メインメニューを開く
たかもり号(産交バス

たかもり号(たかもりごう)とは、熊本県熊本市と同県阿蘇郡高森町を結ぶ快速バスである。一時期(2009年8月1日~2010年3月31日)においては一部便が河内・上野経由で 宮崎県西臼杵郡高千穂町まで延伸されていた。尚、この項では2008年10月1日から2010年3月31日まで運行されていた熊本空港(阿蘇くまもと空港)-高千穂間を結ぶ特急バスについても述べる。

概要編集

当路線は、かつて1970年代において国道57号線を経由する快速「たかちほ号」として運行されていたが、快速便廃止後においては熊本~高森間を結ぶ普通バスとして1日2便程度1990年代前半まで長らく運行されていた。普通バス廃止後においては、熊本~延岡線(たかちほ号)を利用するか、大津町もしくは立野バス停において乗換えが必要であったが、2003年10月に俵山バイパスの全面開通により南阿蘇方面のアクセスがより一層便利になったことから利用客増大のチャンスを活かして、同バイパス開通と同時に「たかもり号」として運行を開始した。

だが、2016年4月に発生した熊本地震の影響で俵山バイパスが不通となっていた関係上、同年12月25日までは代替区間として南阿蘇グリーンロード経由に変更して運行していた。

運行会社編集

運行形態編集

停車停留所編集

停留所 所在地 乗降 備考
西部車庫 熊本市西区 起終点
蓮台寺
熊本駅前 1番乗り場発・2番乗り場着
ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ 熊本市中央区
商工会議所前 ●※ ※熊本行のみ停車
河原町
熊本桜町バスターミナル ●▽※ 6番乗り場発、22番乗り場着
通町筋
交通局前
味噌天神
水前寺公園前
熊本県庁前
自衛隊前 熊本市東区
東町中央
益城インター口 上益城郡益城町
グランメッセ熊本前
テクノ団地入口
テクノリサーチパーク入口
阿蘇くまもと空港
国際線ターミナル
高遊 阿蘇郡西原村
西原台
西原村役場前
風当
萌の里・俵山登山口
木の香湯温泉入口 阿蘇郡南阿蘇村
慴尾
JA久木野給油所横
新村
祇園橋
中松駅前
吉田登山線入口
吉田新町
白川水源入口
高森湧水トンネル公園入口 阿蘇郡高森町
高森下町
高森中央 起終点
  • 阿蘇くまもと空港においては、熊本市内(西部車庫)行きは1番乗り場発、高森行きは2番乗り場発となる。なお、高森行き・熊本行きとも、阿蘇くまもと空港→国際線ターミナルの順に停車する。
  • 桜町BTにおいては、熊本行きは降車のみの扱いとなる(高森行きは乗降可)。
  • 桜町BT - 高森中央: 1時間48分

使用可能な乗車券等編集

座席は全席自由席。運賃は車内精算。乗車券は熊本駅前案内所窓口または桜町BT・阿蘇くまもと空港の自動券売機にて購入できる。

  • このほかSUNQパス北部九州版・南部九州版・全九州版、くまモンのIC CARDならびに全国交通系10社共通ICカード、羽田京急きっぷも使用可能。また下通繁栄会加盟店での商品の購入に応じて配布される「下通交通券」も利用可能。

