語版V12エンジンを初めてモナコに持ち込み、オーナー兼ドライバーのガーニーに加え、ホンダからリッチー・ギンサーが移籍した[5]。フェラーリは前年版の312/66を改良して新設計された312/67に、V字型の中央に配置した排気管が絡み合ったスパゲッティを連想させる[6]3バルブのV12エンジンが搭載された[7]。ドライバーはエースのロレンツォ・バンディーニ、前年にスポット参戦したルドビコ・スカルフィオッティ英語版とパークスに加え、若手クリス・エイモンが抜擢され、ラインナップを充実させた[8]マクラーレンは前年のフォード及びセレニッシマ英語版に代わり、BRMの古い2.1リッターV8エンジンをF2用のM4AをベースとしたM4Bに搭載した[3]。エントリーの詳細については、後述の#エントリーリストも参照されたい。

予選編集

ジャック・ブラバムブラバム・BT19英語版-レプコポールポジションを獲得した。平均時速は80.779 mph (130.001 km/h)であった。ブラバムに続いたのはフェラーリのバンディーニで、ブラバムとともにフロントローを占めた。2列目はホンダのサーティースとブラバムデニス・ハルム、3列目はロータスジム・クラーク(2リッターのクライマックスV8エンジンを使用)とBRMのジャッキー・スチュワートが占めた[9]。当時のモナコGPは決勝への出走台数が16に制限されていて、少なくとも3年間F1マシンを製造していたメーカー[注 1]には自動的に決勝への出走権利が与えられ、残りのドライバーとグリッド順位は予選の結果によって決定された。ペドロ・ロドリゲスは予選最下位に終わったが、所属するクーパーが決勝への出走権利が与えられていたため、最後尾グリッドで決勝へ進出した[10]。イーグル移籍初戦のギンサーは予選落ちを喫し、本レースを最後にF1から引退した[5]

決勝編集

スタート直後の数周は波乱含みの展開だった。バンディーニがリードした後、ブラバムのレプコエンジンがブローした。ブラバムは回避行動を取って接触したブルース・マクラーレンジョー・シフェールの前でスピンした。シフェールはマシンにダメージを負い、修理のためにピットインしなければならなかった。ブラバムはレースを続行するが、ミラボーから港までに大量のオイルを撒き散らしてリタイアした。クラークはそのオイルでスピンし、エスケープロードへ逃れた[11][12]

2周目にクラークが後方へ沈む一方、ハルムとスチュワートはブラバムが撒き散らしたオイルでスピンした首位のバンディーニを抜いていった。ハルムは6周目までリードするが、7周目にスチュワートがハルムを抜いて首位に立つ。しかし、14周目にスチュワートのクラウンホイールアンドピニオンが折れてリタイアし、ハルムが再びリードを奪った。2位のサーティースは28周目に首位ハルムを追い詰めた頃からエンジン音が乱れ始め、33周目に冷却水のラバーホースが破裂し、冷却水を全て失ってリタイアした[13]。これでバンディーニが2位、マクラーレンは3位に浮上してレースは落ち着いていく。クラークは14位から4位まで順位を戻したが、ショックアブソーバーの破損でリタイアし、エイモンが4位に浮上した[11][12]

レース後半にバンディーニはハルムに接近し始めた。マクラーレンはエイモンを抑え続けたがバッテリーの交換でピットインしたため、エイモンとグラハム・ヒルに抜かれて5位に後退した[11][12]レグ・パーネル・レーシング英語版からBRMを駆るピアス・カレッジは、65周目にサン・デボーテを出てすぐの丘でスピンアウトし、コースを離れてリタイアした。

82周目に惨事は起きた。ハルムを追うバンディーニは、トンネルを抜けて港が見えるシケインに差しかかったところで右側のホイールが塀にかすってしまい、そのはずみでマシンは大きく左へカーブしてわら俵に乗り上げ、タイヤが外れたマシンは裏返しとなり、たちまち大きな火柱が立ち上った[14]。バンディーニは逆さまになったマシンの下に閉じ込められた。救助活動は絶望的に不十分で、消火活動は遅れ火災が鎮火するまで貴重な数分を要し、バンディーニはようやく救助され病院へ搬送された。救助の様子を撮影していたテレビカメラのクルーを乗せたヘリコプターが低い位置で飛行していたため、ローター・ブレードからの下降気流が残っていた炎をあおり、再び猛烈に燃え上がった[11][12][15]

