aurora arc』(オーロラ・アーク)は、BUMP OF CHICKENのメジャー7作目(通算9作目)のオリジナルアルバム2019年7月10日トイズファクトリーから発売された。

aurora arc
BUMP OF CHICKENスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース BUMP OF CHICKEN、MOR
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • BUMP OF CHICKEN アルバム 年表
    Butterflies
    2016年
    aurora arc
    2019年
    -
    『aurora arc』収録のシングル
    1. アリア
      リリース: 2016年8月17日
    2. アンサー
      リリース: 2016年12月21日
    3. リボン
      リリース: 2017年5月1日
    4. 記念撮影
      リリース: 2017年7月5日
    5. 望遠のマーチ
      リリース: 2018年7月23日
    6. シリウス
      リリース: 2018年9月24日
    7. 話がしたいよ/シリウス/Spica
      リリース: 2018年11月14日
    8. Aurora
      リリース: 2019年3月15日
    ミュージックビデオ
    「アリア」 - YouTube
    「アンサー」 - YouTube
    「リボン」 - YouTube
    「記念撮影」 - YouTube
    「望遠のマーチ」 - YouTube
    「シリウス」 - YouTube
    「話がしたいよ」 - YouTube
    「Spica」 - YouTube
    「Aurora」 - YouTube
    「流れ星の正体」 - YouTube
    テンプレートを表示

    解説編集

    BUMP OF CHICKENとしては、前作『Butterflies』から約3年5ヶ月ぶり、元号が令和に改められてからは初めてのオリジナルアルバムとなった。通常盤、初回限定盤A(DVD付属)、初回限定盤B(Blu-ray付属)の3形態での発売となり、初回限定盤A・Bには2018年12月28日に出演したCOUNTDOWN JAPAN 18/19のライブ映像およびミュージックビデオ全11曲が収録されている。また、3形態とも、初回生産分にはロゴステッカーが特典として封入されるほか、本作をCDショップやオンラインショップで予約または購入すると、先着でオリジナル特典(A5サイズのクリアファイル)がプレゼントされた。

    収録曲は14曲(無音・隠しトラック除く)で、そのうち9曲がシングル曲(配信限定でリリースされた楽曲も含む)となっている。タイアップ曲数も11曲と過去のアルバムに比べ非常に多い。

    本作のアートワークは、デザイナーのVERDYが率いるVK DESIGN WORKSと、写真家の太田好治による共作。太田がカナダイエローナイフにて撮影したオーロラの写真の上に、VK DESIGN WORKSによるロゴが描かれたデザインとなっている。なお、同梱されるブックレットにはオーロラ撮影に同行したメンバーの写真が収録される[1]

    本作を提げ、2019年7月12日よりツアー「aurora ark」が開催された(後述)。

    チャート成績編集

    オリコンチャートでは、2019年7月22日付週間アルバムランキングおよびデジタルアルバムランキングの2部門で初登場1位を獲得(初週20.2万枚、1.4万ダウンロード)。週間アルバム部門での首位獲得は前作『Butterflies』に続いて4作連続7作目のことであった[2]が、週間デジタルアルバム部門での首位獲得はバンド初のことであった[3]。また、CD売上、デジタル配信、ストリーミング配信のポイントを合算した「週間合算アルバムランキング」でも初登場1位を獲得した[4]。さらに、2019年7月度において月間2位、2019年度において年間11位を記録しており自己最高のアルバム年間順位となった。

    Billboard JAPANでは、7月22日付の週間CDアルバムセールスチャートの「Top Albums Sales」、ダウンロードアルバムチャート「Download Albums」で1位を記録(初週売上198,254枚、ダウンロード数は14,625DL)[5][6]。総合アルバムチャートである「Hot Albums」でも首位を獲得した。なお、「Hot Albums」では、同チャートを構成する3つの指標(CDセールス、PC読み取り回数、ダウンロード)がすべて1位となったが、これは2019年発売のアルバムでは3例目となった[7]。また、2019年度の年間チャート(「Hot Albums of the Year 2019」)では10位を記録した[8]

    収録曲単位では、「月虹」が7月22日付の「Billboard JAPAN Download Songs」で初登場1位(17,315ダウンロード)を獲得したほか、「新世界」も同チャートで10位を記録している[9]

