INNOCENT SKY』(イノセント・スカイ)は吉川晃司3枚目のアルバム。1985年3月30日SMSレコードよりリリースされた。

INNOCENT SKY
吉川晃司スタジオ・アルバム
リリース
録音 SEDIC STUDIO
ジャンル ロック
ニュー・ウェイヴ
時間
レーベル SMSレコード
プロデュース 木崎賢治
小野山二郎
チャート最高順位
吉川晃司 アルバム 年表
The Soundtrack
(1985年)
INNOCENT SKY
(1985年)
MODERN TIME
1986年
テンプレートを表示

解説編集

前作「LA VIE EN ROSE」に続き初登場1位獲得。本作は、作曲家陣に加え、編曲、及びベーシストとして後藤次利が全面サポート。本作以降、吉川と後藤の交流が続く。吉川曰く「東京が最終目的地だとしたら、静岡まで来たかな」「第一次ファン層がひっくり返って、ダーっと離れていった」[1]

「別の夢、別の夏」が後に発売されたシングル「にくまれそうなNEWフェイス」(1985年)のカップリング曲としてシングルカットされた以外、シングル曲は未収録。

表題曲である「INNOCENT SKY」は、吉川も非常に思い入れのある作品であり、現在でもライブで歌われる楽曲。また、アルバム発売直後にテレビ番組『夜のヒットスタジオ』(1968年 - 1990年フジテレビ系列)に1985年5月度のマンスリー・ゲストとして出演した際には、本作の中の曲として、本楽曲がフルコーラスで披露された。

吉川初の自作曲「Gimme One Good Night」の制作工程としては、遊びでレコーディングしたそうで、当時の洋楽雑誌の記事にある「誰々がスタジオに遊びに来て、パッと来てセッションした」感じを格好いいと思っていたため、プロデューサー木崎には反対されたが、作曲の大沢が遊びに来た時にその場で作った[1]

ジャケットのデザイン(アートワーク)は、本人自ら行っている。

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1985年3月30日 SMSレコード LP
CT
SM28-5414
CM28-5414
1位
2 1985年4月21日 SMSレコード CD MD32-5004 -
3 1998年6月10日 ポリドール CD POCH-1701 -
4 2007年3月14日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-6338 - 紙ジャケット仕様
5 2014年4月23日 ワーナーミュージック・ジャパン SHM-CD WPCL-11806 - 2014年24bitデジタルリマスタリング

収録曲編集

A面[2]
全編曲: 後藤次利
#タイトル作詞作曲時間
1.心の闇(ハローダークネス)安藤秀樹原田真二
2.Gimme One Good Night吉川晃司大沢誉志幸
3.スリルなモナリザ松本一起佐藤健
4.サイレント シンデレラ松本一起伊藤銀次
5.別の夢、別の夏安藤秀樹佐藤健
B面[2]
#タイトル作詞作曲時間
6.Lady Baby松本一起後藤次利
7.in a sentimental mood安藤秀樹大沢誉志幸
8.雨上がりの非常階段松本一起NOBODY
9.INNOCENT SKY松本一起佐藤健

参加ミュージシャン編集

脚注編集

注釈編集

脚注編集

  1. ^ a b 「全アルバム解説 INNOCENT SKY」『月刊カドカワ 1993年3月号』第11巻第3号、角川書店、1993年3月1日、 33頁。
  2. ^ a b Koji Kikkawa - Innocent Sky (1985, Vinyl)”. Discogs. 2021年2月23日閲覧。

外部リンク編集