その間、ハルムは誰にも迫られることなく最後までレースをリードし続けた。エイモンは残りわずか8周でタイヤがパンクして3位に落ち、ヒルが2位の座を得た[11][12]

レース後の影響編集

バンディーニは大火傷を負い、3日後に死亡した。この悲劇は、世界で最も困難なサーキットの1つでハルムの記念すべきF1初勝利を覆い隠した。このニュースが伝えられた時、多くのスタードライバーはインディ500英語版の予選に参加するため、アメリカへ旅立っていた[11][12][16]。そして、これが100周を走る最後のモナコGPとなった。

本レースの惨事の後、グランプリサーキットでわら俵の使用は禁止された。耐燃性燃料システムや、ドライバー及びマーシャル用のポリアミドを使用した耐火性レーシングスーツの開発が加速され、テレビカメラのクルーが燃えているマシンの上をヘリコプターで低く飛ぶことは二度と許されなくなった[15]

バンディーニの死により、グランプリの歴史に連綿と紡がれていたイタリア人スタードライバーの火は消え、この事故をヒステリックに伝えるイタリアのマスコミの報道ぶりにうんざりしたエンツォ・フェラーリは、以後イタリア人ドライバーの起用に消極的な姿勢を取るようになった[2][注 2]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  マトラ・スポール 1   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS5 フォードコスワース FVA 1.6L L4 D
2   ジョニー・セルボ=ギャバン
  ギ・リジェ 3   ギ・リジェ 1 クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 4   ジャッキー・スチュワート BRM P261 BRM P60 2.1L V8 G
5   マイク・スペンス P83 BRM P75 3.0L H16
  レグ・パーネル・レーシング 6   ピアス・カレッジ ロータス 25 BRM P56 2.0L V8 F
  ホンダ・レーシング 7   ジョン・サーティース ホンダ RA273 ホンダ RA273E 3.0L V12 F
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 8   ジャック・ブラバム ブラバム BT19 レプコ 740 3.0L V8 G
9   デニス・ハルム BT20 レプコ 620 3.0L V8
  クーパー・カー・カンパニー 10   ヨッヘン・リント クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
11   ペドロ・ロドリゲス
  チーム・ロータス 12   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 2.0L V8 F
14   グラハム・ヒル BRM P60 2.1L V8
  DWレーシング・エンタープライゼス 15   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 16   ブルース・マクラーレン マクラーレン M4B BRM P56 2.0L V8 G
  ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 17   ジョー・シフェール クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 18   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 312/67 フェラーリ 242 3.0L V12 F
19   ルドビコ・スカルフィオッティ 2
20   クリス・エイモン
  ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 21   ヨアキム・ボニエ 1 クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 22   ダン・ガーニー イーグル T1G ウェスレイク 58 3.0L V12 G
23   リッチー・ギンサー
ソース:[17]
追記
  • ピンク地F2マシンで参加
  • ^1 - マシンが準備できず[18]
  • ^2 - 他のレースに出場したため欠場[19]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 8   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:27.6 - 1
2 18   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:28.3 +0.7 2
3 7   ジョン・サーティース ホンダ 1:28.4 +0.8 3
4 9   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 1:28.8 +1.2 4
5 12   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:28.8 +1.2 5
6 4   ジャッキー・スチュワート BRM 1:29.0 +1.4 6
7 23   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 1:29.3 +1.7 7
8 14   グラハム・ヒル ロータス-BRM 1:29.9 +2.3 8
9 17   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 1:30.0 +2.4 9
10 16   ブルース・マクラーレン マクラーレン-BRM 1:30.0 +2.4 10
11 2   ジョニー・セルボ=ギャバン マトラ-フォード 1:30.4 +2.8 11
12 5   マイク・スペンス BRM 1:30.6 +3.0 12
13 6   ピアス・カレッジ BRM 1:30.6 +3.0 13
14 20   クリス・エイモン フェラーリ 1:30.7 +3.1 14
15 10   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 1:30.8 +3.2 15
16 15   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 1:30.6 +3.0 DNQ
17 1   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-フォード 1:31.0 +3.4 DNQ
18 22   リッチー・ギンサー イーグル-ウェスレイク 1:31.1 +3.5 DNQ
19 11   ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 1:32.4 +4.8 16 1
ソース:[20]
追記
  • ピンク地F2マシンで参加
  • ^1 - ロドリゲスはあらかじめ決勝出走の権利が与えられていた[10]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 9   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 100 2:34:34.3 4 9
2 14   グラハム・ヒル ロータス-BRM 99 +1 Lap 8 6
3 20   クリス・エイモン フェラーリ 98 +2 Laps 14 4
4 16   ブルース・マクラーレン マクラーレン-BRM 98 +3 Laps 10 3
5 11   ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 96 +4 Laps 16 2
6 5   マイク・スペンス BRM 96 +4 Laps 12 1
Ret 18   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 81 事故死 2
Ret 6   ピアス・カレッジ BRM 64 スピンオフ 13
Ret 12   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 42 サスペンション 5
Ret 7   ジョン・サーティース ホンダ 32 エンジン 3
Ret 17   ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 31 油圧 9
Ret 4   ジャッキー・スチュワート BRM 14 ディファレンシャル 6
Ret 10   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 14 ギアボックス 15
Ret 23   ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 4 燃料ポンプ 7
Ret 2   ジョニー・セルボ=ギャバン マトラ-フォード 4 インジェクション 11
Ret 8   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 0 エンジン 1
DNQ 15   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 予選不通過
DNQ 1   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-フォード 予選不通過
DNQ 22   リッチー・ギンサー イーグル-ウェスレイク 予選不通過
ソース:[11]
ファステストラップ[1]
ラップリーダー[21]
追記
  • ピンク地F2マシンで参加

