メインメニューを開く

JRホテルグループ(ジェイアールホテルグループ)とは、JR各社が運営する各ホテルグループの総称。ここでは、国鉄共済組合が開設した弥生会館についても述べる。

概要編集

鉄道院時代の奈良ホテル日本ホテルによる東京ステーションホテルを発端に、国鉄は運営会社を設立あるいは出資を通じてホテル事業を行っており、1984年8月にグループ化させた前身の「JNRホテルグループ」を発足した。分割民営化後は、JR各社が沿線毎にホテル事業会社(日本ホテル、XXターミナルホテルなど)の出資を継承し、現在までに数多くの新たなホテルが各社によって開業されている。
なお、民営化後に新設された一部のホテルはIHG・ANAオークラ ニッコー ホテルマネジメントマリオット等の共同出資によって、ダブルネーム(複数のホテルブランド)で運営されている施設もある。また、旅客鉄道会社の子会社などで資本面での関わりがあるものの、JRホテルグループには属していない宿泊施設がある。

国鉄時代に建てられたホテルの多くが「○○ターミナルホテル」という名称であったが、今日では殆どJR各社のブランド名に改称されている。これは英語の"terminal"が医学用語で「末期の」「臨終の」という意味でも使われることから[1]、それを嫌ったためである(永六輔は著書で「"TERMINAL HOTEL"を『終末医療を行う施設』を指す語として用いている国も多く、海外旅行客がこの名前を嫌って宿泊しないことに気付いたため名称変更した」と指摘している[2])。2017年12月31日に、最後まで「○○ターミナルホテル」を名称に使用していた「三宮ターミナルホテル」が閉館したことにより、国鉄時代からの「駅名・都市名+ターミナルホテル」を使用するJRホテルグループのホテルは消滅した。

各社のホテルグループ編集

JR北海道編集

北海道旅客鉄道は、「JR北海道ホテルズ」という名称でグループを構成している。JR北海道による経営合理化の推進を目的に、シティホテル運営の「JR北海道ホテルズ」と宿泊特化型のホテルを運営する「北海道JRインマネジメント」の2社の集約が検討されている[3]

以下のホテルは営業を終了しているか、売却等でグループより離脱している。

  • 旭川ターミナルホテル(1982年10月開業、2012年9月30日閉店)
  • ロワジールホテル旭川(旭川ターミナルビル運営、2015年10月売却)
  • クロフォード・イン大沼(北海道キヨスク運営、2015年11月売却)

JR東日本編集

東日本旅客鉄道は、「JR東日本ホテルズ」という名称で、複数のホテル運営会社(関東圏は日本ホテル、それ以外の地域は当地の駅ビル運営法人による運営のパターンが多い)を包括してグループを構成している。JR東日本ホテルズとしてのグループ事務局機能は、日本ホテルが担当している。

JRホテルグループに属するブランド

JR貨物編集

JR東日本ホテルズに属する「ホテルメッツ田端」は、田端操駅(現在の田端信号場駅)の敷地を活用して日本貨物鉄道が建築し、同社子会社の「ジェイアールエフ・ホテル」→のちの「ジェイアールエフ開発」がJR東日本のフランチャイズとして運営を行っていた。しかし同店舗は2012年7月1日付でJR東日本グループへ移管し、経営および運営業務は日本ホテルが行うこととなり、JR貨物グループの運営ホテルは消滅した。また、日本ホテルが運営する「ホテルメトロポリタンエドモント」新館の「イーストウィング」を内包した再開発街区「アイガーデンエア」は、JR貨物などが所有するかつての飯田町駅周辺の跡地を利活用したもので、イーストウィングはこの開発事業に参画したJR東日本によって、JR貨物の所有地に建設されたものである。

JR東海編集

東海旅客鉄道は、子会社のジェイアール東海ホテルズが、「アソシアホテルズ&リゾーツ」というグループ名称で運営している。2017年4月17日JRゲートタワー内に名古屋JRゲートタワーホテルを開業した[4]

アソシアホテルズ&リゾーツの内、次の施設はマリオット・インターナショナルに加盟し、JRホテルグループには含まれていない。

JR西日本編集

西日本旅客鉄道は、「JR西日本ホテルズ」という名称でグループを構成している。

  • ホテルグランヴィア
    • 大阪・京都・和歌山・岡山・広島
  • ホテルヴィスキオ by GRANVIA
    • ホテルヴィスキオ尼崎 by GRANVIA(旧ホテルホップイン・アミング、尼崎駅
    • ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA
  • 奈良ホテル(株式会社近鉄・都ホテルズとの合弁、都ホテルズ&リゾーツにも加盟)

なお、完全子会社のジェイアール西日本デイリーサービスネットが運営するビジネスホテル「ヴィアイン」が事業を広げているが、JR西日本ホテルズ・JRホテルグループには属していない。 また、同じくJR西日本米子メンテックが運営するビジネスホテル「グリーンホテル米子」やジェイアール西日本ウェルネットが運営する「JRくろしお荘」、JR西日本ファーストキャビンが運営する「ファーストキャビンステーションあべの荘」もJR西日本ホテルズ・JRホテルグループには属していない。

