メインメニューを開く

Petshop of Horrors

Petshop of Horrors』(ペットショップ・オブ・ホラーズ)は、秋乃茉莉によるファンタジー漫画、またホラー漫画。D伯爵と呼ばれる中国人の青年が営む不思議なペットショップにまつわる1話完結型の連載作品。

Petshop of Horrors
ジャンル ファンタジーホラー
漫画
作者 秋乃茉莉
出版社 宙出版ぶんか社
掲載誌 アップルミステリーホラーM
レーベル ミッシィコミックスDX
ぶんか社コミックス
ソノラマコミック文庫
巻数 全10巻(ミッシィコミックス)
全4巻(ぶんか社コミックス)
全7巻(ソノラマコミック文庫)
漫画:新 Petshop of Horrors
作者 秋乃茉莉
出版社 朝日ソノラマ朝日新聞出版
掲載誌 夢幻館
ホラー&ファンタジー倶楽部
レーベル ソノラマコミックス
→ASAHIコミックス
→朝日新聞出版
発表期間 2004年4月22日 - 2012年11月15日
巻数 全12巻
全8巻(文庫版)
話数 全43話
漫画:Petshop of Horrors パサージュ編
作者 秋乃茉莉
出版社 ハーレクイン
掲載誌 夢幻燈→ハーレクインオリジナル
レーベル ハーレクインコミックス
発表期間 2013年3月23日 -
巻数 既刊5巻(2017年6月現在)
アニメ
原作 秋乃茉莉
監督 平田敏夫
シリーズ構成 今川泰宏
脚本 今川泰宏、浦畑達彦、井上茜
アニメーション制作 マッドハウス
製作 TBS
放送局 TBS
放送期間 1999年3月1日 - 3月25日
話数 全4話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

続編として『新 Petshop of Horrors』と、舞台を110年前の過去に移し主人公を前作までとは別人にした新シリーズの『Petshop of Horrors パサージュ編』が連載されている。

目次

概要編集

1995年より宙出版月刊漫画雑誌アップルミステリー」で連載開始。しかし1998年に同誌が休刊。以降はぶんか社の月刊漫画雑誌「ホラーM」で連載されていた。

1999年3月にアニメ化され、TBS深夜番組である『ワンダフル』枠内で放送された。

2004年4月に朝日ソノラマの漫画雑誌「ネムキ」の増刊である季刊夢幻館」において、作品内の舞台をロサンゼルスチャイナタウンから新宿歌舞伎町に移した『新 Petshop of Horrors』の連載がスタート。2009年4月に「夢幻館」が休刊となり、同年8月よりウェブコミック誌「ホラー&ファンタジー倶楽部」に移行して再スタートした。

2013年3月、ハーレクインのファンタジー漫画雑誌「夢幻燈」において『Petshop of Horrors パサージュ編』が連載開始。主人公はD伯爵の祖父にあたる人物で、舞台は19世紀末のパリとなっている。2015年3月より、月間漫画雑誌「ハーレクインオリジナル」にて不定期に掲載されている。

あらすじ編集

Petshop of Horrors編集

アメリカの大都市にあるチャイナタウンに、どんな動物でも手に入ると噂される、ペットショップ「COUNT D」があった。その店番をつとめる、通称「D」と呼ばれる謎めいた中国人を中心に、ペットショップにやってくる客と彼らの買っていったペットたちのおりなす、ミステリアスなファンタジー。人間の隠された内面や心の闇に重点をおいているため、かなり残虐な表現や描写が多い。

各話には「D」で始まるスペリングのタイトルが付けられている。ただし「花と刑事さん」シリーズなどの番外編はのぞく。

新 Petshop of Horrors編集

新宿歌舞伎町に「新中華街(ネオチャイナタウン)」というビルが作られた。その中の一店舗であるペットショップ「寵物店」の店主「D伯爵(カウント・ディー)」を中心としたストーリー。前作のレオン・オルコットのような位置付けの人物としては、ビル「新中華街」の総支配人の息子、劉武飛(ラウ・ウーフェイ)が新しく登場する。前作にあった残虐な描写は少なくなり、かわりに社会風刺や時事・経済要素が強くなっている。

Petshop of Horrors パサージュ編編集

1899年フランスパリにある寂れたパサージュに新しくオープンしたペットショップ「D」。店主は「D伯爵(カウント・ディー)」という謎めいた中国人の青年であった。前作までのD伯爵の祖父が主人公のストーリー。