第2戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ブラバム、フェラーリ、クーパー、BRM、ロータス、ホンダの各ワークス・チームが該当。
  2. ^ バンディーニの死後にエンツォが起用したイタリア人レギュラードライバーは、1973年アルトゥーロ・メルツァリオ1984年-1988年ミケーレ・アルボレートの2人のみである。なお、エンツォの死後にフェラーリのレギュラードライバーとなったイタリア人は1992年イヴァン・カペリのみである。

出典編集

  1. ^ a b Monaco 1967 - Best laps”. STATS F1. 2019年6月2日閲覧。
  2. ^ a b (林信次 1995, p. 42)
  3. ^ a b c (林信次 1995, p. 51)
  4. ^ (中村良夫 1998, p. 208)
  5. ^ a b (林信次 1995, p. 50)
  6. ^ (林信次 1995, p. 36)
  7. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 222)
  8. ^ (林信次 1995, p. 48)
  9. ^ 1967 Monaco GP”. ChicaneF1.com. 2014年2月22日閲覧。
  10. ^ a b 1967 Monaco Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2019年6月2日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 1967 Monaco Grand Prix”. Formula1.com. 2014年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 1967 Monaco Grand Prix - WOI Encyclopedia Italia”. Wheelsofitaly.com (2014年2月6日). 2007年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧。
  13. ^ (中村良夫 1998, p. 209-210)
  14. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 227)
  15. ^ a b Richard Williams, “Enzo Ferrari A Life" (Yellow Jersey Press, ISBN 0-224-05986-6, 2002)
  16. ^ Monaco Grand Prix | Circuit de Monaco, Monte Carlo | ESPN F1”. Espn.co.uk. 2014年2月24日閲覧。
  17. ^ Monaco 1967 - Race entrants”. STATS F1. 2019年6月4日閲覧。
  18. ^ XXV Monaco Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2019年6月4日閲覧。
  19. ^ Monaco 1967 - Result”. STATS F1. 2019年6月4日閲覧。
  20. ^ Monaco 1967 - Qualifications”. STATS F1. 2019年5月31日閲覧。
  21. ^ Monaco 1967 - Laps led”. STATS F1. 2019年6月2日閲覧。
  22. ^ a b Monaco 1967 - Championship”. STATS F1. 2019年3月19日閲覧。

参照文献編集

関連項目編集

外部リンク編集