メインメニューを開く

PBY / PB2B / PBV / PBN カタリナ
OA-10 カタリナ
カンソー / カタリナ

アリューシャン列島上空を飛行するPBY-5A (第61哨戒飛行隊所属、1943年撮影)

アリューシャン列島上空を飛行するPBY-5A
(第61哨戒飛行隊所属、1943年撮影)

PBY カタリナConsolidated PBY Catalina )は、アメリカ合衆国コンソリデーテッド・エアクラフト社が開発した飛行艇である。

1935年に初飛行、第二次世界大戦中はアメリカ海軍を始めとして、連合国各国で対潜哨戒沿岸警備海難救助などに用いられた。またアメリカ陸軍航空軍でも捜索救難機として水陸両用のOA-10Aカタリナを採用した。軍を退役したのちは現在まで消防機として各所で用いられている。

コンソリデーテッド社の他にボーイング・カナダ社、カナディアン・ヴィッカース社、海軍工廠でも生産され、それらはPB2BPBVPBNの制式名で呼ばれた。

目次

開発編集

アメリカ海軍における哨戒用飛行艇として、1933年よりXP3Y-1(社内名称:モデル28)として開発が開始された。1935年3月に初飛行し、同年6月に量産発注がなされ、PBY-1の名称が付けられている。名称変更は哨戒機「P」から哨戒爆撃機「PB」 への分類変更によるものである。「Y」はコンソリデーテッド社を表す。後にPBYは『カタリナ』または『キャット』と呼ばれるようになる。双発エンジンにもかかわらず巡航速度は200km/hと決して速くはなかった。だが航続距離は4800km以上、連続飛行時間は15時間にも及んだ。

機体編集

双発のレシプロ機であり、主翼はパラソル配置(胴体から離れた高翼単葉)となっている。主翼端にフロートを持つが、これは格納式で、飛行中は主翼と一体となり、空気抵抗を減じている。水平尾翼垂直尾翼の中ほどにあり、垂直尾翼は方向舵の比率が高い。

二式大艇とPBYの両方を操縦した日本海軍の日辻常雄少佐は、二式大艇と比べ飛行性能は圧倒的に劣るものの、ポーポイズ現象や機体強度の問題が無く、離水も簡単で機内はガソリン漏れの心配が無いなど乗員へ配慮した設計思想の差を感じたという[1]

運用編集

 
空中放水を行う消防機改造型PBY

1937年からアメリカ海軍で部隊配備が開始され、哨戒任務のほか救難任務にも使用された。第二次世界大戦においても活躍し、アメリカ海軍のほか、アメリカ陸軍航空隊アメリカ沿岸警備隊、そして連合国のイギリスカナダオーストラリアなどでも使用され、日本でも1956年海上自衛隊に2機が供与されたが、引き渡された時点で旧式であったため、1960年に全機除籍。

太平洋戦争開戦直前の1941年12月7日には、マレー作戦に参加する上陸部隊を乗せた輸送船団の上空護衛を行っていた日本陸軍九七式戦闘機が、哨戒中のカタリナを(正式な開戦の前であったが)撃墜した。これは同戦争における最初の連合国軍の損失であった。

第二次世界大戦後には多くが民間に払い下げられ、アメリカやブラジル、カナダ、台湾(チャイナエアライントランスアジア航空)などで旅客機として使用されたものもある他、消防機としても用いられている。

カタリナはスウェーデン空軍機(スウェーデン空軍名称Tp 47)としても用いられたが、1952年6月16日エストニアの北で行方不明となったDC-3機(C-47)を捜索していた時にソビエト軍機に撃墜された。1956年になってソビエト連邦は、DC-3機の撃墜を認めたが、当時はこの情報は公表されなかった。2003年にDC-3機と共に発見されている。冷戦期間中の外交的危機となったこの事件は、その名称をとって「カタリナ事件」と呼ばれている。

