メインメニューを開く

2017年10月民進党代表選挙(2017ねん10がつみんしんとうだいひょうせんきょ)は、2017年10月23日に辞任を表明した前原誠司代表の後任を選出するため、2017年10月31日両院議員総会において実施された民進党党代表選挙である。唯一立候補を届け出た大塚耕平無投票で選出された。

目次

概要編集

2017年9月1日の民進党代表選挙で新代表に選出された前原誠司は、新執行部人事で幹事長に内定していた山尾志桜里が週刊誌のスキャンダル報道で離党し[1][2]、代表選を戦った枝野幸男陣営の幹部を要職に起用したことで民共共闘に批判的な笠浩史後藤祐一鈴木義弘らが相次いで離党を表明するなど[3][4][5]、党内の混乱や「離党ドミノ」で党勢の回復に苦慮していた[6]。一方、7月の東京都議会議員選挙地域政党都民ファーストの会」を率いて大勝した小池百合子東京都知事は、9月25日に国政新党「希望の党」の結成を表明したが[7][8]、同日に安倍晋三内閣総理大臣第194回臨時国会冒頭の衆議院解散第48回衆議院議員総選挙を10月10日公示・10月22日投開票の日程で行うことを正式表明したことを受け、短期決戦に向けた組織力や資金力の不足が課題となっていた[6][9]。9月26日、前原は小池と会談し、民進党と希望の党との合流について協議した[10][11][12]

前原は9月28日の衆議院解散後の民進党両院議員総会で、(1)今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す、(2)民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する、(3)民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する[13]、との方針を提案して満場一致で了承され[14][15][16]、その後の記者会見で「全員が(希望の党の)公認候補になるよう尽力する」と述べた[17][注 1]。しかし、小池が9月29日に「(民進党前衆議院議員を)全員受け入れるようなことはさらさらない」[19]「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」[20]と述べ、立候補予定者に対し安保法制白紙撤回や憲法改正反対などの主張を改めるよう要求すると、これに反発した枝野が10月2日に新党「立憲民主党」の結成を表明し、民進党出身者は希望の党・立憲民主党・無所属に分裂して選挙戦に臨むこととなった[21][22]

総選挙の結果、与党自民公明両党が野党の分裂を背景に定数465議席の3分の2を超える313議席を獲得して圧勝したのに対し、立憲民主党は公示前の15議席から55議席に躍進して野党第一党となったが、希望の党は公示前の57議席を下回る50議席にとどまった[23]。前原は10月23日の記者会見で民進党の参議院議員と地方組織について一定の方向性を決めた後に与党圧勝を許した責任を取って代表を辞任する意向を表明し[24][25][26]、10月27日の両院議員総会で希望の党との合流方針の撤回と地方組織の存続方針を決めた後[27]、10月30日の両院議員総会で辞任が了承され[28]、これに伴い代表選が行われることとなった。任期は、2018年9月末まで。

10月30日の両院議員総会で、10月31日正午から午後1時まで立候補受付を行い、午後3時から両院議員総会を開催して代表を選出することが決定された[29]。11月1日召集の第195回特別国会までに新代表を選出をするため、党員・サポーター投票は行わず[28][30]、党所属国会議員のみによる投票で選出する方式が採用された[31][32]。立候補受付の結果、大塚耕平以外の立候補者がおらず[33][34][35]、大塚が無投票当選を果たした[36]。報道によると、党内から「選挙をすると党が割れるきっかけになる」[37]として候補者一本化を求める声があり[38]、大塚・小川敏夫蓮舫の間で一本化が模索され[39]、終盤は旧同盟系労組などが推す大塚[40]と左派・リベラル系が推す蓮舫[41][42][43]が争う構図となったが[44]、一足先に推薦人24人を確保した大塚が交渉を優位に進め、単独立候補に成功したという[45]

立候補者編集

立候補が取り沙汰された人物編集

党代表選データ編集

日程編集

  • 10月30日 - 民進党が両院議員総会で代表選挙実施を決定[51]
  • 10月31日 - 立候補受付、両院議員総会[52]

