AFCチャンピオンズリーグ2015 決勝

AFCチャンピオンズリーグ2015 決勝(エーエフシーチャンピオンズリーグ2015 けっしょう、英語: AFC Champions League 2015 Final)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されるAFCチャンピオンズリーグ2015の決勝戦であり、13回目のAFCチャンピオンズリーグの決勝戦である(アジアクラブ選手権時代を含めると34回目)。試合は第1戦が2015年11月7日土曜日に、第2戦が2015年11月21日土曜日に開催された。

AFCチャンピオンズリーグ2015 決勝
大会名 AFCチャンピオンズリーグ2015
合計
第1戦
開催日 2015年11月7日
会場 アール・ラーシド・スタジアム(ドバイ)
AFC選出最優秀選手 中華人民共和国の旗 鄭智 (広州恒大)
主審 大韓民国の旗 キム・ジョンヒョク
観客数 9,480人
天気 晴れ
気温:25℃
湿度:62%
第2戦
開催日 2015年11月21日
会場 天河体育中心体育場(広州)
AFC選出最優秀選手 ブラジルの旗 エウケソン (広州恒大)
主審 ウズベキスタンの旗 ラフシャン・イルマトフ
観客数 42,499人
天気 晴れ
気温:27℃
湿度:88%
2014
2016

広州恒大が2試合合計スコア 1 - 0で2大会ぶり2回目の優勝を果たし、AFCサッカー連盟を代表して2015年12月に日本で開催された2015 FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得した。

試合前編集

アル・アハリ・ドバイ(UAE)は6回目(ACLに改編後)の出場にして初めての決勝進出である。また、広州恒大(中国)は優勝した2013年以来の2回目の決勝進出となった。AFCのコンペティションでの両チームの対戦はない。

チーム 以前決勝に進出のある年度(太字は優勝)
  アル・アハリ・ドバイ なし
  広州恒大 2013

試合会場編集

決勝戦は前回大会と同様、ホーム・アンド・アウェーの2回戦制となる。第1戦が2015年11月7日土曜日にアル・アハリ・ドバイのホームであるドバイアール・ラーシド・スタジアム、第2戦が2015年11月21日土曜日に広州恒大のホームである広州市天河体育中心体育場で開催された。

 
決勝 第1戦が行われたアール・ラーシド・スタジアム(2015年11月7日に開催)
 
決勝 第2戦が行われた天河体育中心体育場(2015年11月21日に開催)

決勝戦までの道のり編集

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

  アル・アハリ・ドバイ ラウンド   広州恒大
対戦相手 結果 グループリーグ 対戦相手 結果
  アル・アハリ・ジッダ 3 - 3 (H) 第1節   FCソウル 1 - 0 (H)
  トラークトゥール・サーズィー 0 - 1 (A) 第2節   ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 3 - 2 (A)
  ナサフ・カルシ 0 - 0 (H) 第3節   鹿島アントラーズ 4 - 3 (H)
  ナサフ・カルシ 1 - 0 (A) 第4節   鹿島アントラーズ 1 - 2 (A)
  アル・アハリ・ジッダ 1 - 2 (A) 第5節   FCソウル 0 - 0 (A)
  トラークトゥール・サーズィー 3 - 2 (H) 第6節   ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 0 - 2 (H)
グループD2位
チーム
  アル・アハリ・ジッダ 6 3 3 0 11 7 +4 12
  アル・アハリ・ドバイ 6 2 2 2 8 8 0 8
  ナサフ・カルシ 6 2 2 2 5 5 0 8
  トラークトゥール 6 1 1 4 7 10 -3 4
最終結果 グループH1位
チーム
  広州恒大 6 3 1 2 9 9 0 10
  FCソウル 6 2 3 1 5 4 +1 9
  ウェスタン・シドニー 6 2 2 2 9 7 +2 8
  鹿島アントラーズ 6 2 0 4 10 13 -3 6
対戦相手 結果 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 結果 第1戦 第2戦
  アル・アイン 3 - 3 (a) 0 - 0 (H) 3 - 3 (A) ラウンド16   城南FC 3 - 2 1 - 2 (A) 2 - 0 (H)
  ナフト・テヘラン 3 - 1 1 - 0 (A) 2 - 1 (H) 準々決勝   柏レイソル 4 - 2 3 - 1 (A) 1 - 1 (H)
  アル・ヒラル 4 - 3 1 - 1 (A) 3 - 2 (H) 準決勝   ガンバ大阪 2 - 1 2 - 1 (H) 0 - 0 (A)

試合編集

第1戦編集

概要編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 12   アハマド・マハムード
RB 26   アブドゥルアズィーズ・フサイン   84分
CB 02   サルミーン・ハミース
CB 21   クォン・ギョンウォン   90+3分
LB 62   アブドゥルアズィーズ・サンクール   72分
RM 08   エヴェルトン・リベイロ   90分
CM 88   マージド・ハサン
LM 04   ハビーブ・ファルダーン
RF 11   アーメド・カリル     88分
CF 09   リマ
LF 07   イスマーイール・アル=ハンマーディー
控え
GK 55   マージド・ナーセル
DF 05   ワリード・アッバース   72分
DF 77   ユースィフ・アッ=サイイド
DF 80   フマイド・アッバース   88分
MF 06   ハッサン・アブドゥッラフマーン
MF 71   ナウワーフ・ムバーラク
FW 14   ウサマ・アサイディ   90分
監督
  コスミン・オラロイ
GK 19   曾誠
RB 05   張琳芃
CB 03   梅方   80分
CB 06   馮瀟霆
LB 35   李学鵬   70分
CM 08   パウリーニョ
CM 10   鄭智  
RW 16   黄博文
AM 11   リカルド・グラール   59分
LW 27   鄭龍   46分
CF 09   エウケソン   36分
控え
GK 22   李帥
DF 17   劉健
MF 02   廖力生
MF 12   王上源
MF 20   于漢超   59分
MF 25   鄒正   70分
FW 29   郜林   46分
監督
  ルイス・フェリペ・スコラーリ