各型編集

 
海上自衛隊で使用されたPBY-6A
  • XP3Y-1:試作機。
  • PBY-1:初期量産型。60機生産。
  • PBY-2:水平尾翼の改修。50機生産。
  • PBY-3:エンジンをR-1830-66(900馬力)に換装。66機生産。
  • PBY-4:エンジンをR-1830-72(1,050馬力)に換装。33機生産。[2]
  • PBY-5:エンジンをR-1830-90(1,200馬力)に換装。垂直尾翼後縁を直線状に変更。胴体左右の後部銃座の風防をスライド式から大型ブリスター型へ変更し、射撃範囲を拡大。684機生産。英軍名称 Catalina Mk.I
  • PBY-5A:機首下面および胴体側面に引き込み式の車輪を装備。水陸両用機となる。802機生産。英軍名称 Catalina Mk.III[3]
  • PBY-6A:AN/APS-3レーダーを増備。水陸両用機。安定性向上のため垂直尾翼を大型化。175機生産。海上自衛隊に2機が供与。[4]
  • PB2B-1:PBY-5のボーイングでの生産型。
  • PB2B-2:PBY-6Aのボーイングでの生産型。67機生産。

性能諸元編集

 
PBY-6A 3面図
機体名 PBY-4[2]
ミッション PATROL BOMBER TORPEDO
全長 65ft 10in (20.07m)
全幅 104ft (31.7m)
全高 18ft 6in (5.64m)
翼面積 1,400ft² (130.06m²)
空虚重量 14,999lbs (6,803kg)
離陸重量 29,244lbs (13,265kg) 30,000lbs (13,608kg)
搭載燃料 1,750gal (6,624ℓ) 1,185gal (4,486ℓ) 1,180gal (4,467ℓ)
携行装備 - 1,000lbs爆弾×4 MK13魚雷×2
エンジン Pratt & Whitney R-1830-72 (1,050Bhp) ×2
最高速度 194mph/12,000ft (312km/h 高度3,658m) 185mph/12,000ft (298km/h 高度3,658m) 188mph/12,000ft (303km/h 高度3,658m)
航続距離 4,110mile (6,614km) 2,630mile (4,233km) 2,400mile (3,862km)
武装 AN/M2 12.7mm機関銃×2 (弾数計800発) + AN/M2 7.62mm機関銃×2 (弾数計1,500発)
機体名 PBY-5A[3]
ミッション PATROL A.S. PATROL TORPEDO
全長 63ft 10.44in (19.47m)
全幅 104ft (31.7m)
全高 20ft 2in (6.15m)
翼面積 1,400ft² (130.06m²)
空虚重量 20,910lbs (9,485kg)
離陸重量 33,975lbs (15,411kg) 35,420lbs (16,066kg) 35,300lbs (16,012kg)
搭載燃料 1,463gal (5,538ℓ) 1,000gal (3,785ℓ)
携行装備 - 325lbs爆雷×4 MK13魚雷×2
エンジン Pratt & Whitney R-1830-92 (1,200Bhp) ×2
最高速度 179mph/7,000ft (288km/h 高度2,134m) 175mph/7,000ft (282km/h 高度2,134m) 173mph/7,000ft (278km/h 高度2,134m)
航続距離[5] 2,545st.mile (4,096km) 2,350st.mile (3,782km) 1,500st.mile (2,414km)
武装 AN/M2 12.7mm機関銃×2 (弾数計840発) + AN/M2 7.62mm機関銃×3 (弾数計2,600発)

