笠浩史

日本の政治家

笠 浩史(りゅう ひろふみ、1965年1月3日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(7期)。

笠 浩史
りゅう ひろふみ
Ryu Hirohumi.jpg
生年月日 (1965-01-03) 1965年1月3日(56歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
出身校 慶應義塾大学文学部
前職 テレビ朝日記者
所属政党民主党→)
民進党細野派)→)
希望の党→)
(無所属[注 1]→)
立憲民主党
称号 文学士
公式サイト 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト

選挙区神奈川9区→)
比例南関東ブロック→)
神奈川9区
当選回数 7回
在任期間 2003年 - 現職
テンプレートを表示

文部科学副大臣野田第3次改造内閣)、文部科学大臣政務官菅直人第1次改造内閣菅直人第2次改造内閣)、民主党幹事長代理、同神奈川県連代表[1]民進党国会対策委員長代理希望の党国会対策委員長、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長等を歴任した。

来歴編集

福岡県福岡市生まれ。福岡県立修猷館高等学校[2]慶應義塾大学文学部卒業。大学卒業後の1989年(平成元年)に全国朝日放送(現在のテレビ朝日)に入社[3]

2003年、当時民主党所属の衆議院議員だった松沢成文神奈川県知事に転出。同年の第43回衆議院議員総選挙で笠は松沢の後継候補として神奈川9区から民主党公認で立候補し初当選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では自由民主党公認の山内康一(のちにみんなの党、民主党、民進党を経て立憲民主党に移籍)に神奈川9区で敗れるが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。

2009年第45回衆議院議員総選挙に神奈川9区から立候補して3選し、民主党国会対策筆頭副委員長兼衆議院文部科学委員会筆頭理事に起用される。菅直人第1次改造内閣文部科学大臣政務官に任命され、菅直人第2次改造内閣まで務める。同年10月に結成された青山会(樽床グループ)事務局長に就任[4]

2012年4月、民主党総括副幹事長に起用され[5]、同年10月、野田第3次改造内閣文部科学副大臣に任命された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、民主党に逆風吹き荒れる中でも神奈川9区で自民党の中山展宏を9,078票差で破って小選挙区で当選を果たして4選。民主党筆頭副幹事長兼選対委員長代理に就任。

2014年5月、細野豪志を中心に結成された自誓会に参加[6][リンク切れ]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、前回よりも差を縮められたものの4,543票差で自民党の中山を破り、5選。議院運営委員会筆頭理事兼民主党国会対策筆頭副委員長に就任。民進党に参加し、2016年9月民進党国会対策委員長代理に就任。

2017年9月の民進党代表選挙後、離党を検討していることが報じられたため[7]、13日に大島敦幹事長から慰留を受けたが[8]、14日に離党の意向を表明した[9][10]。15日には離党届を提出し[11]、離党理由について「政権選択を問う衆議院選挙で共産党との連携はあり得ない」「自民党に対抗できる勢力を新たにしっかりと作っていきたい」と述べ、8月に離党した細野との連携に意欲を示した[12][13][14][15][16][リンク切れ]。民進党は「重大な反党行為」として離党届を受理せず19日付で除籍(除名)処分とした。小選挙区選出議員の離党届は原則として受理されてきたが、大島は処分理由について、代表選直後に党の結束を乱す行為であり「(比例も小選挙区も)党勢をそぐ罪の重さは同じ」と説明した[17][18][19][20][リンク切れ]

9月27日、小池百合子東京都知事を代表とする新党「希望の党」設立会見に、結党メンバーとなる国会議員14人の一人として参加した[21]

10月の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で神奈川9区から出馬し、選挙中に希望の党が失速し前回よりもさらに差を縮められたものの1712票差で自民党の中山を破り、6選。当選後、希望の党の暫定的な執行部の国会対策委員長に就任した[22]。11月14日、希望の党共同代表選挙後に正式な執行部が発足したことを受け、国会対策委員長を退任した[23]

2018年5月、希望の党が分党した時点でいずれの後継政党にも参加せず無所属となる[24]。10月18日、無所属の長島昭久とともに衆議院院内会派・未来日本を結成した[25]

2019年7月2日、長島の自民党入りに伴い未来日本が解散、笠は無所属となった[26][リンク切れ]

