bjリーグアワードは、日本プロバスケットボールbjリーグにおける賞である。

シーズンを通じて活躍した選手らより各賞を選定する。

表彰される賞編集

「個人タイトル」はレギュラーシーズンの成績より決定。「プレイオフ最優秀選手」を除く賞はレギュラーシーズン終了後、「プレイオフ最優秀選手」はプレイオフ後に発表される。「最優秀選手」「ベスト5」「最優秀レフリー」「最優秀コーチ」「個人タイトル」受賞者にはトロフィーと賞金が贈られる。

※の賞は2008-09シーズンのみ各カンファレンスより1チームを表彰の対象としていた。

最優秀選手
レギュラーシーズン、プレイオフでの結果を元にbjリーグ選考委員会にて決定。実質的にはプレイオフで最も活躍した選手が受賞することが多い(例として、2007-2008シーズンのほとんどの試合に出場しなかったリン・ワシントンが受賞している)
なお、2008-09シーズンよりレギュラーシーズンとプレイオフに分けて表彰することになった。レギュラーシーズンについては「サークルKサンクスレギュラーシーズン最優秀選手」とする。
ベスト5(ガード2名、フォワード2名、センター1名)
レギュラーシーズンの成績を元にコミッショナー、ヘッドコーチおよび全選手の投票により決定。なお、自球団選手への投票は認められない。
最優秀コーチ
レギュラーシーズン、ワイルドカードゲームの結果を元にbjリーグ選考委員会にて決定。優勝したチームではなく、チーム能力を最も上げたヘッドコーチが選ばれる傾向にある。
個人タイトル
  • 最多得点(総得点650点以上、もしくは45試合以上出場)
  • 最多アシスト(総アシスト160本以上、もしくは45試合以上出場)
  • 最多リバウンド(総リバウンド260本以上、もしくは45試合以上出場)
  • 最多スティール(総スティール65本以上、もしくは45試合以上出場)
  • 最多ブロックショット(総ブロック40本以上、もしくは45試合以上出場)
  • 最高3ポイント成功率(総3ポイント試投130本以上)
  • 最高フリースロー成功率(総フリースロー試投65本以上)
MIP(2008-09新設)
前シーズンと比較して、最も成長した選手に贈られる賞
最優秀6th man(同)
ベンチスタートで、チームの勝利に最も貢献した選手に贈られる賞
コミッショナー特別賞(適宜)
シーズンを通じてのフェアプレーなどで受賞に値する選手に贈られる賞
ベストパフォーマー賞(2007-08新設)
チアリーダーズ(ダンスチーム)への賞。インターネットによる一般投票、各のチアリーダーズ(ダンスチーム)のディレクター、特別審査員の投票により決定。2008-09まではEAST・WESTそれぞれでチャンピオン決定後、決選投票が行われていた。
※ベストブースター
ブースター(応援団)への賞
※チームアシスト(2006-07新設)
球団運営に多大な貢献をした個人・団体を称える賞
bjハーモニー賞(2009-10新設)
bjリーグの社会貢献活動「bjハーモニー」が創設した賞。
新人賞
入団1シーズン目と、アーリーエントリーで契約して2シーズン目の選手の新人選手を対象とした賞。

過去の賞編集

最優秀レフリー(2007-08まで)
コミッショナー、ヘッドコーチおよび全選手の投票により決定。
※コミュニティーアシスト(2006-07 ~ 2008-09)
最も地域・社会へ貢献したチームへの賞
ベストアリーナ(2007-08・2008-09)
アリーナ(会場)へ向けた賞

受賞者編集

最優秀選手編集

レギュラーシーズン プレイオフ 備考
2005-06 リン・ワシントン大阪 レギュラー、プレイオフ通じて1名を選考。
2006-07 デイビッド・パルマー(大阪)
2007-08 リン・ワシントン(大阪)
2008-09 ジェフ・ニュートン沖縄 ジェフ・ニュートン(沖縄) レギュラー・プレイオフ別個に1名ずつ選出
2009-10 ウェンデル・ホワイト浜松 大口真洋(浜松)
2010-11 ジェフリー・パーマー(浜松) ジェフリー・パーマー(浜松)
2011-12 ジャスティン・バーレル横浜 アンソニー・マクヘンリー(沖縄)
2012-13 アンソニー・マクヘンリー(沖縄) 蒲谷正之(横浜)
2013-14 城宝匡史富山 岸本隆一(沖縄)
2014-15 ケジュアン・ジョンソン(仙台) ナイル・マーリー(浜松)
2015-16 ウェンデル・ホワイト(仙台)