車両編集

沿革編集

  • 2003年10月 - 熊本~高森線快速バス「たかもり号」運行開始。1日4往復。
    • 運行開始時の運行ルートとして、熊本駅前~<途中の停留所は空港リムジンバスと同じ>~熊本空港~西原台~西原村役場前~久木野村役場(現:久木野庁舎)~ 中松駅前~高森中央
    • 当初は九州産業交通と同社の子会社である熊北産交(2005年からは系列子会社統合により産交バスに改称)との2社による共同運行体制であった。また、熊本駅前~熊本空港間においては空港リムジンバスと同様の扱い(クローズド・ドア)であったため、この区間内での途中乗降は不可であった。
  • 2005年5月 - 新たに益城インター口バス停を追加。
  • 2006年10月 - ダイヤ改正により、新たに揺ヶ池バス停を追加。これまでの熊本駅~熊本空港間のクローズド・ドアが廃されこの区間における途中乗降が可能に。九州産交バスが運行を撤退し、産交バスのみの単独運行となる。運行本数に変更は無いが、全便高森からの折り返し運行となったため、これまでの熊本側(高森行き)始発便が7時台から10時台に。
  • 2007年7月 - 新たに慴尾・新村(久木野)・吉田登山線入口・吉田新町・はくすい水加工場前バス停を追加。
  • 2008年2月 - 熊本発着が新たに西部車庫まで延伸。
  • 2008年4月 - はくすい水加工場前バス停より白川水源入口へ名称変更。
  • 2008年8月 - 新たに高森湧水トンネル公園入口バス停を追加。
  • 2008年10月1日 - 九州産交バスと宮崎交通が2社共同運行において熊本空港 - 高千穂線の運行を開始。1日4往復(産交2・宮交2)。五ヶ瀬経由と上野・河内経由の2系統。
  • 2008年12月15日 - 新たに木の香湯温泉入口バス停を追加。
  • 2009年5月 - 県内出身で熊本県特命宣伝部長であるタレントのスザンヌが一部停留所の車内アナウンスを担当(熊本行きのみ 現在は既に終了)
  • 2009年8月1日 - たかもり号の4往復のうちの2往復を上野・河内経由で高千穂まで延伸。これに伴い、熊本空港 - 高千穂線は全て上野・河内経由のみとなり五ヶ瀬経由を廃止。さらに産交担当2便はたかもり号の高千穂行きに置き換え(事実上の路線統合)。
  • 2010年4月1日 熊本空港 - 高千穂線(2往復4便)路線廃止ならびにたかもり号の高森~高千穂間の延伸運行(2往復4便)を終了。この日から新たに新村~中松間に「祇園橋」バス停が追加される。
  • 2010年9月1日 - ダイヤ改正により、新たに「高遊」・「風当」バス停を追加。
  • 2011年10月1日 - ダイヤ改正により、新たに 「交通局前」・「高森下町」バス停を追加。同時に「揺ヶ池」バス停は「萌の里・俵山登山口」に名称変更。また、これまで停車していた「北岡神社前」での乗降扱いを廃止。
  • 2012年3月25日 - ダイヤ改正により運行内容を一部変更。
    • 高森発・熊本発ともに全便「河原町経由」に変更。これに伴い、これまで熊本発で停車していた「日銀前」での乗車扱いを廃止。
    • 新たに「蓮台寺」バス停を追加。
    • 平日・土曜の熊本発3便目の発時刻を変更。また、平日・土曜の高森発6:00始発便のみ「阿蘇くまもと空港」・「国際線ターミナル」は停車しなくなる。
  • 2015年10月1日 - 熊本市桜町一帯再開発事業におけるバスターミナル建て替えに伴い、熊本交通センター乗降場所を変更[1]
  • 2016年4月15日 - 前日に発生した熊本地震の影響で全便運行見合わせとなる。16日未明の本震で当路線の運行経路である俵山バイパスの大半が甚大な被害を受け不通[2] となっている事から、引き続き全便運休していたが、5月9日からは当面特別ダイヤにおいて運行再開される事となった[3]。運行本数は従来のままである反面、特別ダイヤ期間中は風当-新村間は迂回運行により全便通過となる他、1日4往復8便のうち2往復4便が阿蘇くまもと空港-高森間の運行に短縮となる(該当便は熊本市内へは行かない)。
  • 2016年7月15日 - ダイヤ改正により、1日3往復6便に減便し、空港折り返し便を廃止。この日から新たにテクノ団地(仮設住宅)入口へ停車開始。また、風当-久木野庁舎間は引き続き休止であるが、新村停留所においては「あそ望の郷」に停車する。
  • 2016年12月26日 - 地震により通行止めとなっていた俵山バイパスの大半の区間の復旧工事が進んだ事による通行止め解除に伴い、これまで休止していた萌の里・俵山登山口 - 久木野庁舎間の停車を再開。ただし、一部区間は迂回継続により風当停留所においては引き続き休止。
  • 2017年4月1日 - ダイヤ改正により迂回のため休止中の「風当」停留所を廃止。また、久木野庁舎前停留所の名称を「JA久木野給油所横」に変更。
  • 2019年9月11日 - 熊本市桜町一帯再開発ビル(名称:SAKURA MACHI Kumamoto)完成に伴う同ビル内バスターミナルに乗り入れ開始により、熊本交通センター乗降場所を変更。名称もこれまでの「熊本交通センター」から「熊本桜町バスターミナル」に改称[4][5][6]。これに併せ、熊本都市圏のバス系統番号の変更に伴い、たかもり号専用の系統番号として「TM」が付与される。[7]
  • 2019年9月14日 - 地震により一部区間を迂回運行していた俵山バイパスの全面復旧完了[8]を受けダイヤ改正。迂回区間内のため1度廃止となった「風当」停留所での乗降扱いを3年5ヶ月ぶりに再開。