2020年1月16日、前年に結成された旧民進系の統一会派である「立憲民主国民社保・無所属フォーラム」に合流した[27][リンク切れ]。9月3日、立憲民主党、国民民主党などが結成する合流新党(新・立憲民主党として結成)に参加する国会議員の募集が締め切られるが[28][リンク切れ]、笠は同日までに参加の意向を表明しなかった。笠の事務所は「現時点では、今後も無所属で変わらない」と述べていた[29]。また、笠は希望の党から日本維新の会に移籍していた松沢成文から同党入りを打診されていたが、「維新が嫌なのではなく、選挙区で自民に絶対勝たなくてはいけない」などとして固辞した[30]

2021年9月17日、立憲民主党に入党届を提出し[31]、21日受理された。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で前回より中山との差を広げ7選。

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

著書編集

  • 『Ekitou(駅頭)』
  • 『サッチャー改革に学ぶ 教育正常化への道』英国教育調査団編、PHP研究所
  • 『教育激変 - 新教育基本法案がめざす「家庭」「学校」「日本」の10年後』教育基本法改正促進委員会・起草委員会編、明成社

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 所属会派は無会派→未来日本→無会派→立憲民主国民社保無所属フォーラム立憲民主党・無所属

出典編集

  1. ^ 民主党神奈川県総支部連合会 | 2010年度 役員一覧
  2. ^ 東京修猷会 第565回二木会(2010年4月8日(木))
  3. ^ プロフィール 笠浩史 公式ホームページ
  4. ^ 7月 | 2011 | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月20日閲覧。
  5. ^ プロフィール | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月20日閲覧。
  6. ^ “細野派に笠、後藤氏 民主「自民に代わる選択肢に」”. 神奈川新聞. (2014年5月27日). http://www.kanaloco.jp/article/65477 2014年12月27日閲覧。 
  7. ^ “民進衆院議員5人、離党へ 来週にも 細野・若狭氏と連携か”. 産経新聞. (2017年9月9日). http://www.sankei.com/politics/news/170909/plt1709090011-n1.html 
  8. ^ “民進・鈴木義弘氏が離党届、14日に笠浩史氏も 細野豪志氏と新党結成へ 文春に前原誠司氏と北朝鮮女性の写真”. 産経新聞. (2017年9月14日). http://www.sankei.com/politics/news/170914/plt1709140007-n1.html 
  9. ^ “民進党の笠浩史、後藤祐一衆院議員、15日に離党へ”. 産経新聞. (2017年9月14日). http://www.sankei.com/politics/news/170914/plt1709140024-n1.html 
  10. ^ “民進・笠氏と後藤氏、離党へ 前原代表、収拾急ぐ”. 朝日新聞. (2017年9月14日). http://www.asahi.com/articles/ASK9G66JXK9GUTFK00Y.html 
  11. ^ “笠氏・後藤氏が民進離党 細野氏らとの新党結成に参画か”. 朝日新聞. (2017年9月15日). http://www.asahi.com/articles/ASK9H2V2XK9HUTFK007.html 
  12. ^ “笠、後藤氏が離党届=前原氏苦境に―民進”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000067-jij-pol 
  13. ^ “民進・笠浩史、後藤祐一両氏が離党届を提出”. 産経新聞. (2017年9月15日). http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150052-n1.html 
  14. ^ “民進2議員が離党届 新党結成へ細野氏と連携”. 日本経済新聞. (2017年9月15日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS15H2J_V10C17A9EAF000 
  15. ^ “民進の笠・後藤議員が離党届…細野新党に参加へ”. 読売新聞. (2017年9月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00050051-yom-pol 
  16. ^ “民進 笠氏と後藤氏が離党届提出 細野氏と連携へ”. NHK. (2017年9月15日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140751000.html 
  17. ^ “民進、笠氏ら3人除籍=刺客検討も共倒れ懸念”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月19日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000060-jij-pol 
  18. ^ “離党届提出の3議員を除籍、対抗馬も検討…民進”. 読売新聞. (2017年9月19日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00050090-yom-pol 
  19. ^ “民進、離党届提出の笠氏ら3人を除籍処分”. TBSニュース. (2017年9月19日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3162991.html 
  20. ^ “民進、離党届提出の笠氏ら3人除名処分”. フジテレビ. (2017年9月19日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00370929.html 