主な登場人物編集

Petshop of Horrors編集

D
通称は伯爵D(カウント・ディー)。アメリカのチャイナタウンでペットショップを営んでいる中国人の青年。オッドアイをもち、ワンレンのショートボブで、微笑をたたえている。甘いものが大好き。動物たちと会話が出来るなど特殊な能力を持っている。動物に優しく人間に厳しい。謎の多い人物で本名も不詳。年齢も不明だが20歳くらいに見える。D伯爵のペットショップには普通の動物の他に幻獣や絶滅した動物などもいる。特別な“お客”にはペットたちが人間に視える。ペットが人型になることもあるが詳細は不明。客の中には著名人や権力者なども多く、政財界にも顔が広い。D伯爵は死と再生(生まれ変り)を繰り返しており、特殊な能力は彼の先祖からのものである。父とは考え方の違いから折り合いが悪い。ペットショップは数年ごとに場所を変え、世界各地を転々としている。『Petshop of Horrors』最終話で父を殺害されアメリカを離れ、その後ドイツ・日本へ渡り、続編の『新 Petshop of Horrors』では新宿の歌舞伎町にある「新中華街ビル」の13階に店を構えている。客に守るべき条件(人前に絶対に見せないなど)を提示し、破った場合はどんな不幸に遭っても責任は負わないと伝えている。
レオン・オルコット
金髪碧眼のアメリカ人。ロサンゼルス市警の刑事。正義感が強く、鋭い勘の持ち主である。短気で怒りっぽい。未解決の事件の鍵をにぎっているD伯爵をマークし、捜査のためにペットショップに通う。叔母の家で暮らしていた失語症の弟クリスを施設に入れるまでの間だけ引き取るが、クリスにどう接すればよいかわからず、仕事も忙しかったため、伯爵のペットショップに彼を無理やり預けていた。後に、ある事件がきっかけでクリスの心の声が聞こえるようになった。
『Petshop of Horrors』最終話の後は怪我を治した後刑事を辞め、クリスが描いた絵を届けるためにD伯爵を追って各地を訪ね回っている。『新 Petshop of Horrors』ラストでも登場している。
クリス(クリストファー)・オルコット
レオンの実弟だが、母親が40歳を過ぎての高齢出産で生んだため、歳がだいぶ離れている。ロングアイランドに住む叔母夫婦に育てられていたが、とある経験から失語症を患い、レオンの元へやってくる。仕事が忙しいレオンは、“三日間だけ”と押しつけるように彼をD伯爵に預け、成り行きでそのままペットショップで暮らすことになる。D伯爵の“お客”以外でペットショップの動物たちが人型に視えている稀有な存在。クリスはペットショップの動物のことを「変わった人間たち」だと思い込んでいる。
後に叔母夫婦と従姉妹とは和解し同時に失語症が完治するが、同時に動物達の声も人型の姿も見られなくなった。『Petshop of Horrors』最終話の後では、成長後は兄と同じく刑事の道を歩んでいる。
Dの父
腰まである長髪にDと同じ顔・遺伝子・特殊能力をもつ。外見は20歳そこそこにしか見えない。かつてニューヨーク州立大学の医学部で遺伝子工学の研究をしていた。通称はDと同じくD伯爵(カウント・ディー)。『Petshop of Horrors』最終話で殺害されるが赤子に生まれ変わる。
Qちゃん
角兎(ヴォルパーティンガー)。ウサギの体に角が生え、背中に蝙蝠のような翼を持つ。いつもD伯爵の側にいて彼の手助けをしている。正体はD伯爵の祖父。
もう一人のD
『Petshop of Horrors』最終話ラストで、刑事になったクリスが訪ねた店にいたD。髪型がオールバックになっている。上記する赤子に生まれ変わったDの父親の成長した姿だと思われる。

