メインメニューを開く

2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ 韓国代表

2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ 韓国代表(2017 アジア プロやきゅうチャンピオンシップ かんこくだいひょう)は、2017年に開催されたアジア プロ野球チャンピオンシップ第1回大会に出場した韓国代表である。

経緯編集

2017年

試合結果編集

11月16日編集

19:12開始、試合時間4時間29分、観衆32,815人

  日本代表 8x - 7   韓国代表
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
  韓国 0 0 0 4 0 0 0 0 0 3 7 10 1
  日本 0 0 1 0 0 2 0 0 1 4x 8 11 0
  1. (延長10回・タイブレーク)
  2. 韓 : 張現植、具昌模、朴晋亨、長必峻、金潤東、咸徳柱、●李珉鎬 - 韓承沢
  3. 日 : 薮田和樹近藤大亮多和田真三郎石崎剛野田昇吾山崎康晃又吉克樹、○堀瑞輝 - 甲斐拓也田村龍弘
  4. : 堀  : 李珉鎬  
  5. :  韓 – 金河成1号(4回ソロ・薮田和樹)  日 – 山川穂高1号(6回2ラン・具昌模)、上林誠知1号(10回3ラン・咸徳柱)

11月17日編集

19:03開始、試合時間3時間27分、観衆6,040人

  韓国代表 1 - 0   チャイニーズタイペイ代表
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  チャイニーズタイペイ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  韓国 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 4 0
  1. チ : ●陳冠宇、王鴻程、彭識穎、王躍霖 - 嚴宏鈞
  2. 韓 : ○林起映、朴晋亨、S張必峻 - 韓承澤
  3. : 林起映  : 陳冠宇  S: 張必峻  

11月19日(決勝)編集

18:11開始、試合時間3時間29分、観衆30,498人

  日本代表 7 - 0   韓国代表
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  韓国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  日本 0 0 0 1 3 2 1 0 X 7 11 0
  1. 韓 : ●朴世雄、沈載敏、金明信、金潤東、金大鉉、李珉鎬、具昌模 - 韓承沢、張勝賢
  2. 日 : ○田口麗斗、石崎、山﨑 - 甲斐
  3. : 田口  : 朴世雄  
  4. :  日 – 西川龍馬1号(ソロ・李珉鎬)

代表選手編集

以下が代表選手であり[5]、所属は同大会期間中のものとする。

ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属 備考
監督 90 宣銅烈
(ソン・ドンヨル)
Dong-Yul Son
コーチ 71 李強喆
(イ・ガンチョル)
Lee Kangchul   斗山ベアーズ コーチ 投手コーチ
77 李鍾範
(イ・ジョンボム)
Lee Jongbeom 外野守備走塁コーチ
柳志炫
(リュ・ジヒョン)
Ryu Jihuun   LGツインズ コーチ 内野守備コーチ
鄭珉哲
(チョン・ミンチョル)
Jung Minchul 投手コーチ
金宰炫
(キム・ジェヒョン)
Kim Jaehyun 打撃コーチ
陳甲龍
(チン・ガビョン)
Jin Kabyong   サムスン・ライオンズ コーチ バッテリーコーチ
投手 46 金明信
(キム・ミョンシン)
Kim Myeongsin   斗山ベアーズ
61 咸德柱
(ハム・ドクジュ)
Ham Deokju   斗山ベアーズ
59 具昌模
(ク・チャンモ)
Koo Changmo   NCダイノス
19 李珉鎬
(イ・ミンホ)
Lee Minho   NCダイノス
27 張現植
(チャン・ヒョンシク)
Jang Hyunsik   NCダイノス
10 金大鉉
(キム・デヒョン)
Kim Daehyun   LGツインズ
28 金潤東
(キム・ユンドン)
Kim Yundong   起亜タイガース
38 林起映
(イム・ギヨン)
Im Giyeong   起亜タイガース
21 朴世雄
(パク・セウン)
Park Sewoong   ロッテ・ジャイアンツ
40 朴晋亨
(パク・ジンヒョン)
Park Jinhyung   ロッテ・ジャイアンツ
26 張必峻
(チャン・ピルジュン)
Jang Pilljoon   サムスン・ライオンズ
34 沈載敏
(シム・ジェミン)
Shim Jaemin   KTウィズ
捕手 42 韓承澤
(ハン・スンテク)
Han Seungtaek   起亜タイガース
22 張勝賢
(チャン・スンヒョン)
Jang Seunghyun   斗山ベアーズ
内野手 8 柳志赫
(リュ・ジヒョク)
Ryu Jihyuk   斗山ベアーズ
2 朴珉宇
(パク・ミヌ)
Park Minwoo   NCダイノス
1 金河成
(キム・ハソン)
Kim Haseong   ネクセン・ヒーローズ
6 崔元準
(チェ・ウォンジュン)
Choi Wonjun   起亜タイガース
16 河周錫
(ハ・ジュソク)
Ha Jusuk   ハンファ・イーグルス
7 鄭炫
(チョン・ヒョン)
Jung Hyun   KTウィズ
外野手 31 金星旭
(キム・ソンウク)
Kim Seonguk   NCダイノス
41 李政厚
(イ・ジョンフ)
Lee Junghoo   ネクセン・ヒーローズ
15 安益勳
(アン・イクフン)
An Ikhun   LGツインズ
23 羅炅珉
(ナ・ギョンミン)
Na Kyungmin   ロッテ・ジャイアンツ
36 具滋昱
(ク・ジャウク)
Koo Jawook   サムスン・ライオンズ

脚注編集

  1. ^ 「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が11月に開催決定 ジャパン ニュース 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. NPBエンタープライズ (2017年1月23日). 2017年1月24日閲覧。
  2. ^ 元中日・宣銅烈氏 野球韓国代表の初代専任監督に Wow Korea (2017年7月24日) 2017年10月8日閲覧
  3. ^ <野球>韓国代表、アジアチャンピオンシップ予備エントリー発表 Wow Korea (2017年8月28日) 2017年10月8日閲覧
  4. ^ KBO, 2017 아시아프로야구챔피언십(APBC) 최종엔트리 25명 선발 KBO 홈페이지 (朝鮮語) (2017年10月10日) 2017年10月22日閲覧
  5. ^ KOREA 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2017年10月22日閲覧

関連項目編集