推薦人編集

名簿順

候補者 推薦人
大塚耕平 柳田稔礒崎哲史浜野喜史伊藤孝恵石上俊雄濱口誠矢田稚子榛葉賀津也羽田雄一郎川合孝典小林正夫森本真治大野元裕吉川沙織白眞勲斎藤嘉隆大島九州男増子輝彦難波奨二古賀ゆきひと野田国義牧山弘恵藤田幸久桜井充

選挙後の人事編集

11月8日の両院議員総会で主要人事が承認され[53]、11月17日の常任幹事会で以下の通り報告された。新組織として「基本政策検討本部」「党の戦略・組織・運営に関する改革本部」(いずれも仮称)が設けられ、それぞれ大塚が本部長に就いた[54]

常任顧問 岡田克也
代表 大塚耕平
副代表 原口一博 小林正夫
幹事長 増子輝彦
 幹事長代理 羽田雄一郎 福田昭夫 川合孝典
 財務局長 大野元裕
 国民運動局長 牧山弘恵
 役員室長 羽田雄一郎
 役員室長代理 吉川沙織 斎藤嘉隆
参議院議員会長 小川敏夫
参議院幹事長 羽田雄一郎
参議院国会対策委員長 那谷屋正義
常任幹事会議長 鉢呂吉雄
政務調査会長 足立信也
 政務調査会長代理 金子恵美 田名部匡代
選挙対策委員長 篠原孝
 選挙対策委員長代行 榛葉賀津也
国会対策委員長 平野博文
組織委員長 桜井充
統一地方選挙・参議院選挙対策本部長 大塚耕平
男女共同参画推進本部長 徳永エリ
党の戦略・組織・運営に関する改革本部(仮称)長 大塚耕平
 検討会座長 中川正春
基本政策検討本部(仮称)長 大塚耕平
両院議員総会長 柳田稔
代表選挙管理委員長 相原久美子
倫理委員長 神本美恵子
常任監査 江崎孝
 会計監査 難波奨二

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 産経新聞によると、2017年10月27日の両院議員総会において、9月28日の両院議員総会前の小池との交渉過程について質問された前原は、「公認候補の選定交渉で、私は約300の選挙区に民進党からの公認候補200人、希望の党から100人にすべきだと主張した。だが、希望側は半々を要求してきた。交渉の結果、1回目の190人の候補者のうち、110人が民進党出身者となった」「希望側は常に強気な交渉態度だった。特に東京や神奈川、千葉、大阪は『民進党候補でなくても勝てる』と迫られた。言い訳になるが、民進党のまま選挙戦に突っ込んでも厳しい結果になると思った」と説明した[18]

