メインメニューを開く

アイラ・ブラウン

バスケットボール選手

アイラ・ブラウン(Ira Brown、1982年8月3日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州コンロー出身[3]の男子プロバスケットボール選手である。B.LEAGUE大阪エヴェッサに所属している。身長193cm、体重105kgで、ポジションはフォワード[1]。日本国籍。

アイラ・ブラウン
Ira Brown
Ira Brown.jpg
大阪エヴェッサ  No.33
ポジション フォワード
背番号 33
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 105kg (231 lb)
血液型 O[1]
基本情報
本名 Ira Demond Brown[2]
ラテン文字 Ira Brown
誕生日 (1982-08-03) 1982年8月3日(37歳)
日本の旗 日本
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州コンロー
ドラフト  
選手経歴
2010
2010-2011
2011
2011
2011-2014
2014-2017
2017-2019
2019-
メキシコの旗コラス・デ・テピック
アルゼンチンの旗アソシエーションエスパノラ
フィリピンの旗サンミゲル ベールメン
メキシコの旗ラガートスUANデテピック
日本の旗富山グラウジーズ
日本の旗サンロッカーズ渋谷
日本の旗琉球ゴールデンキングス
日本の旗大阪エヴェッサ

2011-12シーズンより富山グラウジーズに所属し、2013-14シーズンのベスト5。2014-15シーズンより日立(現・サンロッカーズ渋谷)に移籍。元野球選手であり、メジャーリーグベースボールドラフト会議にて指名された経験を持つ。

2019年オフ 大阪エヴェッサへの移籍が決まった

来歴編集

野球選手として編集

投手であったブラウンは高校卒業後の2001年のMLBドラフトにおいて、カンザスシティ・ロイヤルズに8巡目・全体の235位で指名された。2004年にはマイナーリーグクラスAまで昇格したものの、肩の故障のため2005年に引退した[3][2]

バスケットボール選手として編集

高校時代からバスケットボールをプレイしていたが、MLBでドラフトされたのを期にバスケを引退していた。野球選手としての最後のシーズンを終えた2005年5月にフェニックスカレッジ英語版コミュニティ・カレッジ)に入学し、バスケットボールを再開した[3]。2007年からはゴンザガ大学に編入し、2008-09シーズンには34試合に出場、一試合平均2.6得点を記録した[3][4]

ゴンザガ大学を卒業後、2009年に行われたNBAデベロップメント・リーグのドラフト会議では4巡目にオースティン・トロスに指名されたものの、その後のキャンプに参加しなかった[4]。プロ選手としてメキシコやアルゼンチン、フィリピンのチームに所属した。

2011-12シーズンは日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の富山グラウジーズと契約。レギュラーシーズン全52試合にスターターで出場してプレーオフ進出に貢献した。シーズン終了後には3on3バスケットボールのアメリカ合衆国ナショナルチームメンバーに選出された[5]

bjリーグ 2012-13シーズンも富山と契約。有明コロシアムで開催されたbjリーグオールスターゲームのダンクコンテストに初出場[6]。レギュラーシーズンは50試合に出場して、チームトップの1試合平均16.48得点とリバウンド9.14本、リーグ5位のスティール2.0本を記録。2013年1月26-27日開催の群馬クレインサンダーズ戦の活躍で週間MVPを受賞[7]。富山はチーム史上最高の勝率を記録し、プレイオフでも初めてファーストラウンドの突破に成功した。

bjリーグ 2013-14シーズンは2シーズンぶりにレギュラーシーズン全52試合にスターターで出場し、16.8得点、10リバウンド(リーグ10位)、3.3アシストを記録。チーム初のイースタン1位に貢献し、ベスト5に初選出された。

2014年オフ、NBLの日立サンロッカーズ東京(現在のサンロッカーズ渋谷)に移籍。

2016年8月、日本国籍を取得。

2017年6月にSR渋谷から契約満了となるも、翌シーズンからは琉球ゴールデンキングスへ移籍する。

日本代表歴編集

2016年8月に日本に帰化した後、バスケットボール日本代表に選出された。2016年FIBAアジアチャレンジに出場。2017年は東アジア選手権で3位となった。ナショナルチームの帰化選手枠は1であるため、ニック・ファジーカスが2018年4月に日本に帰化した後にブラウンは日本代表から外れたが、ファジーカスが故障で欠場した同年9月のW杯予選・カザフスタン戦とイラン戦では日本代表に復帰し、ゴンザガ大学の後輩八村塁らとともに2連勝に貢献した[8]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2011-12 富山 52 52 30.6 .475 .323 .625 6.3 1.9 1.4 0.9 2.3 12.7
bjリーグ 2012-13 富山 50 48 31.8 .537 .254 .658 9.1 3.2 2.0 1.2 2.9 16.5
bjリーグ 2013-14 富山 52 52 34.2 .523 .419 .650 10.0 3.3 1.6 1.0 2.6 16.8
NBL 2014-15 日立 54 45 27.8 .503 .364 .651 7.9 2.1 0.9 1.0 2.4 13.7
NBL 2015-16 日立 54 50 29.3 .506 .214 .667 6.9 1.9 1.2 0.8 2.0 13.2
B1 2016-17 渋谷 57 44 29.3 .517 35.8 .597 8.3 2.5 1.3 0.9 1.9 13.7
B1 2017-18 琉球 60 58 28.7 .490 .409 .614 7.0 2.9 1.3 0.8 1.6 11.2

受賞歴編集

  • bjリーグ
    • ベスト5 1回(2013-14)
    • 週間MVP 1回(2013年1月26-27日)

脚注編集

  1. ^ a b 『bjリーグ オフィシャルガイドブック 2013-2014』bjリーグ、2013年10月4日。
  2. ^ a b Ira Brown Baseball Statistics”. THE BASEBALL CUBE. 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c d Ira Brown Bio”. ゴンザガ大学. 2013年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月8日閲覧。
  4. ^ a b Ira Brown Player Profile”. RealGM. 2013年12月8日閲覧。
  5. ^ 富山グラウジーズ、アイラ・ブラウン、エンジェル・ガルシア選手と契約基本合意へ”. Basketballnavi. 2012年12月1日閲覧。
  6. ^ ダンクコンテスト レポート
  7. ^ 『ローソン“Ponta”週間MVP賞』受賞のお知らせ”. 富山グラウジーズ. 2013年4月6日閲覧。
  8. ^ イラン戦は俺たちに任せろ、アイラ・ブラウン&八村塁の『ゴンザガ兄弟』に期待!2018年9月16日

関連項目編集

外部リンク編集