メインメニューを開く

さよなら李香蘭

さよなら李香蘭』(さよならりこうらん)は、1989年12月21日12月22日フジテレビ系列局で放送されたテレビドラマである。共同テレビジョンフジテレビの共同製作。

さよなら李香蘭
ジャンル テレビドラマ
原作 山口淑子
藤原作弥
脚本 安部徹郎
演出 藤田明二
出演者 沢口靖子
製作総指揮 横澤彪(ゼネラルプロデューサー)
中山和記(チーフプロデューサー)
プロデューサー 星田良子
関本広之
制作 共同テレビジョン
フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
前編
放送期間 1989年12月21日
放送時間 金曜 21:03 - 23:22[1][2]
各話の長さ 139分
回数 1
後編
放送期間 1989年12月22日
放送時間 土曜 21:03 - 23:22[3][2]
各話の長さ 139分
回数 1

特記事項:
フジテレビ開局30周年記念番組。

目次

概要編集

人気歌手・李香蘭となった山口淑子の半生を描いた物語。フジテレビ開局30周年記念番組として製作され、視聴率は前編が22.9%、後編が25.5% (ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、第27回ギャラクシー賞奨励賞を受賞した。

サブタイトル編集

  • 前編:ラストアクトレス
  • 後編:さよなら李香蘭

キャスト編集

スタッフ編集

制作のエピソード編集

もともと、このドラマはフジテレビ単独で制作されることで企画が進んでいたが、中国中央電視台との交渉が難航したため、共同テレビが現場での制作を担当することになり、現場スタッフはフジテレビから共同テレビに交代した。それに伴って降板したスタッフの一人が、当初演出を務めることになっていた和田勉である[4]

中国ロケの終盤、中国政府側から安全保障が困難との理由で撮影の中止を求められる。それに従い、予定していた撮影の一部をとりやめ、ロケ終了ということにして緊急に帰国した。直後、天安門事件が起こった[4]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 通常この時間帯は『男と女のミステリー』枠となっていたが、本作は『男と女のミステリー』外の作品として放送された。
  2. ^ a b 21:00 - 21:03に予告番組を別途放送。
  3. ^ この時間帯に編成されていた『ゴールデン洋画劇場』は、当日は休止となった。
  4. ^ a b 中山和記 『ワイルドサイド』 春日出版、2008年、162-185頁