林 智勝(リン・ズーシェン、1982年1月1日 - )は、台湾中華民国)の台東県出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。現在は、中信兄弟に所属している。

林 智勝 (林 智盛)
Lin Chih-Sheng
中信兄弟 #3
Chih-Sheng Lin (2016).jpg
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台東県台東市
生年月日 (1982-01-01) 1982年1月1日(38歳)
身長
体重
183 cm
108 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2004年 ドラフト1位
初出場 2004年6月3日
年俸 月給52万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
五輪 2008年
WBC 2006年2013年2017年
プレミア12 2015年
林 智勝
各種表記
繁体字 林 智勝
簡体字 林 智胜
拼音 Lín Zhìshèng
注音符号 ㄌㄧㄣˊㄓˋㄕㄥˋ
和名表記: りん ちしょう
発音転記: リン・ズーシェン
英語名 Lin Chih-sheng
各種表記(本名)
繁体字 林 智盛
(乃耀 阿給)
拼音 Lín Zhìshèng
注音符号 ㄌㄧㄣˊㄓˋㄕㄥˋ
発音転記: リン・ズーシェン
ナイヤゥ・アケ
英語名 Lin Chih-sheng
Ngayaw Ake
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006
2010

本名は、林 智盛(読み方は同じ)とNgayaw Ake(台湾アミ族での本名、読み方はナイヤゥ・アケ)。

経歴編集

La New・Lamigo時代編集

善化高中から合作金庫銀行を経て、2004年台湾中華職業棒球大聯盟La Newベアーズに入団。

2006年開幕前の3月に開催された2006 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のチャイニーズタイペイ代表に選出された。11月から12月にかけて開催されたドーハアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では決勝の日本代表戦9回裏に高崎健太郎からサヨナラ2塁打を記録し、チャイニーズタイペイ代表史上初のアジア競技大会優勝に貢献した。

2008年4月4日、兄弟エレファンツ戦の9回裏、一塁審判の判定を不服とし、ベンチから飛び出し塁審にタックルし、退場処分を受けた。後日、中華職業棒球大聯盟より、15試合出場停止処分と罰金18万台湾元を言い渡された。8月には北京オリンピックの野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。

2010年11月に開催された広州アジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会では準優勝を果たした。

2011年8月21日の統一ライオンズ戦でCPBL記録となる9打数連続安打(8月19日 - 8月21日)を放った。

2012年6月25日の兄弟エレファンツ戦で入団から9年連続となる2桁ホームランを放った。9月21日に第3回WBC予選のチャイニーズタイペイ代表に選出された。オフの11月には第3回WBC予選前にキューバ代表との国際親善試合である「サンダーシリーズ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[1]

2013年1月14日に第3回WBC本戦のチャイニーズタイペイ代表に選出された。3月6日の第1ラウンドB組韓国との試合後の式典中にマウンドに小さな台湾国旗を立て、数十秒で抜いた。

シーズンでは7月17日の対義大ライノズ戦後に、車を運転中にタクシーと衝突、左ひざじん帯断裂でシーズン中の復帰は絶望となった。

2014年シーズンオフに自身の申し出もあり、交流の一環として千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプに参加した。

2015年6月20日から最終戦まで60試合連続で出塁する。9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[2]。同年、CPBL初のトリプルスリー(打率.380、31本塁打、30盗塁)を達成した[3]。11月に開催されたプレミア12ではチャイニーズタイペイ代表チームの主将として出場し、大会出場選手中最多の4本塁打を記録したが、チャイニーズタイペイ代表はグループリーグで敗退した。大会期間中は日本代表にタピオカミルクティー50杯を差し入れるなども行った[4]

このオフには、日本の球団に入団するため売り込んでいたが、契約に至らなかったことが報じられた[5]

中信兄弟時代編集

2016年1月にFAで中信兄弟に移籍。開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出された[6]

シーズンでは4月4日に前年からの連続出塁記録を70まで伸ばし、シーズン跨ぎながらイチローの持っていた69試合連続出塁のアジア記録を更新する。5月にはテッド・ウイリアムスのMLB最長記録である84試合連続出塁を更新した。この連続記録は6月16日の義大ライノズ戦で途切れるまで、実に109試合に及んだ[7]