    収録曲編集

    • 全曲作詞・作曲:藤原基央、編曲:BUMP OF CHICKEN
    1. aurora arc (2:06)
      インストゥルメンタル曲。再生時間は2分06秒。この再生時間を表す「206」という数は、本作のジャケットに使用されているオーロラの写真が撮影されたイエローナイフ標高(206メートル)と同じである。しかしメンバーによるとこれは意図していなかったとのことで、メンバーはこの事実を自身のラジオ番組「PONTSUKA!!」に寄せられたお便りで知ることとなった[10]
    2. 月虹 (4:47)
      「げっこう」と読む。テレビアニメ『からくりサーカス』第1期OP、及び第3期ED。
      月虹」とは本来、夜間に月の光により生じる虹のことを指す語であるが、藤原は本曲のタイトルを決める際「月虹」という言葉の存在を知らず、「月と虹を合わせたもの」という意味の造語のつもりでタイトルを決めた(その後Googleで検索したところ、すでに存在する単語であることを知ったという)。そのため、この曲の「月虹」は上記の現象を指すものではない[要出典]
    3. Aurora (4:39)
      12th配信限定シングル。
      日曜劇場グッドワイフ」主題歌。
    4. 記念撮影 (4:42)
      9th配信限定シングル。
      日清カップヌードル「HUNGRY DAYS アオハルかよ。」テレビCMソング。
    5. ジャングルジム (6:28)
      藤原による弾き語りの楽曲。
      他の楽曲はシングルとしてリリースされたり、タイアップで使用されたりするなど何らかの形で発表されていたが、「ジャングルジム」と「aurora arc」(および隠しトラック)は本作発売まで発表されていなかった。
    6. リボン (4:31)
      8th配信限定シングル。
      スマートフォン「Galaxy S8 - 昨日までを、超えてゆけ」テレビCM/ウェブCMソング。
    7. シリウス (4:22)
      25thシングル「話がしたいよ/シリウス/Spica」2曲目。
      テレビアニメ『重神機パンドーラ』OP。
    8. アリア (6:16)
      6th配信限定シングル。
      特記はないがアルバムバージョンで、シングルバージョンにないアウトロが追加されている。
      TBS系ドラマ『仰げば尊し』主題歌。
    9. 話がしたいよ (4:19)
      25thシングル「話がしたいよ/シリウス/Spica」1曲目。
      映画『億男』主題歌。
    10. アンサー (5:20)
      7th配信限定シングル。
      ミックスがシングルとは異なっている。
      テレビアニメ『3月のライオン』OP(10月 - 12月期)。
    11. 望遠のマーチ (4:18)
      10th配信限定シングル。
      ガンホーのスマートフォン向けゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」CMソング。
    12. Spica (4:15)
      25thシングル「話がしたいよ/シリウス/Spica」3曲目。
      テレビアニメ『重神機パンドーラ』ED(第2話より)。
    13. 新世界 (3:45)
      ロッテ創業70周年記念スペシャルアニメーション『ベイビーアイラブユーだぜ』テーマソング。
      同アニメーションは川村元気が企画・プロデュース、松本理恵が監督、林祐己がキャラクターデザインおよび作画監督、ボンズがアニメーション制作をそれぞれ担当。川村および松本からテーマソングの依頼を受け、藤原が書き下ろして本曲を制作した。アニメーションのタイトルである『ベイビーアイラブユーだぜ』は歌詞の一部であるが、完成した楽曲を聴いたアニメ制作サイドが感銘を受け、このフレーズをタイトルに採用した。なお、アニメーション全編はYouTubeにて公開されている[11]
    14. 流れ星の正体 (5:11)
      藤原が雑誌『B-PASS』で連載していたコーナー「Fujiki」が2017年1月に最終回を迎えるにあたり制作された楽曲[12][13]。藤原の弾き語りによるデモ音源が、ワンコーラス分のみ2017年1月28日から1月30日までの期間限定でバンドのホームページで公開されていた[14]。それから2年以上の期間を置いた2019年4月12日[注 1]には藤原の弾き語りによる音源が2番まで公開された。本作ではバンドアレンジとなっているほか、弾き語り音源にはない大サビが追加されている。
      MVが制作され、2019年7月16日YouTubeで公開された[注 2]。監督は「Aurora」のMVやツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」の「Aurora」の演出映像を手がけた林響太朗が務めている[13]
      2020年には、旅行情報誌「じゃらん」が創刊30周年を記念して制作した特別フィルム「ここではないどこかで」[注 3]の主題歌として起用された。監督は川村元気、主演は成田凌森七菜[15][16]
    • 隠しトラックとして「ぱやぱぱエース」が収録されている。また、「ぱやぱぱエース」の前には無音のトラックが4曲挿入されており、隠しトラックおよび無音のトラックを含めた本作の収録曲数は「19」となる[注 4]。この「19」は本作の発売年(2019年)の下2桁と同じであるが、この一致が意図したものかどうかは不明である。ただし、同様の仕掛けは他の作品にも存在する。
    • 通常盤には隠しジャケットが存在する。初回限定盤A・Bには隠しジャケットは存在しないが、付属DVDまたはBlu-rayに隠し映像が収録されている。