現存する機体編集

  • 機体番号の欄は、無表記で4桁か5桁のものが米海軍航空局の機体番号(BuNo.)であり、ハイフンありが米陸軍航空軍、前にRAF、RAAF、RCAF、RDAF、RSwAF、SPAFとあるものはそれぞれイギリス空軍、オーストラリア空軍、カナダ空軍、オランダ空軍、スウェーデン空軍、スペイン空軍における番号である。
  • すべての機体を掲載しているわけではない。その他機体はウォーバード・レジストリに掲載。
  • 出典は各博物館サイトとウォーバード・レジストリ等に拠る。
型名     番号      機体写真     国名 所有者           公開状況 状態 備考             
PBY-5 2305
RAAF A24-30
  オーストラリア ビクトリア州 飛行艇博物館
(旧ボガ湖飛行艇基地)
公開 静態展示 製造番号 146。
PBY-5A 2459   オランダ リリーステッド スティッチング・ネプチューン・アソシエイション (Stichting Neptune Association)
リリーステッド空港に保管
公開 飛行可能 製造番号 300。
PBY-5A 5021 カナダ ノヴァスコシア州 太平洋カナダ航空博物館[1] 公開 修復中 製造番号 110。飛行登録番号 CF-HFL。[2]
PBY-5A 5028
RAF FP216
  アメリカ合衆国 フロリダ州 国立海軍航空博物館[3] 公開 静態展示 製造番号 117。胴体のみ内部が見えるように展示されている。写真
PBY-5A 8109
RDAF FM-57
RDAF 82-857
RDAF L-857
  ノルウェー ローガラン県 ソラ航空歴史博物館 公開 静態展示 製造番号 928。
PBY-5 8317   アメリカ合衆国 フロリダ州 国立海軍航空博物館 公開 静態展示 製造番号 1211。[4]
PBY-5A 33966   アメリカ合衆国 フロリダ州 ファンタジー・オブ・フライト[5] 公開 修復待ち 製造番号 1520。
PBY-5A
SA-10A
33993
43-43847
  アメリカ合衆国 ワシントン州 マコード航空博物館[6] 公開 静態展示 製造番号 1547。OA-10A / 434033として展示されている。[7]
PBY-5A 46456   アメリカ合衆国 ニューヨーク市 ゲートウェイ国立レクリエーションエリア
フロイト・ベネット・フィールド
公開 修復中 製造番号 1820。
PBY-5A 46522   アメリカ合衆国 オレゴン州 ティラムック航空博物館 公開 飛行可能 製造番号 1886。飛行登録番号 N2172N。
PBY-5A 46582   アメリカ合衆国 フロリダ州 ジャクソンヴィル海軍航空基地 公開 静態展示 製造番号 1946。
PBY-5A 46590
RAAF A24-387
  アメリカ合衆国 アリゾナ州 ピマ航空宇宙博物館 公開 保管中 製造番号 2143。
PBY-5A
OA-10A
46595
44-33879
  アメリカ合衆国 オハイオ州 国立アメリカ空軍博物館 公開 静態展示 製造番号 1959。[8]
PBY-5A 46596
SPAF DR.1-1
  スペイン マドリード スペイン航空宇宙博物館 公開 静態展示 製造番号 1960。
PBY-5A 46602   アメリカ合衆国 フロリダ州 国立海軍航空博物館 公開 静態展示 製造番号 1966。飛行登録番号 N607CC。[9]
PBY-5A 46624   オーストラリア ウェスタンオーストラリア州 航空遺産博物館 公開 静態展示 製造番号 1988。飛行登録番号 N9502C。
PBY-5A 46633 写真 アイルランド ダブリン ウェストン空港
(Weston Airport)
公開 保管中 製造番号 1997。飛行登録番号 VP-BPS。
PBY-5A 48287   アメリカ合衆国 ユタ州 ユタ銀行 公開 静態展示 製造番号 1649。
PBY-5A 48294   アメリカ合衆国 ヴァージニア州 軍事航空博物館 公開 飛行可能 製造番号 1656。飛行登録番号 N9521C。
PBY-5A 48334 写真 ニュージーランド クラシックフライヤーズ博物館 公開 静態展示 製造番号 1696。
PBY-5A 48375   アメリカ合衆国 ファンタジー・オブ・フライト 公開 飛行可能 製造番号 1737。飛行登録番号 N96UC。
PBY-5A 48396   アメリカ合衆国 アリゾナ州 ピマ航空宇宙博物館 公開 保管中 製造番号 1758。飛行登録番号 N10609。
PBY-5A 48406   アメリカ合衆国 サンディエゴ航空宇宙博物館 公開 静態展示 製造番号 1768。
PBY-5A 48419 写真 ブラジル 航空宇宙博物館 公開 静態展示 製造番号 1781。
PBY-5A 48426 写真 アメリカ合衆国 パームスプリングス航空博物館 公開 静態展示 製造番号 1788。
PBY-5A FAE 53602 写真 エクアドル ピチンチャ県 空軍航空博物館 公開 静態展示
PBY-6A 46643
FAB 6552
写真 ブラジル パラー州 べレン空軍基地 公開 静態展示 製造番号 2007。飛行登録番号 PP-PEB。
PBY-6A 46644 写真 オーストラリア クイーンズランド州 カンタス設立者アウトバック博物館[10] 公開 飛行可能 製造番号 2008。飛行登録番号 VH-EAX。[11]
PBY-6A[注 1] 46645
RAF FP535
写真 ノルウェー ノードランド ノルウェー航空博物館 公開 静態展示 製造番号 2009。
PBY-6A[注 2] 46655 カナダ ニューファンドランド・ラブラドール州 ニューファンドランド・ラブラドール州政府 非公開 静態展示 製造番号 2019。飛行登録番号 C-FIZU。
PBY-6A 46662 写真 アメリカ合衆国 ウィルソン・コニー・エドワーズ氏(Wilson Connie Edwards) 非公開 飛行可能 製造番号 2026。