ベスト5編集

ガード フォワード センター
2005
-06
マット・ロティック
(大阪)
鈴木裕紀
大分
マイケル・ジャクソン
仙台
ウィリアム・ピペン
東京A
ニック・デービス
新潟
2006
-07
青木康平
(東京A)
ラシード・スパークス
高松
リン・ワシントン
(大阪)
アンディー・エリス
(大分)
ニック・デービス
(新潟)
2007
-08
マイキー・マーシャル
(大阪)
澤岻直人
(沖縄)
レジー・ウォーレン
(高松)
アンディー・エリス
(大分)
パトリック・ワーティー
(仙台)
2008
-09
マイケル・ガーデナー
(浜松)
澤岻直人
(沖縄)
ボビー・セントプルー
(仙台)
リン・ワシントン
(大阪)
ジェフ・ニュートン
(沖縄)
2009
-10
青木康平
(東京A)
マクムード・ブドゥル ラウーフ
京都
マイケル・パーカー
福岡
ウェンデル・ホワイト
(浜松)
ジュリアス・アシュビー
(東京A)
ガード センターフォワード
2010
-11
ウェイン・アーノルド
(浜松)
石崎巧
島根
ジェフリー・パーマー
(浜松)
マイケル・パーカー
(福岡)
アンソニー・マクヘンリー
(沖縄)
2011
-12
ジャメイン・ディクソン
(浜松)
城宝匡史
(富山)
太田敦也
(浜松)
ケビン・パルマー
(福岡)
ジャスティン・バーレル
横浜
2012
-13
ドゥレイロン・バーンズ
(横浜)
並里成
(沖縄)
クリス・ホルム
(新潟)
ジェラル・デービス
(島根)
アンソニー・マクヘンリー
(沖縄)
2013
-14
富樫勇樹
秋田
城宝匡史
(富山)
アイラ・ブラウン
(富山)
レジー・ウォーレン
(福岡)
アンソニー・マクヘンリー
(沖縄)
2014
-15
田口成浩
(秋田)
ケジュアン・ジョンソン
(仙台)
スクーティー・ランダル
(岩手)
リチャード・ロビー
(秋田)
レジー・ウォーレン
(京都)
2015
-16
岸本隆一
(沖縄)
城宝匡史
(富山)
ルブライアン・ナッシュ
(福島)
ウェンデル・ホワイト
(仙台)
ジョシュ・デービス
(島根)

個人タイトル編集

PTS AST RBD STL BLK 3P成功率 FT成功率
2005
-06
ジョン・ハンフリー
(東京A)
23.2 マット・ロティック
(大阪)
4.4 ニック・デービス
(新潟)
15.5 ジャック・ハートマン
(大分)
2.0 ジェフ・ニュートン
(大阪)
2.7 鈴木裕紀
(大分)
43.7
%
青木康平
(東京A)
86.4
%
2006
-07
ジョン・ハンフリー
(東京A)
25.9 ラシード・スパークス
(高松)
4.7 ゴードン・ジェームス
埼玉
14.3 ラシード・スパークス
(高松)
2.4 ジェフ・ニュートン
(大阪)
2.3 庄司和広
(埼玉)
44.4
%
青木康平
(東京A)
93.3
%
2007
-08
アンディー・エリス
(大分)
25.1 澤岻直人
(沖縄)
5.8 ゴードン・ジェームス
(埼玉)
14.4 マイケル・パーカー
(福岡)
2.6 ジェフ・ニュートン
(大阪)
3.4 鈴木裕紀
(大分)
50.4
%
仲村直人
(大阪)
91.0
%
2008
-09
マイケル・パーカー
(福岡)
26.8 マイケル・ガーデナー
(浜松)
6.8 クリス・ホルム
(仙台)
15.6 マイケル・パーカー
(福岡)
2.6 ジョージ・リーチ
(高松)
2.5 竹野明倫
(新潟)
41.3
%
青木康平
(東京)
91.4
%
2009
-10
マイケル・パーカー
(福岡)
26.5 マイケル・ガーデナー
(高松)
7.0 ゲイリー・ハミルトン
滋賀
14.3 アントワン・ブロキシー
(高松)
2.9 マイケル・パーカー
(福岡)
2.9 ウェイン・アーノルド
(浜松)
40.0
%
高橋憲一
(仙台)
88.2
%
2010
-11
マイケル・パーカー
(福岡)
27.3 ケニー・サターフィールド
(大阪)
6.5 ゲイリー・ハミルトン
(滋賀)
15.2 マイケル・パーカー
(福岡)
2.3 ジェラル・デービス
島根
3.2 竹野明倫
(福岡)
46.0
%
マクムード・アブドゥル=ラウーフ
京都
89.0
%
2011
-12
マイケル・パーカー
(島根)
23.1 ケニー・サターフィールド
(埼玉)
6.7 クリス・ホルム
(新潟)
14.3 ジャメル・スタテン
千葉
2.8 ジェラル・デービス
(島根)
3.8 デイビッド・パルマー
(沖縄)
50.0
%
青木康平
(大阪)
89.5
%
2012
-13
ジョン・ハンフリー
(埼玉)
27.2 志村雄彦
(仙台)
6.3 クリス・ホルム
(新潟)
14.5 マイケル・パーカー
(島根)
2.3 ジェラル・デービス
(島根)
3.5 蒲谷正之
(横浜)
43.4
%
デイビッド・パルマー
(京都)
89.5
%
2013
-14
ジョン・ハンフリー
(埼玉)
23.9 富樫勇樹
(秋田)
7.9 ルーベン・ボイキン
(秋田)
13.5 ジョン・ハンフリー
(埼玉)
2.1 アンソニー・ストーバー
東京C
2.9 田口成浩
(秋田)
44.5
%
菅原洋介
(大阪)
89.6
%
2014
-15
ケジュアン・ジョンソン
(仙台)
23.8 鈴木達也
(奈良)
7.0 ウィル・フォスター
(東京)
13.7 ケジュアン・ジョンソン
(仙台)
2.8 ウィル・フォスター
(東京C)
3.5 大口真洋
(浜松)
44.9
%
青木康平
(福岡)
93.3
%
2015
-16
ルブライアン・ナッシュ
(福島)
26.6 鈴木達也
(奈良)
6.6 ジョシュ・デービス
(島根)
15.5 アンドレ・マレー
広島→東京)
2.3 エグゼビア・ギブソン
(長野)
2.5 横尾達泰
(島根)
45.8
%
青木康平
(福岡)
94.5
%

各年度の受賞者編集