2017年1月23日に第4回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出され[8]、2大会連続3度目の選出を果たした。7月13日の富邦ガーディアンズ戦で1塁から2塁へ向かった際に、蔣智賢の折れたバットが直撃する場面があった。

オフに球団内部のトラブルやスキャンダルに巻き込まれ、福岡市博多区に兄弟エレファンツに在籍した経験を持つ元プロ野球選手小林亮寛が開業したスポーツジム・コビーズでの自主トレーニング期間中に「野球に対して申し訳ないような真似は絶対にしていない」など原稿用紙3枚にも及ぶ声明を出した[9]。11月14日にオーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)に参加し、ブリスベン・バンディッツに所属することになった[10]

2018年には2月のアメリカへの海外トレーニングメンバーから除外された。しかも球団直営店には林選手の商品が並んでいなかったという。今シーズンは二軍でプレーすることになるだろうと台湾当地のマスコミに報道された[11]。結局、出場試合数は昨年と変わらず58試合に留まった。8月7日には通算1500安打を達成した[12]

2019年は108試合に出場し打率.291、26本塁打、78打点と復活を果たした。シーズンオフには背番号を32から3へと変更した[13]

2020年は4月15日にCPBL史上5人目となる通算300二塁打を放った[14]。 しかし4月26日の富邦ガーディアンズ戦でホームに突入しクロスプレイになった際、左手の人差し指と中指を骨折した[15]。6月30日の統一ライオンズニ軍戦で実戦復帰し、7月7日に一軍昇格を果たした。同日の楽天モンキーズ戦に4番・指名打者で出場し[16]、第1打席目でヒットを放った。しかしその後は不振に陥り9月4日に登録抹消となった[17]。この登録抹消期間にPRP-FD注射を行い[18]、同月27日に再び一軍昇格を果たした[19]。10月2日の富邦ガーディアンズ戦で9回表に代打で出場し、林羿豪からホームランを放ち張泰山彭政閔に続くCPBL史上3人目となる通算1000得点をマークした[20]

選手としての特徴・人物編集

広角に打ち分ける事ができ、ライトスタンドに放り込む技術とパワーを兼ね備えた強打者である。

一方、守備が課題とされている。全盛期は遊撃手二塁手を守っていたが、捕球・スローイング共に不安定であり、日本の球団と契約に至らなかった理由として、守備力が問題視された[5]。現在は一塁手をメインで守っている。

血気盛んな選手で、上記以外にも審判を突き飛ばし無期限の出場停止処分を受けた経験もある。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2004 La New 57 245 220 37 70 11 1 11 116 56 13 5 0 2 21 2 2 47 2 .318 .374 .527 .901
2005 81 343 309 46 88 8 2 16 148 45 8 2 1 2 25 1 6 76 10 .285 .346 .479 .825
2006 98 426 371 63 108 20 1 12 166 64 14 3 3 6 35 2 11 64 6 .291 .361 .447 .808
2007 80 331 289 58 90 17 2 16 159 59 5 7 1 1 36 4 4 49 14 .311 .387 .550 .937
2008 79 344 289 52 92 12 3 11 143 65 11 2 0 11 37 2 7 67 7 .318 .392 .495 .887
2009 108 475 431 87 143 29 4 31 273 111 11 1 0 4 34 1 6 89 13 .332 .384 .633 1.017
2010 117 497 443 71 138 23 2 21 228 79 12 5 0 3 43 4 8 105 8 .312 .375 .515 .890
2011 Lamigo 92 410 375 72 126 27 1 18 209 68 8 4 0 4 26 2 5 72 9 .336 .380 .557 .937
2012 99 429 363 87 115 21 1 24 210 82 10 4 0 4 54 3 8 83 10 .317 .408 .579 .987
2013 48 193 164 31 56 13 2 5 88 29 10 2 0 2 23 2 2 25 6 .341 .424 .537 .961
2014 109 441 391 53 109 27 2 11 173 73 14 2 1 5 40 2 2 87 9 .279 .345 .442 .787
2015 110 495 411 106 156 30 2 31 283 124 30 10 0 8 65 2 9 91 10 .380 .467 .689 1.156
2016 中信兄弟 104 474 401 100 135 21 1 34 260 107 8 3 0 9 53 2 9 77 11 .337 .417 .648 1.065
2017 56 244 205 34 59 12 0 12 107 40 4 1 0 3 30 0 6 59 4 .288 .389 .522 .911
2018 58 177 158 22 42 15 0 4 69 24 0 1 0 2 11 4 2 32 4 .266 .318 .437 .755
2019 108 431 378 67 110 13 1 26 203 78 2 2 5 3 31 3 11 107 6 .291 .359 .537 .896
通算:16年 1404 5955 5198 986 1637 299 25 283 2835 1104 160 54 11 69 543 36 98 1130 129 .315 .386 .545 .931
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の赤太字はリーグ歴代最高、太字はリーグ最高

