メインメニューを開く

1987年ポルトガルグランプリは、1987年F1世界選手権の第12戦として、1987年9月20日アウトドローモ・ド・エストリルで開催された。アラン・プロストが当時のF1最多勝記録を更新する通算28勝目を挙げた。

ポルトガルの旗 1987年ポルトガルグランプリ
レース詳細
日程 1987年シーズン第12戦
決勝開催日 9月20日
開催地 アウトドローモ・ド・エストリル
ポルトガル エストリル
コース長 4.350km
レース距離 70周(304.500km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'17.620
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1'19.282(Lap 66)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

予選ではフェラーリのゲルハルト・ベルガーが自身初のポールポジションを獲得した。フェラーリにとっては1985年以来のポールポジションだった。

ウィリアムズは前戦イタリアGPに引き続きアクティブサスペンション仕様のFW11Bを持ち込んだ。今回はナイジェル・マンセルネルソン・ピケの両者に1台ずつのアクティブサスペンション車が与えられ、更にノーマルサスペンション車もそれぞれに1台ずつ与えられた[1]

マンセルはアクティブサスペンション仕様を使うことにしていたが、金曜日にはアクティブサスペンション車のエンジンが良くないとしてパッシブ車を使用してトップタイムを記録した。マンセルは土曜日はアクティブサスペンション車で出走した。エンジンが換装されておらず前日のタイムを更新することはできなかったが、土曜日のセッションでの3番手のタイムを記録した[2]。総合ではベルガーに次ぐ2番手で予選を終えた。

ピケは金曜日はマンセルに次ぐ2番手だったが、土曜日はマシントラブルでタイムアタックを行うことができず、タイムを伸ばしたベルガーとプロストに抜かれ4位で予選を終えた。

決勝はスタート直後に中位集団でクラッシュが発生しコースを塞いだために中断した。完全に新規のレースとして再スタート手順が行われたが、クリスチャン・ダナーはマシンが用意できずに出走することができなかった。

再スタート後はベルガーが独走した。ベルガーを追うウィリアムズはマンセルがトラブルでリタイアし、その後ピケとミケーレ・アルボレートが2位を争った。

プロストはスタート直後に6位まで順位を下げるが、マンセルとセナとアルボレートがトラブルに見舞われると3位に上がり、タイヤ交換のタイミングでピケの前に出た。プロストはファステストラップを記録しながら急速にベルガーとの差を詰めると、61周目までに3秒以内の差となった。ベルガーもペースを上げて応酬したため差は縮まらなくなったが、68周目に下りの第7コーナーでベルガーが単独スピンを喫し、勝負は決した。

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'18.448 1'17.620
2 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'17.951 1'18.235
3 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'18.404 1'17.994
4 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'18.164 -
5 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 1'18.382 1'18.354
6 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'20.069 1'18.540
7 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'21.506 1'19.965
8 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 1'20.134 1'20.227
9 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'20.305 1'20.558
10 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 1'20.483 1'20.548
11 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 1'21.324 1'21.207
12 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 1'21.397 1'21.587
13 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 1'22.060 1'21.725
14 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'21.784 1'22.128
15 11   中嶋悟 ロータスホンダ 1'22.222 -
16 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 1'22.424 1'22.358
17 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 1'22.400 1'22.794
18 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 1'23.637 1'23.237
19 30   フィリップ・アリオー ローラコスワース 1'24.181 1'23.580
20 23   アドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'24.822 1'23.591
21 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 1'23.810 1'24.436
22 16   イヴァン・カペリ マーチコスワース 1'24.533 1'23.905
23 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 1'24.105 1'24.979
24 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 1'24.392 1'24.217
25 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 1'24.792 1'25.232
26 22   フランコ・フォリーニ オゼッラアルファロメオ 1'27.219 1'26.635
DNQ 14   パスカル・ファブル AGSコスワース 1'28.756 1'26.946

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 70 1:37'03.906 3 9
2 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 70 + 20.493 1 6
3 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 70 + 1'03.295 4 4
4 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 69 +1 Lap 10 3
5 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 69 +1 Lap 8 2
6 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 68 +2 Laps 11 1
7 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 68 +2 Laps 5  
8 11   中嶋悟 ロータスホンダ 68 +2 Laps 15  
9 16   イヴァン・カペリ マーチコスワース 67 +3 Laps 22  
10 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 67 +3 Laps 24  
11 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 66 +4 Laps 14  
12 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 66 +4 Laps 21  
13 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 66 +4 Laps 12  
14 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 64 +6 Laps 9  
リタイヤ 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 54 インジェクション 13  
リタイヤ 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 38 ギアボックス 6  
リタイヤ 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 35 ギアボックス 17  
リタイヤ 22   フランコ・フォリーニ オゼッラアルファロメオ 32 サスペンション 26  
リタイヤ 30   フィリップ・アリオー ローラコスワース 31 エンジン 19  
リタイヤ 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 29 ラジエター 18  
リタイヤ 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 27 ターボ 25  
リタイヤ 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 24 イグニッション 23  
リタイヤ 23   アドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 24 アクシデント 20  
リタイヤ 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 13 電気系 2  
リタイヤ 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 13 エンジン 7  
DNS 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 0 アクシデント 16  

記録編集

  • 初ポールポジション:ゲルハルト・ベルガー
  • 通算勝利数新記録(ドライバー):アラン・プロスト

脚注編集

  1. ^ 『フジテレビ オフィシャル F1 YEARBOOK 87-88』株式会社フジテレビ出版、1987年12月、p.152。ISBN 4-594-00191-2
  2. ^ Roebuck, Nigel; Alan Henry (1988年1月). Barry Naismith. ed (英語). Grand Prix. John Townsend. Glen Waverley, Victoria: Garry Sparke & Associates. pp. pp.122-ff. ISBN 0 908081 27 8. 
  3. ^ 「フジテレビオフィシャルF1イヤーブック 87-88」昭和62年12月21日刊 ISBN 4-594-00191-2

関連項目編集