    初回限定盤映像編集

    COUNTDOWN JAPAN 18/19 ライブ映像編集

    2018年12月28日に出演したCOUNTDOWN JAPAN 18/19で演奏した全10曲が収録される。

    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「スノースマイル」  
    2.「望遠のマーチ」  
    3.「記念撮影」  
    4.「話がしたいよ」  
    5.「ギルド」  
    6.「虹を待つ人」  
    7.「天体観測」  
    8.「ray」  
    9.「メーデー(アンコール)」  
    10.「ガラスのブルース(アンコール)」  

    ミュージックビデオ編集

    『月虹』はアニメ「からくりサーカス」との、『新世界』はロッテ創業70周年記念スペシャルアニメとコラボしたアニメーション映像が収録される[17]

    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「アリア」  
    2.「アンサー」  
    3.「リボン」  
    4.「記念撮影(リリックビデオ)」  
    5.「望遠のマーチ」  
    6.「シリウス」  
    7.「Spica(リリックビデオ)」  
    8.「話がしたいよ」  
    9.「Aurora」  
    10.「月虹」  
    11.「新世界」  

    チャートと売上編集

    認定とセールス編集

    国/地域 認定 認定/売上枚数
    日本 (RIAJ) プラチナ[25] 254,000(フィジカルCD) (オリコン)[26]
    日本 (RIAJ) N/A 32,200(デジタル配信)(オリコン)[27]

    *認定のみに基づく売上枚数
    ^認定のみに基づく出荷枚数

    ツアー編集

    本作リリース後の2019年7月12日より、ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」が開催された[28]

    最初にメットライフドーム京セラドーム大阪ナゴヤドームにてそれぞれ2日間公演を行う日程が発表され[29]、のちに全国5都市のライブハウスでの公演と東京ドーム公演が日程に追加された[30]

    なお、ドーム公演自体はバンドとしては2016年(ツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY"」)以来の開催となったが、東京ドーム公演は5年ぶり(「WILLPOLIS 2014」のツアーファイナルとして2014年7月31日に開催して以来)となった。

    ツアーのうち、11月4日の東京ドーム公演を中心に収録したライブ映像作品『BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME』が2020年11月4日に発売される。

    日程 ツアータイトル 会場 備考
    2019年7月12日 - 11月4日 BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark 福岡・宮城・東京・大阪・北海道でのライブハウス公演は追加公演、東京ドーム公演は再追加公演。

    タイトルについて編集

    藤原がアルバムのタイトルを決める際、直前に書いた曲が『Aurora』だったため漠然とオーロラに関連した言葉にしたいと思い、ネットで調べていると『オーロラアーク』という言葉を発見した。当初は『aurora ark(オーロラの箱舟)』だと勘違いしたが、その後よく調べると『aurora arc(オーロラの弧)』だということがわかった。しかしその言葉の響きや勘違いの内容も気に入ったため、アルバムタイトルを『aurora arc』、ツアータイトルを『aurora ark』とした。

    脚注編集

    注釈編集

    1. ^ 4月12日は藤原の誕生日である。
    2. ^ 初回限定盤DVDまたはBlu-rayには収録されていない。
    3. ^ インターネット上で公開されている。
    4. ^ この無音トラックと隠しトラックは音楽配信サービスでは配信されていないため、配信版では収録曲数は「14」となる。なお、配信サイトにおいて隠しトラック(および無音トラック)が配信されていないのは、BUMP OF CHICKENの他の作品も同様である。

