いきなり結婚生活

いきなり結婚生活』(いきなりけっこんせいかつ)は、テレビ東京系列局ほかで放送されていたテレビ東京製作のバラエティ番組である。製作局のテレビ東京では2006年4月17日から同年9月4日まで、毎週月曜 19:00 - 19:54 (日本標準時)に放送。

いきなり結婚生活
ジャンル バラエティ番組
放送時間 月曜 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 2006年4月17日 - 2006年9月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
演出 平山大吾
村上徹夫
プロデューサー 前田琢
出演者 みのもんた
亀井京子
ほか
ナレーター 田子千尋
テンプレートを表示

目次

概要編集

結婚したいのに相手に恵まれない「花嫁候補」(女性)1人と「花婿候補」(男性)2人をそれぞれ見合いさせた上で(連れ子が付く場合もある)3泊4日の「結婚生活」をさせ、その経過を見ていくドキュメントバラエティ。VTRの放送後、司会のみのもんたたちがいるスタジオにその3人が登場し、その場で女性がどちらの男性のプロポーズを受け入れるのかを決断した。

2人の男性は基本的に地方在住の自営業者で、年商数億近くに達していることもしばしばだった。そのため、彼らを比較する際にはテロップで「年商○千万(億)円の△△(職業名)」と表示していた。ただし、いわゆるイケメン同士の対決など、金銭面以外の付加価値がある場合にはこの限りではなかった。

女性も男性も素人だという前提で行われていたが、実際にはそうでない場合もあった。特に放送第1回目では、出演した女性が劇団出身者であることが判明し、男性が住まう西表島の民宿の掲示板で「やらせではないか?」と物議を醸したことがある(掲示板は後に閉鎖)。また、結婚を希望して出演した者ばかりだとは限らなかった。特に自営業者の場合、自分の職場や産業のアピール目的で出演したケースもあり、そのようなケースについても周囲の人間関係に問題が噴出した例がある。

本番組の最終回をもって、『愛の貧乏脱出大作戦』以来テレビ東京で続いたみの司会のバラエティ番組シリーズは幕を閉じた。番組の終了後、それまで20時台に放送されていた『主治医が見つかる診療所』が19時台へ移動し、空いた20時台でテレビ大阪製作の『感涙!時空タイムス』がスタートした。

出演者編集

スタッフ編集

  • プロデューサー:前田琢
  • 演出:平山大吾、村上徹夫
  • アシスタントプロデューサー:宮川幸二
  • 演出補:高山利成、岩本智也、水野亮太

放送局 編集

関連項目編集

外部リンク編集

テレビ東京系列 月曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
月10万円で豊かに暮らせる町&村
(2005年4月11日 - 2006年3月20日)
いきなり結婚生活
(2006年4月17日 - 2006年9月4日)
主治医が見つかる診療所
(2006年10月2日 - 2008年9月22日)
※月曜20:00枠から移動