Kリーグ2

韓国のサッカー2部リーグ
Kリーグチャレンジから転送)

Kリーグ2(K리그2、K League 2)は、大韓民国(韓国)におけるプロサッカーの2部リーグである。2013年に設立された[1]Kリーグ1と同様に大韓サッカー協会(KFA)傘下の韓国プロサッカー連盟朝鮮語版によって運営されている。リーグスポンサーの協賛によりハナ1Q Kリーグ2と呼ばれる。

Kリーグ2
K리그2
加盟国 大韓民国の旗 韓国
大陸連盟 AFC
創立 2013
参加クラブ 13
上位リーグ Kリーグ1
国内大会 韓国FAカップ
最新優勝クラブ 金泉尚武FC (2回目) (2023)
最多優勝クラブ 金泉尚武FC
尚州尚武FC
光州FC (2回)
公式サイト 公式サイト
2023
Kリーグ2
各種表記
ハングル K리그2
発音 ケイリグ2
英語 K League 2
テンプレートを表示

韓国には3部と4部相当のリーグとしてKFAが運営するセミプロリーグのK3リーグK4リーグが存在するが、K3リーグとK4リーグの間で昇降格は行われるが、Kリーグ2とK3リーグの間での昇降格は行われない。

歴史 編集

2012年までの韓国のサッカーピラミッドではKリーグが1部、ナショナルリーグ(2005年まではK2リーグ)が2部に相当するリーグであった。かつて両リーグ間の昇降格制度の導入を目指していたが、2006年のナショナルリーグ優勝を果たした高陽国民銀行が昇格権を放棄して以来、昇降格制度は形骸化しつつあった。2011年7月、韓国プロサッカー連盟は昇降格制度を含む1・2部制の2013年からの導入を発表した[2]

2013年1月3日、韓国プロサッカー連盟は1部リーグのKリーグからKリーグクラシックへの改称、新設される2部リーグの名称がKリーグとなることを発表した[1]。そして3月11日、2部リーグはKリーグチャレンジという名称にし、1部リーグとの差別化を図ることにした。

初年度のKリーグチャレンジは旧Kリーグから降格した尚州尚武FC光州FC、ナショナルリーグに参加していた高陽Hi FC水原FC忠州ヒュンメルFCチャレンジャースリーグに参加していた富川FC 1995Rリーグに参加していた韓国警察庁サッカー団、新設クラブのFC安養[3]の8チームで構成された。

2年目の2014年はKリーグクラシックに昇格した尚州尚武FCの代わりに、降格した大田シチズン江原FC大邱FCが加わり10チームで構成された。2015年シーズンよりソウルイーランドFC、2017年シーズンより安山グリナースFCが加入し、代わりに高陽ザイクロFC(旧高陽Hi FC)と忠州ヒュンメルFCが脱退したため以降は10クラブが所属している。2018年よりKリーグチャレンジからKリーグ2に改称された。

大会形式 編集

リーグ名 チーム数 試合数 フォーマット
2013 現代オイルバンクKリーグチャレンジ 8 35 単一リーグ+入れ替え戦
2014 現代オイルバンクKリーグチャレンジ 10 36 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2015 現代オイルバンクKリーグチャレンジ 11 40 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2016 現代オイルバンクKリーグチャレンジ 11 40 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2017 現代オイルバンクKリーグチャレンジ 10 36 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2018 現代オイルバンクKリーグ2 10 36 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2019 現代オイルバンクKリーグ2 10 36 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2020 ハナ1Q Kリーグ2 10 27 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2021 ハナ1Q Kリーグ2 10 36 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2022 ハナ1Q Kリーグ2 11 40 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦
2023 ハナ1Q Kリーグ2 13 36 単一リーグ+自動昇格・入れ替え戦

2013年 編集

8クラブが参加し、開催期間は3月16日から11月30日[4]。各チーム5回ずつの総当たり(ホーム・アンド・アウェー2試合ずつ+どちらか一方での1試合)35試合を行う[4]。ただし、韓国警察庁サッカー団については本拠地の龍仁市警察学校グラウンドがKリーグの基準スペックを満たしていないため、例外としてホームゲーム扱いの試合も敵地での開催となっている。

2014年からKリーグ1が12チーム(2013年は暫定で14チーム)の固定大会となるため、この年は自動昇格はなく、Kリーグ2の優勝チームがKリーグクラシックの決勝リーグ・グループB(下位リーグ)で5位(通算12位)となったチームとホーム&アウェー方式の入れ替え戦を行う[4]。ただし韓国警察庁が優勝した場合は入れ替え戦は行わず、2位のチームの繰り上げ出場も認められない。なお当面はKリーグ2と3部に当たるナショナルリーグとの直接の入れ替えは行わない予定である。

