WinTicket(ウィンチケット)は、株式会社WinTicketによる競輪インターネット投票サービスである。

株式会社WinTicket
種類 株式会社
略称 ウィンチケット
本社所在地 日本の旗 日本
150-0042
東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
北緯35度39分43.8秒 東経139度41分46.1秒 / 北緯35.662167度 東経139.696139度 / 35.662167; 139.696139座標: 北緯35度39分43.8秒 東経139度41分46.1秒 / 北緯35.662167度 東経139.696139度 / 35.662167; 139.696139
設立 2018年11月1日
業種 サービス業
法人番号 3011001124998
事業内容 スマートフォン等次世代端末を利用した各種情報提供サービスの企画・制作・運営
代表者 佐野智宏(代表取締役)
資本金 1億円
純利益 ▲4億3900万円(2019年09月30日時点)[1]
総資産 6億8900万円(2019年09月30日時点)[1]
主要株主 株式会社サイバーエージェント
外部リンク www.winticket.jp
テンプレートを表示

なお株式会社WinTicketは、株式会社サイバーエージェントの連結子会社である。

概要編集

2019年4月2日にリリース。WinTicketのリリースにあわせて、インターネットテレビ局「AbemaTV」にて「競輪チャンネル」が開設[2]。「競輪チャンネル」からWinTicketへの投票ボタンがあり、連動した様々なキャンペーンも不定期で開催されている。

特徴編集

  • 全国競輪場のレース映像を高画質生配信(一部の競輪場を除く)
  • AI予想や、「予想屋」の予想をサービス内で見ること、その予想に乗っかって投票することができる。また、ユーザー自身の予想をSNSで公開(シェア)することも可能。
  • 選手情報や2015年までのレース結果が参照できる
  • 業界でも屈指の充実したポイント還元サービス

車券の販売方法編集

車券の販売はパソコン・スマートフォンから、インターネット経由でおこなわれる。

車券を購入するには、事前に登録(要身分証明書)ならびに、ポイントのチャージ(入金)が必要である。

ポイントチャージはクレジットカード(VISAMastercardJCB)、ネット銀行(ジャパンネット)、Pay-easyApplePay(Mastercard、JCB)、払戻金のいずれかで可能。

一度チャージしたポイントは、車券的中しない限りは現金化されない。例えば銀行口座から1万円をチャージし、1000ポイント購入して9000ポイントが余っても残額を現金精算することは不可能。

またポイントの有効期限は180日で、期限内に購入しないとポイントは無効になる。

車券を販売する競輪場編集

大宮・西武園・静岡・松山・別府など未対応の場がある[3]。千葉・熊本は運用開始時で休止、改修中のため販売するかは未定。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集