出典編集

  1. ^ “「山尾ショック」収束に執行部躍起。本人は「いつか戻る」と意欲”. フジテレビ. (2017年9月8日). https://www.houdoukyoku.jp/posts/17907 
  2. ^ “民進“山尾ショック”早期収拾図るも、さらなる離党の動き”. TBSテレビ. (2017年9月8日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3151991.html 
  3. ^ “離党調整の5人聴取へ 民進、慰留方針も意志固く”. 産経新聞. (2017年9月11日). http://www.sankei.com/politics/news/170911/plt1709110025-n2.html 
  4. ^ “保守系離反、前原氏に打撃=民進、「離党ドミノ」止まらず”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000094-jij-pol 
  5. ^ “【衆院解散】民進、「二枚舌」の共産党との関係 共闘反発の3氏除名の一方で積極派の顔色もうかがう”. 産経新聞. (2017年9月20日). http://www.sankei.com/politics/news/170920/plt1709200014-n1.html 
  6. ^ a b “野党「臨戦態勢」には程遠く…衆院解散へ”. 読売新聞. (2017年9月18日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170918-OYT1T50044.html 
  7. ^ “小池氏、新党「希望の党」設立 自ら代表に”. 日本経済新聞. (2017年9月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H6L_V20C17A9000000/ 
  8. ^ “小池知事:「希望の党」結成 代表就任「消費増税凍結」”. 毎日新聞. (2017年9月25日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170925/k00/00e/010/248000c 
  9. ^ “【民進党「解党」の舞台裏】小池百合子氏「私が代表なら興味あるかしら?」 焦る民進・前原誠司代表は… 水面下では「金庫」争奪戦も”. 産経新聞. (2017年9月29日). http://www.sankei.com/politics/news/170929/plt1709290003-n3.html 
  10. ^ “民進党:前原代表と小池氏が会談、連携を協議”. 毎日新聞. (2017年9月27日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170927/k00/00e/010/314000c 
  11. ^ “「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整”. 日本テレビ. (2017年9月27日). http://www.news24.jp/articles/2017/09/27/04373671.html 
  12. ^ “民進、希望と連携合意 高まる合流論、統一名簿を模索”. 朝日新聞. (2017年9月27日). http://www.asahi.com/articles/ASK9W46MHK9WUTFK00G.html 
  13. ^ “【衆院解散】民進・前原誠司代表「候補擁立せず希望の党に公認申請し全力で支える」 両院議員総会で衆院選対応示す”. 産経新聞. (2017年9月28日). http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280101-n1.html 
  14. ^ “民進、「希望の党」へ合流方針を了承 両院議員総会で”. 日本経済新聞. (2017年9月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H2V_Y7A920C1000000/ 
  15. ^ “民進 「希望」への“合流”満場一致で了承”. 日本テレビ. (2017年9月28日). http://www.news24.jp/articles/2017/09/28/04373789.html 
  16. ^ “【動画あり・衆院解散】民進党、希望への「合流」満場一致で了承 事実上解党”. 産経新聞. (2017年9月28日). http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280144-n1.html 
  17. ^ “民進党:希望と合流 前原代表「名を捨て実取る」”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00e/010/264000c 
  18. ^ “合流協議着手は9月21日、希望と維新のすみ分け「聞いていた」 「前原氏は嘘つき」「即辞任を」…民進党両院総会の全容判明”. 産経新聞. (2017年10月29日). http://news.livedoor.com/article/detail/13815125/ 
  19. ^ “「全員受け入れる気さらさらない」と小池氏”. 共同通信. (2017年9月29日). https://this.kiji.is/286296110875755617 
  20. ^ “【衆院解散】「リベラル派は排除する」 希望・小池百合子代表が明言”. 産経新聞. (2017年9月29日). http://www.sankei.com/politics/news/170929/plt1709290064-n1.html 
  21. ^ “衆院選、3極固まる 民進の左派が「立憲民主党」”. 日本経済新聞. (2017年10月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21790110S7A001C1MM8000/ 
  22. ^ “民進 結局バラバラ 希望の党、立憲民主党、無所属”. 東京新聞. (2017年10月3日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/senkyo/shuin2017/zen/CK2017100302000194.html 
  23. ^ “自公313に到達=無所属当選が最多―衆院選、全議席確定【17衆院選】”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年10月23日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000093-jij-pol 
  24. ^ “【衆院選】民進党・前原誠司代表「参議院の問題が決着したら辞任する」”. 産経新聞. (2017年10月23日). http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230067-n1.html 
  25. ^ “党の方向性決めた段階で辞任と前原氏”. 共同通信. (2017年10月23日). https://this.kiji.is/294868851601425505 
  26. ^ “衆院選:民進・前原氏「一定のスパン決め辞任は当然」”. 毎日新聞. (2017年10月23日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171023/k00/00m/010/351000c 
  27. ^ “民進存続、新代表選出へ=資金もそのまま―前原氏、特別国会前に辞任”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年10月27日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000075-jij-pol 
