1990年の横浜大洋ホエールズ

1990年の横浜大洋ホエールズ(1990ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1990年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

1990年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ3位
64勝66敗3分 勝率.492[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場 横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部慶次郎
経営母体 大洋漁業
監督 須藤豊
« 1989
1991 »

1990年の横浜大洋ホエールズは、須藤豊監督の1年目のシーズンである。

概要編集

前年5年ぶりに最下位に転落し、優勝の巨人に5勝21敗と大きく負け越したチームは中部慶次郎オーナーが三顧の礼をもって新監督に巨人の二軍監督だった須藤豊を招聘[2]古葉竹識前監督が広島OBで首脳陣を固めて失敗した経緯から、須藤新監督はヘッドコーチに江尻亮、投手コーチに小谷正勝、守備走塁コーチに米田慶三郎といった大洋OBを配置。また他球団OBの大杉勝男を打撃コーチに、須藤監督と同じ高知県出身の高橋善正を投手コーチに迎えるなど首脳陣を一新してシーズンに臨んだ。チームは開幕から5月初めまで前年優勝の巨人と首位を争ったが、6月以降は大きくゲーム差を広げられると最後は巨人から24ゲーム差の3位で終了。それでも最下位に終わった前年から勝ち星を大きく増やし、借金返済はならなかったものの1983年以来7年ぶりのAクラス入りを果たした。投手陣では斉藤明夫新浦壽夫といったベテランの奮闘に加え、3年目の野村弘樹が11勝をあげて巨人キラーとして頭角を現し、この年から先発転向の中山裕章が開幕投手を務めるなどそれなりの成績を収め、かつてのエース・遠藤一彦が抑えで復活するなど明るい話題もあった。ドラフト1位ルーキーの佐々木主浩は最初起用法が先発、中継ぎと安定しなかったが、5月以降リリーフで起用されるとまずまずの成績を残し須藤監督の期待に応えた。打撃陣では前年打率2位のジム・パチョレック高木豊とのチーム内での争いを制し3年目で念願の首位打者を獲得し、最多安打に輝いた。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 横谷彰将
2 高橋雅裕
3 高木豊
4 マイヤー
5 パチョレック
6 山崎賢一
7 清水義之
8 市川和正
9 中山裕章
1990年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 2.5 大洋 2.5 大洋 5.5 中日 12.0 広島 16.5 広島 22.0
3位 阪神 4.5 広島 8.0 広島 8.0 大洋 12.5 大洋 18.0 大洋 24.0
4位 ヤクルト 5.5 阪神 9.5 中日 9.0 広島 13.5 中日 18.5 中日 26.0
5位 中日 7.0 ヤクルト 9.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 16.0 ヤクルト 24.0 ヤクルト 30.0
6位 広島 7.5 中日 阪神 12.0 阪神 18.0 阪神 31.0 阪神 36.0
1990年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 88 42 0 .677 -
2位 広島東洋カープ 66 64 2 .508 22.0
3位 横浜大洋ホエールズ 64 66 3 .492 24.0
4位 中日ドラゴンズ 62 68 1 .477 26.0
5位 ヤクルトスワローズ 58 72 0 .446 30.0
6位 阪神タイガース 52 78 0 .400 36.0

[1]

オールスターゲーム1990編集

  • 監督推薦
野村弘樹
遠藤一彦
高木豊
山崎賢一

できごと編集

選手・スタッフ編集

[3]

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
パチョレック 首位打者 .326 初受賞
最多安打 172本 2年ぶり2度目
その他
選手名 タイトル
遠藤一彦 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高木豊 二塁手 初受賞[注 1]
パチョレック 外野手 2年ぶり2度目
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
山崎賢一 外野手 2年連続2度目

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 水尾嘉孝 投手 福井工業大学 入団
2位 宮川一彦 内野手 東北福祉大学 入団
3位 加藤将斗 投手 東北高 入団
4位 鈴木尚典 外野手 横浜高 入団
5位 米正秀 投手 西京高 拒否・神戸製鋼入社
6位 渡部高史 投手 札幌琴似工業高 入団

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1985年に遊撃手部門で受賞しており、通算2度目。

出典編集

  1. ^ a b 年度別成績 1990年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月8日閲覧。
  2. ^ 平成元年の絶望と翌年の希望。今振り返りたい大洋ホエールズの明るい野球 | 文春オンライン
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7