AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝(エーエフシーチャンピオンズリーグ2017 けっしょう、英語: AFC Champions League 2017 Final)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されるAFCチャンピオンズリーグ2017の決勝戦であり、15回目のAFCチャンピオンズリーグの決勝戦である(アジアクラブ選手権時代を含めると36回目)。試合は第1戦が2017年11月18日土曜日に、第2戦が2017年11月25日土曜日に開催された[1]

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝
大会名 AFCチャンピオンズリーグ2017
合計
第1戦
開催日 2017年11月18日
会場 キング・ファハド国際スタジアム(リヤド)
AFC選出最優秀選手 西川周作浦和レッズ
主審 ヨルダンの旗 アドハム・マハードメ
観客数 59,136人
天気 曇り
気温:22℃
第2戦
開催日 2017年11月25日
会場 埼玉スタジアム2002(さいたま)
AFC選出最優秀選手 ラファエル・シルバ浦和レッズ
主審 ウズベキスタンの旗 ラフシャン・イルマトフ
観客数 57,727人
天気 晴れ
気温:10℃
2016
2018

浦和レッズが2戦合計1 - 2で10大会ぶり2回目の優勝を果たし、AFCサッカー連盟を代表して、2017年12月にUAEで開催される2017 FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得した[2]

出場チーム編集

アル・ヒラル(サウジアラビア)は2014年以来の史上最多となる6回目の決勝進出である。また、浦和レッズ(日本)は2007年以来の2回目の決勝進出となった。AFCのコンペティションでの両チームの対戦はない。

チーム 以前決勝に進出のある年度(太字は優勝)
  アル・ヒラル 1986[A], 1987[B], 1991, 2000, 2014
  浦和レッズ 2007

  1. ^ 1986年は決勝戦は行われず、最終ラウンドに進出した4チームで優勝チームが争われた。
  2. ^ 1987年は決勝を棄権。

会場編集

決勝戦は前回大会と同様、ホーム・アンド・アウェーの2回戦制となる。第1戦が2017年11月18日土曜日にアル・ヒラルのホームであるリヤドキング・ファハド国際スタジアム、第2戦が2017年11月25日土曜日に浦和レッズのホームであるさいたま埼玉スタジアム2002で開催された。

決勝戦までの道のり編集

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

  アル・ヒラル ラウンド   浦和レッズ
対戦相手 結果 グループリーグ 対戦相手 結果
  ペルセポリス 1 - 1 (A) 第1節   ウェスタン・シドニー 4 - 0 (A)
  アル・ラーヤン 2 - 1 (H) 第2節   FCソウル 5 - 2 (H)
  アル・ワフダ 2 - 2 (A) 第3節   上海上港 2 - 3 (A)
  アル・ワフダ 1 - 0 (H) 第4節   上海上港 1 - 0 (H)
  ペルセポリス 0 - 0 (H) 第5節   ウェスタン・シドニー 6 - 1 (H)
  アル・ラーヤン 4 - 3 (A) 第6節   FCソウル 0 - 1 (A)
グループD 1位
チーム







  アル・ヒラル 6 3 3 0 10 7 +3 12
  ペルセポリス 6 2 3 1 9 8 +1 9
  アル・ラーヤン 6 2 1 3 10 13 −3 7
  アル・ワフダ 6 1 1 4 12 13 −1 4
最終結果 グループF 1位
チーム







  浦和レッズ 6 4 0 2 18 7 +11 12
  上海上港 6 4 0 2 15 10 +5 12
  FCソウル 6 2 0 4 9 15 −6 6
  ウェスタン・シドニー 6 2 0 4 10 23 −13 6
対戦相手  結果 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 結果 第1戦 第2戦
  エステグラル・フーゼスターン 4 - 2 2 - 1 (A) 2 - 1 (H) ラウンド16   済州ユナイテッド 3 - 2 0 - 2 (A) 3 - 0 (延長) (H)
  アル・アイン 3 - 0 0 - 0 (A) 3 - 0 (H) 準々決勝   川崎フロンターレ 5 - 4 1 - 3 (A) 4 - 1 (H)
  ペルセポリス 6 - 2 4 - 0 (H) 2 - 2 (A) 準決勝   上海上港 2 - 1 1 - 1 (A) 1 - 0 (H)

