ぎなた読み

日本語を読む際、語句の区切り方を間違えて読むこと

ぎなた読み(ぎなたよみ)は、日本語において、語句の区切りを間違えて読むこと。弁慶読みともいう[1]

概説編集

「弁慶がなぎなたを持って」という一文を、本来「弁慶が、なぎなたを持って」と読むべきところを「弁慶がな、ぎなたを持って」と読むように、句切りを誤って読むことに由来する[1][2]

一般的に読字力・語彙力に乏しい子供が行う読書の悪癖のひとつとして知られ、通常、小学一年生修了か二年生の一学期末までに教育者の指導で修正すべきものとされている[3]が、それらを意図的に使った言葉遊びも存在する。

インターネット環境の普及以後、ネット上では文字入力の際の誤変換による誤植のために本人の文字認識とは無関係に「ぎなた読み」の文章が生成されることがあり、時としてそれらがスラングとなって意図的に使用される例もある。

ぎなた読みの例編集

アフガン航空相撲
匿名掲示板2ちゃんねる」(当時)のニュース速報板に建てられた『アフガン航空相撲殺される(アフガンこうくうしょう ぼくさつされる)』というニュースを伝えるスレッドで、この記事名を「アフガン航空相撲 / 殺される(アフガンこうくうずもう / ころされる)」と誤読する人が続出したため、「アフガン航空相撲」なる架空の格闘技が存在するとするジョークが誕生した。
1日中山道
1991年に放送されたフジテレビの番組『上岡龍太郎にはダマされないぞ!』の中で、"旧中山道(きゅうなかせんどう)”の読み違いの例として「いちにちじゅう やまみち」(1日中 山道、「旧」のへん部首を分読して「1日」と読んでしまい、更に“中”と“山”の間で区切ってしまったもの)が紹介されたことがある。
なお、アナウンサーの有賀さつきは番組内でこの読み違いの例を紹介する際に「きゅうちゅうさんどう」と誤読して発音してしまい[4][5]、これが前後関係を誤解されて「有賀さつきは“旧中山道”を“いちにちじゅうやまみち”と誤読した」という都市伝説が生まれている。
金太の大冒険
つボイノリオが1975年に発表した楽曲。「金太(きんた)」の後に必ず「ま」から始まる単語が添えられており、意図的に「金玉(きんたま)」とぎなた読みさせることを狙ったコミックソングとなっている[要出典]
この先生きのこる
「この先、生き残る」という意味で「この先生きのこる」と書かれたものを「この先生、きのこる」と誤読するものが多く、独特の語感が面白がられた結果定着し、「きのこる先生」というキャラクターも生まれた[6]
コンダラ
テレビアニメ巨人の星』のオープニング主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」の歌詞の最初には「思い込んだら 試練の道を」というフレーズがあり、これが本編中に整地ローラーを引く場面で流れた際に「重い コンダラ」と聞き取って「あの器具の名称は“コンダラ”である」と誤解してしまった人が多数いたことから、整地ローラーの俗称として使われているもの[7][8]
ソナ タヌン チャ
他言語・他国によるぎなた読みの一例。韓国現代自動車が生産する中型セダンであるヒュンダイ・ソナタの初代モデルは評判が芳しくなく、セールスコピーの「쏘나타 는 차ソナタ ヌン チャ、“ソナタは車”の意)」を読み変えて「소 나 타는 차ソ ナ タヌン チャ、“牛と私が乗る車”の意味になる)」と揶揄された[9][信頼性要検証]
韓国瑜(ハン・グォユィ)
中華民国(台湾)の政治家。姓名の区切りを変えると「韓国」と読めることから、中国語で「瑜」と「魚」は同音であることもあって、台湾のネットユーザーには「Korean fish(韓国魚)」と呼ばれることがある[10]
パンツ食ったことある?
正しくは「パン作ったことある?」であるが、「パンつ / くったことある」とも読めるため、ひっかけ遊びとして用いられることの多い、ぎなた読みのひとつ[11]
へごちん
声優の大橋彩香は、2013年Web番組五十嵐裕美のチャンネルはオープンソースでっ!』にゲスト出演した際、「頭へ、ゴチン!」を空目し「頭をヘゴチン!」と読んでしまった失敗談がある[12][13]
ここから、大橋にはへごへごちんというあだ名が定着した[14]

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ぎなた読みとは”. コトバンク. デジタル大辞泉. 2020年2月13日閲覧。
  2. ^ 「ぎなた読み」『広辞苑 第六版新村出岩波書店、2008年1月11日。ISBN 9784000801218[要ページ番号]
  3. ^ 竹井成夫『読まない子どもの読書指導』国土社、1983年。ISBN 978-4-337-45014-1[要ページ番号]
  4. ^ 有賀さつき(@satsukiariga)の2013年1月22日のツイート”. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  5. ^ “メディアが広めた「旧中山道」誤読伝説 有賀さつきさん、本人も生前たびたび訂正するが...”. J-CASTニュース. (2018年2月5日). https://www.j-cast.com/2018/02/05320474.html?p=all 2021年1月24日閲覧。 
  6. ^ タブロイド/佐藤 (2015年6月8日). “よくわからないまま流してた! 男性に聞いた「よく意味のわからないネット用語」TOP10”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ. 2020年7月17日閲覧。
  7. ^ 谷口一刀『バカ日本語辞典 -全国のバカが考えた脳内国語ディクショナリー-』技術評論社、2006年、72頁。ISBN 978-4774153469
  8. ^ 『大人の科学マガジン テオ・ヤンセン式二足歩行ロボット』学研プラス、2012年、21頁。ISBN 978-4059160083
  9. ^ 바로나 버로큐, '소나 타는 차' 비아냥에 소나타→쏘나타 바꾼 정주영” (朝鮮語) (2018年9月25日). 2020年2月13日閲覧。
  10. ^ 影》宋楚魚變「韓國魚」 旗津攤商業績長近10倍” (中国語). 中国時報 (2018年12月7日). 2021年1月9日閲覧。
  11. ^ fortune (2021年1月8日). “ぎなた読みの意味とは?面白い・怖い例文一覧”. Spicomi. 株式会社UOCC. 2021年1月8日閲覧。
  12. ^ 大橋彩香オフィシャルブログ「◎ ヘゴチン。」” (2013年6月29日). 2020年2月13日閲覧。
  13. ^ 大橋彩香オフィシャルブログ「◎ あいぽん。」” (2014年1月6日). 2020年2月13日閲覧。
  14. ^ 21歳の誕生日は、たくさんのファンと満開の笑顔とともに。“大橋彩香 バースデーイベント 〜はっしーバースデー2015〜”レポート!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2015年10月19日). 2016年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年2月13日閲覧。

関連項目編集