「それってどんなヒト?」捜査バラエティ Gメン99

「それってどんなヒト?」捜査バラエティ Gメン99(それってどんなヒト?そうさバラエティ ジーメンナインティナイン)は2014年4月29日から9月9日までTBS系列で毎週火曜日の19:00 - 19:56(JST)に放送されていたバラエティ番組で、ナインティナイン冠番組である。[1]全9回。

「それってどんなヒト?」
捜査バラエティ Gメン99
ジャンル バラエティ番組
放送時間 火曜日 19:00 - 19:56(56分)
放送期間 2014年4月29日 - 9月9日(9回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 神尾祐輔(総合)
プロデューサー 金原将公(MP)、篠塚純、
江藤俊久(EP)
出演者 ナインティナイン
岡村隆史矢部浩之
ほか
ナレーター 銀河万丈
山田みほ
字幕 文字多重放送
オープニング 「Gメン'75のテーマ」(作曲 - 菊池俊輔
外部リンク 公式ページ
テンプレートを表示

目次

概要編集

「世の中の気になるヒト」の生活・人生を徹底調査する番組。「ゴミ屋敷」「高層マンションの最上階の住人」「節約家族」への取材が主な内容。

タイトルは、かつて同局で放送された刑事ドラマ『Gメン'75』のもじりで、OPは同作品のOPのパロディ、そしてOPテーマなどの劇伴は同作品テーマ曲「Gメン'75のテーマ」(作曲 - 菊池俊輔)のアレンジ版を使用。

なお、前番組「もてもてナインティナイン」で行われていた企画「お見合い大作戦」は、当番組では放送せず、特別番組として分離されることとなった。

6月から20時台の『世界の日本人妻は見た!』(毎日放送制作)との交互2時間SPが増え、その2時間SPも、『JNNフラッシュニュース』(通常は20:54 - 21:00)を短縮して20:57まで放送する様になった(『世界の日本人妻〜』も同様)。この結果、放送期間は4ヶ月強ではあったが、放送回数は10回にも満たない9回であった。

同年10月から、後番組『所さんのニッポンの出番!』が開始されるが、当番組の出演者でビビる大木のみ続投となった。

出演者編集

キャストは『もてもてナインティナイン』から有吉弘行を除いたほぼ全員が続投する。

司会編集

レギュラー編集

全て、『Gメン'75』の主人公・黒木哲也(演 - 丹波哲郎)と同系統の服を着用。

ナレーター編集

主なスタッフ編集

  • 構成:石原健次桜井慎一、尾首大樹、大井洋一、戸田彰倫、山形遼介、ビル坂恵、細井新、河口ワタル/高須光聖
  • TM:荒木健一
  • TD:藤田栄治
  • CAM:荒井隆之
  • VE:菅沼智博
  • 音声:山羽稔
  • 照明:鈴木英敬
  • ロケ技術:東通SWISH JAPAN
  • 編集:金有那
  • MA:並木丈治
  • 音響効果:太田光則、山本達也
  • CG:畑田里香、STUDIO 4℃
  • 美術プロデューサー:中原茂樹
  • 美術デザイナー:木村真梨子
  • 美術制作:朝川菜美
  • 装置:谷平真二
  • 特殊装置:高橋出
  • 電飾:阿部達矢
  • アクリル装飾:渡邊卓也
  • 装飾:篠原直樹
  • ヘアメイク:アートメイク・トキ
  • 衣裳:安斉春奈
  • 編成:岸田大輔
  • 宣伝:小林史明
  • TK:鈴木裕恵
  • デスク:石川素子
  • リサーチ:伊藤匡、橋本幸絵
  • AD:川野雅貴、川元崇史、平田恭崇、大城慶太、及能貴之、横田裕昌、岡本裕太、梅津菜々穂、鴻巣穂高、権亨悟、清水勇希、石塚礼、箱田真史、高橋真、高良咲子
  • AP:荒井美妃、下條有紀、宮内史絵
  • マネージメントプロデューサー:金原将公
  • 協力プロデューサー:田中裕樹(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • ディレクター:平野亮一、千葉博史、妹尾篤志、岩永紗代美、佐藤秀樹、香西康位、川崎敬、小林恵美、大丸剛司
  • 演出:石黒光典、坂下勝己
  • 総合演出:神尾祐輔
  • プロデューサー:篠塚純
  • エグゼクティブプロデューサー:江藤俊久
  • 制作協力:吉本興業
  • 製作著作:TBS

歴代のスタッフ編集

  • ディレクター:嵯峨祥平
  • 演出:平野彰子

ネット局編集

脚注編集

外部リンク編集

TBS系列 火曜19:00 - 19:56枠
前番組 番組名 次番組
もてもてナインティナイン
(2011.11.1 - 2014.3.11)
「それってどんなヒト?」
捜査バラエティ Gメン99
(2014.4.29 - 9.9)