吉川貴盛

日本の政治家
本来の表記は「𠮷川貴盛」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

吉川 貴盛(よしかわ たかもり、1950年昭和25年)10月20日[4] - )は、日本政治家

𠮷川 貴盛
よしかわ たかもり
Takamori Yoshikawa.jpg
生年月日 (1950-10-20) 1950年10月20日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都杉並区[1][2]
出身校 日本大学経済学部
北海道大学公共政策大学院
前職 衆議院議員
北海道議会議員
所属政党自由民主党[3]→)
無所属
親族 長男・吉川隆雅(北海道議会議員)
公式サイト よしかわ貴盛オフィシャルサイト

内閣 第4次安倍第1次改造内閣
在任期間 2018年10月2日 - 2019年9月11日

選挙区比例北海道ブロック→)
北海道2区→)
(比例北海道ブロック→)
北海道2区
当選回数 6回
在任期間 1996年 - 2003年
2005年 - 2009年
2012年 - 2020年12月22日

北海道の旗 北海道議会議員
選挙区 札幌市東区選挙区
当選回数 3回
在任期間 1979年[2] - 1991年
テンプレートを表示
2019年2月20日に開催された「林政審議会」にて

衆議院議員(6期)、農林水産大臣(第63代)、自由民主党北海道連会長、自由民主党組織運動本部長代理を歴任した。苗字の『吉』は正式には上が『士』でなく『土』の『𠮷』[5]

来歴編集

東京都杉並区生まれ[2]。生後まもなく父の郷里である北海道余市郡余市町に移り、少年時代を過ごす[6]

北海道日本大学高等学校を経て1973年3月に日本大学経済学部を卒業[2]。同年4月に友愛青年連盟事務局職員[2]鳩山威一郎鳩山邦夫秘書を務めた[2]

1977年1月、東洋実業に勤務[2]1979年4月に北海道議会議員に最年少の28歳で初当選し[7]、3期務めた[2]

1996年4月、自由民主党北海道第2選挙区支部支部長となり[2]、同年10月20日第41回衆議院議員総選挙北海道2区から立候補し、新進党現職の長内順一に敗北したが、比例復活で初当選。

1997年9月、北海道開発政務次官[2]

2000年6月25日第42回衆議院議員総選挙で再選。

2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙で北海道2区で民主党三井辨雄に敗れ、比例復活も出来ずに落選。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙で再び三井に敗れたが、比例復活で3選。

2007年4月に北海道大学公共政策大学院を修了した[4]

2008年8月、福田康夫改造内閣経済産業副大臣に就任。同年9月、麻生内閣で経済産業副大臣に再任。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙で三たび三井に敗れ、比例復活も出来ずに落選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で初めて三井を比例復活も許さず破り4選、3年ぶりに国政に復帰。

2013年9月30日第2次安倍内閣農林水産副大臣に就任(2014年9月3日、退任)。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙維新の党松木謙公を破り5選(松木は比例復活)。

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙希望の党に鞍替えした松木ら3人に完勝して6選を果たす。

2018年10月2日第4次安倍改造内閣にて内閣官房長官菅義偉の強い推しで[8]農林水産大臣として初入閣。

2019年9月11日、農林水産大臣を退任し、自民党組織運動本部で組織運動本部長代理に就任。

2020年9月に行われた自民党総裁選挙では菅義偉陣営の選対事務局長を務めた[8]

同年12月21日、体調不良を理由に議員辞職の意向を表明し[9][10]、翌22日、代理人を通じ大島理森衆議院議長に辞職願を提出、同日許可されたことにより議員を辞職した[11]

2021年1月12日、自民党に離党届を提出。翌13日受理された[12]