試合編集

第1戦編集

概要編集

7分、ラファエル・シルバが左サイドを突破して中央へクロスをあげ、これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球をラファエル・シルバ自ら押し込み先制に成功した。23分にはロングフィードで右サイド深くまでボールを運び、モハメド・アル=ブライクの折り返しにオマル・フリービーンが合わせたがGK西川周作がセーブし、33分にはサルマーン・アル=ファラジュのパスに反応したフリービーンが抜け出してGKと1対1になるが、これもGK西川がセーブした。しかし37分、アル・ヒラルは再びロングフィードで右サイド深くにボールを運ぶと、アル=ブライクが頭で折り返し中央のサーレム・アッ=ドーサリーがシュートし、そのこぼれ球をフリービーンが蹴り込んで同点に追いついた。前半は1-1で折り返した。

浦和は64分には足を痛めたラファエル・シルバがズラタンとの交代を余儀なくされたが、83分のヤーセル・アッ=シャハラーニーのミドルシュートもGKがセーブするなど、お互い得点を挙げることなく1-1で引き分けとなった。

 
 
 
 
 
 
 
アル・ヒラル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浦和レッズ
GK 1   アブドゥラー・アル=マイウフ
RB 2   モハメド・アル=ブライク   90+1分
CB 33   オサマ・ハウサウィ  
CB 70   ムハンマド・ジャフファリー   45+2分
LB 12   ヤーセル・アッ=シャハラーニー
CM 7   サルマーン・アル=ファラジュ
DM 8   アブドッラー・オタイフ   70分
CM 16   ニコラス・ミレシ   5分   78分
ST 29   サーレム・アッ=ドーサリー
ST 3   カルロス・エドゥアルド   19分
CF 77   オマル・フリービーン   37分
控え
GK 30   ムハンマド・アル=ワキド
DF 4   アブドッラー・アッ=ズーリー
MF 6   アブドゥルマレク・アル=ハイブリ
MF 24   ナウワーフ・アル=アービド   66分   19分
MF 27   モハメド・カンノ   80分   78分
FW 20   ヤセル・アル・カフタニ
FW 44   ムフタール・ファッラータ   70分
監督
  ラモン・ディアス
 
GK 1   西川周作
RB 6   遠藤航
CB 22   阿部勇樹  
CB 5   槙野智章
LB 3   宇賀神友弥   12分
DM 16   青木拓矢
CM 10   柏木陽介
CM 15   長澤和輝   76分
RW 9   武藤雄樹
CF 30   興梠慎三   86分
LW 8   ラファエル・シルバ   64分
控え
GK 25   榎本哲也
DF 4   那須大亮
DF 46   森脇良太
MF 7   梅崎司   76分
MF 39   矢島慎也
FW 13   高木俊幸   86分
FW 21   ズラタン   64分
監督
  堀孝史

AFC選出マン・オブ・ザ・マッチ
  西川周作浦和レッズ
副審:
  アーマド・アル・ロアレ
  イッサ・アラマウィ
第4審判:
  ユセフ・アルジャラーワ

試合ルール

  • 試合時間は90分。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

第2戦編集

概要編集

浦和は第1戦からメンバー変更なく、対するアル・ヒラルは第1戦で負傷交代したカルロス・エドゥアルドに代わってナウワーフ・アル=アービドが先発となった。

開始20秒、相手最終ラインのミスを突いた長澤和輝がボールを奪ってシュートを放つも、これは枠の左に外れた。8分にも再び同じような形から長澤がシュートを放ったが、これはGK正面を突いた。26分にニコラス・ミレシのパスを受けたアッ=ドーサリーがダブルタッチで宇賀神友弥を剥がしてシュートを放ったが、ボールは枠のわずかに上に外れた。42分にはミレシがフリービーンとのワンツーで抜け出しシュートを放ったが枠の右に外れた。前半はスコアレスで折り返した。

