メインメニューを開く

2001年自由民主党総裁選挙

2001年自由民主党総裁選挙(にせんいちねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2001年4月24日に行われた自由民主党総裁選挙である。

概要編集

2001年4月に森喜朗総裁が辞任表明したことを受けて行われた自由民主党総裁選挙である。任期は森総裁の残任期間の同年9月まで。

地方票にあたる県連票が1票から3票に拡大された。また、広島県山口県を除く45都道府県で地方予備選が行われた。地方の県連票は予備選で1位になった候補が3票を獲得する勝者総取り方式を取った。

立候補者 (届け出順)編集

選挙の開票結果編集

得票数 議員票 県連票
小泉純一郎 298票 175票 123票
橋本龍太郎 155票 140票 15票
麻生太郎 31票 31票 0票
亀井静香 地方票開票後に辞退
白票 3票 0票 3票

外部リンク編集