1991年の横浜大洋ホエールズ

1991年の横浜大洋ホエールズ(1991ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1991年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

1991年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ5位
64勝66敗1分 勝率.492[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部慶次郎
経営母体 大洋漁業
監督 須藤豊
« 1990
1992 »

1991年の横浜大洋ホエールズは、須藤豊監督の2年目のシーズンである。

概要編集

須藤監督の1年目を7年ぶりのAクラスとなる3位で終えたチームは現役メジャー・リーガーロバート・レイノルズを獲得して打線を強化し、ジム・パチョレックとの3番・4番コンビを形成。シーズン前は31年ぶりの優勝が期待された。4月を18年ぶりの首位で終えると、6月前半まではAクラス争いに加わった。しかし故障者の続出もあり、徐々にチーム成績が下降。9月以降は巻き返し前年と同じ64勝をあげたもののヤクルト巨人との3位争いに割って入れることができず、借金2ながら5位に転落した。投手陣は前年11勝の野村弘樹がこの年もローテを守ってまずまずの成績を残し、リリーフでは衰え始めた遠藤一彦に代わってこの年から佐々木主浩が守護神となり、中継ぎで盛田幸妃が台頭した。打撃陣は両外国人に加えて高木豊がまずまずの成績を残したが、チーム本塁打が両リーグ最少の66本と貧打にあえいだ(チーム本塁打1位は中日の179本)。オフには主力投手の中山裕章が幼児への強制わいせつ事件を起こして逮捕され(後に解雇)、球界に衝撃が走った。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 屋鋪要
2 高橋雅裕
3 レイノルズ
4 パチョレック
5 高木豊
6 宮里太
7 清水義之
8 谷繁元信
9 中山裕章
1991年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大洋 -- 広島 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 広島 -- 広島 --
2位 広島 1.0 ヤクルト 0.0 ヤクルト 1.5 ヤクルト 1.0 広島 4.5 中日 3.0 中日 3.0
3位 ヤクルト 1.0 中日 2.0 巨人 5.0 広島 3.5 ヤクルト 6.0 ヤクルト 8.5 ヤクルト 7.0
4位 巨人 1.0 巨人 2.0 広島 6.0 巨人 5.0 巨人 6.0 巨人 9.5 巨人 8.0
5位 中日 1.5 大洋 2.5 大洋 12.0 大洋 13.5 大洋 16.5 大洋 13.0 大洋 10.0
6位 阪神 4.5 阪神 8.5 阪神 20.5 阪神 22.0 阪神 24.0 阪神 23.0 阪神 26.0
1991年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 74 56 2 .569 -
2位 中日ドラゴンズ 71 59 1 .546 3.0
3位 ヤクルトスワローズ 67 63 2 .515 7.0
4位 読売ジャイアンツ 66 64 0 .508 8.0
5位 横浜大洋ホエールズ 64 66 1 .492 10.0
6位 阪神タイガース 48 82 0 .369 26.0

[1]

オールスターゲーム1991編集

  • コーチ
須藤豊
  • 監督推薦
野村弘樹
高木豊

できごと編集


選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高木豊 二塁手 2年連続2度目[注 1]
レイノルズ 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
レイノルズ 外野手 初受賞

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 斎藤隆 投手 東北福祉大学 入団
2位 永池恭男 内野手 福岡工業大学附属高 入団
3位 有働克也 投手 大阪経済大学 入団
4位 斉藤肇 投手 静岡・星陵高 入団
5位 石本豊 外野手 藤代柴水高 入団
6位 三浦大輔 投手 奈良・高田商業高 入団
7位 山根善伸 捕手 新日本製鐵名古屋 入団
8位 川北和典 内野手 プリンスホテル 入団

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1985年に遊撃手部門で受賞しており、通算3度目。

出典編集