2014年 編集

2014年からはKリーグクラシックは12チーム固定となっており、これに伴い2014年のKリーグチャレンジは10チームによる4回総当たりとなる。入れ替えについては、クラシックの決勝リーググループB(下位6チーム)の最下位(通算12位)とチャレンジの優勝チームとの間で自動入れ替え、クラシックのグループBの5位(通算11位)とチャレンジ側は2位-4位の間による「入れ替え戦出場プレーオフ」を行い(1回戦は3位-4位、2回戦は2位-1回戦勝者の組み合わせで、いずれも一発勝負。日本のJ1昇格プレーオフ同様、90分間で引き分けの場合は上位順位のクラブが勝ち抜け)、そこで優勝したチームとの間でホーム&アウェー方式の入れ替え戦を行う。クラシックへの昇格権のないクラブが上位に入った場合、昇格の権利は下位クラブに移る。

2015年 - 現在 編集

2015年から2016年までは新規参加チームが加わり、11チームだった。2017年からは1チームが加盟、2チームが脱退により10チームとなった。2022年には金浦FCが、翌2023年には忠北清州FC天安シティFCがKリーグに入会したことにより、Kリーグ2は13チームで争われる事になった。

出場選手登録枠 編集

Kリーグ2においては、2024年度までは「通常外国人枠5人(同時出場4人まで)+アジア枠1人」としていたが、2025年度から「通常外国人枠4人+東南アジア国籍枠1人」と改め、この外国人枠5人は全員同時出場が可能となる。これはアジア枠の廃止傾向を踏まえたものである。決定自体は2023年末だったが、2024年も多くのクラブでアジア枠の選手の契約が残っている点を踏まえて、猶予期間1年を設けている。

また、「U-22(22歳以下)出場義務規定」があり、22歳以下の選手の先発出場した人数に応じて、その試合の交代枠が定められている。

  • 22歳以下の選手が先発出場しなかった場合:交代枠2人
  • 22歳以下の選手が1人だけ先発し、かつ追加の交代出場がなかった場合:交代枠3人
  • 22歳以下の選手が2人以上先発するか、1人先発、かつ1人交代出場した場合:交代枠5人

2025年度からは「ホームグロウン制度」を制定し、韓国以外の外国籍のユース選手が、韓国国内のアマチュア育成チームなど一定期間所属していた選手については、韓国籍と同等扱いとみなす。[5]

所属クラブ 編集

  • 2023シーズン。斜体Kリーグ1に所属経験のあるクラブ。
クラブ名 ホームタウン スタジアム 2022年順位 参加年
金泉尚武FC 慶尚北道金泉市 金泉総合運動場 Kリーグ1 11位 2023-
城南FC 京畿道城南市 炭川総合運動場 Kリーグ1 12位 2023-
FC安養[3] 京畿道安養市 安養総合運動場 Kリーグ2 3位 2013-
富川FC 1995 京畿道富川市 富川総合運動場 Kリーグ2 4位 2013-
慶南FC 慶尚南道昌原市 昌原サッカーセンター Kリーグ2 5位 2020-
忠南牙山FC 忠清南道牙山市 李舜臣総合運動場 Kリーグ2 6位 2020-
ソウルイーランドFC ソウル特別市 ソウルオリンピック主競技場 Kリーグ2 7位 2015-
金浦FC 京畿道金浦市 金浦ソルトサッカー競技場 Kリーグ2 8位 2022-
安山グリナースFC 京畿道安山市 安山ワースタジアム Kリーグ2 9位 2017-
釜山アイパーク 釜山広域市 九徳運動場 Kリーグ2 10位 2021-
全南ドラゴンズ 全羅南道光陽市 光陽専用球技場 Kリーグ2 11位 2019-
天安シティFC 忠清南道天安市 天安総合運動場 - 2023-
忠北清州FC 忠清北道清州市 清州総合運動場 - 2023-

脱退したクラブ 編集

クラブ名 ホームタウン スタジアム 参加年
高陽ザイクロFC 京畿道高陽市 高陽総合運動場 2013-2016
忠州ヒュンメルFC 忠清北道忠州市 忠州総合運動場 2013-2016