JR四国編集

四国旅客鉄道は、「JR四国ホテルグループ」という名称でグループを構成している。また宿泊特化型のホテル事業への参入を検討している[5]

JR四国ホテルグループの内、次の宿泊施設はJRホテルグループには属していない(当然、阪急阪神第一ホテルグループにもなっていない)。

  • 四万十の宿

JR九州編集

 
JRホテル屋久島遠景

九州旅客鉄道は、「JR九州グループホテル」という名称でグループを構成している。なお、施設名の横に△が付いているホテル・旅館はJRホテルメンバーズ対象外の施設。

弥生会館編集

弥生会館(やよいかいかん)は、国鉄職員およびその退職者を対象に長期給付事業(年金)、短期給付事業(医療給付)、物資事業(小売、通称「国鉄物資部」)などを行った共済組合国鉄共済組合が、組合員の福利厚生を目的に経営したホテル業態の保養宿泊施設である。全国9か所に開設された。1987年、日本国有鉄道改革法等施行法に基づいて国鉄共済組合が改称した日本鉄道共済組合が事業を承継した。1996年電電専売を含む旧3公社共済組合の厚生年金統合による日本鉄道共済組合の事業縮小にともない、JR各社に売却した。

このうち現在も営業されているのは札幌1か所で、札幌・名古屋以外は各ホテルグループに加盟していた。営業継続している札幌は、2016年現在も非加盟。

  • 札幌弥生会館→1996年に「さっぽろ弥生」へリニューアルし、営業中。
  • 仙台弥生会館(現在の仙台市青葉区五橋)→営業終了後解体され、現在は東日本旅客鉄道仙台支社が跡地に立地。
  • 東京弥生会館(台東区池之端)→2006年2月末に閉館し営業を終了した[7]。跡地はタワーマンションとなる。
  • 芝弥生会館(港区海岸)→シーサイドホテル芝弥生(日本レストランエンタプライズ運営)としてリニューアルの上で継続してきたが、2016年7月31日を以て閉館し営業を終了した。隣接する劇団四季の劇場とJR東日本の浜松町社宅の跡地を含めた再開発により、新設される高層棟の上位フロアにホテルが設置される予定[8]
  • 名古屋弥生会館(千種区内山)→2003年6月閉館し、名古屋トヨペット店舗となる。
  • 京都弥生会館→2009年6月末で閉館。
  • 大阪弥生会館→「ホテル大阪弥生会館」へリニューアルし、営業していたが、2015年9月26日に閉館。跡地はJR西日本ホテルズの新ブランドであるホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIAとして2018年6月6日開業[9]
  • 広島弥生会館
  • 小倉弥生会館→1997年解体、跡地は2004年にヤマダ電機テックランド小倉本店となる。

予約センター編集

宿泊予約は、各グループのインターネット予約・各社旅行窓口・各ホテル・旅行代理店でもできるが、JRホテルグループとしても「JRホテルグループ東京予約センター」と言う予約窓口を東京駅に設けている。JRホテルグループに属していない宿泊施設の予約等は受け付けられない。

青春18きっぷ利用者のホテルの予約および問い合わせについては、このセンター宛へ案内されている。

割引サービス編集

JRホテルグループとして割引(正規料金の10%程度)が受けられる。

脚注編集

  1. ^ ジーニアス英和大辞典より。
  2. ^ 永六輔『大往生』(岩波新書、1994年)p69-70
  3. ^ “JR北海道、グループ会社再編へ ホテル運営を集約”. 日本経済新聞. (2015年10月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01I6O_R01C15A0TJC000/ 2016年8月9日閲覧。 
  4. ^ “JR東海、ゲートタワー飲食街に33店舗が中部初出店”. 日本経済新聞. (2016年3月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD02H1D_S6A300C1L91000/ 2016年8月9日閲覧。 
  5. ^ “JR四国、「宿泊専用」ホテル開発 高松・高知などで検討”. 日本経済新聞. (2016年1月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95884510X00C16A1LA0000/ 2016年8月9日閲覧。 
  6. ^ “沖縄でホテル新設相次ぐ 本島中部に高級リゾート”. 日本経済新聞. (2015年12月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95055360R11C15A2LX0000/ 2016年8月9日閲覧。 
  7. ^ 『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』p.463
  8. ^ “シーサイドホテル芝弥生跡地にラグジュアリーホテル入居!竹芝ウォーターフロント開発計画”. 週刊ホテルレストランオンライン. (2016年7月22日). http://www.hoteresonline.com/articles/2485?p=1 2017年7月13日閲覧。 
  9. ^ 大阪駅北にJR西日本ホテルグループの新ブランドホテル第一号開業「ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA」 2018年6月6日オープン~2017年10月5日予約受付開始~ ホテル「ホップイン」アミング、2018年6月6日 「ホテルヴィスキオ尼崎 by GRANVIA」リブランドオープン - ジェイアール西日本ホテル開発・ホテルグランヴィア大阪・尼崎ホテル開発 2017年9月20日(2017年12月16日閲覧)

参考文献編集

  • 東日本旅客鉄道株式会社編『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』 東日本旅客鉄道、2007年。

外部リンク編集