AFC選出マン・オブ・ザ・マッチ:
  鄭智 (広州恒大)
副審:
  チョン・ヘサン (韓国)
  ユン・グァンヨル (韓国)
第4審判:
  キム・ゴンヒ (韓国)

試合ルール

  • 試合時間は90分。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

チーム別データ編集

試合後編集

試合前半は広州恒大が主導権を握って攻めたてるも決めることができず、後半は一進一退の展開に。終盤にアル・アハリ・ドバイは退場者が出て人数的に劣勢となるが、結局試合は両者スコアレスのまま終了した[2]

広州恒大は第2戦で勝利すれば優勝、アル・アハリ・ドバイは勝利もしくは得点を挙げての引き分けなら優勝が決定する。0-0のまま90分が終了した場合は延長戦に突入する。

第2戦編集

概要編集

 
 
 
 
 
 
 
 
GK 19   曾誠   38分
RB 05   張琳芃
CB 06   馮瀟霆
CB 28   キム・ヨングォン
LB 25   鄒正   72分
DM 10   鄭智  
DM 08   パウリーニョ
AM 11   リカルド・グラール   90+1分
RW 16   黄博文   76分
LW 27   鄭龍   87分
CF 09   エウケソン
控え
GK 22   李帥   38分
DF 03   梅方
DF 33   栄昊
DF 35   李学鵬
MF 17   劉健   87分
MF 20   于漢超
FW 29   郜林   90+1分
監督
  ルイス・フェリペ・スコラーリ
GK 12   アハマド・マハムード
RB 62   アブドゥルアズィーズ・サンクール
CB 02   サルミーン・ハミース   67分
CB 21   クォン・ギョンウォン
LB 05   ワリード・アッバース
RM 08   エヴェルトン・リベイロ
CM 88   マージド・ハサン   11分   90+3分
LM 04   ハビーブ・ファルダーン   65分
RF 09   リマ
CF 11   アーメド・カリル     63分
LF 07   イスマーイール・アル=ハンマーディー
控え
GK 55   マージド・ナーセル
DF 57   モハメド・セビル   90+3分
DF 80   フマイド・アッバース   80分
MF 06   ハッサン・アブドゥッラフマーン
MF 70   ワリード・フセイン
MF 71   ナウワーフ・ムバーラク
FW 14   ウサマ・アサイディ   63分
監督
  コスミン・オラロイ

AFC選出マン・オブ・ザ・マッチ:
  エウケソン
副審:
  アブドゥハミドゥロ・ラスロフ (ウズベキスタン)
  ヤホンギル・サイドフ (ウズベキスタン)
第4審判:
  ヴァレンティン・コヴァレンコ (ウズベキスタン)

試合ルール

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後2戦合計とアウェーゴールも同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

チーム別データ編集

試合後編集

広州恒大が1点を守り切り、2大会ぶり2回目の優勝を達成した。一方、アル・アハリ・ドバイは2試合続けて退場者が出るなどして劣勢を強いられ、初優勝はならなかった[3]

出来事編集

  • 決勝第2戦で広州恒大が胸スポンサーを東風日産の許可を得ずに、クラブの親会社の傘下にある保険会社「恒大人寿」と書かれたユニフォームを使用したことで問題となった[4]
  • 他にも同試合では、対戦相手の非公開練習を録画する、認可されていないセレモニーを行う、AFCのスポンサーの取り扱いについての規定に違反する、会場の安全・セキュリティが不十分であるなどの問題があった。このことを受けてアジアサッカー連盟は広州恒大に対し、16万USドル(約1920万円)の罰金と、翌年の大会(AFCチャンピオンズリーグ2016)のホームゲーム1試合を無観客試合とする処分を科した。また中国サッカー協会にも1万ドル(約120万円)の罰金処分を科した。[5][6]

日本におけるテレビ中継編集

第1戦・第2戦とも日テレジータスにて生放送された。第1戦の解説はサッカー元日本代表の北澤豪が、第2戦は同じく城彰二が務めた[7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015 MATCH CENTRE”. AFC. 2015年11月8日閲覧。
  2. ^ ACL 2015 FINAL 1ST LEG: AL AHLI 0-0 GUANGZHOU EVERGRANDE”. AFC (2015年11月8日). 2015年11月8日閲覧。
  3. ^ GUANGZHOU EVERGRANDE WIN 2015 AFC CHAMPIONS LEAGUE”. AFC (2015年11月21日). 2015年11月22日閲覧。
  4. ^ 日産、アジア王者・広州恒大を提訴…胸ロゴ変更で6億円の損害賠償請求 soccerking 2015年12月16日
  5. ^ Guangzhou Evergrande sanctioned for regulatory violations at AFC Champions League final 2015”. アジアサッカー連盟 (2016年2月3日). 2016年2月11日閲覧。
  6. ^ AFC、広州恒大にACL1試合の無観客&罰金処分。相手チーム練習の不正撮影などで”. フットボールチャンネル (2016年2月3日). 2016年2月11日閲覧。
  7. ^ アジアチャンピオンズリーグ2015 放送予定表”. 日テレジータス. 2015年11月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集