  28. ^ a b c “民進新代表、参院から=31日選出、岡田氏は固辞―前原氏の辞任了承”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年10月30日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000100-jij-pol 
  29. ^ “民進・前原代表が正式に辞任、後任は31日に投票で選出”. TBSテレビ. (2017年10月30日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3198195.html 
  30. ^ a b c “民進党:前原氏辞任了承 31日新代表選出 両院議員総会”. 毎日新聞. (2017年10月30日). https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00m/010/086000c 
  31. ^ “「お世話になりました」 民進・前原代表の辞任了承”. テレビ朝日. (2017年10月31日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000113410.html 
  32. ^ “前原誠司氏、民進代表辞任を了承 希望合流の意向表明 民進、きょう新代表選出、蓮舫氏再登板も浮上”. 産経新聞. (2017年10月31日). http://www.sankei.com/politics/news/171031/plt1710310012-n1.html 
  33. ^ “民進党代表選 立候補は大塚耕平氏のみ 代表選出へ”. テレビ朝日. (2017年10月31日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000113477.html 
  34. ^ “民進党:代表に大塚参院議員を選出へ”. 毎日新聞. (2017年10月31日). https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00e/010/278000c 
  35. ^ “民進党代表に大塚耕平参院議員…代表選無投票で”. 読売新聞. (2017年10月31日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00050080-yom-pol 
  36. ^ “大塚新代表を選出=「立憲・希望と政権交代」―民進”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年10月31日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000079-jij-pol 
  37. ^ “民進新代表に大塚耕平氏”. TBSテレビ. (2017年10月31日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3198959.html 
  38. ^ “民進党 午後新代表選出へ”. フジテレビ. (2017年10月31日). https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00375018.html 
  39. ^ a b “民進党:午後に新代表を選出”. 毎日新聞. (2017年10月31日). https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00e/010/234000c 
  40. ^ “【民進党代表選】大塚耕平元厚労副大臣が出馬の意向固める”. 産経新聞. (2017年10月31日). http://www.sankei.com/politics/news/171031/plt1710310025-n1.html 
  41. ^ “民進党:新代表に大塚氏 幹事長や国対委員長は不在”. 毎日新聞. (2017年10月31日). https://mainichi.jp/articles/20171101/k00/00m/010/105000c 
  42. ^ a b “民進、再分裂含み=共産との連携めぐり”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年11月1日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000019-jij-pol 
  43. ^ “【民進党代表選】左派、蓮舫氏擁立を画策 くすぶる分裂火種”. 産経新聞. (2017年11月1日). http://www.sankei.com/politics/news/171101/plt1711010009-n1.html 
  44. ^ “民進党 新代表に大塚氏か蓮舫氏選出の公算”. 日本テレビ. (2017年10月31日). http://www.news24.jp/articles/2017/10/31/04376699.html 
  45. ^ a b “民進代表に大塚氏 背景には何が?”. フジテレビ. (2017年10月31日). https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00375056.html 
  46. ^ “民進新代表に大塚氏=他に立候補なく”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年10月31日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000070-jij-pol 
  47. ^ “民進党代表選 新代表は参院議員が就任すべき”. フジテレビ. (2017年10月30日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00375024.html 
  48. ^ “民進代表選、蓮舫氏ら出馬意欲…岡田氏は不出馬”. 読売新聞. (2017年10月30日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00050063-yom-pol 
  49. ^ “民進新代表に大塚耕平氏 31日午後の両院総会で決定”. 日本経済新聞. (2017年10月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22917070R31C17A0MM0000/ 
  50. ^ “【民進党代表選】大塚耕平参院議員を新代表に選出 他に届け出なく…蓮舫氏は推薦人集めが難航”. 産経新聞. (2017年10月31日). http://www.sankei.com/politics/news/171031/plt1710310035-n1.html 
  51. ^ “前原誠司代表が辞任、新代表選出の両院議員総会を31日に開催” (プレスリリース), 民進党, (2017年10月30日), https://www.minshin.or.jp/article/112738 
  52. ^ “両院議員総会で大塚耕平新代表を選出” (プレスリリース), 民進党, (2017年10月31日), https://www.minshin.or.jp/article/112743 
  53. ^ “両院議員総会を開催、増子幹事長ら新役員を承認” (プレスリリース), 民進党, (2017年11月8日), https://www.minshin.or.jp/article/112760 
  54. ^ “民進、党勢回復へ新組織…基本政策など議論”. 読売新聞. (2017年11月12日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00050003-yom-pol 

関連項目編集

外部リンク編集