メインメニューを開く

緒形 直人(おがた なおと、1967年9月22日 - )は、日本俳優

おがた なおと
緒形 直人
緒形 直人
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
本名 緒形 直人(同じ)
生年月日 (1967-09-22) 1967年9月22日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優ナレーター
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1988年 -
活動内容 1987年青年座研究所入所
1988年:『優駿 ORACIÓN』でデビュー
配偶者 仙道敦子1993年 - )
著名な家族 緒形拳(父)
高倉典江(母)
緒形幹太(兄)
緒形敦(長男)
事務所 オフィスコバック
公式サイト 緒形直人オフィシャルHP
主な作品
テレビドラマ
北の国から』シリーズ
予備校ブギ
信長 KING OF ZIPANGU
世界の中心で、愛をさけぶ
映画
優駿 ORACIÓN
教養番組
世界遺産』(ナレーション)
テンプレートを表示

神奈川県横浜市出身。オフィスコバック所属。父は俳優の緒形拳、母は女優の高倉典江、兄は俳優の緒形幹太、妻は女優の仙道敦子、長男は俳優の緒形敦

経歴・人物編集

1987年青年座研究所に入所(その間に『優駿 ORACIÓN』で主演デビュー)。

1989年青年座へ入団。

予備校ブギ』『北の国から'89 帰郷』大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』『北の国から'92 巣立ち』『100億の男』などの連続ドラマに出演するほか、TBSのドキュメンタリー番組『世界遺産』のナレーションも務めた。特に『信長 KING OF ZIPANGU』での主役は、大河ドラマ史上初、そして2018年までは唯一の親子で大河ドラマ主役を務めた事例であった。

2007年に出演の映画『北辰斜にさすところ』では、40歳にして旧制高校生の役を演じきった。

最近ではフジテレビのミニ番組『馬と翔る日』などのナレーションを務めている。2005年、青年座を退団し、現在は劇団の先輩であった西田敏行が所属する芸能事務所オフィスコバックに所属。

父は俳優・緒形拳、母は女優・高倉典江、兄は俳優・緒形幹太[1]、妻は女優・仙道敦子[2]、長男は俳優・緒形敦[3]。特に敦は「3世タレントは成功する」という前向きなジンクスの好例になっている[4]

出演編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

ナレーション編集

その他テレビ番組編集

映画編集

CM編集

ラジオ編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集