タイトル編集

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 31 (2004年 - 2015年)
  • 32 (2016年 - 2019年)
    • 1(2017年WBC
  • 3 (2020年 - )

代表歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ WBC 資格賽《賽前組訓熱身賽》球員出賽參考名單 (中国語) 2015年4月19日閲覧
  2. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  3. ^ 台湾プロ野球ニュース(中華職棒新聞) (2015年10月12日). “[https://twitter.com/cpbl_news/status/653553947706327040 ラミゴの林智勝が職棒初のトリプルスリーを達成。 110試合 打率.380 31本 124打点 30盗塁 (今季最終成績)]” (日本語). @cpbl_news. 2020年4月26日閲覧。
  4. ^ “<プレミア12>台湾代表の主将、侍ジャパンにタピオカティー差し入れ”. フォーカス台湾. (2015年11月14日). http://japan.cna.com.tw/news/aart/201511140002.aspx 2015年11月14日閲覧。 
  5. ^ a b 世代交代…台湾新旧ビッグスリーの進退/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2020年4月26日閲覧。
  6. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  7. ^ “イチロー超え”の林、連続試合出塁109でストップ/台湾プロ野球 | 芸能スポーツ | 中央社フォーカス台湾 MOBILE”. japan.cna.com.tw. 2020年5月3日閲覧。
  8. ^ 快訊/經典賽中華隊28人名單 陽岱鋼入列 ETtoday運動雲 (中国語) (2017年1月23日) 2017年1月24日閲覧
  9. ^ 林智勝打破沉默 絕不負辜董所託 自由時報 (中国語) (2017年11月5日) 2018年1月9日閲覧
  10. ^ Taiwanese superstar signs for Bandits ABL.com (英語) (2017年11月14日) 2017年11月20日閲覧
  11. ^ 沒「雙勝」的中信兄弟旗艦店 開幕 自由時報 (中国語) (2017年12月31日) 2018年1月9日閲覧
  12. ^ 中華職棒/林智勝1500安出爐 中職史上第5人” (中国語). tw.news.yahoo.com. 2020年4月24日閲覧。
  13. ^ 【中職】新球季扛隊長 林智勝換清原和博的3號” (中国語). 蘋果新聞網. 2020年1月17日閲覧。
  14. ^ 林智勝生涯300支二壘打 中職史上第5人” (中国語). 蘋果新聞網. 2020年4月24日閲覧。
  15. ^ 中時電子報. “中職》林智勝左手2指骨折 緊急送醫 - 體育” (中国語). 中時電子報. 2020年4月26日閲覧。
  16. ^ 自由體育. “中職》大師兄歸位!林智勝扛兄弟四番戰桃猿 - 自由體育”. sports.ltn.com.tw. 2020年7月7日閲覧。
  17. ^ 聯合新聞網 (20200904T172605Z). “中職/林智勝下二軍調整 高宇杰返一軍 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年9月4日閲覧。
  18. ^ 聯合新聞網 (20200925T181224Z). “中職/林智勝注射PRP治療 身體許可就上一軍 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年9月25日閲覧。
  19. ^ 中職/林智勝回一軍!挑戰張泰山紀錄” (中国語). tw.sports.yahoo.com. 2020年9月27日閲覧。
  20. ^ 中職/林智勝生涯「千分」達成 加入張泰山、彭政閔行列 - Yahoo奇摩新聞” (中国語). tw.news.yahoo.com. 2020年10月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集