結果 編集

歴代優勝クラブ 編集

優勝クラブ MVP 得点王
2013 尚州尚武FC   李根鎬(尚州尚武)   李根鎬(尚州尚武)
2014 大田シチズン   アドリアーノ(大田)   アドリアーノ(大田)
2015 尚州尚武FC   ジョナサン(大邱)   ジョナサン(大邱)
2016 安山ムグンファFC   金東燦朝鮮語版(大田)   金東燦朝鮮語版(大田)
2017 慶南FC   マルコン(慶南)   マルコン(慶南)
2018 牙山ムグンファFC   羅相浩(光州FC)   羅相浩(光州FC)
2019 光州FC   フィリペ・シルバ(光州FC)   フィリペ・シルバ(光州FC)
2020 済州ユナイテッドFC   安柄俊(水原FC)   安柄俊(水原FC)
2021 金泉尚武FC   安柄俊(釜山)   安柄俊(釜山)
2022 光州FC   安泳奎(光州FC)   柳康鉉朝鮮語版(慶南)
2023 金泉尚武FC

クラブ別優勝回数 編集

クラブ名 優勝 準優勝 優勝年度
光州FC
2
1
2019, 2022
金泉尚武FC
2
0
2021, 2023
尚州尚武FC
2
0
2013, 2015
安山ムグンファFC
1
2
2016
大田シチズン
1
2
2014
済州ユナイテッドFC
1
0
2020
牙山ムグンファFC
1
0
2018
慶南FC
1
0
2017
釜山アイパーク
0
3
水原FC
0
2
城南FC
0
1
大邱FC
0
1

歴代昇降格クラブ 編集

Kリーグ間の昇格・降格チーム
  • 太字=自動昇・降格。Kリーグクラシック最下位<12位>とKリーグチャレンジ1位クラブ間。ただし2012年はチーム数削減のため、下位2チーム<15・16位>自動降格のみで昇格はなし。2013年は自動昇格はなく下位2チーム<13・14位>が自動降格。
  • 普通字体=入れ替え戦の結果による昇・降格。Kリーグクラシックの11位とKリーグチャレンジ2位クラブ間。ただし2012年は昇格なし。2013年は自動昇格がなく、Kリーグクラシック12位とKリーグチャレンジ1位クラブの入れ替え戦によって決定。
Kリーグ新規参入チーム
  • 太字=新結成チーム。
  • 普通字体=下部リーグ。ナショナルリーグ、チャレンジャーズリーグからの昇格。
昇格クラブ 降格クラブ 新規参入クラブ 脱退したクラブ
2012 なし 光州FC、尚州尚武FC 水原FC、高陽Hi FC、忠州ヒュンメルFC
富川FC、警察蹴球団、FC安養[3]
なし
2013 尚州尚武FC 大田シチズン、江原FC、大邱FC なし なし
2014 大田シチズンFC、光州FC 尚州尚武FC、慶南FC ソウルイーランドFC なし
2015 尚州尚武FC、水原FC 大田シチズン、釜山アイパーク なし なし
2016 大邱FC、江原FC 水原FC、城南FC 安山グリナースFC 高陽ザイクロFC、忠州ヒュンメルFC
2017 慶南FC 光州FC なし なし
2018 城南FC 全南ドラゴンズ なし なし
2019 光州FC、釜山アイパーク 済州ユナイテッドFC、慶南FC なし なし
2020 済州ユナイテッドFC、水原FC 釜山アイパーク、尚州尚武FC なし なし
2021 金泉尚武FC 光州FC 金浦FC なし
2022 光州FC、大田シチズン 城南FC、金泉尚武FC 天安シティFC、忠北清州FC なし
2023 金泉尚武FC - なし なし

脚注 編集

  1. ^ a b [Kリーグ]1部は“Kリーグクラッシク”、2部は“Kリーグ”でスタート!!”. 大韓サッカー協会 (2013年1月4日). 2013年2月14日閲覧。
  2. ^ Kリーグ、八百長防止関連の総合対策を発表”. 大韓サッカー協会 (2011年7月11日). 2013年2月14日閲覧。
  3. ^ a b c 形式上は新設加盟であるが、高陽国民銀行(ナショナルリーグ)が改組する形で加盟した。
  4. ^ a b c Kリーグ・クラシック、3月2日開幕。9カ月間熱戦”. 大韓サッカー協会 (2013年1月17日). 2013年2月14日閲覧。
  5. ^ Kリーグ、2025年シーズンより「アジア枠」撤廃。ほか「ホームグロウン制度導入」「U-22選手義務出場規定緩和」など(スポーツナビ)

関連項目 編集

外部リンク 編集