同月15日、東京地検特捜部が収賄罪で起訴(詳細は#不祥事)。

政策編集

経済
  • アベノミクスを評価する[13]
  • 消費増税の先送りを評価する[13]
  • 消費税10%に賛成。税収の使いみちとして、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減を挙げる[13]
  • 雇用環境の改善や人手不足解消のため「働き方改革」を推進する[14]
内政
外交
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ[13]
  • 弾道ミサイルなど国外からの脅威に対する防災機能の強化と毅然とした外交交渉を推進する[14]
教育
  • 特別支援教育の充実など子供たちの学ぶ権利を保証する[14]
  • 虐待や貧困など周りの環境で子供の将来が閉ざされることのない「子供を守る政策」を推し進める[14]
北海道

人物編集

  • 趣味は読書、スポーツ[4]ゴルフ[2]本籍は北海道[2]。住所は札幌市東区北28条東14丁目[17]
  • ヘビースモーカーであったが、2018年時点では飲酒と喫煙を控えている[18]
  • 高橋はるみ参議院議員、前北海道知事)とはきわめて関係が悪いことが「財界さっぽろ」などで報じられている[19]
  • アキタフーズのスキャンダル報道直前の2020年12月初頭まで二階派事務総長をつとめた[20]
  • 河井克行と衆議院初当選同期である[21]。河井は自身のブログで「家族ぐるみのお付き合い」と紹介し、2018年に吉川が農林水産大臣に任命されると「二十数年間、国政で苦楽を共にしてきた吉川先生の初入閣を我がことのように喜んでいる」とコメントした[21]
  • TPP交渉の取りまとめを評価されて農水大臣を務めたが、選挙区は農業地帯ではない札幌市の都市部であり、本来は商工族議員[22]。2013年に農水副大臣に就くまで農業政策に関わった経験はほぼなく、生粋の農林族議員というわけではなかった[23]菅義偉の側近であり、鈴木直道北海道知事擁立と当選にこぎ着けた[24]
  • 首相の菅義偉と親しく、自民党幹事長二階俊博の最側近だった[8]

不祥事編集

鶏卵汚職事件編集

2020年12月2日、吉川が広島県福山市の大手鶏卵生産会社アキタフーズ元代表の秋田善祺(当時、日本養鶏協会幹部)から複数回にわたって数百万円の現金を受け取った疑いで、東京地検特捜部が捜査していると報じられた[25]

本事件は、広島県を地盤とする河井克行と妻・河井案里による、案里の第25回参議院議員通常選挙への出馬を巡る一連の選挙違反事件(河井夫妻選挙違反事件)の捜査がきっかけで発覚した。吉川と河井克行は初当選同期で以前から親しかった(前述)。吉川に秋田を紹介したのは河井克行で、関係者によると秋田は河井克行から2013年に農水副大臣に就任した吉川を紹介されて以降、夏は「お中元」、年末には「お歳暮」として現金を提供していた[26]

吉川は12月2日付で党内の役職を辞任。また、不整脈で入院したと事務所を通じて発表した[27][28]。この問題では内閣官房参与だった西川公也も接待を受けていたことが報じられ、同月8日に西川は内閣官房参与を辞任している。

その後、同月21日に事務所を通じて「健康上の理由により職責を果たすことが難しい」として、衆議院議員を辞職することを表明[9]、翌22日に大島理森衆議院議長へ議員辞職願を提出、同日辞職が許可された[29]

吉川は特捜部の任意の事情聴取に対し、現金500万円の受領を認めた上で「返すつもりだった」などと供述したことが同月24日に関係者の話で分かった[30]。また秋田から受領した現金のうち200万円については、秋田らから家畜のストレスを減らすためのアニマルウェルフェア(動物福祉)の考え方に基づく国際的な鶏の飼育指針に関する陳情を受けて間もなく受領していたことが関係者の話で分かった[31]

秋田は特捜部の任意聴取に対して吉川への現金提供を認め、趣旨について「業界のためだった」などと供述した[30]。現金提供があった時期に秋田は吉川に対し「鶏の飼育環境を巡る国際機関の指針案に反対すること、日本政策金融公庫からの養鶏業界向け融資を拡大すること」を求めていた[32]

同月25日、特捜部が衆議院議員会館や札幌市の吉川の事務所で家宅捜索を行った[33]