59分には左CKからミレシに決定機が訪れるがGKがキャッチした。61分には連携ミスを突いてボールを奪いアッ=シャハラーニーが右足でシュートを放つも枠のわずかに右に外れた。62分にはムフタール・ファッラータ、68分にはヤセル・アル・カフタニと攻撃的選手を途中出場させた。61分にカウンターから武藤雄樹のスルーパスに反応した柏木陽介が抜け出しかけるも相手DFの対応に遭った。73分には柏木のFKから興梠慎三がヘディングシュートを放つがGKアブドゥラー・アル=マイウフに左手1本で弾かれ、こぼれ球をラファエル・シルバが押し込みに行ったがこれもGKアル=マイウフに止められた。するとアル・ヒラルは78分、遠藤航にプレスをかけにいったアッ=ドーサリーが遠藤の足を踏んでしまい2度目の警告を受けて退場処分となった。88分に武藤のスルーパスに反応したラファエル・シルバが抜け出して右足でシュートを放つと、ボールはクロスバーを叩いてゴールが決まった。浦和が1-0で勝利して2戦合計2-1とし、10年ぶり2度目のACL制覇を果たした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
浦和レッズ
 
 
 
 
 
 
 
アル・ヒラル
GK 1   西川周作
RB 6   遠藤航
CB 22   阿部勇樹  
CB 5   槙野智章   27分
LB 3   宇賀神友弥   13分   74分
DM 16   青木拓矢
CM 10   柏木陽介   90+5分
CM 15   長澤和輝   71分
RW 9   武藤雄樹
CF 30   興梠慎三   84分
LW 8   ラファエル・シルバ
控え
GK 25   榎本哲也
DF 2   マウリシオ   74分
DF 46   森脇良太
MF 7   梅崎司   90+5分
MF 39   矢島慎也
FW 13   高木俊幸
FW 21   ズラタン   84分
監督
  堀孝史
 
GK 1   アブドゥラー・アル=マイウフ
RB 2   モハメド・アル=ブライク
CB 33   オサマ・ハウサウィ  
CB 70   ムハンマド・ジャフファリー
LB 12   ヤーセル・アッ=シャハラーニー
CM 16   ニコラス・ミレシ
DM 8   アブドッラー・オタイフ   20分   88分
CM 7   サルマーン・アル=ファラジュ   68分
RW 29   サーレム・アッ=ドーサリー   72分   78分
CF 77   オマル・フリービーン   62分
LW 24   ナウワーフ・アル=アービド   77分
控え
GK 30   ムハンマド・アル=ワキド
DF 4   アブドッラー・アッ=ズーリー
MF 6   アブドゥルマレク・アル=ハイブリ
MF 27   モハメド・カンノ
MF 10   モハメド・アル=シャルフーブ   88分
FW 20   ヤセル・アル・カフタニ   79分   68分
FW 44   ムフタール・ファッラータ   62分
監督
  ラモン・ディアス

AFC選出マン・オブ・ザ・マッチ
  ラファエル・シルバ浦和レッズ
副審:
  アブドゥハミドゥッロ・ラスロフ
  ジャホンギル・サイドフ
第4審判:
  マムル・サイカシモフ

試合ルール

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後2戦合計とアウェーゴールも同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

試合後編集

勝利した浦和は決勝での無敗記録を4に伸ばした。また、阿部勇樹平川忠亮は2007年にも浦和でACL制覇を達成しており、ACLを2度制した初の日本人となった。また、柏木陽介が大会MVPに選ばれた。

敗退したアル・ヒラルは0-1で敗れた第2戦が今季ACLでは初、2017年の全公式戦で2度目の敗戦となった[3]。第1戦で同点ゴールを挙げたオマル・フリービーンが大会得点王を受賞した。

日本におけるテレビ中継編集

第1戦・第2戦ともBS日テレ日テレジータスにて生放送され[4][5]、2戦目は日本テレビ系列NHK BS1で録画放送された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ AFC Calendar of Competitions 2017 (PDF)”. AFC. 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ RAFAEL STRIKE STEERS URAWA REDS TO 2017 AFC CHAMPIONS LEAGUE CROWN”. AFC (2017年11月25日). 2017年11月25日閲覧。
  3. ^ テレビ放送や一部報道では2017年初黒星(=ここまで無敗)とされていたが、7月31日に行われたアラブ・クラブ・チャンピオンシップ(現:アラブ・クラブ・チャンピオンズカップ)のグループステージ第3節においてエスペランスに2-3で敗れているため、これは誤りである。その他の試合では敗れていない。
  4. ^ アジアチャンピオンズリーグ2017 放送予定表”. 日テレジータス. 2017年11月19日閲覧。
  5. ^ アジアチャンピオンズリーグ2017”. BS日テレ. 2017年11月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集