おふろの王様(おふろのおうさま)は、東京建物グループの東京建物リゾート株式会社関東地方で運営するスーパー銭湯チェーン

おふろの王様
Ofuro-no-Ousama Kounandai.JPG
おふろの王様 港南台店
店舗 10店舗(2021年12月時点)
形態 スーパー銭湯
開業年 1999年(光が丘店)
運営会社 東京建物リゾート株式会社
外部リンク おふろの王様 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社ホットネス
Hotness Co.Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0027
東京都中央区日本橋三丁目1番2号
NTA日本橋ビルB1階
設立 1998年10月15日
2015年4月1日に東京建物リゾート株式会社と合併
業種 サービス業
事業内容 スーパー銭湯事業の運営およびコンサルティング
代表者 代表取締役社長 西山明宏
決算期 12月31日
主要株主 東京建物株式会社(100%)
テンプレートを表示

概要編集

1999年、1号店として東京都板橋区に、東京23区内では初となるスーパー銭湯「おふろの王様 光が丘店」をオープン[1]。その後も首都圏エリアに出店し、チェーン展開している(後節の「店舗展開」を参照)。

2014年2月、当時の株式会社ホットネスが相鉄不動産販売株式会社より「ゆめみ処ここち湯」の4店舗を取得し、同年6月には全店舗が当チェーンに組み込まれることとなった。

さらに、2015年6月には前年に閉店していた「やまとの湯 相模原店」(旧・湯快生活株式会社運営)を改装し、約1年2ヶ月ぶりに新装オープンへした。

また、2015年4月1日には株式会社ホットネスが東京建物リゾート株式会社に吸収合併され、当チェーンも同社の運営となった。

店舗展開編集

2021年12月時点では東京都内に3店舗、神奈川県内に5店舗、埼玉県内に2店舗の計10店舗が展開されている。

従来の店舗は「スーパー銭湯 おふろの王様」として展開されてきたが、旧・ゆめみ処ここち湯の店舗のうち天然温泉を導入している3店舗と旧・やまとの湯 相模原店は「ゆめみ処 おふろの王様」、さらに大井町店と高座渋谷駅前店(旧・ゆめみ処ここち湯 大和店)は「岩盤温熱 おふろの王様」という名称で展開されている。また、源泉掛け流しの天然温泉や高濃度人工炭酸泉の浴槽、岩盤浴などを導入している店舗もある(下記表を参照)。なお、各店舗における施設等の詳細は公式サイトを参照のこと。

スーパー銭湯 おふろの王様
店舗名 所在地 オープン時期 天然温泉 炭酸泉 岩盤浴 備考
志木店 埼玉県志木市上宗岡5丁目11番6号 2003年1月29日開業
(掛け流しあり)
港南台店 神奈川県横浜市南区日野中央2-45-7 2005年3月15日開業 2013年12月天然温泉(運び湯)導入
花小金井店 東京都小平市花小金井南町3-9-10 2006年11月28日開業
(掛け流しあり)
多摩百草店 東京都多摩市和田1352-1 2008年7月28日開業
和光店 埼玉県和光市広沢1−5−55 2021年12月4日開業 温泉は2022年2月22日より供用[2]
ゆめみ処 おふろの王様

旧・ゆめみ処ここち湯の2店舗、旧・やまとの湯の1店舗を含む。

店舗名 所在地 オープン・転換時期 天然温泉 炭酸泉 岩盤浴 備考
海老名店 神奈川県海老名市柏ヶ谷555-1 2014年6月6日転換
(掛け流しあり)
旧・ゆめみ処ここち湯
瀬谷店 神奈川県横浜市瀬谷区目黒町24-6 2014年6月6日転換 旧・ゆめみ処ここち湯
町田店 神奈川県相模原市南区鵜野森1-24-9 2015年6月8日開業
(新規改装オープン)
旧・やまとの湯(相模原店)
(2014年4月29日閉店)
岩盤温熱 おふろの王様

旧・ゆめみ処ここち湯の1店舗を含む。

店舗名 所在地 オープン・転換時期 天然温泉 炭酸泉 岩盤浴 備考
大井町店 東京都品川区大井1-50-5 阪急大井町ガーデン内 2011年3月14日開業 翌朝まで滞在可能
高座渋谷駅前店 神奈川県大和市渋谷5丁目22番地 IKOZA5階 2014年6月6日転換 旧・ゆめみ処ここち湯(大和店)

閉店した店舗編集

店舗名 所在地 オープン・転換時期 閉店日 天然温泉 炭酸泉 岩盤浴 備考
相模原店 神奈川県相模原市南区大野台3丁目20-19 2014年6月6日転換 2017年12月31日
(掛け流しあり)
旧・ゆめみ処ここち湯
定期借地契約期間満了のため閉店
光が丘店 東京都板橋区赤塚新町3丁目14-22 1999年8月5日開業 2018年6月30日 東京23区初のスーパー銭湯
定期借地契約期間満了のため閉店
跡地はコモディイイダ赤塚新町店[3]
東久留米店 東京都東久留米市八幡町3-14-4 2001年7月23日開業 2019年12月28日

沿革編集

  • 1998年 - 東京建物株式会社が、東建商事株式会社(現・株式会社東京建物アメニティサポート)の出資(各50%)により株式会社ホットネス設立。
  • 1999年 - 東京23区内で初のスーパー銭湯となる「おふろの王様 光が丘店」オープン[1]
  • 2001年 - 「おふろの王様 東久留米店」オープン。
  • 2003年 - 「おふろの王様 志木店」オープン。
  • 2004年 - 株式会社ホットネスが株主の異動により東京建物株式会社の完全子会社となる[4]
  • 2005年 - 「おふろの王様 港南台店」オープン。
  • 2006年 - 「おふろの王様 花小金井店」オープン。
  • 2008年 - 「おふろの王様 多摩百草店」オープン。
  • 2011年 - 「おふろの王様 大井町店」オープン。
  • 2014年 - 株式会社ホットネスが相鉄不動産販売株式会社より「ゆめみ処ここち湯」の4店舗を取得[5]、同年6月には「おふろの王様」チェーンとなった。
  • 2015年 - 株式会社ホットネスが東京建物リゾート株式会社に吸収合併され、当チェーンも同社の運営となる。また、2014年4月に閉店となった「やまとの湯 相模原店」(旧・湯快生活株式会社運営)を改装して、「おふろの王様 町田店」としてオープン。
  • 2021年 - 「おふろの王様 和光店」オープン。

大井町店におけるトラブル編集

大井町店に男性の同性愛者が男湯や男子トイレにおいて性的な行為を行う、他の男性客の体を許可なく触る等の迷惑行為が見受けられた。これにおいて運営側は店舗のホームページ(2021年時点では表記なし)[6]、張り紙、ポケットティッシュ等での注意喚起や通報への協力要請、泡が死角となるためジャグジーバスの泡を外が暗くなる19時には止める等の対策を行なっている[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集