PBY-6A 46665   オーストラリア ニューサウスウェールズ州 ザ・カタリナ飛行記念社
(The Catalina Flight Memorial Ltd.)
バンクスタウン空港に保管
公開 修復中 製造番号 2029。飛行登録番号 VH-CAT。
PBY-6A 46679
RAAF A24-362
  オーストラリア ニューサウスウェールズ州 歴史的航空機修復会 公開 飛行可能 製造番号 2043。飛行登録番号 VH-EPZ。
PBY-6A 64054
HK-2115P
  ドイツ ニーダーザクセン州 個人 公開 保管中 製造番号 2125。
28-5AMC
PBV-1A
RCAF 9742   アメリカ合衆国 アリゾナ州 ピマ航空宇宙博物館 公開 静態展示 製造番号 407。飛行登録番号 N68740。2017年までローンスター飛行博物館が所有していた。[12][13]
PBV-1A RCAF 9767
21996
  フランス パリ カタリナ・エア・トラスト
(Catalina Air Trust)
公開 飛行可能 飛行登録番号 N9767。
PBV-1A
Tp47
RCAF 9810
RSwAF 47001
  スウェーデン スウェーデン空軍博物館 公開 静態展示 製造番号 CV-244。
PBV-1A RCAF 9815   アメリカ合衆国 エヴァーグリーン航空宇宙博物館 公開 静態展示 製造番号 CV-249。
PBV-1A RCAF 9825 写真 アメリカ合衆国 ハロルド・カーロウ記念軍事博物館
(Harold Carlaw Memorial Military Museum)
公開 保管中 製造番号 CV-259。
PBV-1A RCAF 9830
RAF CV264
カナダ ケベック航空財団
(Foundation Aerovision Quebec)
非公開 静態展示 製造番号 CV-264。
PBV-1A RCAF 9837   カナダ 北大西洋航空博物館 公開 静態展示 製造番号 CV-271。[14]
PBV-1A RCAF 9838 写真 アメリカ合衆国 テキサス州 歴史航空記念博物館[15] 公開 静態展示 製造番号 CV-272。飛行登録番号 N4934H。
PBV-1A RCAF 11005   イギリス カタリナ航空機株式会社
(Catalina Aircraft Ltd.)
公開 飛行可能 製造番号 CV-283。飛行登録番号 G-PBYA。米陸軍航空隊で運用されたOA-10/44-33915号機の塗装がされている。
PBV-1A RCAF 11024 カナダ バッファロー・エアウェイズ 非公開 保管中 製造番号 CV-301。
PBV-1A RCAF 11042 写真 ギリシャ アテネ・エアリフトサービス株式会社
(Athenian Airlift Service Ltd.)
非公開 飛行可能 製造番号 CV-333。飛行登録番号 C-FPQF。米海軍で運用された機体のマーキング、5B-PBY/31-P-5の塗装がされている。
PBV-1A RCAF 11047   アメリカ合衆国 ハンス・ローリドセン氏(Hans Lauridsen) 非公開 修復中 製造番号 CV-343。飛行登録番号 N343CV。
PBV-1A RCAF 11054   ニュージーランド カタリナグループ[16] 公開 飛行可能 製造番号 CV-357。飛行登録番号 ZK-PBY。ニュージーランド空軍 NZ4017号機の塗装がされている。
PBV-1A RCAF 11060
RAAF A24-104
  オーストラリア ビクトリア州 オーストラリア空軍博物館 公開 静態展示 製造番号 CV-369。飛行登録番号 VH-EXG。胴体のみ展示されている。
PBV-1A RCAF 11074 写真 アメリカ合衆国 テキサス州 ウィルソン・エドワーズ氏
(Wilson Edwards)
非公開 飛行可能 製造番号 CV-397。飛行登録番号 N222FT。
PBV-1A RCAF 11084   カナダ オンタリオ州 カナダ軍用機遺産博物館[17] 公開 飛行可能 製造番号 CV-417。飛行登録番号 C-FPQL。RAF / 9754と塗装されている。
PBV-1A RCAF 11088 写真 カナダ エクスプロイツ・ヴァレー航空サービス 公開 飛行可能 製造番号 CV-425。飛行登録番号 C-FPQM。
PBV-1A RCAF 11089   アメリカ合衆国 カリフォルニア州 最高世代海軍博物館
(Greatest Generation Naval Museum)
公開 飛行可能 製造番号 CV-427。飛行登録番号 N427CV。[18]
PBV-1A RCAF 11091   カナダ ニューファンドランド・ラブラドール州 ニューファンドランド・ラブラドール州政府 公開 静態展示 製造番号 CV-431。
PBV-1A RCAF 11093   カナダ オンタリオ州 デイヴィッド・T・ドロシュ氏
(David T. Dorosh)
非公開 保管中 製造番号 CV-435。
PBV-1A RCAF 11094 写真 カナダ アルバータ州 ファーヴュウ航空機修復財団(FARS) 公開 飛行可能 製造番号 CV-437。飛行登録番号 C-FNJE。
PBV-1A
OA-10A
RCAF 67918
44-33954
写真 アメリカ合衆国 アラスカ州 アラスカ航空博物館 公開 静態展示 製造番号 CV-465。飛行登録番号 N57875。
PBV-1A
OA-10A
RCAF 68013
44-34049
  アメリカ合衆国 アリゾナ州 ピマ航空宇宙博物館 公開 保管中 製造番号 CV-560。飛行登録番号 N322FA。
OA-10A 44-34009
FACh 405
  チリ サンティアゴ 国立航空宇宙博物館 公開 静態展示
PB2B-2 44248
RAF JX630
RAAF A24-385
  オーストラリア ニューサウスウェールズ州 パワーハウス・ミュージアム[19] 公開 静態展示 製造番号 61154。飛行登録番号 VH-ASA。[20]

