VFX-JAPANアワード(ぶいえふえっくすじゃぱんあわーど)は、日本CGVFX映像に対して贈られる賞。2012年VFX-JAPANにより創設され、2013年に第1回の表彰が行われた。

目次

概要編集

作品のエントリーは応募となっており、ノミネート作品が各部門で4作品まで選出される。VFX-JAPAN理事および会員、有識者の投票によって各部門の優秀賞が決定する[1]。尚、第2回(2014年)から、ノミネート作品を優秀賞として発表し、投票によって最優秀賞を決定する形となっている[2]

VFX-JAPANアワードの表彰式は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の1イベントとして執り行われる。

受賞一覧編集

第1回(2013年)編集

劇場公開実写映画部門優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門優秀賞編集

テレビ番組部門優秀賞編集

ゲーム映像部門優秀賞編集

プロモーションビデオ部門優秀賞編集

  • LOVE LIKE ALIENS - 田口健太郎、小川洋一、井上敦、山上浩二、ワンダースタンディング、セブンシャッフルズジャパン
    ノミネート作品

CM、博覧会映像、その他部門優秀賞編集

第2回(2014年)編集

劇場公開実写映画部門最優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門最優秀賞編集

テレビ番組部門最優秀賞編集

ゲーム映像部門最優秀賞編集

CM・プロモーションビデオ部門最優秀賞編集

  • Silicon;BootDrive - A.T.(淺井健)、林達郎、遠藤正人、鈴木章仁、太田吉洋、樋口良、増尾隆幸
    CM・プロモーションビデオ部門優秀賞

イベント・LIVE映像部門最優秀賞編集

  • TOKYO CITY SYMPHONY - 大八木翼、馬場鑑平、TAKCOM、橋本俊行
    イベント・LIVE映像部門優秀賞
    • Ultrabook presents Clap for Dream -社で会いましょう-
    • 生誕80周年記念『藤子・F・不二雄展』 SF(すこしふしぎ)シアター 4Dプロジェクションマッピング
    • KARAKURI

第3回(2015年)編集

劇場公開実写映画部門最優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門最優秀賞編集

テレビ番組部門最優秀賞編集

ゲーム映像部門最優秀賞編集

CM・プロモーションビデオ部門最優秀賞編集

  • ペプシ 桃太郎Episode.ZERO篇 / Episode.1篇 - (株)東北新社、河西正勝
    CM・プロモーションビデオ部門優秀賞

イベント・LIVE映像部門最優秀賞編集

  • realtime 3d facetracking & projection mapping OMOTE - (株)ピクス、浅井宣通
    イベント・LIVE映像部門優秀賞
    • SUBARU Our gratitude to the Shinjuku area
    • ISSEY MIYAKE “3D Steam Stretch” Concept Movie
    • 鶴ヶ城プロジェクションマッピングはるか 2014「庄助の春こい絵巻」

第4回(2016年)編集

劇場公開実写映画部門 最優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門 最優秀賞編集

テレビ番組部門 最優秀賞編集

ゲーム映像部門 最優秀賞編集

CM・プロモーションビデオ部門 最優秀賞編集

  • ペプシ 桃太郎Episode.2篇 / Episode.3篇
    CM・プロモーションビデオ部門 優秀賞
    • マルコとマルオの7日間
    • レノアハピネス 「香りトンネル」篇/「花のドレス」篇
    • VELLFIRE 覚悟(黒)篇

イベント・LIVE映像部門 最優秀賞編集

  • Panasonic 4K Movie
    イベント・LIVE映像部門 優秀賞
    • CURIOSITY ESSENCE Concept Movie
    • ASTON MARTIN brand concept movie “HYPER ORGANISM”
    • “New Camry Dynamic but Gentle Atlantic Road” press conference movie

先導的視覚効果部門 最優秀賞編集

  • happy forest
    先導的視覚効果部門 優秀賞
    • 滝のインスタレーション “Interactive Waterfall”
    • えのすい×チームラボナイトワンダーアクアリウム2015「花と魚〜相模湾大水槽」
    • VR作品『日光東照宮 国宝 陽明門』

第5回(2017年)編集

劇場公開実写映画部門 最優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門 最優秀賞編集

テレビ番組部門 最優秀賞編集

ゲーム映像部門 最優秀賞編集

CM・プロモーションビデオ部門 最優秀賞編集

  • ガメラ生誕50周年記念映像
    CM・プロモーションビデオ部門 優秀賞
    • Max Man & Maya Man
    • FUTURE FACTORY – ロボット工場長、採用。|グッスマ15周年
    • 『athome.CO.JP 物語』篇

ショートフィルム部門 最優秀賞編集

先導的視覚効果部門 最優秀賞編集

  • 9次元からきた男
    先導的視覚効果部門 優秀賞
    • RIOオリンピック閉会式
    • ジャパン歌舞伎フェスティバル in ラスベガス 2016 “ウォータースクリーン デジタルショー by 松竹 x チームラボ”
    • 攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver

第6回(2018年)編集

劇場公開実写映画部門 最優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門 最優秀賞編集

テレビ番組 VFX部門 最優秀賞編集

テレビ番組 アニメCG部門 最優秀賞編集

ゲーム映像部門 最優秀賞編集

CM・プロモーションビデオ部門 最優秀賞編集

  • 新幹線YEAR2017「四季を走る新幹線」
    CM・プロモーションビデオ部門 優秀賞
    • きゃりーぱみゅぱみゅ / 原宿いやほい
    • 関門PRムービー「COME ON!関門!」
    • CRAZYBOY / NEOTOKYO

ショートフィルム部門 最優秀賞編集

  • ブレードランナー ブラックアウト 2022
    ショートフィルム部門 優秀賞

先導的視覚効果部門 最優秀賞編集

  • 第67回 NHK紅白歌合戦 都庁中継
    先導的視覚効果部門 優秀賞
    • ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS"
    • COCOLORS

第7回(2019年)編集

劇場公開実写映画部門 最優秀賞編集

劇場公開アニメーション映画部門 最優秀賞編集

テレビ番組 VFX部門 最優秀賞編集

  • NHK スペシャル「人類誕生」
    テレビ番組 VFX部門 優秀賞
    • スペシャルドラマ「荒神」
    • これが恐竜王国ニッポンだ!

テレビ番組 アニメCG部門 最優秀賞編集

ゲーム映像部門 最優秀賞編集

CM・プロモーションビデオ部門 最優秀賞編集

  • カップヌードルCM「HUNGRY DAYS 最終回 篇」
    CM・プロモーションビデオ部門 優秀賞
    • GINZA SIX スペシャルムービー「メインストリート」篇
    • マクセル コーポレートムービー「未来のカケラ、この手の中に。」
    • WELL DONE SABOTAGE「NEW ORDER」ミュージックビデオ

先導的視覚効果部門 最優秀賞編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ VFX-JAPANアワード2013 開催概要”. VFX-JAPAN (2012年12月17日). 2014年12月5日閲覧。
  2. ^ VFX-JAPANアワード2014 優秀作品の発表”. VFX-JAPAN (2014年1月27日). 2014年12月5日閲覧。

外部リンク編集