2021年1月1日、現金の受領総額は2015年以降、1800万円に上るとみられることがわかったと報じられた。新たに判明した計1300万円の現金授受は、農水相就任前の2015~18年と退任後とみられる[34]

同月15日、特捜部と広島地検は吉川を収賄罪で、秋田を贈賄罪でそれぞれ在宅起訴した。起訴状によると、吉川は農水相在任中の2018年11月~19年8月、国際的な鶏の飼育指針案や日本政策金融公庫の業界向け融資を巡り、養鶏業界に便宜を図ってほしいという趣旨と知りながら、都内のホテルや大臣室で3回にわたり、秋田から現金計500万円の賄賂を受領したとされる[35]。特捜部は吉川の健康状態などを考慮した結果、証拠隠滅や逃亡などの恐れが少なく「逮捕の必要はない」と判断したとみられている[32]

2月25日、農林水産省は、吉川と秋田が同席する会食に参加していた農水省幹部6人について、枝元真徹次官ら3人を減給10分の1(1か月)、2人を戒告の懲戒処分とし、1人を訓告とした。飲食費を秋田側が負担していた[36]

家族・親族編集

父の吉川昭市はビルメンテナンス東洋実業の創業者で、鳩山一郎友愛青年同志会の活動家だった。息子が3人いる[2]。長男の吉川隆雅は2011年より北海道議会議員北区選出)[37]