登場作品編集

映画編集

キングコングの逆襲
ドクター・フー一味の飛行艇として登場。北海道キングコングが上陸したことを受けて迎えに来た海上自衛隊所属機と見せかけて主人公たちを拉致し、北極にある一味のアジトまで輸送する。
トラ・トラ・トラ!
アメリカ海軍所属機が登場。パールハーバーの上空を飛行するほか、地上に駐機していた機体が真珠湾攻撃による爆撃で破壊されてしまう。飛行シーンなどでは実物が、破壊されるシーンでは実物大セットや飛行不可能なスクラップが撮影に使用されている。地上で破壊されるカタリナは、明らかに骨格構造のない石膏模型である。

ゲーム編集

War Thunder
アメリカツリーでPBY-5およびPBY-5a、ソ連課金機としてPBY-5a、イギリス課金機としてCatalina Mk.IVaが登場。
艦隊これくしょん -艦これ-
PBY-5Aが登場。
コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー
日本海軍特攻を受けて沈没したフレッチャー級駆逐艦の乗組員を救助するために着水し、救助活動を行う。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ PBY-5Aを尾部に使用して修復。
  2. ^ PBY-5Aを尾部に使用して修復。

出典編集

  1. ^ 碇義朗 『最後の二式大艇 海軍飛行艇の記録』 光人社 ISBN 4-7698-0997-2 p18
  2. ^ a b PBY-4 Catalina Specifications BU. OF AERO., NAVY DEPT. PERFORMANCE DATA
  3. ^ a b PBY-5A Catalina Specifications AIRPLANE CHARACTERISTICS & PERFORMANCE
  4. ^ PBY-6A Catalina Specifications STANDARD AIRCRAFT CHARACTERISTICS
  5. ^ 武装を取り外したFERRYでの航続距離は2,800st.mile (4,506km)

関連項目編集