  21. ^ “結党記者会見に参加した国会議員 希望の党”. 日本経済新聞. (2017年9月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H0R_X20C17A9MM0000/ 
  22. ^ “希望の党、共同代表置かず 渡辺周氏を首相指名へ”. 朝日新聞. (2017年10月27日). http://www.asahi.com/articles/ASKBW5VXCKBWUTFK01C.html 2017年10月27日閲覧。 
  23. ^ “【野党ウオッチ】気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く”. 産経新聞. (2017年11月21日). http://news.livedoor.com/article/detail/13918904/ 
  24. ^ “国民民主党参加者、不参加者、新「希望の党」参加者一覧”. 産経新聞. (2018年5月7日). https://www.sankei.com/politics/news/180507/plt1805070029-n1.html 2018年10月18日閲覧。 
  25. ^ “長島昭久氏、笠浩史氏と衆院会派「未来日本」を結成”. 産経新聞. (2018年10月18日). https://www.sankei.com/politics/news/181018/plt1810180015-n1.html 2018年10月18日閲覧。 
  26. ^ “細野、長島両氏が衆院自民会派入り”. 産経新聞. (2019年7月2日). https://www.sankei.com/politics/news/190702/plt1907020037-n1.html 2020年1月16日閲覧。 
  27. ^ “初鹿議員が野党会派を退会 強制わいせつの容疑で書類送検、立憲離党”. 毎日新聞. (2020年1月16日). https://mainichi.jp/articles/20200116/k00/00m/010/153000c 2020年1月16日閲覧。 
  28. ^ “合流新党150人前後 枝野・泉両氏、4日に出馬表明”. 東京新聞. (2020年9月3日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/53052 2020年9月4日閲覧。 
  29. ^ 杉戸祐子 (2020年9月4日). “県内国会議員 合流新党に11人参加へ 衆院14区、党結成後に候補者調整”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/53119 2020年9月4日閲覧。 
  30. ^ “注目区を行く【神奈川9区】〝後継〟に対し〝刺客〟”. 神奈川新聞. (2021年10月25日). https://www.kanaloco.jp/news/government/electiondata/article-723219.html 2021年10月27日閲覧。 
  31. ^ “笠衆院議員、立民に入党へ”. 時事通信. (2021年9月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091700890 2021年9月18日閲覧。 
  32. ^ 全面広告画像
  33. ^ 笠政務官が靖国参拝 ウォール・ストリート・ジャーナル 2011年8月15日 2015年1月5日閲覧。
  34. ^ a b c 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2017衆院選:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月21日閲覧。
  35. ^ a b c d “2012衆院選 神奈川9区 笠浩史”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14009001001 2014年4月6日閲覧。 
  36. ^ 政策について | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月20日閲覧。
  37. ^ 超党派日本・フィリピン友好議員連盟 | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月21日閲覧。
  38. ^ 超党派衆議院日本モンゴル友好議員連盟主催エルデネバト首相一行との朝食会 | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月21日閲覧。
  39. ^ 公共図書館プロジェクト 議連に答申を提出 図書納入で地域書店優先求める” (日本語). 文化通信デジタル (2019年7月8日). 2021年9月21日閲覧。
  40. ^ 超党派「夜間中学等義務教育拡充議員連盟」視察 | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月21日閲覧。
  41. ^ 超党派『バスケットボール議員連盟』設立総会 | 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト”. ryu-h.net. 2021年9月21日閲覧。
  42. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  43. ^ 「親学」推進議員連盟 設立総会、活動報告
  44. ^ 日本クルド友好議員連盟 | 日本クルド友好協会” (日本語). 2020年6月3日閲覧。

外部リンク編集

公職
先代:
奥村展三
高井美穂
  文部科学副大臣
松本大輔と共同

2012年
次代:
谷川弥一
福井照
先代:
後藤斎
高井美穂
  文部科学大臣政務官
林久美子と共同

2010年 - 2011年
次代:
城井崇
神本美恵子
議会
先代:
古川元久
  衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2017年 - 2018年
次代:
古本伸一郎
党職
先代:
結党
希望の党国会対策委員長
初代:2017年
次代:
泉健太