    出典編集

    1. ^ BUMP OF CHICKEN新作タイトルは『aurora arc』、収録曲公開 ツアー追加も”. CINRA.NET (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
    2. ^ BUMP OF CHICKEN、アルバム4作連続通算7作目の1位獲得【オリコンランキング】”. オリコン (2019年7月16日). 2019年9月18日閲覧。
    3. ^ 7/22付週間デジタルアルバムランキング1位はBUMP OF CHICKENの『aurora arc』”. オリコン (2019年7月18日). 2019年9月18日閲覧。
    4. ^ BUMP OF CHICKEN、合算ランキングで1位 CD&デジタル同時1位に【オリコンランキング】”. オリコン (2019年7月17日). 2019年9月18日閲覧。
    5. ^ 【ビルボード】BUMP OF CHICKEN『aurora arc』約20万枚売り上げてALセールス首位 3週目の嵐ベストは2位に”. Billboard JAPAN (2019年7月16日). 2019年9月19日閲覧。
    6. ^ 【ビルボード】BUMP OF CHICKEN『aurora arc』14,625DLでダウンロードAL首位”. Billboard JAPAN (2019年7月17日). 2019年9月19日閲覧。
    7. ^ BUMP OF CHICKEN『aurora arc』が総合1位、米津玄師「パプリカ」をセルフカバー、『天気の子』世界観とリンクするMVが公開:今週の邦楽まとめニュース”. Billboard JAPAN (2019年7月20日). 2019年9月19日閲覧。
    8. ^ 2019年「Hot Albums」年間チャート - Billboard JAPAN
    9. ^ 【ビルボード】BUMP OF CHICKEN「月虹」が1.7万DLで首位デビュー、僅差でOfficial髭男dismが続く”. Billboard JAPAN (2019年7月17日). 2019年9月19日閲覧。
    10. ^ 2019年7月28日放送「PONTSUKA!!
    11. ^ BUMP OF CHICKEN、新曲“新世界”をロッテ創業70周年記念スペシャルアニメに書き下ろし”. rockin'on.com (2018年12月12日). 2019年7月9日閲覧。
    12. ^ 藤原基央 (2017-01). “Fujiki”. B-PASS (シンコーミュージック・エンタテイメント). 
    13. ^ a b BUMP OF CHICKENが「流れ星の正体」のMVを公開 アルバム『aurora arc』はオリコン週間1位を獲得”. SPICE (2019年7月16日). 2019年9月19日閲覧。
    14. ^ BUMP OF CHICKEN、藤原弾き語りによる新曲「流れ星の正体」デモ音源公開”. ナタリー (2017年1月28日). 2017年1月30日閲覧。
    15. ^ じゃらん30周年「ここではないどこかで」キャンペーンページ
    16. ^ 成田凌と森七菜が初共演『じゃらん』30周年記念フィルム公開 曲はバンプ”. CINRA.NET (2020年3月30日). 2020年3月31日閲覧。
    17. ^ BUMP OF CHICKEN、7月発売の新アルバム『aurora arc』詳細発表。ツアー追加公演も決定”. rockin'on.com (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
    18. ^ Billboard Japan Hot Albums
    19. ^ Billboard Japan Top Album Sales
    20. ^ Billboard Japan Download Albums
    21. ^ オリコン週間アルバムランキング
    22. ^ Billborad Japan Hot Albums of the Year 2019
    23. ^ Billborad Japan Download Albums of the Year 2019
    24. ^ オリコン年間アルバムランキング
    25. ^ 2019年7月度認定作品一覧
    26. ^ オリコン you大樹. 2020年11月25閲覧
    27. ^ オリコン年間デジタルアルバムランキング. 2020年11月25日閲覧
    28. ^ BUMP OF CHICKEN新アルバムの全貌発表、ツアーにライブハウス5会場追加”. ナタリー (2019年6月4日). 2019年6月4日閲覧。
    29. ^ BUMP OF CHICKENが3年5カ月ぶりアルバム発表、7月からはドームツアー”. ナタリー (2019年3月14日). 2019年6月4日閲覧。
    30. ^ BUMP OF CHICKEN、約5年4ヶ月ぶり東京ドーム2DAYS決定&過去曲のストリーミング配信開始”. rockin'on.com (2019年6月28日). 2019年6月29日閲覧。

    外部リンク編集