熊本空港 - 高千穂線編集

熊本県菊池郡菊陽町に位置し熊本の空の玄関口である熊本空港(阿蘇くまもと空港)と、神話の里として近年多くの観光客が訪れる宮崎県西臼杵郡高千穂町とを結んでいた特急バス。当初は2008年10月1日から2009年3月31日までの期間限定での運行だったが、同年4月1日以降も当路線の運行が継続された。また、当初は九州産交バス宮崎交通との共同運行で1日4往復8便だったが2009年8月1日よりたかもり号の一部が河内・上野経由で高千穂まで延長したのに伴い九州産交バスが撤退し、宮崎交通1社のみの単独運行として1日2往復4便となった(これまでの産交担当分2往復4便はたかもり号の高千穂延伸に置き換え)。当路線は、航空ダイヤとの接続や、南阿蘇鉄道トロッコ列車『ゆうすげ号』への接続も考慮したダイヤとなっていて、既存の熊本~延岡線(たかちほ号)と合わせると、熊本空港から高千穂までのアクセスが一層便利であった。2010年3月31日を以って運行期間終了により路線廃止と同時にたかもり号における高森~高千穂間の延伸運行も終了した。

運行会社編集

運行経路編集

  • 阿蘇くまもと空港-久木野庁舎前-高森中央-河内-上野-高千穂バスセンター
※ 2009年7月31日までは五ヶ瀬町役場前経由もあった。

所要時間編集

  • 河内経由:1時間35分 1日2往復4便(2009年7月31日までは1日4往復8便)
※SUNQパス使用は全九州版のみ使用可能(たかもり号の高森~高千穂間も北部九州版は使用不可)だった。

注釈編集

  1. ^ バスターミナル移転のお知らせ (PDF)”. 熊本桜町再開発株式会社 (2015年10月1日). 2016年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月16日閲覧。
  2. ^ 俵山バイパス被害深刻 トンネルや橋、損傷大 (2016年5月4日)熊本日日新聞
  3. ^ 快速たかもり号 震災特別ダイヤ運行時刻表   【運行日:平成28年5月9日(月)~ しばらくの間】 (PDF)”. 九州産交バス (2016年5月6日). 2016年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月6日閲覧。
  4. ^ 【2019年9月11日】熊本交通センター所在地および名称変更について (九州産交バス)
  5. ^ バスターミナルをご利用の方へ (SAKURAMACHI Kumamoto)
  6. ^ 熊本桜町バスターミナル(旧称:熊本交通センター)の乗り場のご案内 (PDF)”. 九州産交バス (2019年9月2日). 2019年9月7日閲覧。
  7. ^ 【2019年9月11日】熊本都市圏の「バス案内番号」が変わります (PDF)”. 九州産交バス (2019年7月29日). 2019年8月11日閲覧。
  8. ^ 阿蘇の大動脈復旧 俵山ルートが全面開通 2019年9月14日(熊本日日新聞

外部リンク編集