新 Petshop of Horrors編集

劉武飛(ラウ・ウーフェイ)
新宿の歌舞伎町に新しく出来たアミューズメントビル「新中華街(ネオチャイナタウン)」の若き支配人。通称太子(タイズー)』。上海に本社を持つ劉コーポレーションの跡取り息子。表向きは真っ当なビジネスマンだが、裏では歌舞伎町を牛耳ろうとしている上海系マフィアの元締めという顔を持つ。裏社会で生きる者達にもよく知られており、命を狙われることもある。新中華街ビルのテナントの1つであるペットショップの怪しげな噂を耳にして、D伯爵の素性を探り追い出そうとしている。目的のためには手段を選ばず、金に糸目を付けない。
幼い頃、上海の屋敷で一緒に育った女性・春麗(シュイリー)に想いを寄せていたが、後に父が愛人に生ませた異母姉と知り失望。思いを振り切るかの様に日本に渡る。その為父の事は尊敬しつつも、彼女との一件から内心では憎悪の念を燃やしている。
陳(チン)
劉家に仕え、武飛が少年の頃から世話係をしている中年の男性。常に武飛と共に行動し、彼を公私に渡って支え、他人と諍いを起しがちな武飛を諌めたりもしている。劉家に身を捧げているので独身。控え目で人当たりの良い普通のおじさんにしか見えないが、銃を携帯しており、いざという時には発砲するなど武飛の護衛役も務めている。「ロミジュリ」といったメロドラマ系や感動ものに目がない。
フェムト(ファラオ)
同作者の漫画『霊感商法株式会社』のメインキャラクターで、ときどきD伯爵のペットショップに遊びに来ているエジプト人の少年。見た目は褐色の肌をした普通の少年だが、その正体は、若くして暗殺された古代エジプトファラオ(王様)の魂と、彼のペットだった黒猫の魂を合わせ持つ、半人半猫の幽霊である。とある事件により、かつてファラオが飼っていた黒猫“フェムト”のミイラにファラオの魂が宿り、実体を伴って現代に甦った。人間の少年(ファラオの生前の姿)と黒猫の姿に自在に変身することができる。D伯爵や動物たちは素性を知っているため「王様」と呼び慕っている。半分人間・半分猫の幽霊なので、他の幽霊や動物たちとも普通に会話ができる。霊能者・常盤矩成の家に同居し、携帯電話やゲーム機を持ち歩くなど、現代の子供と同様の生活をしている。食事は人間用と猫用のどちらでも摂ることが可能。ファラオの年齢は14歳だが、外見がやや幼く性格も子供っぽい。

Petshop of Horrors パサージュ編編集

D
D伯爵(カウント・ディー)。パサージュ編の主人公で、前作までのDの祖父にあたる人物。爵位を持っている。19世紀末、フランス・パリの寂れたパサージュでペットショップを営んでいる。D(孫)と同じく動物と会話が出来るなどの不思議な能力を持つ。外見も同じでワンレンのショートボブ。オッドアイではない。甘いものが大好き。
ヴィクトル・ド・リジュリエンヌ男爵
D伯爵のペットショップに客として訪れた金持ちの若い男性。『不思議の国のアリス』に登場するドードー笑う猫、絶滅寸前のリョコウバトなどを購入して以来、珍しい動物(特に架空の動物)とD伯爵に興味を示し、ペットショップに入り浸る。

テレビアニメ編集

1999年3月1日から3月25日に、TBS系テレビ番組「ワンダフル」内のアニメ枠で放送(「ワンダフル」がネットされなかった毎日放送では、1999年6月5日から6月26日に「アニメシャワー」枠内で放送された)。全4話。