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ 吉川貴盛君_衆議院
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 北海道開発政務次官 吉川貴盛首相官邸公式サイト。2020年12月23日閲覧。
  3. ^ 議員時代の所属派閥は橋本派→無派閥→二階派
  4. ^ a b c 吉川貴盛プロフィール吉川貴盛公式サイト。2017年9月23日閲覧。
  5. ^ 議員氏名の正式な表記 - 衆議院ホームページ
  6. ^ フォトアルバム よしかわ貴盛オフィシャルサイト
  7. ^ “吉川元農水相 政治家としての歩み 同期の菅氏に忠誠を尽くし、鈴木知事誕生の“立役者”に”. HBC北海道放送. (2020年12月22日). https://www.hbc.co.jp/news/5c7d4bb0eb86f9fe61062a05101fd833.html 2020年12月26日閲覧。 
  8. ^ a b c “【点描・永田町】北海道2区「自民不戦敗」の波紋”. 時事通信. (2021年1月31日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012800728&g=pol 2021年1月31日閲覧。 
  9. ^ a b “自民 吉川貴盛元農相が衆議院議員辞職を表明 健康状態を理由に”. NHK NEWS. (2020年12月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201221/k10012776651000.html 2020年12月21日閲覧。 
  10. ^ “吉川元農相が議員辞職意向”. 共同通信. (2020年12月21日). https://this.kiji.is/713693491233439744 2020年12月21日閲覧。 
  11. ^ “吉川元農水相が議員辞職 現金授受疑惑で事実上の引責”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年12月22日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122200147&g=pol 2020年12月22日閲覧。 
  12. ^ “東京地検が捜査の吉川元農相、「一身上の都合」で自民党に離党届提出”. 読売新聞. (2021年1月13日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210113-OYT1T50197/ 2021年1月13日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i 2017衆院選 朝日東大谷口研究室調査
  14. ^ a b c d e f 政策について吉川貴盛公式サイト。2020年12月26日閲覧。
  15. ^ a b c 毎日新聞2012年衆院選アンケート[リンク切れ]
  16. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  17. ^ 2009総選挙 小選挙区・比例区の候補者(2009年8月19日)、朝日新聞デジタル。
  18. ^ “【吉川貴盛】吉川貴盛農水相は菅の“懐刀”「選挙の弱さ」が自虐ネタ”. 日刊ゲンダイ (株式会社日刊現代). (2018年10月17日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/239593/2 2020年11月14日閲覧。 
  19. ^ 財界さっぽろ2018年10月号
  20. ^ 二階派で3人目の逮捕者?吉川元農水相の疑惑のきっかけは河井夫妻事件 〈週刊朝日〉 AERA dot 2020年12月2日
  21. ^ a b 吉川貴盛・新農林水産大臣を表敬(2018年10月13日)河井克行オフィシャルブログ「あらいぐまのつぶやき」。2020年12月27日閲覧。
  22. ^ 日本経済新聞社. “改革迫られた新農林族 低下する集票力(真相深層)|イベントガイド|日経BizGate” (日本語). 日経BizGate. 2021年1月27日閲覧。
  23. ^ 「官邸人事」によって混乱に陥った農水省の知られざる悲劇(現代ビジネス編集部) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2021年1月27日閲覧。
  24. ^ 編集部. “吉川元農相、司法取引か…鶏卵・贈収賄疑惑、特捜部案件なのに「逮捕者ゼロ」の怪”. ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る. 2021年1月27日閲覧。
  25. ^ 吉川元農水大臣 数百万円受領で捜査(2020年12月2日) - YouTube”. テレ東ニュース. 2020年12月2日閲覧。
  26. ^ 元農水相側から「資金必要」 河井被告介し、賄賂認定200万円 -産経新聞 2021年1月17日
  27. ^ 吉川元農相、自民党の役職辞任 疑惑受け、二階氏に伝達共同通信 2020年12月2日
  28. ^ “吉川元農水相が党役職を辞任 「しばらく治療に専念」”. 朝日新聞. (2020年12月2日). https://www.asahi.com/articles/ASND255HGND2UTFK00J.html 2020年12月4日閲覧。 
  29. ^ 吉川元農水相の辞職願を許可 - 産経ニュース 2020年12月22日
  30. ^ a b “吉川元農相、500万円受領認める 聴取に「返すつもり」”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年12月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG2406I0U0A221C2000000 2020年12月24日閲覧。 
  31. ^ “陳情後に現金授受 吉川元農相、収賄容疑で捜査”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年12月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG173EM0X11C20A2000000?unlock=1 2021年1月1日閲覧。 
  32. ^ a b “吉川元農相、収賄罪で在宅起訴へ 鶏卵大手から現金”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2021年1月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG120EW0S1A110C2000000 2021年1月15日閲覧。 
  33. ^ “吉川元農水相の事務所を家宅捜索 500万円収賄疑惑”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2020年12月25日). https://www.asahi.com/articles/ASNDT2RSFNDTUTIL005.html 2020年12月25日閲覧。 
  34. ^ 吉川元農相に計1800万 在任中500万円を立件視野 - 共同通信 2021年1月1日
  35. ^ “吉川元農相を在宅起訴 500万円収賄罪、東京地検”. 日本経済新聞. (2021年1月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG131M00T10C21A1000000 2021年1月15日閲覧。 
  36. ^ 農水次官ら6人処分、業者側負担の会食に参加…吉川元農相と鶏卵業者前代表が同席 -読売新聞 2021年2月25日
  37. ^ 吉川隆雅プロフィール吉川隆雅公式サイト。2021年1月14日閲覧。
  38. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  39. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  40. ^ 自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー しんぶん赤旗 2014年9月15日
  41. ^ 平成30年度事業計画”. cache.yahoofs.jp. 2019年8月24日閲覧。
  42. ^ アイヌ政策を推進する議員の会への要請”. 2019年8月24日閲覧。

外部リンク編集

公職
先代:
齋藤健
  農林水産大臣
第63代:2018年 - 2019年
次代:
江藤拓
先代:
江藤拓
加治屋義人
  農林水産副大臣
江藤拓と共同

2013年 - 2014年
次代:
阿部俊子
小泉昭男
先代:
新藤義孝
中野正志
  経済産業副大臣
高市早苗と共同

2008年 - 2009年
次代:
増子輝彦
松下忠洋
議会
先代:
阿久津幸彦
  衆議院消費者問題に関する特別委員長
2012年 - 2013年
次代:
山本幸三