1988年の全日本ツーリングカー選手権

1988年の全日本ツーリングカー選手権
前年: 1987 翌年: 1989

1988年の全日本ツーリングカー選手権(JTC)は、全日本ツーリングカー選手権4年目のシーズン。シリーズチャンピオンは、3勝を上げ、2位を2回の好成績を残した、フォード・シエラをドライブする、横島久が獲得した。

シリーズ概要編集

この年から排気量によってクラス分けされるようになり、クラス1が2.5L以上、クラス2が2.5L以下、クラス3が1.6L以下とクラス分けされることになった。今まで多様な車両が参戦していたが、出場する車種が限られてきたのもこのシーズンからであった。

トヨタはクラス1には、前年から投入されたトヨタ・スープラで参戦したが、ライバルのシエラやスカイラインスタリオンなどに比べ重い車重が影響したのか、苦戦し、最終戦のインターTECの2位がベストリザルトだった。またAE92カローラレビンもクラス3に参戦し、最終年度の93年までシビックvsレビンの図式が出来上がってきた。

日産もR31スカイラインで参戦し鈴木亜久里アンデルス・オロフソンが開幕2連勝を上げたが、その後はシエラに勝つ勝つことはできず、チャンピオンを獲得するには至らなった。

三菱も引き続きスタリオンで参戦していたが他のメーカーがエボリューションモデルを投入したため苦戦を強いられるようになり、本年度限りで撤退した。

ホンダもクラス3にシビックで参戦し、レビンと激しいバトルを繰り広げ、最終年度まで続くことになる。

外国車勢では、クラス1のシエラが速さを発揮し、スカイラインやスープラを押さえて4勝し、クラス2ではBMW・M3のデビューで事実上のワンメイク状態になった。

エントリーリスト編集

JTC-1編集

車名 車番 ドライバー
STP・三菱・スタリオン 5  中谷明彦  高橋国光
リコー・スカイライン 23  アンデルス・オロフソン  鈴木亜久里(Rd.1,2,5,6)

 都平健二(Rd.3,4)

ヂーゼル機器スカイライン 24  関根基司  都平健二(Rd.1,2,5,6)

 木下隆之(Rd.4-6)

リーボック・スカイライン 50  高橋健二  長谷見昌弘

スケジュール及び勝者編集

開催日 ラウンド サーキット 優勝ドライバー 優勝チーム 優勝車両
1 鈴鹿サーキット  アンデルス・オロフソン  鈴木亜久里 ニスモ 日産・スカイライン
2 西日本サーキット  アンデルス・オロフソン  鈴木亜久里 ニスモ 日産・スカイライン
3 仙台ハイランド  横島久  長坂尚樹 オブジェクトT フォード・シエラ
4 筑波サーキット  横島久  清水和夫 オブジェクトT フォード・シエラ
5 スポーツランドSUGO  マウリツィオ・サンドロ・サーラ  エイエ・エリジュ サンテック フォード・シエラ
6 富士スピードウェイ  クラウス・ニーヅビーズ  横島久 オブジェクトT フォード・シエラ

参照編集