メインキャスト編集

ゲスト編集

Daughter
一人娘のアリスを溺愛するあまり善悪の区別がつかない犯罪者に育ててしまい、挙句の果てに重度の麻薬中毒にさせてしまう。さらには然るべき治療を施せば更生出来たものを、娘の哀願に負けて薬を与えてしまった事で死に至らしめる。葬式の翌日にアリスの姿そっくりのを購入したが、夫人が水と野菜以外与えてはいけないという契約を破ってクッキーを与えたことで、アリスの腹からネズミのように兎が繁殖してしまう。夫のヘイワード氏は兎により喰い殺され、夫人もあわや殺されるかと思いきや、繁殖によってお菓子の中の添加物が猛毒となって蓄積し続けたことにより、一斉に兎たちが死んでいった。
Dに虎を購入したが掛け軸だったことに抗議。しかし人前で見せてはいけないという約束を破ったので、掛け軸から本物の虎が出てきて喰い殺された。
両親に溺愛されすぎるあまり、犯罪を重ねた上に重度の麻薬中毒になり死亡。
アリスの腹から出てきた子供たち。
Delicious
歌姫エヴァンジェリンのマネージャーであり夫。彼女が結婚式の当日、船のデッキから転落死したことから罪悪感に苛まれ、彼女の姿をした人魚を購入する。しかしその人魚は空腹になると獰猛になり、イアソンの体を食べしまう。実は落ちたエヴァの上半身を食べており、実体が魚にも関わらずエヴァに見えていたのはそれが要因かは定かではない。
イアソンが本来愛していた女性。しかしそれを知ったエヴァは衝動的に自殺してしまう。イアソンと共に罪悪感に苛まれていた。
  • エヴァンジェリン・ブルー
人気歌手。性格はかなりワガママ。自分に見向きもしなかったイアソンを奪い半ば強引に結婚する。しかし結婚式当日、イアソンとルイーズの密会現場を目撃してしまい、衝動的に船から身を投げずっと行方不明だった。イアソンがエヴァそっくりの人魚を購入したのと入れ違いに死体が発見される。
千葉進歩(ラジオのアナウンス)
Despair
映画俳優。10年前の映画で一躍有名になったが、儚すぎる容姿ゆえにその後は作品に恵まれていない。爬虫類を買うのが好きだが、それが原因でパトロンでもあった妻・エミリーから離婚されてしまう。目隠しをした女性の姿をしたメデューサのトカゲを購入。彼女を守るためオーディションに挑むも最終審査に惜しくも落選。失意の末に彼女の瞳を見てはいけないという約束を破り、目隠しを取ってしまったため、石化したように死亡。それを知った彼女も、鏡で自分の顔を見て心中した。
ロビンのマネージャー。パトロンを失ったロビンに大事な爬虫類たちを売らなくてならなくなる。と脅しをかける。
Dual
ロジャーに買われた雌の麒麟で、名は慶麟。ロジャーの隠れた野心を見抜いていた。
ロジャーの幼馴染で秘書。彼を大統領にしようと躍起になっており、麒麟の話を聞きつけたのも彼である。暴走する幼稚園バスを助けるために犠牲になるが、その魂はロジャーの身体に乗り移った。
ケリーの幼馴染。祖父がDのペットショップで麒麟を購入し、アメリカ大統領になった。彼自身もカリスマ性に優れており、大統領に立候補したが、肝心の仕事はほとんどケリーに丸投げしていた上に、ナンシーがいるにも関わらず女遊びばかりしていた。幼稚園バス事故で英雄として讃えられるが、その身体にはケリーの魂が乗り移っていた。
ケリーの恋人だが、彼の勧めで未来の大統領夫人になるようにということでロジャーと婚約する。しかし当人は普通の家庭を築くことを夢みており、彼には内心愛想が尽きていた。事故から目覚めたロジャーの言葉から彼がケリーだと確信する。

スタッフ編集

  • 監督 - 平田敏夫
  • シリーズ構成 - 今川泰宏
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 阿部恒
  • 美術監督 - 加藤浩
  • 撮影監督 - 山口仁
  • 音響監督 - 本田保則
  • 音楽 - 山口一久
  • 音楽プロデューサー - 堀尾裕樹
  • オープニングアニメーション - りんたろう
  • アニメーションプロデューサー - 諸澤昌男
  • プロデューサー - 落合芳行、源生哲雄
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作 - TBS

主題歌編集

オープニングテーマ

「時空旅行」
作詞 - 有森聡美 / 作曲 - 山口一久 / 編曲 - 山口一久&LEGOLGEL / 歌 - LEGOLGEL〜ルゴルジェ〜

エンディングテーマ

「melody」
作詞 - 有森聡美 / 作曲 - SEI / 編曲 - 山口一久&LEGOLGEL / 歌 - LEGOLGEL〜ルゴルジェ〜

各話リスト編集

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
壱之談 Daughter 今川泰宏 平田敏夫 ながはまのりひこ 江口摩吏介
弐之談 Delicious 浦畑達彦 浜崎博嗣 蒔田史海
参之談 Despair 井上茜 川尻善昭 高柳滋仁 山沢実
四之談 Dual 浦畑達彦 西村聡 ながはまのりひこ 田崎聡

演劇編集

演劇サークル「ひめりんご」により舞台化。

関連項目編集

外部リンク編集

TBS ワンダフル内アニメ枠
前番組 番組名 次番組
Petshop of Horrors